ポケモン 剣 盾 キュウコン。 【ポケモン剣盾】アローラキュウコンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

アローラサンドパンとアローラキュウコンを組み合わせた結果が衝撃過ぎたw w w【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 キュウコン

キュウコン(アローラのすがた)の育成論 キュウコン(アローラのすがた)の育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:ゆきふらし• 持ち物:きあいのタスキ、ひかりのねんどなど• 努力値:CS252 H4• アローラキュウコンは上を取れると強い技が多いため、最速は必須と言えるでしょう。 特性は夢特性の『ゆきふらし』を選ぼう! アローラキュウコンは通常特性が『ゆきがくれ』となっていますが、この特性はあられ状態でないと効果の発動しないため、使い勝手はよくありません。 一方、 夢特性の『ゆきふらし』は自身の『ふぶき』を必中にしたり、『オーロラベール』の展開を可能にできるため、非常に有用です。 『ゆきふらし』によってきあいのタスキを削ったり、足りない火力を補ったりすることもできるので、よほどのことがない限りは夢特性の『ゆきふらし』を選ぶこととなるでしょう。 持ち物はきあいのタスキがおすすめ! アローラキュウコンは耐久の低いポケモンであるため、基本的にはきあいのタスキを選ぶのが良いです。 『オーロラベール』との相性の良い『ひかりのねんど』も候補となりますが、扱いは少し難しくなります。 努力値は基本的にCS特化で! アローラキュウコンは高い素早さを生かした戦い方が得意なポケモンになるので、素早さは基本的に最速となります。 『オーロラベール』との相性を考えると、特攻ではなくHPに振るのも悪くはない気がしますが、アローラキュウコン自体のスペックはそこまで高くないため、早々に退場してもらい後ろのポケモンで壁を活用したほうが効果的です。 そのため、アローラキュウコンが倒されなければ『ふぶき』や『フリーズドライ』で大きく削れ、倒された場合には後ろからエースを投げて活躍させるというムーブを取るために特攻に振り切るのがおすすめです。 おすすめの技 キュウコン(アローラのすがた)のおすすめの技を紹介します。 ふぶき 『ふぶき』はあられ状態で必中になる技なので『ゆきふらし』ととても相性が良いです。 アローラキュウコンの特攻はC252振りでも133しかないですが、ふぶきが110と高い威力を誇っているため大きなダメージが期待できます。 ダブルバトルでは全体技になるのも嬉しいところです。 オーロラベール 『オーロラベール』はあられ状態限定で使用できる技で、『リフレクター』と『ひかりのかべ』の両方の効果を持つ壁を1ターンで発動できてしまう技です。 この技を使えることがアローラキュウコンの採用理由ともなるので、採用しない理由はないでしょう。 フリーズドライ 『フリーズドライ』は水タイプに抜群を取れるという特殊な氷技です。 ウオノラゴンやトリトドン、ルンパッパやギャラドスなど刺さる相手は多く、これを持っていると攻撃範囲が大きく広がります。 ぜったいれいど アローラキュウコンは火力がそれほど高くないため、耐久ポケモンを突破するのは難しいです。 ですが、一撃必殺の試行回数を稼ぐことで無理やり倒すことができるので『ぜったいれいど』も候補となります。 アンコール 攻撃してきた相手に『アンコール』を決めると、オーロラベールを残して退場しやすくなります。 退場後も、技が固定されていれば動きやすくなるのでとても有用です。 かなしばり 打点の少ないポケモンやこだわり持ちに刺さる有能な技です。 わるだくみ アローラキュウコン自身をエースとして運用したい方に! まもる ダブルのアローラキュウコンにはほしい技です。 あられダメージも期待もできるのがうれしいところです。 キュウコン(アローラのすがた)の対策 アローラキュウコンの強みは高い素早さから展開される『オーロラベール』にあるため、それを妨害していく手段を用意しておくと楽に対処できます。 天候を奪う アローラキュウコンは「あられ状態」に大きく依存しているため、天候を奪うのが最も効果的な対策となります。 あられ以外の天候では『オーロラベール』も貼れず、『ふぶき』も命中率が低い使いづらい技となってしまいます。 『すなおこし』の特性を持つバンギラスや『ひでり』の特性を持つコータスなどがいればアローラキュウコンに仕事をさせない動きができるため、良い対策と言えるでしょう。 はがねタイプやほのおタイプのポケモンで戦う! アローラキュウコンは攻撃範囲がとても狭く、はがねタイプやほのおタイプへのまともな打点がありません。 そのため、それらのポケモンを採用すれば攻撃を受けきることは容易です。 『オーロラベール』の発動を防ぐことは難しいので、壁があっても戦っていけるような戦術を用意しておく必要はありますが、アローラキュウコンの有効な対策となるでしょう。 まとめ キュウコン(アローラのすがた)は『ゆきふらし』の特性から展開される『オーロラベール』と威力の高い『ふぶき』が強力なポケモンです。 強力なポケモンではあるのですが、あられ状態に大きく依存しているため、天候を奪えるポケモンを採用するなどして対策しましょう!•

