セロトニン 過剰。 セロトニンの増加が心身に及ぼす効果

セロトニン症候群とは?過剰分泌で現れる症状は?治療法は?

セロトニン 過剰

症状 [ ] 症状は3つの主要な神経系に影響を与える。 症状 体温の上昇、異常発汗、、、心拍数の増加、、 ・症状 、筋強剛、、、緊張と緩和の繰り返し(あご、歯をがちがちさせる、など) 精神症状 混乱、、錯乱、、昏睡 セロトニン症候群は通常、セロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。 例として、• デキストロメトルファンとSSRIの組み合わせ• SSRIの過量摂取• の過量摂取 などによって発生する。 高齢者は特に注意を要する。 診断 [ ] 診断は血液検査や画像診断によらず、身体所見と問診が主となる。 Hunterのクライテリアが・に優れておりしばしば用いられる。 また、 NMS との識別が重要である。 セロトニン症候群はNMS発現の約9日に比べ、24時間以内と比較的速やかに発現する。 身体所見による判断時の特徴は、ミオクローヌスの有無である。 セロトニン症候群ではミオクローヌスが高頻度で起こるが、NMSでは起こりにくい。 治療 [ ]• 原因薬剤の特定、ならびに投与中止。 脚注 [ ]• Dunkley, EJC; Isbister, GK; Sibbritt, D; Dawson, AH; Whyte, IM. 2003. QJM 96 9 : 635-642.

次の

セロトニン症候群とは?過剰分泌で現れる症状は?治療法は?

セロトニン 過剰

喧嘩・・・些細なことから女房と口げんかになり、怒りがおさまりません。 旅行・・・紅葉に包まれた温泉宿。 湯船でゆっくりくつろぎ、美味しい料理を堪能。 「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」は、脳内で働く 「三大神経伝達物質」です。 感情や精神のコントロール、記憶や運動や睡眠など、重要な機能に深く関わっています。 この3つの脳内物質の中でも、特に重要なのが 「セロトニン」です。 「ドーパミン」と「ノルアドレナリン」の暴走を抑え、感情をコントロールしています。 3つの バランスが良いほど、やる気に満ち溢れ、 ネアカ・イキイキ・ヘコタレズの状態になれるのです。 今回は、神経伝達物質のバランスを保ち、やる気に満ちた爽快な毎日を過ごす方法をお伝えします。 夢を叶える145 【幸福ホルモン】三大神経伝達物質が教える「セロトニン」のススメ 【快感・意欲】ドーパミン 「ドーパミン(Dopamine)」は、中枢神経系に存在する アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体(ぜんくたい:その物質が生成される前の段階の物質)です。 運動調節、ホルモン調節、快感、意欲、向上心、記憶・学習能力などに関わっています。 【過剰分泌】は、欲求が満たされずに快感が得られないと、ギャンブル・アルコール・ニコチン・薬物などの 依存症や、過食症、統合失調症などの症状を引き起こすこともあります。 【過小分泌】は、物事への意欲・気力・関心が弱くなり、 運動・学習・性欲などの機能低下や、 パーキンソン病などの原因ともなります。 ドーパミンの別名は、 「快感ホルモン」。 人間の欲望のひとつに 「快感欲求」があります。 努力して成果・報酬を得たいという欲求(名誉・地位・お金・恋人・持家など)。 何かを ゲットする!という報酬快感をコントロールするのが、ドーパミンです。 欲求を満たして報酬という快感を得ると、さらに良い結果を出そうと意欲が湧き上がります。 意欲向上に有益なホルモンです。 しかし、落とし穴があります。 欲求が満たされなかった場合には、快感とは逆の、 「不快」という大きなストレスになってしまいます。 この慢性的なストレスから、 快感を求めてドーパミンン神経を過度に興奮させ、 「依存症」となるのです。 トーパミンは、バランスの良い状態であれば、ポジティブで意欲的な精神を保ってくれますが、ストレス状態での過剰な分泌は、依存症につながる危険があるのです。 アドレナリンと共に、 闘争または 逃走反応を起こします。 ストレスに反応して、怒り・不安・恐怖などの感情を起こし、交感神経を刺激して心拍数を増加させ、心身を 覚醒させます。 【過剰分泌】は、 怒りやイライラでキレやすくなり、 躁(そう)状態を引き起こします。 血圧を上昇させ、 高血圧や糖尿病(糖尿病患者の半分は高血圧)の原因になります。 外部からの刺激(ストレス)を受けた時に、活発に分泌されます。 【過小分泌】は、外部からの刺激に対して反応が鈍くなり、 無気力などの意欲低下を招くとともに、になりやすくなります。 うつ病、パニック障害、対人恐怖症など、さまざまな精神疾患の原因にもなります。 ノルアドレナリンの別名は、「 警告ホルモン」「 怒りホルモン」「 ストレスホルモン」「 闘争か逃走か(fight-or-flight)ホルモン」など。 危険やストレスを感じると、 心身を戦闘状態にさせます。 さまざまな情報を分析して、 最善の行動を選択するという重要な役割を担っています。 ノルアドレナリンが反応する危険やストレスとは、暑さ・寒さ・痛さ・かゆみ・苦しさ・悲しさなどの、肉体的・精神的な苦痛です。 【幸福・共感】セロトニン 「セロトニン(Serotonin)」は、 ドーパミンやノルアドレナリンの分泌をコントロールして、 前向きな感情で精神を安定させます。 血管の緊張を調節し、 体温・睡眠に関与します。 呼吸や歩行などの反復運動にも関与しています。 【過剰分泌】は、脳の働きが活性化され、 前向きでスッキリとした気分が持続されます。 心地よさ・満足感・幸福感が得られます。 【過小分泌】は、精神バランスが崩れて、 過敏症になります。 ネガティブに物事を考え、 不安、気がかりなど、 うつ症状がでます。 セロトニンの別名は、 「幸福ホルモン」。 精神を安定させ、 心地よさ、爽快さなど、 幸福感を生み出します。 セロトニンは、 ドーパミンとノルアドレナリンの暴走を抑制し、脳内神経のバランスを保ち、安定化させる重要な役割を持っています。 精神の安定を保つ、セロトニンの重要な役割 セロトニンが正常に分泌されていない状態では、ドーパミンやノルアドレナリンが勝手に暴走して、精神がアンバランスになります。 セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンを抑制コントールしながら、精神を安定させているのです。 ドーパミンが、快感だけを追求して、 過剰な興奮状態になるのを抑制• ノルアドレナリンが、ストレスに過剰反応して、 不快感を生むのを抑制 「セロトニン」の分泌バランスが良いほど、「ドーパミン」と「ノルアドレナリン」の働きも安定し、やる気に満ちた爽快な気分なるのです。 セロトニンを増やす方法は、大きく2つ。 【よく笑う】 「笑い」は、満足や幸福の象徴です。 「幸福ホルモン」とも呼ばれるセロトニンは、 笑うと自然に分泌されます。 【 を食事から摂取する】セロトニンの構成物質は、 「トリプトファン」という必須アミノ酸(体内では生成できずに、食べ物から摂取する必要があるアミノ酸)です。 タンパク質の食品に、多く含まれています。 肉類・魚類・豆類・乳製品など。 手軽な食品として、 大豆、豆腐、納豆、味噌、ゴマ、卵、バナナ、牛乳、豆乳、チーズがオススメです。 サプリメントからの過剰摂取は、注意が必要です(食べ物からの摂取では、まず過剰となることはありません。 過剰摂取は、 セロトニン症候群の発症が懸念されます。 自律神経症状(体温上昇、異常発汗、緊張、高血圧、心拍数増加、吐き気、下痢)、 神経・筋肉症状(筋肉硬直、ふるえ、交互の緊張・緩和)、 精神症状(混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡)の、3つの神経異常がみられます。 私たちの脳や神経のメカニズムは、複雑怪奇。 自分の精神状態なのに、自分でも理解できないものですね。 ましてや人の気持ちの行方など・・・ イヤなコトがあって、落ち込んで引きずっても、意味がありません。 君が笑えば、世界は君とともに笑う。 君が泣けば、君は一人きりで泣くのだ。 エラ・ウィーラー・ウィルコックス (アメリカの女性作家、詩人 ,1850~1919).

