インスタ 動画 早送り 編集。 早送り動画でユーザーのスキマ時間を狙い撃ち!タイムラプス動画が作れるアプリ5選|ferret

早送り動画でユーザーのスキマ時間を狙い撃ち!タイムラプス動画が作れるアプリ5選|ferret

インスタ 動画 早送り 編集

Windows 10で動画編集するにはどうしたらいいの? 最近になって、ビジネスで動画を扱う機会がますます増えてきている。 例えば商品サンプルを取引先に紹介したりする場合は、単なる写真ではなく動画で見せた方が訴求効果が高まる。 より見映えの良い動画を作成するためには、複数の動画をつなげたり、ちょっと音声や文字を入れたり、といった編集が自分でできると便利だ。 かつてWindows XP時代には、標準で「ムービーメーカー」という動画編集ソフトが付いていた。 「ムービーメーカー」は、無料ながら一通りの動画機能を搭載しており、通常の動画編集は問題なく行えた。 Windows Vista以降、OS標準装備ではなくなったものの、マイクロソフトのサイトから無料ダウンロードして利用することができた。 ところが2017年1月10日、「ムービーメーカー」は公開が停止され、利用できなくなった。 「ムービーメーカー」は、かつてはWindowsに標準装備されており、無料ながら高機能で、Windows用の動画編集ソフトの定番といえる存在だった。 しかし2017年1月に公開が停止され、利用することができなくなった。 Windows 10の発売当初は、使いやすい動画編集ソフトが標準装備されておらず、困った人も多かったはずだ。 しかしWindows 10でも、大型アップデートで動画編集機能が使えるようになっている。 Windows 10の動画編集機能は、ちょっと分かりづらい場所にある。 Windows 10の標準状態で画像をダブルクリックすると「フォト」というアプリが開く。 「フォト=画像表示用アプリ」と思っている人も多いだろうが、実はこのアプリを使うことで動画編集ができるのだ。 Windows標準の画像ビューアーである「フォト」。 そのアプリ名から単なる「画像表示用アプリ」だと思っている人も多いだろうが、実は十分な動画編集機能を兼ね備えている。 まずは使ってみよう!「フォト」で静止画像から簡単な動画を作成する それでは早速「フォト」アプリを使って動画を作成してみよう。 まずは練習用として、写真素材を元に、複数枚の写真を次々と表示するスライドショー動画を作ってみる。 このメニューだと、指定した画像ファイルをつなぎ合わせ、アプリ側で自動的に選んだ音楽ファイルをBGMにした動画が出来上がる。 まずはWindows 10のスタートメニューから「フォト」を選択して起動する。 次に「インポート」をクリックして、動画に使いたい素材を登録する。 今回は「フォルダーから」を選び、写真のファイルが入っているフォルダーを登録した。 登録ができたら「フォルダー」をクリックして、登録したフォルダーを開いておく。 今回は代表的な編集機能を簡単に紹介したが、このほかに「フィルター」を使って動画をモノクロやセピア調にするといった効果を付け加えることや、3D効果を追加する、といったことも可能。 一通り編集作業が終わったら、自動ビデオのときと同様に「エクスポート」を行えば、編集した結果を動画ファイルとして出力できる。 以上、「フォト」アプリによる動画編集を簡単に説明したが、編集作業はさほど難しいものではないので、実際に動画を作ってみればすぐに慣れるだろう。 さすがに市販の本格的な動画編集ソフトほどの機能はないものの、簡単な動画であれば驚くほど手軽に作成できる。 Windows 10で動画編集をしたいという人は、ぜひ利用してみてほしい。

