女の子 名前 冬生まれ。 冬生まれの女の子の名前。冬の季節を連想する漢字と名付けの由来

冬の季節をあらわす名前 [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

女の子 名前 冬生まれ

2月の誕生花の名前や花言葉から2月生まれの赤ちゃんの名前を考えることができます。 誕生月ごとに誕生花があり、誕生花から名前を付ければ2月生まれならではの名前を付けることができます。 誕生花は多くの説があるので1つではありませんので、お子さんのイメージや好きな花から名前を考えてみると良いですね。 2月の誕生花とされているのが梅、フリージア、マーガレット、杏、プリムラ、ヒヤシンスの主に6つになります。 花言葉を一緒にご紹介しますので、お子さんがどのように成長して欲しいかイメージしながら花を選んでみて下さい。 また、日にちごとの誕生花もありますので、気になる方は関連記事も参考にしてみて下さい。 2月の誕生花と花言葉 誕生花 花言葉 誕生花 花言葉 梅 うめ 気品・高潔・忠実・潔白 香雪蘭 フリージア 純潔・友情・信頼・無邪気 木春菊 マーガレット 真実・信頼・誠実・慈悲 杏 あんず はにかみ・恥じらい・慎み深さ 西洋桜草 プリムラ 永持する愛・可憐・富貴 風信子 ヒヤシンス 変わらない愛情・控えめな愛 【男の子】2月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前|誕生花• 梅弥 うめや• 蘭翔 らんと• 蘭真 らんま• 蘭寿磨 かずま• 杏亮 きょうすけ• 紫杏 しあん• 桜介 おうすけ• 桜雅 おうが• 風芽 ふうが• 瑠風 るか 花の名前を取り入れると、女の子らしくなるイメージが強いと思います。 しかし、たくましさや男の子らしさを感じる漢字と組合わせることで風情のあるたくましい名前になります。 特に「杏」などは女の子の名前に使われているイメージが強いですが「きょう」という読み方をすることで男の子の名前にも使いやすくなります。 誕生石編|2月生まれのおすすめの名前20選 2月の誕生石について! 【男の子】2月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前|誕生石• 湊紫 あつし・そうし• 紫桜 しおう• 紫温 しおん• 紫耀 しよう・しょう• 志紫 ゆきむら• 晶斗 あきと• 晶優 あきまさ• 晶太 しょうた• 晶磨 しょうま• 康晶 やすあき 2月の誕生石アメジストの色である紫、紫はどちらかというと女の子の名前に使われている印象がありますが、男の子の名前に取り入れてもカッコいい印象の名前を考えることができます。 この他にも今男の子に人気のある「蒼」「碧」などと組み合わせても素敵な名前になりますよ。 風物詩編|2月生まれのおすすめの名前20選 2月の風物詩について! 2月の風物詩から2月生まれの赤ちゃんの名前を考えることもできるでしょう。 2月の風物詩から名前を考えることで2月生まれならではの名前が見つかるはずです。 2月は寒い季節になりますが、バレンタインデーなど心が温まる楽しい行事があります。 また健康や幸福を願う節分、雪が多く降る2月、札幌雪祭りも有名ですね。 最近では東京マラソンも2月の行事としてすっかり定着しています。 また2月11日は日本の建国記念日です。 日本人らしい古風な名前や日本のイメージを取り入れた名前を考えてみるのも良いのではないでしょうか。 2月の風物詩から連想される漢字を使った名前も2月生まれの赤ちゃんにおすすめです。 2月の風物詩と連想される漢字 2月の風物詩 まつわる漢字 2月の風物詩 まつわる漢字 如月 如・月 節分 豆・福・恵 バレンタインデー 愛・喜・楽・幸 札幌雪祭り 雪・氷・冴 東京マラソン 走・颯・達・忍 建国記念日 日・心・和・誠・忠 【女の子】2月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前 【男の子】2月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前|風物詩• 冬如 とうご• 雪月 ゆづき• 福士 ふくし• 恵介 けいすけ• 一喜 いつき• 冴太 こうた• 走馬 そうま• 颯翔 はやと• 達也 たつや• 誠陽 あきはる• 忠義 ただよし 2月の風物詩から考えた2月生まれの男の子の名前ですが、風物詩から連想する漢字には男の子の名前にも使いやすい漢字がたくさんあります。 