次の

【ポケモン剣盾】キュウコンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 キュウコン

キュウコン(アローラのすがた)の育成論 キュウコン(アローラのすがた)の育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:ゆきふらし• 持ち物:きあいのタスキ、ひかりのねんどなど• 努力値:CS252 H4• アローラキュウコンは上を取れると強い技が多いため、最速は必須と言えるでしょう。 特性は夢特性の『ゆきふらし』を選ぼう! アローラキュウコンは通常特性が『ゆきがくれ』となっていますが、この特性はあられ状態でないと効果の発動しないため、使い勝手はよくありません。 一方、 夢特性の『ゆきふらし』は自身の『ふぶき』を必中にしたり、『オーロラベール』の展開を可能にできるため、非常に有用です。 『ゆきふらし』によってきあいのタスキを削ったり、足りない火力を補ったりすることもできるので、よほどのことがない限りは夢特性の『ゆきふらし』を選ぶこととなるでしょう。 持ち物はきあいのタスキがおすすめ! アローラキュウコンは耐久の低いポケモンであるため、基本的にはきあいのタスキを選ぶのが良いです。 『オーロラベール』との相性の良い『ひかりのねんど』も候補となりますが、扱いは少し難しくなります。 努力値は基本的にCS特化で! アローラキュウコンは高い素早さを生かした戦い方が得意なポケモンになるので、素早さは基本的に最速となります。 『オーロラベール』との相性を考えると、特攻ではなくHPに振るのも悪くはない気がしますが、アローラキュウコン自体のスペックはそこまで高くないため、早々に退場してもらい後ろのポケモンで壁を活用したほうが効果的です。 そのため、アローラキュウコンが倒されなければ『ふぶき』や『フリーズドライ』で大きく削れ、倒された場合には後ろからエースを投げて活躍させるというムーブを取るために特攻に振り切るのがおすすめです。 おすすめの技 キュウコン(アローラのすがた)のおすすめの技を紹介します。 ふぶき 『ふぶき』はあられ状態で必中になる技なので『ゆきふらし』ととても相性が良いです。 アローラキュウコンの特攻はC252振りでも133しかないですが、ふぶきが110と高い威力を誇っているため大きなダメージが期待できます。 ダブルバトルでは全体技になるのも嬉しいところです。 オーロラベール 『オーロラベール』はあられ状態限定で使用できる技で、『リフレクター』と『ひかりのかべ』の両方の効果を持つ壁を1ターンで発動できてしまう技です。 この技を使えることがアローラキュウコンの採用理由ともなるので、採用しない理由はないでしょう。 フリーズドライ 『フリーズドライ』は水タイプに抜群を取れるという特殊な氷技です。 ウオノラゴンやトリトドン、ルンパッパやギャラドスなど刺さる相手は多く、これを持っていると攻撃範囲が大きく広がります。 ぜったいれいど アローラキュウコンは火力がそれほど高くないため、耐久ポケモンを突破するのは難しいです。 ですが、一撃必殺の試行回数を稼ぐことで無理やり倒すことができるので『ぜったいれいど』も候補となります。 アンコール 攻撃してきた相手に『アンコール』を決めると、オーロラベールを残して退場しやすくなります。 退場後も、技が固定されていれば動きやすくなるのでとても有用です。 かなしばり 打点の少ないポケモンやこだわり持ちに刺さる有能な技です。 わるだくみ アローラキュウコン自身をエースとして運用したい方に! まもる ダブルのアローラキュウコンにはほしい技です。 あられダメージも期待もできるのがうれしいところです。 キュウコン(アローラのすがた)の対策 アローラキュウコンの強みは高い素早さから展開される『オーロラベール』にあるため、それを妨害していく手段を用意しておくと楽に対処できます。 天候を奪う アローラキュウコンは「あられ状態」に大きく依存しているため、天候を奪うのが最も効果的な対策となります。 あられ以外の天候では『オーロラベール』も貼れず、『ふぶき』も命中率が低い使いづらい技となってしまいます。 『すなおこし』の特性を持つバンギラスや『ひでり』の特性を持つコータスなどがいればアローラキュウコンに仕事をさせない動きができるため、良い対策と言えるでしょう。 はがねタイプやほのおタイプのポケモンで戦う! アローラキュウコンは攻撃範囲がとても狭く、はがねタイプやほのおタイプへのまともな打点がありません。 そのため、それらのポケモンを採用すれば攻撃を受けきることは容易です。 『オーロラベール』の発動を防ぐことは難しいので、壁があっても戦っていけるような戦術を用意しておく必要はありますが、アローラキュウコンの有効な対策となるでしょう。 まとめ キュウコン(アローラのすがた)は『ゆきふらし』の特性から展開される『オーロラベール』と威力の高い『ふぶき』が強力なポケモンです。 強力なポケモンではあるのですが、あられ状態に大きく依存しているため、天候を奪えるポケモンを採用するなどして対策しましょう!•

