あらあらまあまあ。 おなかがすいちゃう!おいしくて楽しい仲間たちのお話「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー(1/3)

あらあらまあまあ。

あらあらまあまあ

うちの6歳の娘は「パンダのポンポン」シリーズの大ファンなんです。 毎回、こんどはどんな美味しいものがでてくるんだろう? 何が起こるんだろう?とワクワク楽しみにしています。 ありがとうございます。 とても嬉しいです。 わたしは海燕新人文学賞をいただいて作家デビューして、小説やエッセイを書いていたのですが、あるとき、児童書の出版社から童話を書いてみませんか、とお声をかけていただいたんですよ。 じゃあ、子どもたちに向けて何を書こうかな? と考えたとき、そうだ、美味しいものがたくさん出てくる、食いしんぼう童話を書こう! と。 小説やエッセイの読者の方たちから、「食べものの描写がすごく美味しそう。 読んでいると、お腹が空く」とおっしゃっていただくことが多かったので、童話を執筆するときにも、自分の得意な分野を生かしていきたいと思いました。 ていうか、そもそも、わたし自身が食いしんぼうで……食べているシーンを書きはじめると、楽しくて止まらない感じなんですよね(笑)。 この作品に登場するチビコちゃんって、実在する猫なんですよ。 わたしの愛猫です。 彼女が活躍する作品を書きたいと思ったんですが、あえて主人公はチビコちゃんではなく、べつの動物にしたほうがいいかな、と。 チビコちゃんの大親友のキャラクターを主人公にすえて、ほかにも動物がたくさん出てくる面白い話を……とイメージをふくらませていったら、美味しいものが大好きなコックさんのパンダのポンポンと、ウエイトレスのチビコちゃん、彼らが働くレストラン「きら星亭」が生まれました。 そうなの。 うちのチビコちゃんは、もうそのときは成猫だったのですが、ちっちゃくて、あどけない顔をしていて、年齢にかかわらず「子ねこちゃん」と呼びたくなるような雰囲気で。 いわゆるハチワレ猫です、白と黒の毛並みの。 だから、お話のチビコちゃんと兄と妹のように仲良しなのは、白黒のツートンカラーがチビコちゃんとそっくりの動物がいいな、と思いました。 候補として考えたのが、ペンギン、サメ、パンダです。 でも、サメは海の中の生き物だし、ちょっとこわそうだし、チビコちゃんの相棒としては、ふさわしくないかな、と(笑)。 大好きなペンギンにしようかな、とも考えたのですが、結局、からだが丸くて、いかにも食いしんぼうな感じのパンダに決めました。 中国語だとジャイアントパンダって「大熊猫」と書くから、子猫とコンビを組ませる設定にもぴったり!と思いました。 パンダのポンポンは、世界一のコックさん。 料理をするのも好きだけど、食べるほうがもっと好き。 のんきで、おおらかなキャラクターです。 ポンポンとチビコちゃんは白黒コンビで、まるで兄と妹のように仲良し。 だいたい妹って、お兄さんよりしっかり者ですよね(笑)。 とうもろこしの粉を使って焼いたとうもろこしパンにはさみました。 それから、ぶあつく切ったハムとチーズ、うす切りのトマト、ちぎったレタスを、ライ麦パンにはさみました。 最後に、ルビーみたいな色のラズベリージャムを、やわらかい白パンにはさみました。 途中でピクルスやハムやチーズをツマミ食いしながら、ポンポンはありったけのパンを使って、三種類のサンドイッチを完成させました。 じゃがいもがなかったので、夢の中に出てきたようなポテトサラダのサンドイッチを作ることはできませんでしたが、まあ、仕方がありません。 出来上がったサンドイッチを前にして、「どうだ? どうだ? まいったか」とポンポンは言いました。 どれもとても美味しそうです。 ジャッキーが大好き。 書いていると、すごく幸せな気持ちになるの(笑)。 一方で、きら星亭のオーナーのくせに、忙しいランチタイムに「なにか美味しいものを作ってちょうだいよ。 世界で一番美味しい食べものってなにかしらね?」といってポンポンとチビコちゃんをうんざりさせるキャラクターでもありますね(笑)。 チビコちゃんとポンポンがふたりでおやつを食べていると、ジャッキーが来て「自分たちばっかり美味しいもの食べてる」ってひがむんですよ(笑)。 自分勝手でわがままで、ナルシスティックで遠慮がなくて、なんでも言いたい放題。 でも、その一方で、みんなのために楽しいことをたくさん企画してくれます。 ワゴン車にカラフルな絵を描いて、移動するアイスクリーム屋さんをはじめたり、いきなり大きなキャンピングカーで、みんなをキャンプに連れていったり。 まあまあまあまあ」とジャッキーは言いました。 「ワタクシのかわいいコックさん。 それから、おりこうな子ねこちゃん。 ずいぶんとなかよしねえ? なんなの? ひなたぼっこなの? おやおや。 しごとをさぼって、おやつを食べていたってわけね?」 「さぼってないよ」とポンポンは答えました。 「そうだよ。 お客さん、いないもん」とチビコちゃんも言いました。 ジャッキーは、つんとした顔をしました。 「いいわけは聞きたくないわ。 いいのよ。 ワタクシ、ちっとも気にしてやしないから。 ところで、ワタクシのおやつは、どこ?」 「え?」 「ワタクシのおやつよ」 ポンポンとチビコちゃんは、顔を見合わせてもじもじしました。 あんまりおいしかったので、れいぞうこに入っていたゼリーを、ふたりですっかり食べてしまったあとだったのです。 「ふぅん」とジャッキーは言いました。 「ははぁん」とも言いました。 それから、「なるほどねえ」と、つぶやき、「そういうこと?」と首をかしげました。 そして、小さくため息をついて、「さぞかし、おいしかったんでしょうねえ?」 (より).