東京マラソンから連想される漢字では「走」「颯」など運動神経の良い爽やかな男の子といったイメージの名前がたくさん考えられます。 イメージ編|2月生まれのおすすめの名前20選 2月のイメージについて! 名前を考える時にはイメージを膨らませると、気に入ったよりよい名前が見つかるものです。 2月という時期からイメージを膨らませて名前を考えてみるのも1つです。 2月のイメージを書き出してみたら、そのイメージから連想される漢字も思いつくまま書き出してみましょう。 また、イメージを色で表してみるというのも1つの考え方です。 雪であれば白、バレンタインであればラッピングに使われることの多いピンクなどイメージから色を連想し、名前に取り入れてみて下さい。 名前に色が入ると鮮やかで明るい印象の名前になるでしょう。 2月のイメージから連想する漢字と色 2月のイメージ 漢字と色 2月のイメージ 漢字と色 雪 白・冴・純 立春・早春 春・早・黄・緑 バレンタイン 桃・赤・橙・緑 入試・受験 紅・白・黒・赤・青・黄 【女の子】2月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前 2月はとても寒さが厳しい季節になりますが、寒さに負けず美しい花を咲かせる植物や2月に旬を迎える果物もあります。 2月の植物や果物から名前を付けることで2月生まれの赤ちゃんにぴったりの名前を見つけることができるでしょう。 誕生花でも紹介しましたが2月に花を咲かせる植物にも花言葉があります。 花言葉を参考にしてイメージを膨らませてみるのも良いでしょう。 また果物は1つの木や苗にたくさんの実がなることから「人生が実りあるものに」という願いを込めて、果物から名前を考えてみるのも良いでしょう。 植物や果物から美しくみずみずしさを感じる素敵な名前を考えてあげましょう。 藍花 あいか・あいな・らんか• 実寿希 みずき• 藍寿美 あずみ• 心雪 こゆき・みゆき• 雛羽 ひなた• 雛乃 ひなの• 陽苺 ひめ• 萌苺 めい• 美朔 みのり• 朔蘭 さくら 2月の植物や果物から名前を考えると、女の子らしい可愛い印象を与える名前をたくさん考えることができます。 「苺」などは名前ではあまり見かけない漢字になりますが、赤く可愛い苺の実のイメージから、名前に使うととても可愛いですよね。 冬に旬を迎える苺、2月生まれの女の子にも冬生まれの女の子にも使える漢字です。 【男の子】2月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前 【男の子】2月生まれの赤ちゃんにおすすめの名前|植物・果物• 福夫 ふくお• 瑛寿 えいじゅ• 雪陽 ゆきはる・ゆきや• 雪紘 ゆきひろ• 雛太 ひなた• 雛斗 ひなと• 陽檎 ようご• 朔太郎 さくたろう• 一朔 いっさ• 朔磨 さくま 2月の植物や果物から2月生まれの男の子の名前をかんげると、優しい印象の名前が多くなります。 「雛」という漢字は女の子の名前に多く使われている漢字ではありますが、「太」「斗」など男の子に人気の漢字を組み合わせることで男の子らしさのある名前になります。 2月生まれの赤ちゃんに素敵な名前をつけよう! たくさんの言葉や漢字がある中で、大切なお子さんへの名前はどのような名前にするか悩んでしまいますよね。 お子さんへのイメージやパパママが使いたい漢字など様々な考え方ができますが、その中でお子さんが生まれた月にちなんだ名前をつけるのも考え方の1つです。 2月生まれの男の子、女の子の名前としてはまずは誕生花や誕生石をヒントにして名前を考えることができます。 また1年で1番寒い季節となる2月ですが寒さに耐え花を咲かせる植物や、旬を迎える果物などもあります。 これらの名前の漢字を取り入れたり、花や石であれば花言葉、石言葉を参考に名前を考えられます。 また2月の風物詩などから名前を考えれば、2月ならではの2月生まれの男の子、女の子の名前を考えることもできますよ!2月という季節やイベントからたくさんのイメージを膨らませてみて下さい。 そして、漢字の意味や組み合わせなどたくさん調べてみましょう。 2月生まれの赤ちゃんらしい素敵な名前を見つけられますよ!•

