そのくせ未来が怖くて。 アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班の歌詞

そのくせ未来が怖くて

気分次第です僕は 敵を選んで戦う少年 叶えたい未来も無くて 夢に描かれるのを待ってたそのくせ未来が怖くて 明日を嫌って過去に願ってもう如何しようも無くなって叫ぶんだ 明日よ明日よもう来ないでよって そんな僕を置いて 月は沈み陽は昇る けどその夜は違ったんだ 僕は君の手を 空へ舞う 世界の彼方 闇を照らす魁星 「君と僕もさ、また明日へ向かっていこう」 夢で終わってしまうならば 昨日を変えさせて なんて言わないから また明日を君とこうやって 笑わせて あれから世界は変わったって 本気で思ったって 期待したって変えようとしたって 未来は残酷で それでもいつだって君と見ていた 世界は本当に綺麗だった 忘れてないさ 思い出せるように仕舞ってるの 君がいてもいなくても翔べるなんて妄想 独りじゃ歩くことさえ僕はしないまま藍色の風に吐いた幻想 壊してくれって願って踠いたって 願ったんなら叶えてしまえやって Eh... 君は言って また明日の夜に 逢いに行こうと思うが どうかな君はいないかな それでもいつまでも僕ら一つだから またねSky Arrow笑ってよう 未来を少しでも君といたいから叫ぼう 今日の日をいつか思い出せ 未来の僕ら ひいらぎの解釈 僕は、気分次第に敵を選んで戦っている少年。 叶えたい未来なんてなくて、勝手に夢に描かれるのを待ってるだけ。 そのくせ未来は怖くて、明日は嫌って、過去に縋って もうどうしようもなくなって叫んだんだ 明日なんてもう来ないでくれよって この曲の主人公「僕」は戦場で戦っている少年です。 戦ってるといっても、敵を選んで、自分の戦いたい相手だけと戦っています。 ここでいう戦いたい相手というのは、自分が苦労せず勝てる相手なのでしょう。 つまり、勝てる相手だけを選んで、自分勝手に戦っているだけなのです。 未来に希望なんて持てなくて、ただただ誰かが描いてくれる夢を待ってるだけ。 その待ってる間も、自分の勝てる戦しかしない、そんな臆病者の自分を歌っているようです。 誰かに夢を描いてもらいたいなんて思いながらも、その未来は怖い。 これだけ自分を臆病だと思っているのですから、仕方ありません。 そんな自分を変えることもできずに、どうすることもできず、 明日なんて来ないでくれと叫んでいます。 この曲はこんな未来を疎みまくっている主人公を巡る曲なのです。 君が僕の手を取っていったんだ。 先ほど、僕は明日を嫌っていました。 明日なんか来ないでくれよと願っています。 それでも、明日が来ないことなんてあるわけがなく、いつものように明日はきてしまうのです。 だけど、ここで新しい登場人物:君が現れます。 僕は普段1人で夜明けを迎えていたのでしょう。 しかし、その夜はいつもと違って、君が現れた。 そして、君は僕の手を取ったのです。 空へ舞う 世界の彼方 闇を照らす魁星 「君と僕もさ、また明日へ向かっていこう」 夢で終わってしまうのならば 昨日を変えさせて なんて言わないから また明日も君とこうやって 笑わせて ひいらぎの解釈 世界の彼方の空を舞う、空には闇を照らす一番星が輝いている 僕は言う「君と僕も、また明日へ向かって生きていこう」 夢で終わってしまうなら、辛かった昨日を変えたい そんなこと言わないから、また明日も君とこんな風に笑いたい 魁星とは北斗七星の第1星から第4星、北斗七星を柄杓になぞらえた時、水を汲み取る部分の星々のことを言います。 それ以外にも試験で一番を取った人という意味もあります。 ただここでは、闇の中で光り輝く一番星、のような意味合いで使われているのではないでしょうか。 僕はいつも通りの日常から急に君がやってきたことから、明日へ向かって生きていきたいと話します。 