東京 カプセルホテル 女性。 サウナ・カプセルホテルのカプセルイン錦糸町

東京都内で女性におすすめの人気の格安カプセルホテル

東京 カプセルホテル 女性

こんにちは。。 アカリです。 リーズナブルな宿泊料金が魅力のカプセルホテル。 でも、男性向けのイメージが強いため、女性だと少し利用しづらいですよね。 また、部屋ごとに鍵をかけられないため、セキュリティ面でも不安があります。 最近では女性専用エリアを設けているカプセルホテルもありますが、大浴場やサウナは男性用しか用意されていない、ということも…。 今回は都内にある女性専用カプセルホテルを4つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 出典: 「NADESHIKO HOTEL SHIBUYA(ナデシコホテル渋谷)」は、渋谷駅から徒歩10分、神泉駅から徒歩3分の場所にある女性専用カプセルホテルです。 壁に赤富士が描かれた大浴場や、畳が敷かれたフリースペースなど、髄所に「和」の要素を取り入れているのが特徴。 また、全てのスタッフが英語を話せるため、外国人観光客の利用も多いのだそうです。 ナデシコホテル渋谷の宿泊料金は、約5,500円~とカプセルホテルにしては少々高め。 ただしその分、サービスや設備が非常に充実しているんです!例えばフリースペースの畳ラウンジでは、コーヒー・お茶・お菓子が無料で飲み放題&食べ放題。 アメニティはシャンプー&ボディーソープ、歯ブラシ、ヘアブラシ、タオルに加え、基礎化粧品も全て用意。 さらに、おしゃれな浴衣と足袋に着替えて、ゆったりとくつろぐことができます。 また、3種類ものお風呂を楽しめる大浴場や、広くて使いやすいパウダールーム、ホテル1Fにある和風創作料理店「OISHI KOMACHI SHINSEN」なども魅力的。 旅館感覚で宿泊できる、とっても豪華なカプセルホテルです。 出典: 秋葉原駅から徒歩3分の場所に位置する、女性専用の「秋葉原ベイホテル」。 白やピンクなどのパステルカラーを中心とした、女性らしい空間にデザインされています。 テレビ無しとテレビ付きの2タイプのカプセルがあり、テレビ無しなら3,800円~、テレビ付きなら4,100円~から宿泊可能です。 2016年にオープンしたばかりなので、清潔感があり居心地も抜群。 コスメ類やヘアアイロンなど、女性に嬉しいアメニティも用意されています。 1Fにはシャワールームが、B1Fには電子レンジとポットが設置されたラウンジがありますが、大浴場や食堂などはありません。 しかし、周囲には飲食店が多数ありますので、食事をする場所には困らないでしょう。 秋葉原エリアで、リーズナブルかつ安全に宿泊したい女性におすすめのホテルです。 出典: 「ナインアワーズ ウーマン神田」は、2017年7月にオープンしたばかりの新しい女性専用カプセルホテルです。 神田駅から徒歩1分の場所に位置しているため、ビジネス利用に便利ですね。 ナインアワーズでは、無駄な装飾を徹底的に排除し、「シャワー・睡眠・身支度」の3つに特化したサービスを提供しているのが特徴。 ナインアワーズ初となる女性専用施設・ナインアワーズ ウーマン神田も、最低限の設備のみを備えたシンプルなカプセルホテルになっています。 1泊4,900~で宿泊できるほか、1時間単位での仮眠や、シャワーのみの利用も可能です。 設備はシンプルですが、上質なアメニティや安心して眠れる空間にこだわっており、快適に過ごすことができますよ。 手厚いサービスよりも機能性を重視したい!という方におすすめのカプセルホテルです。 出典: 新宿・歌舞伎町にある女性専用カプセルホテル、「レディース510」。 新宿駅東口より徒歩8分の場所にあるため、飲み会で終電を逃してしまったときにも便利です。 1泊3,600円~の通常カプセルのほか、より上質なスーペリアカプセルも3,800円~で宿泊可能。 どちらのタイプも、液晶テレビ&コンセントが完備されています。 24時間利用可能な食堂・サウナ・大浴場があり、さらにマンガコーナーでは無料で好きなマンガや女性誌が読み放題!至れり尽くせりの充実した設備が魅力的です。 アメニティは歯ブラシ、シャンプー&リンス、クレンジング、ボディーソープ、タオル、湯上がりガウンが用意されています。 また、カプセルのほか仕切り付きの仮眠室も備えられており、大浴場・スパとセットで3時間1,500円~となっています。 宿泊に限らず、漫画喫茶感覚で気軽に利用できますよ。