次の

冬生まれの男の子の名前200選!柊・柚が人気?素敵な名前を考えるヒント

女の子 名前 冬生まれ

この記事の目次• 冬ならではの良さをイメージして名付ける 冬の冷たさからイメージして名付ける 冬は1年の中で最も寒さが厳しく、冷たいイメージがあります。 『冷』の漢字には、同情がなく気持ちが冷たいという意味がありますが、裏を返せば、 感情に流されず冷静で、小さなことには動じないという素敵な意味になります。 冬の冷ややかな空気には、凛とした趣きが感じられますし、 清らかで、けがれのない美しさが感じられます。 このように冬の「冷たさ」からイメージして名付けるのも冬生まれ特有のものです。 冬特有の暖かさからイメージして名付ける また、冬には「冷たいイメージ」とは真逆の「冬ならではの暖かいイメージ」もあります。 冬ならではの温かいイメージには、暖炉や焚き火。 家族で囲むアツアツの鍋料理やポカポカと温かいコタツなどがあり、一面の雪景色を照らす太陽の光は、キラキラと眩しく、決して冷ややかな印象を与えません。 このように、 冬には、心をほっと癒してくれるような温もりや、力強い生命力を感じる光景もたくさんあります。 定番的な冬のイメージだけに捕らわれず、少し異なる観点からイメージを膨らませて考えると、より素敵な名前になるかもしれません! 「冬の冷たさをイメージした名前」「冬ならではのぬくもりを感じる名前」それぞれ後半で紹介してますので、参考にされてくださいね。 それでは、いろいろな切り口から冬生まれの子にぴったりな名前を359個紹介していきます。 『冬』をそのまま使った名前 『冬』という漢字を入れるだけで、まさに冬生まれ!とわかる、冬らしい名前になりますよね。 『冬』を『ふゆ』と読ませる名前 小冬(こふゆ)・冬音(ふゆね)・美冬(みふゆ)・魅冬(みふゆ)・冬佳(ふゆか)・冬花(ふゆか)・真冬(まふゆ)・冬子(ふゆこ)・冬陽(ふゆひ)・冬依(ふゆえ)・冬希(ふゆき)・冬湖(ふゆこ)・千冬(ちふゆ) 『冬』を『とう』と読ませる名前 冬子(とうこ)・冬湖(とうこ)・冬奈(とうな)・冬歌(とうか)・冬羅(とうら)・冬美(とうみ)・冬(とう) 『冬』を『と』と読ませる名前 小冬(こと)・小冬音(ことね)・美冬(みと)・冬都(とと)・優冬(ゆと)・心冬莉(ことり)・彩冬恋(さとこ)・冬恋(とこ)・沙冬(さと)・冬空(とあ)・冬聖(とあ)・冬愛(とあ)・冬花(とな)・冬萌(とも・ともえ)・冬萌実() 『冬』を使った当て字の名前 空冬()・冬月(ゆづき)・吹冬(ふぶき)・冬星(きら)・景冬(けいと・けい)・美冬(そなた)・冬紗(かずさ)・冬桜(かずさ)・冬葉(かずは)・冬姫(いぶき) [co-8] 『雪』に関する漢字を使った名前 冬と言えば『雪』ですよね。 雪、白、結晶、銀、氷など、雪から連想される漢字を使った名前をご紹介します。 『雪』を使った名前 雪白(ゆき)・雪奈()・雪音(ゆきね)・真雪(まゆき)・美雪(みゆき)・深雪(みゆき)・雪恋(ゆきこ・せつこ)・小雪(こゆき)・恋雪(こゆき)・湖雪(こゆき) 『銀』を使った名前 銀雅(ぎんが)・銀愛(ぎんな)・銀杏(ぎんな)・真銀(ましろ)・美銀(みしろ)・銀香(ろか)・妃銀(ひろ)・銀香(ぎんか) 『白』を使った名前 真白(ましろ)・白花(きよか)・唯白(ゆき・ゆうは)・湖白(こはく)・白音(しおん・しらね)・鈴白(すずか・すずは)・白那()・白羽(てんし・はくば)・白愛(はくあ)・白桜(はくら・しいら)・純白(ましろ)・白雪(みゆき)・結白(ゆうは・ゆうき)・純白(ましろ) 『結晶』をイメージする名前 晶白(あきは)・美晶(みあき)・結晶(きらら・ゆら)・小晶(・さらら)・千結晶(ちゆら)・晶結(しょう)・晶(あきら・きらか)・綺晶(きあら・きら)・麗晶(うらら)・晶香(きらか・しょうか) 『氷』を使った名前 氷麗(つらら)・氷音(ひおん・ひお)・氷真(ひさね)・氷翠(ひすい)・氷花(ひょうか)・氷愛()・氷奈()・氷雪(ひゆき)・氷埜(ひの)・綺氷(きらら・きらり)・美氷(・みり)・明氷(あけひ・あき)・希氷(きき) 冬の冷たい空気をイメージする名前 冬と言えば、白銀の世界を想像しませんか?