次の

インスタグラムで動画を投稿する2つの方法

インスタ 動画 早送り 編集

動画の選択 「 ライブラリ」を開いて、画面上の「 すべての写真」をタップします。 ライブラリの一覧から「 ビデオ」を選択すると、動画のみのライブラリになりますのでその中から投稿する動画を選びます。 終わったら「次へ」をタップします。 フィルター フィルター加工する必要があれば、 フィルターをかけます。 終わったら「次へ」をタップします。 長さ調整 選択した動画が3分でしたが、自動的に1分の長さにカットされています。 サムネイルの画像をタップします。 長さの調整画面がでてきます。 端の枠を押して左右にスワイプすれば、長さの調整ができます。 調整が終了したら、「 完了」をタップします。 長さを短くしたので、1分から46秒に変わっています。 カバー カバーとは、インスタグラムのライブラリに表示するサムネイル画像のことです。 カバーの画像を選択して、「次へ」をタップします。 シェアする キャプションと位置情報を入力してから、「 シェアする」をタップすれば投稿が完了します。 撮影するには、録画ボタンを 長押し続けます。 指を離すと停止しますので、何回か撮影シーンを分けて撮ることもできます。 動画の削除 「 削除する」をタップすれば、撮った動画を削除することもできますので、何度でも撮り直しが可能です。 撮影が終了したら「次へ」をタップします。 フィルターとカバー 「 フィルター」と「 カバー」の設定を行い、「次へ」をタップします。 シェアする キャプションと位置情報を入力してから、「 シェアする」をタップすれば投稿が完了します。 まとめ インスタグラムで動画を投稿する2つの方法を紹介しましたが、いかがでしたか。 インスタグラムでは、インパクトのある動画の投稿をよく見かけます。 インスタグラムでの動画の長さは1分以内と短いですので、たまには写真の代わりにビデオで投稿するのもよいのではないでしょうか。 カテゴリー•

次の

【インスタ】ムービー(動画)を何秒まで?サイズ・長さ・足跡まとめ

インスタ 動画 早送り 編集

2018年10月25日 インスタグラムは現代を生きる若者のニーズを満たし、時代の最先端を行くSNS。 毎日世界中でおしゃれな写真や最後まで見たくなるような動画が投稿されています。 しかし、世界中で人気を誇るインスタでもあるルールだけは守り続けています。 それは 「インスタに投稿された写真や動画をスマホに保存できる機能はつけない」というもの。 これだけ人気のSNSなので、写真や動画を気軽に保存できる機能は需要があるはずです。 しかしインスタはスマホのカメラロールに保存はできないというスタンスを守り続けているのです。 インスタアプリ内のコレクションに保存はできるのですが、 ユーザー側からすると保存できなくてモヤモヤする気持ちもありますよね。 そこで今回は、インスタの動画について取り上げました!インスタの動画を保存する方法はもちろん、インスタに投稿できる長さやサイズ、動画編集にオススメのアプリなどを解説します。 ・インスタの動画はそのまま保存できないこと ・早送りはできないこと この2つを覚えておいてくださいね。 インスタの動画を保存する方法!アプリや録画機能など それでは、インスタの動画を保存したいときはどうすればいいのでしょうか?おもしろい動画を見つけたらカメラロールに保存して、友達とシェアしたいですよね。 まず、コレクション機能以外でインスタの動画をカメラロールに保存する方法は2つです。 スマホ画面録画機能を利用する 1つ目は、最近のスマホに標準でつくようになった画面録画機能を利用する方法。 使い方も簡単ですし、他の人の投稿を拡散するのにも役立つので利用してみてくださいね。 インスタ用の動画を編集!時間の長さやサイズについて 他のユーザーの動画を保存する方法がわかったところで、自分も動画を投稿してみてはいかがでしょうか?インスタに動画を投稿するとき、注意点がいくつかあります。 まず投稿できる時間の長さですが、YouTubeとは違いインスタには制限があります。 ストーリーの動画は15秒まで、ギャラリーへ投稿する動画は最長60秒までです。 もし、それ以上の動画を投稿したい場合は何回かに分けて投稿するか、IGTVというインスタのYouTubeのような機能を利用しましょう! また、 例外としてインスタライブは60秒以上の動画を撮影し、そのままストーリーに投稿することもできます。 上手に使ってみてください。 続いて動画のサイズ、容量です。 そして 投稿できる容量は8GBまでとなっているのですが、ストーリーやポストに投稿できる15秒、60秒の動画はそこまで大きくなることはないでしょう。 もしストーリーやポストに投稿できない、エラーが出たときは、念のために容量やサイズを確認してみてくださいね。 オススメの動画編集アプリ・動画加工アプリ 撮った動画をそのまま投稿するのもいいですが、せっかくならいい感じに編集や加工をして、迫力のある動画を作りたいですよね。 また、動画に音楽をつけたい、フィルターをかけたい、などの効果をつけたいという人も多いですし、スライドショーのような動画を作りたい人も少なくありません。 インスタで動画を投稿するときに多少の編集はできるのですが、それだけでは物足りませんよね。 そんなときは他の動画編集・加工アプリを利用しましょう!.

次の