次の

【女性向けカプセルホテル】 東京ドームの目の前にある「グローバルキャビン」はカプセルというよりほぼ部屋! アメニティとセキュリティも完璧でした

東京 カプセルホテル 女性

1つ目におすすめする東京のおしゃれなカプセルホテルは、「Book And Bed Tokyo Ikebukro(ブック アンド ベッド トウキョウ イケブクロ)」です。 「Book And Bed Tokyo」は、「泊まれる本屋」をコンセプトとした全国6店舗のチェーンです。 今回紹介する池袋本店の他にも、浅草や新宿、京都、心斎橋、福岡に店舗を構えます。 こちらのホテルは、本は売っていません。 あくまでも、本を読んでいたら、うとうとしていて気づいたら寝てしまっていた、といったあの誰もが経験したことのある幸せな時間の提供を目的としています。 トイレとシャワーは共同で、ドライヤーやタオルの貸し出しがあります。 その他、ロッカーや荷物の預け場所もあるので、開放感はありつつもセキュリティの心配はありません。 3つ目におすすめする東京のおしゃれなカプセルホテルは、「ファーストキャビン 京橋」です。 「ファーストキャビン」は全国に広がるチェーンで、東京には、京橋店のほか、赤坂や市ヶ谷、築地や秋葉原などに店舗があります。 その中でも京橋店は、最多来客数を誇ります。