冷たい世界に白い雪が降り積もり、キラキラと輝く世界は、静かで澄んだ空気を想像させてくれます。 『澄』を使った名前 澄香(すみか)・香澄(かすみ)・澄子(すみこ・すみね)・澄月()・澄明()・明澄(あす)・明澄香()・亜澄(あすみ)・愛澄(あすみ・ますみ)・歩澄(あずみ)・有澄(ありす)・音澄(おと)・樫澄(かしす)・和澄(かずみ)・美澄(みすみ)・澄恋()・澄蓮() 『冴』を使った名前 夕冴(ゆうひ)・愛冴(あいさ)・冴子(さえこ)・冴名()・冴絵(さえ)・冴綺(さき)・冴彩(さや・さあや)・冴音(こと・さお・さのん・さと)・冴和(さわ)・冴永(さえ)・冴心(さえこ)・麗冴(れいさ)・有冴(ありさ)・冴月(さつき) 『冷』を使った名前 冷()・美冷(みれい)・冷夢(れむ)・冷音(れもん・れのん・れお)・冷香(れいか)・希冷(まれ)・冷乃(れの)・冷菜(れな・れいな) 『静』を使った名前 静香(しずか・せいか)・静夜香(さやか)・静聖(せいか)・静河(しずか)・静音(しずね)・静弥香(さやか)・小静(こしず)・静空(しずく)・静奈(しずな)・静成(せいな・)・静瑠(せいる) 冬の温もりを感じる名前 暖炉に揺れる灯りなど、冬らしい暖かな温もりを感じる名前をご紹介します! 冬ならではの暖かさをイメージ 暖子(のんこ)・暖(のん・はる)・暖心(はるみ)・美暖(みはる)・冬暖(ゆのん・ゆの)・暖音(はるね)・暖々香(ののか)・暖々(のの)・灯()・灯子(とうこ)・冬灯(ふゆひ)・雪灯(ゆと)・灯里()・心灯(みと)・灯名(・ともな・とうな)・灯華(ともか)・橙子(とうこ)・橙冬(とう)・美橙(みと)・心橙(みと)・真心橙(まこと)・美心橙(みこと)・心橙(こと)・橙灯(だいあ)・橙音(とおん)・橙色(とき・とうき)・暖佳(はるか)・暖乃(はるの)・花暖子(かのこ)・花暖()・葉暖(はのん)・優暖(ゆのん)・真暖(まの) 心の温もりをイメージ 心温(みはる・こはる)・冬愛(とあ)・愛温(あのん)・美包(みほ)・優包(ゆほ)・心穏()・冬穏(とおん)・穏花(しずか)・穏冬(おと)・日愛(にちか)・温日(はるひ)・温心(はるみ)・詩愛(しあ)・温歌(はるか)・愛心(あいこ・あみ)・冬音愛(とおあ) クリスマスにちなむ名前 冬の一大イベントである『クリスマス』にちなんだ名前の数々をご紹介します。 しかし、赤ちゃんが少し成長して、お散歩に出歩けるようになる頃には、外が麗らかな春を迎えます。 また、年末から年始にかけての行事に忙しく過ごす出産になると時期的に忙しいかと思われますが、たくさんのお祝い事に包まれた、とても幸せな時期でもあるのです。 このように、冬生まれの赤ちゃんには、冬らしい特権があります。 その素敵な季節にちなむ名前、ぜひ自信を持って付けてあげてくださいね! (他にも、冬生まれの名前に関しては、「」や、「」、「」でも、詳しく紹介しています。 ) [co-9].

次の

1月生まれの男の子・女の子の名前!【必ず見つかる1200選!】

女の子 名前 冬生まれ

1月生まれの子は こんなコ(性格)になるかも?• 1月生まれの子につける 「キーワード」とは?• 男の子の名前!• 女の子の名前! 関連:アンケート投票によるリアルな声!• スポンサーリンク 1月生まれの子はこんな性格になるかも! 1月に生まれてくる子の特徴としては、 口数があまり多くないという点が挙げられます。 周りのようすを見つつ、自分がどう出ていくかを考えたりします。 真面目さや負けず嫌いなところが良い点としてあげられる反面、頑固さや「プライドが高い」と思われがちでもあります。 そのほか、1月という寒い時期に生まれることで、 厳しい環境であっても、自らを奮い立たせる力があります。 ここに「負けず嫌い」という点も結びついてきますが、どんな厳しい逆境であっても、乗り越えていくだけの忍耐力や意思の強さに恵まれています。 