次の

あらあらとは (アラアラとは) [単語記事]

あらあらまあまあ

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• 生演奏• テクノ• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の

理学部担当教員一覧

あらあらまあまあ

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する葛城ミサトとは? 葛城ミサトのプロフィール 葛城ミサトは 『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物の1人。 生年月日は1986年12月8日、年齢は29歳、血液型はA型、身長は163㎝、体重は47㎏です。 テレビ版では NERV(ネルフ)の戦術作戦部作戦局第一課課長、 新劇場版ではNERVの戦術作戦部作戦局第一課課長からWILLE(ヴィレ)の指揮艦長となっています。 葛城ミサトは 碇シンジと惣流・アスカ・ラングレーの保護者であり、上司でもあります。 エヴァンゲリオンの戦闘指揮官も務めており、シンジやアスカがエヴァンゲリオンに乗る際には指示を出しています。 指揮官として優秀な一方で、 私生活はずぼらでだらしがありません。 家事もシンジに任せており、レトルトカレーを作った際にもまずくなるというかなり料理下手です。 関連記事をご紹介! 葛城ミサトの過去 【セカンドインパクト】15年前、人類の半数を死に至らしめた地球規模の大災害。 その被害の爪痕は各所に残っている。 — アンク@金曜ロードSHOW! セカンドインパクトに遭遇した者の中では葛城ミサトが 唯一の生存者であり、その際に 大きな精神的外傷を受け失声症を患っている時期がありました。 また、胸部から腹部にかけて傷痕が残っています。 家族よりも、研究を優先して没頭する父にあまりいい想いを抱いていませんでしたが、セカンドインパクトが起きた際に命と引き換えにミサトを救い、それ以来ミサトは 使徒に対して復讐心を抱くようになります。 それでは、葛城ミサトの最後とその真相についてご紹介していきます。 『葛城ミサトの死』はTV版と劇場版で結末が違う! 平成最後の8月後半は、ふと思い立って、夜な夜なエヴァンゲリオンのテレビ版全話と旧劇場版を見直してしまった。 90年代に引き戻されて映画館で打ちのめされた精神破壊まで思い出したけど、最後のシーンが「救い」だと感じるくらいには大人になれてた。 つまり、葛城ミサトの最後もテレビ版と旧劇場版では違うということです。 葛城ミサトの最後を紹介する前に、テレビ版と旧劇場版の結末について簡潔にご紹介します。 テレビ版は人類補完計画が発動し、シンジの精神世界が描写されます。 エヴァンゲリオンも使徒も存在しない世界を見て、自分がここにいてもいいということに気付きます。 最後に登場人物たちに「おめでとう」と言われ、シンジは「ありがとう」と言って微笑んで終わります。 旧劇場版は全ての使徒を倒し終わり、ゼーレの戦略自衛隊との戦いが始まります。 シンジの絶望からサードインパクトが始まり、全人類の肉体が液化します。 EVA初号機は第2使徒リリスに取り込まれ、 シンジが全人類が1つになること望まなかったことでリリスを倒します。 葛城ミサトの死因は戦略自衛隊による爆破! 久々に好きな旧劇見てたら目線誘導がちゃんとなってて驚いた。 戦略自衛隊が構える銃の先に目が行くよう壁の線があったり、別画面でも同じように火炎放射の先にラインがある。 エヴァは画面レイアウトすげーな — OA omnifactory 葛城ミサトが死ぬことになるのは旧劇場版の方です。 全ての使徒を倒したNERVに対してゼーレは戦略自衛隊を用いて武力的占拠を開始します。 