ワクワクメール facebook。 ワクワクメメーログイン

‎「出会い

ワクワクメール facebook

Facebook認証 筆者 「こんばんは。 ワクワクメール入門講座第15回は、Facebook認証です。 お馴染み、UFJモルガン・スタンレー証券シニアストラテジストの小林一郎さんに解説をお願いします。 小林さん、今日もよろしくお願いします。 」 小林 「こちらこそ、よろしくお願いします。 」 筆者 「小林さん、出会い系では、SNSとの連携に力を入れているようですね。 どうしてですか?」 小林 「そうですね。 出会い系の負のイメージ・・・イメージというより、実態なのですが・・・、を払拭し、若者を取り込みたいという思惑が見え隠れしますね。 やはりTwitterなどにユーザーが奪われていますから。 ワクワクメールでは、むしろこの取り組みは遅い方といってもよいくらいです。 筆者 「なるほど。 ではFacebook認証とは、具体的にどのとうな機能なのですか?」 小林 「まず、ワクワクメールでFacebook認証を設定するには、Facebook上に10人以上友達がいないとできないということは押さえておいてください。 その上でですが、相手が同じようにFacebook認証を行っていて、双方がFacebookログインを行っている場合に、プロフ検索などで非表示となり、相手にバレないというものです。 」 筆者 「それは有難い機能ですね。 友達に出会い系に登録していることがバレるのは、恥ずかしいものです。 」 小林 「そうでしょか?私には、この機能はあまり意味がないと思っています。 」 筆者 「といいますと?」 小林 「はい、まず機能のハードルが高すぎますね。 相手も同じようにFacebook連携を行っていて、Facebookログインをしていないといけません。 これだけでも相当なものです。 それに、相手に存在をバレないようにするだけなら、をする方が効率的で良いです。 」 筆者 「確かに、それは言えますね。 女性でFacebook認証までしている人は少ないと思われます。 」 小林 「それだけじゃないんですよ。 Facebook認証を行っていると、ワクワクメールのプロフに連携済みであることが出てしまうんです。 安心感をという運営側の意図なのでしょうが、むしろ出会い系にどっぷり浸かっているという不信感しか招いていないんですね。 この辺り、ワクワクメールの運営は、何か迷走しているように思います。 やることが裏目に出てるというか。 素性は良いサイトなんですけどね。 余計な機能の追加は要らないんですよ。 」 筆者 「小林さんの不満もごもっともですね。 会員Noを非表示にしたり、ユーザーのニーズを掴み切れていない部分は私も感じています。 」 小林 「それとですね。 これ一番大切なことなんですが、お互いのプロフが見られなくなるようにする。 ここが意味がないというか、むしろ逆の方がいいじゃないかということなんです。 女性で出会い系に登録しているということは、その女性、お金絡みの場合も十分ありますが、基本、セックスに前向きというか、セックスが好きなんですよ。 リアルな知り合いでセックスが好きとわかれば、これはもうセックスへの最短距離じゃないですか?」 筆者 「それは言えますね、私も小林さんの学説に完全に同意します。 リアル知人でセックスしたい同士なら、話は早いですもんね。 」 小林 「そうなんです。 ですからこの機能、今後の改善にもよりますが、現状では見送りでいいです。 」 筆者 「わかりました。 この機能は、当面無視ということで、理解したいと思います。 小林さん、今日も貴重なご意見ありがとうございました。 また次回もよろしくお願いします。 」 小林 「こちらこそ、よろしくお願いします。 」 女だってやりたい! 欲望を抑えられない熟女は、もう我慢できない。 熟女狙い、あるいは、熟女でもいいというなら、もうここで一択! PCMAXは大手で一番H寄り。 なのでアポが取れれば話は早い! プロフからの一通目メール無料、ポイント大盤振る舞いの出席確認など、お得なキャンペーンがいっぱい。 今すぐ登録!!.

次の

ワクワクメールでFacebook連携が開始!登録方法を解説します!