ヒントとなるワードとしては、• 睦月 (1月の異名)• 太郎月 (1月の異名)• 萌月 (1月の異名)• 霞初月 (1月の異名)• 正月 (1月の異名)• 福笑い• そのことから、• 人との繋がりを大切に生きてほしい• 自ら仲の良い家庭を築けるように と願いを込めることができます!• 明睦 (あきちか)• 睦 (あつし)• 睦尚 (あつなお)• 歩睦 (あゆむ)• 影睦 (かげちか)• 叶睦 (かなむ)• 謙睦 (かねちか)• 国睦 (くにちか)• 定睦 (さだちか)• 茂睦 (しげちか)• 隆睦 (たかちか)• 岳睦 (たかよし)• 忠睦 (ただちか)• 睦成 (ちかなり)• 睦修 (ちかのぶ)• 睦彦 (ちかひこ)• 睦秀 (ちかひで)• 睦平 (ちかひら)• 睦弥 (ちかや)• 睦 (ちかる)• 恒睦 (つねちか)• 輝睦 (てるちか)• 睦 (とき)• 睦人 (ときと)• 睦斗 (ときと)• 睦弥 (ときや)• 俊睦 (としちか)• 睦希 (ともき)• 睦也 (ともや)• 仁睦 (とよちか)• 尚睦 (なおちか)• 和睦 (なごむ)• 伸睦 (のぶちか)• 信睦 (のぶとき)• 法睦 (のりちか)• 遥睦 (はるちか)• 陽睦 (はるちか)• 遥睦 (はるむ)• 英睦 (ひでちか)• 拓睦 (ひろむ)• 文睦 (ふみちか)• 睦 (まこと)• 正睦 (まさちか)• 樹睦 (みきちか)• 厳睦 (みねちか)• 睦 (むつ)• 睦雄 (むつお)• 睦季 (むつき)• 睦吾郎 (むつごろう)• 睦翔 (むつと)• 睦典 (むつのり)• 睦彦 (むつひこ)• 睦久 (むつひさ)• 睦秀 (むつひで)• 睦浩 (むつひろ)• 睦史 (むつふみ)• 睦 (むつみ)• 睦己 (むつみ)• 睦道 (むつみち)• 睦矢 (むつや)• 睦弥 (むつや)• 睦良 (むつよし)• 睦郎 (むつろう)• 頼睦 (よりちか)• 来睦 (らいむ)• 睦 (りく)• 睦航 (りくう)• 睦都 (りくと)• 睦斗 (りくと)• 睦翔 (りくと)• 睦哉 (りくや) スポンサーリンク 「太郎」を使った男の子の名前 続いては、太郎月の「太郎」を使った人気の名前。 太郎には「力強く」「健康な」という意味があります。 そのことから、• どんな逆境にも力強く生きてほしい• 郁太郎 (いくたろう)• 卯太郎 (うたろう)• 梅太郎 (うめたろう)• 瑛太郎 (えいたろう)• 和太郎 (かずたろう)• 寛太郎 (かんたろう)• 菊太郎 (きくたろう)• 樹太郎 (きたろう)• 公太郎 (きみたろう)• 弓太郎 (きゅうたろう)• 京太郎 (きょうたろう)• 聖太郎 (きよたろう)• 金太郎 (きんたろう)• 邦太郎 (くにたろう)• 圭太郎 (けいたろう)• 彗太郎 (けいたろう)• 賢太郎 (けんたろう)• 源太郎 (げんたろう)• 皇太郎 (こうたろう)• 康太郎 (こうたろう)• 光太郎 (こうたろう)• 虎太郎 (こたろう)• 豪太郎 (ごうたろう)• 宗太郎 (しゅうたろう)• 旬太郎 (しゅんたろう)• 駿太郎 (しゅんたろう)• 彰太郎 (しょうたろう)• 真太郎 (しんたろう)• 聖太郎 (せいたろう)• 湊太郎 (そうたろう)• 颯太郎 (そうたろう)• 竜太郎 (たつたろう)• 敏太郎 (としたろう)• 尚太郎 (なおたろう)• 信太郎 (のぶたろう)• 彦太郎 (ひこたろう)• 英太郎 (ひでたろう)• 正太郎 (まさたろう)• 桃太郎 (ももたろう)• 弥太郎 (やたろう)• 遙太郎 (ようたろう)• 義太郎 (よしたろう)• 龍太郎 (りゅうたろう)• 良太郎 (りょうたろう)• 倫太郎 (りんたろう)• 漣太郎 (れんたろう) スポンサーリンク 「萌」を使った男の子の名前 続いては、萌月(もゆつき)の「萌」を使った人気の名前! 萌には、「成長」「希望」といった前向きなイメージが連想されます。 そのことから、• 元気に育ってほしい(成長してほしい)• さまざまな希望を持って生きて欲しい と願いを込めることができます!