次の

睡眠に欠かせない幸せ物質:セロトニンの作用とは?簡単まるわかり

セロトニン 過剰

セロトニン症候群の発見と対応 薬の服用開始時や服用量の増量時に以下のような症状があらわれた場合、副作用としてセロトニン症候群の可能性があります。 精神が落ち着かない、不安になる、混乱する、イライラする、興奮する、手足や眼が勝手に動く、震える(振戦)、体が固くなる、発汗、発熱、下痢、脈拍の上昇 セロトニン症候群は服薬開始後の数時間以内に何らかの症状が表れることが多いとされます。 精神的な症状(落ち着かない、不安など)の場合はうつ病などの症状の一つとしてしまって、見逃しやすいようです。 セロトニン症候群の発生する可能性があるとされる薬 セロトニン症候群はSSRIの多量服用時、またそれら薬剤と他の薬剤の服用で発生することが多いとされています。 以下のような薬剤の服用時(特に複数併用時)に発生が報告されています。 ・SSRI: フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリンなど。 ・三環系抗うつ薬:クロミプラミン、イミプラミン、アミトリプチリンなど。 ・(難治性)パーキンソン病、うつ病の治療薬:塩酸セレギリン(MAO 阻害薬) ・炭酸リチウム:気分安定剤、抗不安剤、などに使用される。 (特に抗うつ剤との併用時。 ) ・リネゾリド(抗生物質):MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)感染症治療薬 (併用時。 ) ・: (西洋オトギリソウ)、トリプトファン、5-HTP、など (特に併用時や乱用時。 セロトニン症候群の検査方法と診断基準 セロトニン症候群に関する明確な検査方法は今のところ確立されていないようです。 セロトニン症候群かどうかは、以下のような基準の下に診断を行います。 ・軽症状の場合 原因となる薬物の使用の中止、補液、体温冷却など。 ・重篤な場合 各症状の拮抗作用のある薬物(抗アレルギー薬)を投与するなど。 と言った形で行われます。 いずれにしても、疾病に関わる薬物の使用中止または追加投与する形で、 症状が進めば命に関わる危険性もあるため、専門の医師の指導また管理下で正しく治療する必要があります。 『セロトニン症候群』と『うつ病』の関係 セロトニン症候群の原因となる薬物の多くは、 うつ病の治療として使用される抗うつ剤などです。 うつ病はココロと脳の病気で、抗うつ剤の投与などでの治療が必要になる場合があります。 薬には薬効とそれに伴う副作用がありますが、通常の用法、用量を正しく守れば、セロトニン症候群のような重篤な症状が現れる可能性は低くなります。 処方された薬の用法や用量を守らず服用すれば、セロトニン症候群などの副作用・症状が発生してしまうこともありますので、医師の指導のもと、用法や用量は必ず守って下さい。 普段から生活のリズムを整え、心と体をケアし、セロトニンが不足しないような生活を心がけましょう。 セロトニンの増やし方なども別ページでご紹介しています。 セロトニンの増やし方について、詳しくは をご覧ください。 photo credit:.

次の