次の

東京のカプセルホテルはこんなにおしゃれ!イマドキ女子注目の10選

東京 カプセルホテル 女性

私は東京で時々カプセルホテルに泊まりますが、ここは初めてのところでした。 でも設備もしっかりしていたし、快適でした。 そしてここは、 女性専用フロアがあるのもなかなかいいなと思いました。 カプセルホテルはかつて男性専用のような感じでした。 まぁ今もまだそういう面はありますが・・。 でも今は東京、大阪、京都などの大都市を中心に、女性専用フロアがあり、女性も泊まれるカプセルホテルが増えてきました。 女性の方でもバリバリ仕事をされている方はもちろん多く、一人で東京出張する人もいれば、仕事や飲み会等でうっかり終電・終バスに乗り遅れてしまう方もいるでしょう。 自宅までのタクシー代は高いし、どこか安くて手軽に泊まるところはないか・・と考えてもおかしくありません。 そんな時に、女性でも安心して泊まれるカプセルホテルは、料金も安いし重宝です。 私もとてもいいことだと思います。 この記事では、 東京都内限定ではありますが、 女性でも泊まれるカプセルホテルをまとめてみました。 あなたの参考になれば幸いです。 その後変更になっている可能性もありますので詳細はそれぞれの施設に電話等でご確認ください。 また宿泊料金はコースや曜日によって異なる場合があります。 目次: (クリックで各項目に飛びます) 目次• カプセルホテルってどんなところ? 各店舗をご紹介する前に、カプセルホテル自体をよくご存知ない方のために、少しだけご説明します。 写真は、私が先日泊まった新宿のカプセルホテルの内部です。 出入口はロールスクリーンを降ろすだけで、鍵のようなものはありません。 (消防法により鍵はつけられません) 上にテレビと、脇にちょっとした棚が作ってあります。 これが平均的なカプセルホテルだと思います。 (新しいカプセルホテルではもっと広かったり高級感のあるところもあります) このカプセルホテルでは、お風呂は上の階に大浴場がありました。 ただ、女性の泊まれるところは女性用の大浴場はないところが多いような気がします、 レストランやパソコンルームも設置されていました。 料金は5000円でしたが、これは平均よりは高めです。 地域にもよりますが、安いところは2,000円台から高いところで6,000円台まで、3500円〜4000円くらいが多いと思います。 それではエリア別に、女性が泊まれるカプセルホテルをご紹介します。 エリア別・女性が泊まれるカプセルホテル 【注意事項】• 掲載の情報は 2015年4月12日現在のものです。 料金や設備の変更、改装や閉店等の可能性があります。 各ホテルのホームページをご覧いただき、料金やサービス内容をご確認の上、予約(または電話)してください。 各ホテルとも、安全には十分留意されているはずですが、宿泊の際は事故や盗難等に十分気をつけてください。 インターネットでの予約やクーポンで割り引かれるところが多いです。 予約できる方はそれらを利用すると、より割安に宿泊できます。 掲載したカプセルホテルの多くは、1時間あるいは数時間の単位でも利用できます。 お風呂だけ利用したい、数時間休みたいだけという希望の方も、各ホテルに問い合わせてみてください。 掲載は1泊料金のみとします。 基本的に掲載の全てのホテルは年中無休・24時間営業です(特別な休業日を除く)。 ファーストキャビン秋葉原 ホームページ 千代田区神田佐久間町3-38 tel. jp 室数:男性 99 女性 50 チェックイン 17:00 チェックアウト 10:00 料金:ファーストクラス 5,900円(1泊税込) ビジネスクラス 4,900円( 〃 )カード可 施設:ラウンジ、大浴場、シャワーブース、パウダールーム、女性専用ラウンジ、クローク、喫煙室、ビジネスコーナー 交通:JR 秋葉原駅 昭和通り口より徒歩4分 日比谷線秋葉原駅 1番4番出口より徒歩3分 都営新宿線 岩本町駅 A4出口より徒歩5分 JR 浅草橋駅 西口より徒歩10分 駐車場あり1泊1,500円(17時~翌10時まで)要予約 ファーストキャビンは航空機の客室をイメージしたカプセルホテルで都内に数箇所あります。 きれいでベッドが広いですが料金が高いのが難点です。 秋葉原店は東京駅から10分の距離が嬉しいです。 ファーストキャビン築地 ホームページ 中央区築地2-11-10 tel. jp 室数:男性 119 女性 41 チェックイン 17:00 チェックアウト 10:00 料金:ファーストクラス 6,800円(1泊税込) ビジネスクラス 5,800円( 〃 )カード可 施設:ラウンジ、大浴場、シャワーブース、パウダールーム、クローク、喫煙室、BAR 交通:東京メトロ日比谷線「築地駅」2番、4番出口より徒歩約1分 東京メトロ有楽町線「新富町駅」4番出口より徒歩約5分 東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」5番出口より徒歩6分 東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」徒歩約10分2015年1月に新しく開店したところ。 銀座エリアまで徒歩約5分はいいですね。 カプセルイン錦糸町 ホームページ 墨田区錦糸2-6-3第一荒木ビル tel. 03-3621-1919 室数:? チェックイン 15:00チェックアウト 12:00 料金:カプセル宿泊コース 3,400円(15:00〜翌12:00) カプセル割引Aコース 2,800円(早朝5:00〜18:00) 施設:男性はお風呂&サウナ、女性はお風呂&岩盤浴 (有料でサウナ、岩盤浴のみの利用も可。 宿泊の人は無料)、フリースペース 女性専用フロア、1階に食事処あり 交通:JR総武線 錦糸町駅北口から徒歩約2分 スカイツリーまで徒歩15分 半蔵門線で3分 秋葉原まで総武線で7分 新宿まで総武線で20分 渋谷まで半蔵門線で30分 成田空港まで総武線快速で直通列車あり料金が安いですね。 