インテレオン 強い。 【ポケモン剣盾】インテレオンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】インテレオンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

インテレオン 強い

特に、対面性能が上っているので先発から出しても、安定感があるため使いやすい。 いのちのたまは殲滅力がアップ いのちのたまを持たせれば火力がさらに上昇するため、後半での殲滅力がアップする。 終盤でダメージが入ったポケモンを高い素早さを活かして、上から倒していけるのが強い。 Hに20振って 4nにすれば、みがわり3回で発動できるため、必ず調整しておこう。 ふるいたてるが使えると攻撃性能アップ みがわりを使ったりしている中で、相手に隙ができたら「ふるいたてる」を使って火力を補強すると良い。 ヤタピ+ふるいたてる+げきりゅうが決まると、高い素早さから高火力を出せるため攻撃性能が飛躍的にアップする。 ヤタピ型インテレオンの対策 ヤタピ型の対策方法• すりぬけでみがわりを貫通 ヤタピ型であれば、初手にみがわりをしてくる場合が多い。 すりぬけでみがわりを貫通できて、インテレオンより素早いドラパルトがオススメだ。 スカーフ持ちのポケモンで倒す インテレオンは素早いと言っても、中速クラス ウォッシュロトムなど にスカーフを持たせれば、上を取れるので先に倒すことができる。 ダイジェット・ヤタピの実などが発動する前に処理しておけば、仕事をさせずに退場させられる。 スカーフでおすすめポケモン ポケモン 立ち回り ・対面でスカーフ持ちなら上を取れる ・電気技で弱点を突ける ・ダイジェットでSが逆転してしまう ・ヤタピげきりゅう雨で倒される ダイマックスで切り返す ヤタピ+げきりゅうなどが発動してしまい、止めれなくなったらダイマックスで切り返す。 ダイマックスを使って無理やり攻撃を1発耐えて、処理することも可能。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】インテレオンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

インテレオン 強い

御三家の型 今回は3体とも基本的な型で潜りました。 ただ、エースバーンだけカウンターを覚えるということで襷カウンターをやりたくなり、蜻蛉返りを抜いてカウンターを入れました。 エースバーン ヒバニーの最終進化系エースバーン。 攻撃と素早さに種族値がよっていて、無駄のない種族値配分なので数値上は弱くないように感じます。 タイプは単炎、特性はもうかで「HPが3分の1以下になると、炎タイプの技の威力が1. 5倍になる 」となります。 発売前は見た目で少し炎上してましたけど、発売後はあれ?かっこよくない?と見た目の評価が一変。 素早さは素早いエースバーンを1上回る120。 とくこうも125と特殊アタッカーとしてとても優秀な数値を持っています。 タイプは単水、特性はげきりゅうで「HPが3分の1以下になると、水タイプの技の威力が1. 5倍になる 」となります。 見た目はただのゴリラです、最終進化がこんな見た目で本当に発売前は残念でした。 今ではまぁ慣れましたという感じですね。 高火力、中速、中耐久で1撃で沈むことはなく、返り討ちにもできる割と評価が高いポケモンです。 タイプは単草、特性はしんりょくで「HPが3分の1以下になると、草タイプの技の威力が1. 5倍になる 」となります。 ヌオー 積みに全抜きされないために入れました。 ミミッキュ、パルシェン、カビゴンなど積み物理は突破できます。 ハチマキヒヒダルマまで火力が上がると流石にきついです。 サザンドラ 大好きな眼鏡サザンドラ、受けループ対策です。 悪だくみよりお手軽に使えるのでオススメです。 ミミッキュ 普通のミミッキュ使っても面白くなかったので、スカーフトリックミミッキュにしました。 あくまで御三家がメインなので。 御三家パで潜ってみた結果と感想 とりあえず、6戦やりました。 結果は4勝2敗。 とにかく強かったのは インテレオンです。 6戦全てで選出しました。 ダイストリームで雨を降らせて、げきりゅうも発動すると火力指数は 150x194x1. これがどのくらいの火力かというと、眼鏡サザンドラの流星群 130x194x1. 5x2x1. 基本的にダイマックス前提ですが、ダイマックス終了後も火力が出るようにインテレオンにはハイドロカノンを搭載しています。 これにより、ダイマックスが終了しても腐らずにもう1撃高火力をお見舞いすることが可能です。 インテレオンは素早いので相手の上を取れることが多いです。 ダイマックスインテレオンは切り札として取っておいて、残りの2体で相手のダイマックスを使用させるか、ある程度削っておくことが大切です。 もちろん、インテレオンで全抜き体制が整えば、早めにインテレオンを出してしまっても問題ないです。 エースバーンはできるだけ選出しようと思い4戦選出しました。 エースバーンが出た試合は2勝2敗でした。 基本の型と違ってカウンターを入れていたのですが、ギャラドス対面で龍舞警戒で打つことができず、蜻蛉返りの方がいいなぁと反省しました。 速いんですが、格闘は不一致で火力出ないです。 襷を持っているので先制できれば2回の攻撃で相手を突破することは可能です。 物理受けやギャラドスが来ると逃げるしかないので、そういう面で蜻蛉返りはあった方がいいなと思いました。 ただ、そんなこと言ってると基本逃げるしかないので高火力で相手に圧力を掛けれるわけでもなく、特徴があまりないなと感じました。 ゴリランダーは実はまだ選出できていないんです・・・。 ギャラドス、ヒートロトム、パルシェン、ヒヒダルマ、物理受けを見ると選出する必要ないなーと思ってしまうんですよね・・・。 でもうまく使ってる人もいるので、強いはずです。 悪、草、格闘をメインウエポンにしているので技範囲は豊富で、専用技のドラムアタックは相手のSを下げることもできるので、1回入れると次は先制できることが多いです。 なので、強いはずなんですけどドリランダー刺さってる!という状況に毎回ならなかったため、選出には至りませんでした。 もう少し潜って選出できたら使用感を載せたいと思います。