• 陽正(あきまさ)• 正(あきら)• 一正(いっせい)• 興正(おきただ)• 勝正(かつただ)• 勝正(かつまさ)• 兼正(かねただ)• 兼正(かねまさ)• 澄正(きよまさ)• 邦正(くにまさ)• 慧正(けいせい)• 健正(けんしょう)• 康正(こうせい)• 正臣(さだおみ)• 正彦(さだひこ)• 実正(さねただ)• 茂正(しげまさ)• 修正(しゅうせい)• 正(しょう)• 正一(しょういち)• 正一郎(しょういちろう)• 正永(しょうえい)• 正己(しょうき)• 正吉(しょうきち)• 正吾(しょうご)• 正治(しょうじ)• 正二郎(しょうじろう)• 正奨(しょうすけ)• 昇正(しょうせい)• 正造(しょうぞう)• 正汰(しょうた)• 正太朗(しょうたろう)• 正平(しょうへい)• 正馬(しょうま)• 正磨(しょうま)• 正理(しょうり)• 正蓮(しょうれん)• 正一郎(せいいちろう)• 正賀(せいが)• 正豪(せいごう)• 正志朗(せいしろう)• 正路(せいじ)• 正次郎(せいじろう)• 正大(せいだい)• 正馬(せいま)• 正弥(せいや)• 正哉(せいや)• 正龍(せいりゅう)• 大正(たいしょう)• 泰正(たいせい)• 崇正(たかなお)• 崇正(たかまさ)• 正臣(ただおみ)• 正(ただし)• 正史(ただし)• 正照(ただてる)• 正直(ただなお)• 正成(ただなり)• 正平(ただひら)• 忠正(ただまさ)• 正倫(ただみち)• 正充(ただみつ)• 辰正(たつまさ)• 世正(つぐまさ)• 恒正(つねただ)• 常正(つねまさ)• 輝正(てるただ)• 照正(てるまさ)• 桃正(とうま)• 刻正(ときただ)• 敏正(としまさ)• 智正(ともまさ)• 豊正(とよまさ)• 寅正(とらまさ)• 直正(なおただ)• 直正(なおまさ)• 成正(なりまさ)• 信正(のぶただ)• 法正(のりただ)• 憲正(のりまさ)• 遙正(はるまさ)• 久正(ひさまさ)• 英正(ひでただ)• 秀正(ひでまさ)• 平正(ひらまさ)• 宏正(ひろただ)• 廣正(ひろまさ)• 史正(ふみただ)• 文正(ふみただ)• 邦正(ほうせい)• 正(まさ)• 正章(まさあき)• 正海(まさうみ)• 正央(まさお)• 正臣(まさおみ)• 正和(まさかず)• 正克(まさかつ)• 正貴(まさき)• 正樹(まさき)• 正郁(まさくに)• 正(まさし)• 正志(まさし)• 正茂(まさしげ)• 正二(まさじ)• 正孝(まさたか)• 正斗(まさと)• 正翔(まさと)• 正敏(まさとし)• 正虎(まさとら)• 正尚(まさなお)• 正直(まさなお)• 正也(まさなり)• 正信(まさのぶ)• 正徳(まさのり)• 正春(まさはる)• 正遥(まさはる)• 正彦(まさひこ)• 正秀(まさひで)• 正一(まさひと)• 正裕(まさひろ)• 正宏(まさひろ)• 正章(まさふみ)• 正実(まさみ)• 正道(まさみち)• 正宗(まさむね)• 正耶(まさや)• 正也(まさや)• 正弥(まさや)• 正雪(まさゆき)• 正幸(まさゆき)• 正佳(まさよし)• 正頼(まさより)• 正留(まさる)• 樹正(みきまさ)• 光正(みつまさ)• 盛正(もりただ)• 盛正(もりまさ)• 康正(やすただ)• 結正(ゆうせい)• 悠正(ゆうせい)• 幸正(ゆきただ)• 幸正(ゆきまさ)• 義正(よしただ)• 義正(よしまさ)• 依正(よりただ)• 頼正(よりまさ)• 龍正(りゅうせい)• 涼正(りょうせい)• そのことから、• 新輝(あらき)• 新史(あらし)• 新(あらた)• 新太(あらた)• 新嵐(あらん)• 一新(いっしん)• 瑛新(えいしん)• 新(さら)• 新(しん)• 新市(しんいち)• 新一郎(しんいちろう)• 新樹(しんき)• 新弦(しんげん)• 新玄(しんげん)• 新吾(しんご)• 新呉(しんご)• 新士(しんじ)• 新助(しんすけ)• 新世(しんせい)• 新太(しんた)• 新大朗(しんたろう)• 新之進(しんのしん)• 新之介(しんのすけ)• 新矢(しんや)• 新哉(しんや)• 泰新(たいしん)• 智新(ともよし)• 新(はじめ)• 新井(ほたか)• 真新(まさら)• 悠新(ゆうしん)• 雪ノ新(ゆきのしん)• 由新(ゆしん)• 琉新(りゅうしん)• 竜新(りゅうしん) 「雪」を使った男の子の名前 続いては、初雪の「雪」を使った人気の名前を紹介します。 