次の

【ポケモン剣盾】アローラキュウコンの育成論と対策【両壁サポート!白銀の美麗狐】

ポケモン 剣 盾 キュウコン

構築経緯 アローラキュウコン+積み 「きあいのタスキ」を持った アローラキュウコンがある程度のタイマン性能を持ちながらも、「オーロラベール」で後続の積み技をサポートできる点が非常に強力であると考え、 キュウコンを初手に置いたタイマンによる殴り合いからの積み展開をコンセプトとしました。 積み技を持つエースポケモンとして、オーロラベールを有効活用できないミミッキュを除いた、 現環境で最も性能が高いと言われているカビゴン・トゲキッス・ドラパルト3体を採用しました。 パーティの穴埋め• 上記の4体では相手のガラルヒヒダルマとカビゴンの対処が難しいので、 ヒヒダルマの技を複数回受けられるHB水ロトムと、相手が想定していない方向から カビゴンを突破できる鉄壁ボディプレスサダイジャを採用しました。 また、サダイジャは今シーズンから解禁されたキョダイラプラスメタである パッチラゴンと撃ち合えるため、今シーズンの環境に適したポケモンであると感じました。 唯一耐性のある 水ロトムをなるべく対面させるように立ち回る必要があります。 天然ピクシー 天然ピクシーを処理する方法がかなり限られているため、上手く起点を作られると突破不可能になってしまいます。 先にダイマックスを使わせて「ぜったいれいど」を当てたり、 トゲキッスの「エアスラッシュ」による怯みや ドラパルトの高火力で強引に突破します。 終わりに 以上、週末大会準優勝パーティの紹介でした。 次回大会の成績上位者のパーティも紹介する予定ですのでよろしくお願いします。

次の