NERVの施設がどんどん破壊されていく中、 シンジが生きる気力を失ったまま戦略自衛隊に殺されそうになっているところをミサトによって救出されます。 ミサトとシンジはEVA初号機のケージへと向かいますが、その途中でミサトは 戦略自衛隊から銃撃を受けて負傷します。 その後のミサトとシンジの会話は非常に印象的で2人の人間性がよく表れています。 シンジをEVA初号機の元へと送り届けた後、ミサトは倒れます。 戦略自衛隊から受けた負傷は致命傷ではありましたが、 最後は戦略自衛隊による区画爆破によって命を落とします。 漫画版の葛城ミサトは戦略自衛隊を道連れに自爆して死亡 漫画版のここのミサトさんがさいこうにセクシーでかっこいいからみんなエヴァ買お? ? — 🤖アヤ🚀 kawakilla 漫画版では若干ですが葛城ミサトの最後が違います。 旧劇場版では戦略自衛隊による区画爆破によって死亡しましたが、漫画版では 手榴弾で戦略自衛隊の隊員を道連れにして自爆します。 旧劇場版でも漫画版でも死亡してしまうことには変わりありませんが、どちらにしてもシンジを守って死亡していることから、 保護者としても上官としても使命を全うしていることがわかります。 人類補完計画が発動。 葛城ミサトを含む全人間はL. Lへ! あーそっか、こいつらもテレワークだったのか。 Lという液体と化します。 Lとは エヴァンゲリオンのエントリープラグ内に満たされるオレンジっぽい色の液体のことで、液体でありながらも肺に取り入れることで直接酸素を供給させることができます。 また、L. Lは 血液のような臭いがします。 生命のスープとも言われていることから重要なものであることがわかります。 戦略自衛隊による区画爆破で死亡した葛城ミサトですが、彼女もまた人類補完計画の発動と共にL. Lに還りました。 肉体がL. Lとなった後、 魂は「黒き月」に集められ、全人類が単体の生命になりかけます。 しかし、シンジがそれを望まなかったことで元の世界に戻り、シンジとアスカだけしかいない世界になります。 Lに還った全人類と葛城ミサト。 しかし、L. Lに還ったということは死んだということなのでしょうか。 その真相はいかに。 葛城ミサトは生き返ることは可能なのか? エヴァ。 テレビ版だと、ここなのか? 「おめでとう」 個人的には「笑えばいいと思うよ」 「笑えばいいと思うよ」は、テレビ版がイチオシ。 — 椿らい堂 raidotsubaki そもそも人類補完計画とは、 全人類をL. Lに還元して1つの生命となることが目的でした。 自分と他人の間には壁または境界線があり、これが ATフィールドです。 このATフィールドがなくなることで人類は1つになります。 シンジは他人と1つになることに葛藤し、最終的にはそれを拒みます。 これによって L. Lに還元された状態を再び他人との境界線がある状態にし、人間の姿に戻ります。 これを サルベージと言います。 Lから人間の姿に戻れるということは、 葛城ミサトや他のL. Lになってしまった全人類も生き返れる可能性があるということです。 なかなか難しい話ではあったかと思いますが、ATフィールドとサルベージが人間と大きく関係していることは確かです。 葛城ミサトはもう1人の主人公的な要素もあるキャラクター! 葛城ミサトの死亡フラグ ほんとにかっこいい😭 — ガンダムマイスターしゅん kawashun05 いかがでしたでしょうか。 葛城ミサトの最後とその真相について少しでも知ることができましたでしょうか。 葛城ミサトは旧劇場版にてシンジを庇って死亡し、サルベージによって生き返ることができる可能性があるということでした。 少々難しい内容ではありましたが、詳細は是非とも『新世紀エヴァンゲリオン』をご覧になって確認してみてください。 いろいろな解釈があるからこそ面白いかと思います。 関連記事をご紹介!.

次の