ワクワクメール facebook

トップページを開く 2. Facebookではじめるをクリック 3. アカウントを連携する 4. その他の項目は、電話番号登録の画面に進むので注意しましょう。 クリックすると、連携画面に移動します。 内容に問題がなければ、そのまま手続きを進めると良いでしょう。 この手順は、通常の登録と一切変わりません。 安心してワクワクメールを利用するためにも、必須の手段ということですね! 段階としては、 Facebook連携+電話番号認証の二重登録になります。 Facebookでの登録に制限がない分、電話番号認証がないと、無限にアカウントが作れてしまうことになるのです。 サイト内の風紀を保つために行っている手段なので、それぞれ進めていくと良いでしょう。 ワクワクメールをFacebook登録をするメリットは? ワクワクメールは、大手の出会い系アプリであり、600万人以上のユーザーが登録しています。 そこで、考えられるメリットとしては、下記の通りです。 登録・ログインが簡単になる プロフィール入力が省ける Facebook連携は、他の手段とあまり変わりません。 しかし、入力の手間を省くことができたり、 ログインそのものが簡単になるというメリットがあります。 登録方法としては、メールアドレスを登録するか、Facebook連携をするかの違いです。 そのため、登録自体に差は一切なく、単に手間が省けるだけです。 ただし、Facebookで登録すると、登録情報が省略されるので少しだけ早く登録することができます。 本来、ログインをする際は、フォームに必要情報を入力してログインすることになります。 メールアドレスとパスワードを入力することで、ログインすることができるわけですが、都度入力する必要があるので手間です。 ログイン情報を入力する必要は一切ありません。 氏名 プロフィール写真 友達リスト 居住地 性別 メールアドレス 年齢層 かなり多くの情報が連携されるわけですが、この連携によってプロフィールを入力する手間が省くことができます。 プロフィールを入力するのは何かと手間なので、連携をする際の唯一のメリットといえるでしょう。 友達リストを連携することで、Facebook上の友達を自動的に非表示にするという機能をワクワクメールは取っています。 補足:Facebook連携の注意点 Facebook連携をする際は、注意しなければならないこともいくつか存在します。 中でも、登録段階で注意しなければならないのは、登録制限についてです。 Facebookで登録する場合は、 10人以上友達がいることが条件です。 いない場合は、Facebook連携することができないので、注意しましょう。 そもそも、Facebook連携をするということは、予めFacebookのアカウントがあることが想定されるので、友達が少ないということは考えにくいです。 しかし、それでも友達が10人未満の場合は、知り合いを検索するなどして申請してみると良いでしょう。

次の

ワクワクメールは安全?それとも危険?

ワクワクメール facebook

トップページを開く 2. Facebookではじめるをクリック 3. アカウントを連携する 4. その他の項目は、電話番号登録の画面に進むので注意しましょう。 クリックすると、連携画面に移動します。 内容に問題がなければ、そのまま手続きを進めると良いでしょう。 この手順は、通常の登録と一切変わりません。 安心してワクワクメールを利用するためにも、必須の手段ということですね! 段階としては、 Facebook連携+電話番号認証の二重登録になります。 Facebookでの登録に制限がない分、電話番号認証がないと、無限にアカウントが作れてしまうことになるのです。 サイト内の風紀を保つために行っている手段なので、それぞれ進めていくと良いでしょう。 ワクワクメールをFacebook登録をするメリットは? ワクワクメールは、大手の出会い系アプリであり、600万人以上のユーザーが登録しています。 そこで、考えられるメリットとしては、下記の通りです。 登録・ログインが簡単になる プロフィール入力が省ける Facebook連携は、他の手段とあまり変わりません。 しかし、入力の手間を省くことができたり、 ログインそのものが簡単になるというメリットがあります。 登録方法としては、メールアドレスを登録するか、Facebook連携をするかの違いです。 そのため、登録自体に差は一切なく、単に手間が省けるだけです。 ただし、Facebookで登録すると、登録情報が省略されるので少しだけ早く登録することができます。 本来、ログインをする際は、フォームに必要情報を入力してログインすることになります。 メールアドレスとパスワードを入力することで、ログインすることができるわけですが、都度入力する必要があるので手間です。 ログイン情報を入力する必要は一切ありません。 氏名 プロフィール写真 友達リスト 居住地 性別 メールアドレス 年齢層 かなり多くの情報が連携されるわけですが、この連携によってプロフィールを入力する手間が省くことができます。 プロフィールを入力するのは何かと手間なので、連携をする際の唯一のメリットといえるでしょう。 友達リストを連携することで、Facebook上の友達を自動的に非表示にするという機能をワクワクメールは取っています。 補足:Facebook連携の注意点 Facebook連携をする際は、注意しなければならないこともいくつか存在します。 中でも、登録段階で注意しなければならないのは、登録制限についてです。 Facebookで登録する場合は、 10人以上友達がいることが条件です。 いない場合は、Facebook連携することができないので、注意しましょう。 そもそも、Facebook連携をするということは、予めFacebookのアカウントがあることが想定されるので、友達が少ないということは考えにくいです。 しかし、それでも友達が10人未満の場合は、知り合いを検索するなどして申請してみると良いでしょう。

次の