それまで過去に縋って生きるしかなかった僕が、明日、つまり未来へ向けての希望を見せるのです。 どうしようもなくいきていた昨日を変えたい、なんてそんな無理なことは言わない。 だから未来は君と一緒に笑いあって生きてみたい 君に出会ったことで、こんな風に心変わりがあったのでしょう。 ひいらぎの解釈 君と出会ってから世界は変わったって、本気でそう思っていた 期待したって変えようとしたって、期待した未来は残酷で それでもいつだって君と見ていた世界は本当に綺麗だった その綺麗さは忘れてなんていないよ、いつでも思い出せるように仕舞ってるだけ 僕は君と出会ってからの世界は変わったと本気で思っていました。 それまでの希望の見えない未来から、君と見る素晴らしい世界に変わったと。 しかし未来は冷酷にも残酷で。 期待したってそんな簡単に世界が変わるわけもなくて。 君と出会ってからの世界もこれまで同様酷いものだったのでしょう。 それでも君と見ていた世界は綺麗なままでした。 それは君と一緒に見ていたから。 君が隣にいたからです。 忘れることなんてなくて、僕にとって大事な思い出として心の中に仕舞っています。 きっと僕に取って、君と見た景色は掛け替えのないものなのでしょう。 君がいてもいなくても翔べるなんて妄想 独りじゃ歩くことさえ僕はしないまま藍色の風に吐いた幻想 壊してくれって願って踠もがいたって 願ったんなら叶えてしまえやって Eh... 君は言って ひいらぎの解釈 君がいてもいなくても翔べるなんて妄想だよ 君がいない、独りの状態では、僕は歩くことさえしないままで 孤独な風に君と一緒だったらと吐いた妄想だったんだ 君もいないこんな世界なら僕を壊してくれと願って、腕をもがいてしまったってできるわけもなくて 願ったなら叶えて仕舞えばいいのに、なんて君は僕に言ったんだ 僕は君と一緒に翔ぶことを知ってしまい、独りで翔ぶ怖さを知ってしましました。 君がいなくたって、思い出さえあれば翔ぶことができると思っていましたが、そんなことはあるはずもなく。 君がいなくなってしまい、独りになった僕は歩くことさえできないままで、 独りでなんでもできるなんて、孤独で潰れそうになった僕の吐いた妄想だったと気づいてしまいます。 独りの辛さに気づいてしまった僕は、君がいないようなこんな世界なら、僕を壊してしまって欲しいと。 もう何もできないなら、腕をもがいてしまって欲しいと願います。 でもそんなこともできるわけがなく、独りで進むことを選んでしまうのでした。 そんな願いを聞いた君は、「願ったんだったら叶えればいいのに」 なんて、涼しい顔で僕に語りかけます。 また明日の夜に 逢いに行こうと思うが どうかな君はいないかな それでもいつまでも僕ら一つだから またね Sky Arrow 笑ってよう 未来を少しでも君といたいから叫ぼう ひいらぎの解釈 また明日の夜にでも会いに行ってみようかななんて思うけど、 やっぱり君はいないのかな それでも、君がいなくなっても僕と君はずっと一つだから 笑っていよう 未来を君といたいと願うから、未来に向かって叫ぼう 先ほどの歌詞の中で、君は僕に向かって、壊れてしまいたいならそうすればいいのにと声をかけます。 しかし僕は、まだ君がいるかもしれないこの世界なら生きてみようと決意します。 僕は明日の夜にでも君に会いに行ってみようと思っています。 君はいないかもしれないと思いながら。 それでも僕は君と一緒だから笑って翔んでいよう、と。 独りで翔ぶことの恐怖を克服したのでした。 未来は君といたいと願って、未来に希望を持っているのです。 この曲の中で、主人公:僕は君というかけがえのない相手に出会って、別れて、それでもその思い出を胸に未来に希望を持つようになりました。 アスノヨゾラ哨戒班とは、君を見つけるためにアスノヨゾラ=未来を見て回るということなのではないでしょうか?.