次の

インテレオン

インテレオン 強い

性格 控えめ たまたま貰ったインテレオンが控えめだったから 臆病との択ですが、今回は火力を重視し控えめ。 素早さはダイジェットによる能力値上昇で補います。 特性 げきりゅう これしかないためこれ、今回の型では非常に重要• 持ち物 うしおのおこう しんぴのしずくでも可 他候補としては、いのちのたま・たつじんのおび・ヤタピの実などです。 いのちのたまはげきりゅう状態での行動回数が制限されてしまうので、今回は非採用 たつじんのおびは等倍や半減相手が厳しくなってしまうため非採用 ヤタピの実はこの中では最も可能性がありげきりゅうとの相性も良いです、しかし今回の型はHPが減っていない状態でもある程度の火力が欲しいという事で非採用 技構成• ハイドロカノン インテレオンの最高威力技。 基本的には、これが元のダイストリームで攻めていきます。 ダイマックス後の火力を考えるとドロポンよりはこっちがいいかなと思い採用 サザンドラとの対面で雨下げきりゅう発動時にドロポンだと乱数になってしまう点も考慮。 ねらいうち インテレオン専用技。 せっかくの専用技だから使いたかった 命中安定で急所ランクも1あるためあって損はない。 なみのり、ねっとうと枠の争い 威力ならなみのり、やけどを狙うならねっとうを採用しても良いと思います。 エアスラッシュ ダイジェットの元。 特殊でひこうタイプの技はこれしか覚えないので確定。 最悪これを連打しましょう。 みがわり 相手のダイマックスの時間稼ぎやHP調整に使えるため確定• 他候補技 悪の波動、シャドーボール、冷凍ビーム、ふいうち、など これらの技を採用しなかった理由は、立ち回りの欄で解説します。 ダメージ計算 ハイドロカノンとダイストリームの威力は同じためダイストリームの表記は省略 与ダメ• ドリュウズ H4 ダイマックス時 ダイアース一回使用 ハイドロカノン 82. ドラパルト D4 ハイドロカノン 62. サザンドラ H4 雨下ハイドロカノン 80. バンギラス H252D4 砂嵐状態 ハイドロカノン 105. パルシェン H4 ハイドロカノン 119. 水ロトム H252 ハイドロカノン 61. オーロンゲ H252D4 ハイドロカノン 101. カビゴン H252D4 ハイドロカノン 64. ナットレイ H252 ハイドロカノン 39. ウオノラゴン H4 ハイドロカノン 29. ガラルヒヒダルマ H4 ダイジェット 83. トリトドン H252D4 ダイジェット 42. ヌオー H252D4 ダイジェット 65. ドラパルト 意地っ張りA252 ドラゴンアロー 43. ドラパルト 控えめC252こだわり眼鏡 りゅうせいぐん 74. ドリュウズ 意地っ張りA252 じしん 46. ミミッキュ A252いのちのたま じゃれつく 37. サザンドラ 控えめC252 りゅうせいぐん 57. トゲキッス 控えめC252 マジカルシャイン 35. バンギラス 意地っ張りA252 ストーンエッジ 46. ヒヒダルマ 意地っ張りA252 ばかぢから 38. ニンフィア 控えめC252プレート ハイパーボイス 52. リザードン 控えめC252いのちのたま ソーラービーム 84. ナットレイ A252 パワーウィップ 87. 特にラプラスは、インテレオンではどうしようもない貯水モンスターズ に強いためおすすめです。 他にも、インテレオンの後の掃除役としてドリュウズやドラパルトもおすすめです。 立ち回り• 動き方 基本的には後発推奨です。 ダイジェットで倒せそうな相手に出して、ダイジェットで上を取りながらダイストリームを連打します。 ダイマックスが切れた後は身代わりでHPを調整して、げきりゅうハイドロカノンで敵を粉砕します。 