雪という文字からは、「白く柔らかい」「世の中の汚いものや醜いものを白く染め、清めてくれるもの」といったイメージが連想されます。 そのことから、• 誰に対しても柔らかく接する優しい人になってほしい• 他人を良き方向へ誘える人になってほしい といった願いを込めることができます!• 和雪(かずゆき)• 雪臣(きよおみ)• 邦雪(くにきよ)• 邦雪(くにゆき)• 禎雪(さだゆき)• 実雪(さねゆき)• 茂雪(しげゆき)• 雪(せつ)• 雪哉(せつや)• 隆雪(たかゆき)• 忠雪(ただゆき)• 常雪(つねゆき)• 光雪(てるゆき)• 敏雪(としゆき)• 智雪(ともゆき)• 直雪(なおゆき)• 信雪(のぶゆき)• 憲雪(のりゆき)• 春雪(はるゆき)• 晴雪(はれゆき)• 秀雪(ひでゆき)• 寛雪(ひろゆき)• 史雪(ふみゆき)• 真雪(まさゆき)• 将雪(まさゆき)• 峰雪(みねゆき)• 宗雪(むねゆき)• 元雪(もとゆき)• 康雪(やすゆき)• 雪羽(ゆう)• 雪(ゆき)• 雪雄(ゆきお)• 雪臣(ゆきおみ)• 雪樹(ゆきき)• 雪照(ゆきてる)• 雪仁(ゆきと)• 雪都(ゆきと)• 雪斗(ゆきと)• 雪音(ゆきと)• 雪直(ゆきなお)• 雪成(ゆきなり)• 雪乃(ゆきの)• 雪之介(ゆきのすけ)• 雪陽(ゆきはる)• 雪彦(ゆきひこ)• 雪秀(ゆきひで)• 雪人(ゆきひと)• 雪平(ゆきひら)• 雪弥(ゆきや)• 雪哉(ゆきや)• 雪月(ゆづき)• 義雪(よしゆき)• 頼雪(よりゆき) 「夢」を使った男の子の名前 続いては、初夢の「夢」を使った名前です。 夢という文字には、「はっきりしないもの」「儚いもの」などマイナスなイメージがあるかもしれませんが、実は良い意味がしっかり込められています。 夢という文字があらわす「現段階では不可能なものであり、現実的ではない」という意味を言い換えると 目標をもって、自らがそこへ成長する必要のあるものを見つけ、行動できる人になって欲しい といった願いを込めることができます。 愛夢(あいむ)• 愛翔夢 (あとむ)• 逢夢(あむ)• 愛夢路 (あむろ)• 有夢斗 (あゆと)• 亜裕夢 (あゆむ)• 歩夢(あゆむ)• 勇夢(いさむ)• 笑夢(えむ)• 織夢(おりむ)• 海夢(かいむ)• 奏夢(かなう)• 叶夢(かなむ)• 奏夢(かなむ)• 叶夢(かなめ)• 可夢偉(かむい)• 煌夢(きらん)• 煌夢(こうむ)• 心夢(ここむ)• 桜夢(さむ)• 汐夢(しおん)• 志夢(しむ)• 志夢(しゆう)• 翔夢(しょうむ)• 涼夢(すずむ)• 瑞夢(ずいむ)• 大夢(たいむ)• 拓夢(たくむ)• 匠夢(たくむ)• 忠夢(ただゆめ)• 樹夢(たつむ)• 大夢(だいむ)• 務夢(つとむ)• 翔夢(つばさ)• 天夢(てん)• 叶夢(とむ)• 朋夢(ともむ)• 童夢(どうむ)• 夢翔(ないと)• 尚夢(なおむ)• 奈夢(なむ)• 望夢(のぞむ)• 遥夢(はるむ)• 一夢(ひとむ)• 裕夢(ひろむ)• 寛夢(ひろむ)• 真夢(まなむ)• 満夢(まむ)• 夢輝(みかる)• 夢生(むう)• 夢来(むく)• 夢弦(むげん)• 芽夢(めぐむ)• 夢海(ゆあ)• 夢叶(ゆいと)• 夢宇(ゆう)• 夢翔(ゆうが)• 夢輝(ゆうき)• 夢士(ゆうし)• 夢叶(ゆうと)• 夢真(ゆうま)• 夢也(ゆうや)• 夢哉(ゆうや)• 夢多(ゆだ)• 夢斗(ゆと)• 夢都(ゆと)• 夢(ゆめ)• 夢夏(ゆめか)• 夢一(ゆめかず)• 夢輝(ゆめき)• 夢敬(ゆめたか)• 夢叶(ゆめと)• 夢斗(ゆめと)• 夢成(ゆめなり)• 夢乃里(ゆめのり)• 夢治(ゆめはる)• 夢人(ゆめひと)• 夢大(ゆめひろ)• 夢文(ゆめふみ)• 夢弥(ゆめや)• 裕夢(ゆん)• 頼夢(らいむ)• 凛夢(りむ)• 琉夢(るむ)• 澪夢(れむ)• 蓮夢(れむ)• 獅夢(れよん) 「元」を使った男の子の名前 続いては、元旦の「元」を使った名前です。 元には、「元気ハツラツ」「始まり」といった意味があります。 そのことから、• 元気に健やかに育って欲しい• 自らが物事の始まりを切り開く人となってほしい などの願いを込めることができます!