次の

ボカロ楽曲のアスノヨゾラ哨戒班について解釈を教えてください。個人...

そのくせ未来が怖くて

「て」の部分を強調した歌詞がこちらです。 (引用:) 気分次第です僕は 敵( てき)を選んで戦う少年 叶えたい未来も無く て 夢に描かれるのを待っ てた そのくせ未来が怖く て 明日を嫌っ て過去に願っ て もう如何どうしようも無くなっ て叫ぶんだ 明日よ明日よもう来ないでよっ て そんな僕を置い て 月は沈み陽は昇る けどその夜は違ったんだ 君は僕の手( て)を 空へ舞う 世界の彼方 闇を照( て)らす魁星 「君と僕もさ、また明日へ向かっ ていこう」 夢で終わっ てしまうのならば 昨日を変えさせ て なん て言わないから また明日も君とこうやっ て 笑わせ て あれから世界は変わったっ て 本気で思ったっ て 期待したっ て変えようとしたっ て 未来は残酷で それでもいつだっ て君と見 ていた 世界は本当に綺麗だった 忘れ てないさ 思い出せるように仕舞っ てるの 君がい てもいなく ても翔べるなん て妄想 独りじゃ歩くことさえ僕はしないまま藍色の風に吐いた幻想 壊し てくれっ て願っ て踠いたっ て 願ったんなら叶え てしまえやっ て Eh... 君は言っ て また明日の夜に 逢いに行こうと思うが どうかな君はいないかな それでもいつまでも僕ら一つだから またね Sky Arrow 笑っ てよう 未来を少しでも君といたいから叫ぼう 今日の日をいつか思い出せ 未来の僕ら わたしはこの動画を初めて観たとき、「めっちゃ速くなっててワロタww」と笑うよりもまず、 「この曲、こんなに"て"が溢れていたのか…」と衝撃を受けました。 何百回と聴いていたはずなのに、というよりむしろ聞き慣れ過ぎたゆえに、この動画のような素朴な視点でこの曲を眺めることが出来なかったのです。 文法的には、この曲の「て」は大きく 2つに分けることが出来ます。 A:文節末の「て」 「〜して」「〜って」「なんて」など、文節末に来る「て」です。 例)叶えたい未来もなく て 夢に描かれるのを待っ てた B:その他の「て」 名詞や動詞の活用語尾以外に含まれる「て」です。 パターンBは上の例に挙げた3つで全てです。 つまり、ほとんど文節末の「て」が占めているのです。 文節末に多く「て」が現れるということは、その度にリズムが整えられるということです。 「壊し てくれっ て願っ て踠いたっ て」という部分は特にこの「て」による整調効果が顕著でしょう。 この曲がヒットした理由に「て」で生み出されるリズム感もあるってことかぁ 動画に書き込まれたこのコメントを見て、「なるほど!」と思いました。 実際この曲の大ヒットにこの要素がどれだけ影響しているかは分かりませんが、自分の中では驚くほど腑に落ちました。 前からこの曲には"言語化しにくい魅力"があると思っていました。 「歌詞の世界観が良い」という次元のことではありません。 もっと単純に「聞いていて耳に馴染む」とか、「音に対しての言葉の乗っかり具合がハンパじゃない」というものです。 こうした非常に曖昧な魅力が、" て"というひらがな一文字でグッと明瞭になった気がしました。 この記事では『アスノヨゾラ哨戒班』だけを取り上げましたが、「"て"が多い」という特徴は、 Orangestarのほかの楽曲にもある程度当てはまるのではないかと思っています。 この主張を正当化するには、Orangestar楽曲について検証するだけでなく、他のボカロ曲や一般の商業音楽との比較も試みなければなりません。 また、仮にこの主張が妥当だったとして、このような特徴が生まれる理由について更に深く掘り下げて考えることもできます。 Orangestarは意図的に「て」を散りばめることで整調効果を狙っているのか、それとも 何か別の要因から結果的にそうなってしまうのか。 後者だとすれば、その一端を担う考察をわたしはこのvocanoteで語っています。 このnoteでは、例えば 夢で終わってしまうのならば 昨日を変えさせてなんて言わないから また明日も君とこうやって 笑わせて のような、「〜〜なん て(ない)」という、 今言ったことをすぐに相対的・批判的に捉える構造が多く見られる原因として、 ただ筆者は、このように自分が「これだ」と正しいと思って訴えた言葉を、すぐに自分自身で客観視・否定していく行為は、思春期の若者が普遍的に持つアイデンティティ(自我)の確立の問題に関係しているのではないか、と考える。 と書いています。 この文章を書いたのは1年以上前のことであり、自分でもこの考えが妥当であるとは素直に認められませんが、今でも「"て"が多い問題」を部分的に解決する糸口のひとつとしては悪くないと思っています。 ここまで、「『て』と言ったら加速してしまうアスノヨゾラ哨戒班」という1つのネタ動画からやや強引に考察を広げてきました。 今回このような記事を書いたのは、Orangestar専攻として何か小難しい理論を声高に唱えるためではありません。 自分のささやかな出会いから、 ふとしたキッカケから聞き慣れていた曲の新たな一面を発見することが出来るのだと、皆さんに伝えたかった。 それだけです。 最後に、本日8月19日の午後8時37分をもって『アスノヨゾラ哨戒班』がニコニコ動画投稿4周年を迎えたこと、そして今は海の向こうにいるOrangestarさんが明日8月20日に誕生日を迎えることを祝って、筆を置きたいと思います。

次の

【コール表】アスノヨゾラ哨戒班/Afterglow: バンドリ!ポッピンコール!