基本的には先発はスカーフヒヒダルマなどと組ませるのが良いと思います。 基本の動きは• スカーフヒヒダルマを突っ込ませます。 大体ヒヒダルマが倒された場合、相手の場には炎・岩・地面タイプのポケモンや、HPが減っているポケモンなどが残っています。 例外はある• 相性が良い敵、死にかけの敵などを相手にインテレオンでダイマックスし、ダイジェットでSを上げたり、ダイストリームでなぎ倒しながら相手パーティを崩します。 三匹目の掃除役が全てを終わらせます• 素早さについて 今回のインテレオンは準速のためリザードンなどの最速100族までは抜けていますが、エースバーン・アイアント・スカーフサザンドラの上を取るには1回ダイジェットを撃たなければいけません。 抜くことができれば身代わり連打で相手のダイマックス枯らし+げきりゅう発動まで行けるので勝つことができます。 そのため、準速インテレオンよりも速いポケモンが相手のパーティにいる場合はそのポケモンが出てくるまえにダイジェットを1回、もしくは2回撃つ必要があります。 候補技、ねらいうちについて 当初、今回のインテレオンにねらいうちは入っておらずその枠には冷凍ビームが入っていました。 何回か使ってみて分かったことですが、冷凍ビームなどを採用していた場合ドリュウズやリザードン、火ロトムなどとダイマックス後に対面した場合、命中不安定のハイドロカノンを撃たなければならなくなり技外しで負ける事がありました。 そのため命中安定かつアイテムの補正が乗るタイプ一致技が欲しくなりねらいうちを採用することにしました。 最後に 筆者は今回が初投稿のため、至らない点、分かりにくい点等がありましたらコメント欄で教えてくださるとありがたいです。 ここまで読んでくださりありがとうございました。 確かにダイジェットもあったほうが良いですね。 内容より表現の問題になるのですが、初心者向け、基本型の育成論とあるので、持ち物欄の「仕事をする前に落とされる」など自己完結してない表現は少しわかりにくいかと思います。 火力強化アイテム持ちのインテレオンには自分も可能性を感じていたので、育成論が出てくれたことが非常に嬉しいです。 一つ気になったのが、ハイドロカノンを採用しつつねらいうちを採用する理由が曖昧な気がします。 確定技なのにも関わらず立ち回り欄にて特に記述されていなかったため、火力アップアイテムの効果が乗らないことを考えても別のタイプのサブウェポン及び補助技の類を採用した方が性能は向上すると思います。 長文失礼しました。 ご指摘の通り説明が足りなかったですね。 指摘していただいた点、ねらいうちを採用した理由等も修正いたしました。 火力を強化したインテレオンはかなり今の環境で動きやすいポケモンだと思うので、もっと良い型、動きなどができたら化けるんじゃないかなと個人的には思っています。 逆に悪の波動は、ダイマックスとの相性も良く、水技が通らない相手に有効であることからも優先度が上がるのでは?と使ってて思いました。 被ダメ系さんは倒れるか云々以外にも激流圏内に入るかどうかも重要になるため、省略するのは勿体無いと思います。 また、準速にすることの一番のデメリットはエースバーンアイアントに抜かれることだと思います。 いきなりスカーフサザンドラが登場して??となりました。 全体的に、型自体は強いと思いますが肝心の論が不親切だなと感じました。 すみません、不親切な文章でした。 ご指摘頂いた点を修正します。 ダイジェットを採用するねら尚更。 今回の型ではHP調整をする前からある程度の火力がある方が、多くの対面で有利を取れるかなと思い神秘の滴を採用しています。 ヤタピの実のほうが最終的な火力は上がるので、どちらを選ぶかは好みによるのかなと思っています。

次の