カプセルホテルというのは安いことも大事ですから、本来これくらいであってほしいものです。 写真を見ると女性のお風呂はかなり小さい感じですが、岩盤浴がついているのはなかなか良さそうです。 カプセルイン錦糸町の広告動画です。 BGMがうるさいのでご注意を。 レディース510(カプセルホテル新宿510グループ) ホームページ 新宿区歌舞伎町2-40-1 tel. 03-3200-1945 建物の1階が女性専用の受付・フロント・食堂・カプセルに、B1Fが女性専用の大浴場とサウナになっています。 男性と完全分離しているのは嬉しいですね。 料金:通常カプセル チェックイン 15:00~ チェックアウト 翌12:00(1泊) 3,600円~4,600円 スーペリアカプセル(カプセルがワンランク上)チェックイン 15:00~ チェックアウト 翌12:00(1泊) 3,800円~4,800円 設備:食堂(朝6時から深夜2時頃まで食事が可能)、サウナ(24時間)、大浴場(24時間)、仮眠室、インターネット接続、漫画コーナー。 ベッドサイズは200cmx100cm。 交通:新宿駅東口から徒歩8分。 JR新大久保駅から徒歩7分。 (新宿駅から西武新宿駅方面へ進み、西武新宿駅北口で右折、大久保公園沿いにさらに徒歩3分) ACE INN(エースイン)新宿 ホームページ 東京都新宿区片町5-3 tel. 03-3350-6655 メール:mail ace-inn. jp ここは、カプセルホテルと言うよりどこかのユースホステルのようなイメージです。 全て木で作られた2段ベッドで寝るような感じ。 鍵がないのは同じですが、一般のカプセルホテルよりはどこか優しいイメージです。 エコノミー、ラグジュアリー、ドミトリースタイル、と3種類の部屋がありますが、エコノミーとドミトリースタイルは男女混合、ラグジュアリーは女性専用フロアがあります。 料金:エコノミー 3,240円(1泊) ラグジュアリー 4,320円(1泊) ドミトリースタイル 2,160円(1泊)カード可 チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00 設備:無料シャワー(10分)、有料タブ付きお風呂、コインランドリー・乾燥機、パソコン使用可、自動販売機、共有フリースペースなど 交通:都営新宿線 曙橋駅から徒歩1分 地下鉄丸の内線 四谷三丁目駅から徒歩7分 ブロックルーム ホームページ 東京都北区赤羽1-3-9 リー・エンタープライズビル tel. 03-3903-2261 メール:blockroom lep. jp女性専用フロアで完全独立、靴箱も女性専用。 室数:26 設備:室内にテレビはなく、ロビーで観る形。 インターネット、パソコン利用無料(基本1時間以内) チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00(12時まで延長可〈費用別途〉) 料金:2,800円(1泊) 交通:JR赤羽駅 南改札口(東)より徒歩2分埼京線・京浜東北線赤羽駅からすぐのカプセルホテルです。 女性専用フロアで安心で、2,800円という安さが魅力です。 女性は残念ながら浴室はなく、シャワーだけのようです。 03-3915-6670 料金:12時間コース 3,000円 税込3,240円 24時間コース 4,000円 税込4,320円 (カプセルホテル宿泊で、同施設内のスパ&サウナ使い放題です) 交通:JR山手線駒込駅 東口 徒歩30秒 地下鉄南北線 4番出口 徒歩3分女性専用フロアで安心。 化粧室はもちろん、リラックススペース、お食事コーナーも女性専用を完備。 バスタブは無いようですが、3,240円でスパ&サウナの料金も含まれるので結構お得かも。 別料金にはなりますが、ボディケアや足底マッサージ、韓国アカスリなども受けられます。 あるいは暗証番号で女性専用スペースに入るようになっていて、基本的に男性とは完全分離されています。 なのでその点は心配ありません。 (エースイン新宿のエコノミー、ドミトリースタイルは男女混合です) 【強盗の危険は?】 最近のカプセルホテルは、最初にバーコードのついたリストバンドをもらい、施設内の飲食・買物・サービスは全部そのリストバンドででき、チェックアウト時に精算する形が多いです。 そういうシステムでないところでも、お金は別途貴重品入れに預け、小銭以外、カプセルには現金を持って入りません。 現金を持たないので強盗のようなことは考えにくいです。 寝る時鍵がかからないので不安な人は多いでしょうが、私自身何度も泊まっていて危険なことはありませんし、そんなニュースを聞いたこともありません。 【火災の心配は?】 カプセルホテルは通路が複雑なところもあります。 万一の火災のためにも、非常口とそこまでの通路はしっかり確認してください。 これはもちろん人それぞれですが、慣れないと体をぶつけることもありますし、他のカプセルから物音がしたり、いびきが聞こえたりもします。 そこはカプセルホテルの性質上、仕方ないですね。 終わりに 『安く泊まる』というだけなら、インターネットカフェや漫画喫茶などでも泊まれますし、簡易シャワーがついていたりするので、それらも選択肢に入ります。 探せば値段の安いビジネスホテルもあります。 ですが、それはやはりカプセルホテルの方が、ネットカフェなどよりはよほどしっかり寝ることができます。 ビジネスホテルほど快適ではないですが、ネットカフェなどよりはしっかり寝ることができる・・いわばビジネスホテルとインターネットカフェ・漫画喫茶の中間くらいの位置づけではないでしょうか。 利用の際は電話予約やネット予約をお勧めしますが、最悪、行こうと思った時に電話しても結構泊まれるのもカプセルホテルの良さです。 どうぞカプセルホテルを上手に利用なさってくださいね。 よろしければこちらの関連記事もご覧ください。

次の