そのくせ未来が怖くて

Song title "アスノヨゾラ哨戒班" Romaji: Asu no Yozora Shoukaihan English: Night Sky Patrol of Tomorrow Original Upload Date Aug. 2014 Kimi no Yozora Shoukaihan: Aug. 2015 Singer Producer s music, lyrics M. " A year after this song's release, Orangestar uploaded an arranged version called "キミノヨゾラ哨戒班 Kimi no Yozora Shoukaihan. " Lyrics Japanese Romaji English 気分次第です僕は kibun shidai desu boku wa I'm a boy who picks out his enemies to fight 敵を選んで戦う少年 teki o erande tatakau shounen depending on whatever suits my mood. 叶えたい未来も無くて kanaetai mirai mo nakute No hopes for the future, 夢に描かれるのを待ってた yume ni egakareru no o matteta I wanted to be drawn in a dream そのくせ未来が怖くて sono kuse mirai ga kowakute and yet I fear the future, 明日を嫌って過去に願って asu o kiratte kako ni negatte hating tomorrow, wishing towards the past もう 如何 どう しようも無くなって叫ぶんだ mou doushiyou mo nakunatte sakebun da There's no longer anything I can do, so I shout, 明日よ明日よもう来ないでよって asu yo asu yo mou konaide yotte "Tomorrow, tomorrow, please, don't come," そんな僕を置いて sonna boku o oite Leaving the old me behind, 月は沈み陽は昇る tsuki wa shizumi hi wa noboru the moon sets, and the sun rises けどその 夜 よ は違ったんだ kedo sono yo wa chigattan da but that night was different from all the others. 君は僕の手を kimi wa boku no te o You took my hand... 空へ舞う 世界の彼方 sora e mau sekai no kanata The Big Dipper's first star illuminates the darkness, 闇を照らす 魁星 かいせい yami o terasu kaisei dancing into the sky and beyond this world 「君と僕もさ、 "kimi to boku mo sa, "Let's start facing towards tomorrow again, また明日へ向かっていこう」 mata asu e mukatte ikou" both you and me" 夢で終わってしまうのならば yume de owatte shimau no naraba "If this is to end as a dream, 昨日を変えさせて kinou o kaesasete at least allow me to change yesterday... " なんて言わないから nante iwanai kara I won't say anything like that, また明日も君とこうやって mata asu mo kimi to kou yatte so let me keep smiling together with you, 笑わせて warawasete tomorrow as well あれから世界は変わったって are kara sekai wa kawattatte Even if I think that 本気で思ったって honki de omottatte the world truly changed, 期待したって変えようとしたって kitai shitatte kaeyou to shitatte and even if I tried to hope or change, 未来は残酷で mirai wa zankoku de the future was cruel それでもいつだって君と見ていた soredemo itsu datte kimi to mite ita even so, the world I always watched 世界は本当に綺麗だった sekai wa hontou ni kirei datta with you was truly beautiful 忘れてないさ wasuretenai sa I still haven't forgotten that, 思い出せるように仕舞ってるの omoidaseru you ni shimatteru no I've placed it in my heart so I can remember 君がいてもいなくても翔べるなんて妄想 kimi ga ite mo inakute mo toberu nante mousou daydreaming about flying with or without you, 独りじゃ歩くことさえ僕は hitori ja aruku koto sae boku wa or even just taking a walk alone しないまま藍色の風に吐いた幻想 shinai mama aiiro no kaze ni haita gensou I can't do either of those; and begged for someone to break down 壊してくれって願って 踠 もが いたって kowashite kurette negatte mogaitatte the illusions formed from the indigo wind 願ったんなら叶えてしまえやって negattan nara kanaete shimaeyatte "If you want it, then make it come true yourself," Eh... 君は言って Eh... kimi wa itte Eh... you said that... また明日の夜に mata ashita no yoru ni I think about I want 逢いに行こうと思うが ai ni ikou to omou ga to go see you again tomorrow night, どうかな君はいないかな doukana kimi wa inai kana but I don't know, maybe you won't be there それでもいつまでも僕ら一つだから soredemo itsumademo bokura hitotsu dakara but even so, we will always be one またね Sky Arrow 笑ってよう mata ne SKY ARROW waratteyou So, see you later, Sky Arrow let's smile on 未来を少しでも君といたいから mirai o sukoshi demo kimi to itai kara I want to be together with you in the future, however short our time may be, 叫ぼう sakebou So I'll shout out 今日の日をいつか思い出せ kyou no hi o itsuka omoidase "Remember this day someday in the future, 未来の僕ら mirai no bokura whoever we are then... " English translation by Coleena Wu External Links•

次の