• 元陽(あさひ)• 瑛元(えいげん)• 克元(かつはる)• 克元(かつもと)• 兼元(かねもと)• 勧元(かんげん)• 元(げん)• 元一(げんいち)• 元海(げんかい)• 元紀(げんき)• 元呉(げんご)• 元午郎 (げんごろう)• 元作(げんさく)• 元士(げんし)• 元志朗 (げんしろう)• 元児(げんじ)• 元治郎 (げんじろう)• 元亮(げんすけ)• 元成(げんせい)• 元蔵(げんぞう)• 元汰(げんた)• 元太郎 (げんたろう)• 元大(げんだい)• 元登(げんと)• 元斗(げんと)• 元弥(げんや)• 康元(こうげん)• 定元(さだもと)• 実元(さねもと)• 茂元(しげもと)• 慎元(しんげん)• 慈元(じげん)• 奏元(そうげん)• 泰元(たいげん)• 隆元(たかもと)• 剛元(たけもと)• 為元(ためもと)• 元良(ちから)• 元(つかさ)• 常元(つねもと)• 輝元(てるもと)• 時元(ときもと)• 俊元(としもと)• 仁元(とよもと)• 豊元(とよもと)• 尚元(なおもと)• 修元(のぶちか)• 伸元(のぶもと)• 法元(のりもと)• 元(はじめ)• 元輝(はるき)• 元太(はるた)• 元士(はると)• 陽元(ひげん)• 久元(ひさもと)• 秀元(ひでもと)• 宏元(ひろもと)• 洋元(ひろゆき)• 樹元(みきもと)• 元彰(もとあき)• 元章(もとあき)• 元篤(もとあつ)• 元奧(もとおき)• 元臣(もとおみ)• 元和(もとかず)• 元克(もとかつ)• 元勝(もとかつ)• 元兼(もとかね)• 元揮(もとき)• 元輝(もとき)• 元公(もときみ)• 元清(もときよ)• 元雪(もときよ)• 元実(もとさね)• 元(もとし)• 元志(もとし)• 元茂(もとしげ)• 元児(もとじ)• 元峻(もとたか)• 元敬(もとたか)• 元剛(もとたけ)• 元但(もとただ)• 元嗣(もとつぐ)• 元恒(もとつね)• 元光(もとてる)• 元耀(もとてる)• 元成(もとなり)• 元宜(もとのぶ)• 元宣(もとのぶ)• 元典(もとのり)• 元法(もとのり)• 元陽(もとはる)• 元悠(もとはる)• 元芭(もとば)• 元彦(もとひこ)• 元久(もとひさ)• 元悠(もとひさ)• 元秀(もとひで)• 元一(もとひと)• 元仁(もとひと)• 元寛(もとひろ)• 元裕(もとひろ)• 元史(もとふみ)• 元勝(もとまさ)• 元麿(もとまろ)• 元道(もとみち)• 元満(もとみつ)• 元旨(もとむね)• 元弥(もとや)• 元泰(もとやす)• 元保(もとやす)• 元行(もとゆき)• 元善(もとよし)• 元依(もとより)• 悠元(ゆうげん)• 義元(よしもと)• 頼元(よりもと)• 梁元(りょうげん) 「鏡」を使った男の子の名前 続いては、鏡餅の「鏡」を使った名前。 鏡には、「戒めとなる手本。 」といった意味があります。 そのことから、• 誰かの模範となるような生き方をしてほしい などの願いを込めることができます!• 笑福(えふ)• 笑福(えふく)• 一福(かずよし)• 福 (さち)• 福彦(さちひこ)• 笑福(しょうふく)• 尊福(たかとみ)• 福愛(としあ)• 福雅(としまさ)• 大福(はるよし)• 福 (ふく)• 福吉(ふくきち)• 福志(ふくし)• 福士(ふくし)• 福将(ふくしょう)• 福介(ふくすけ)• 福三(ふくぞう)• 福造(ふくぞう)• 福太朗(ふくたろう)• 福斗(ふくと)• 福翔(ふくと)• 福豊(ふくとよ)• 福成(ふくなり)• 福大(ふくはる)• 福彦(ふくひこ)• 福寿(ふくひさ)• 福秀(ふくひで)• 福仁(ふくひと)• 福宏(ふくひろ)• 福史(ふくふみ)• 福馬(ふくま)• 福丸(ふくまる)• 福望(ふくみ)• 福允(ふくみつ)• 福也(ふくや)• 福之(ふくゆき)• 福己(もとき)• 福(よし)• 福明(よしあき)• 福太(よしひろ) 「松」を使った男の子の名前 続いては、松飾の「松」を使った人気の名前。 松は常緑であるところから、「節操・長寿・繁茂」などのたとえに使われます。 そのことから、• いつまでも元気に長生きしてほしい• 盛んに生きて欲しい などの願いを込めることができます。 松 (しょう)• 松一(しょういち)• 松一郎 (しょういちろう)• 松樹(しょうじゅ)• 松助(しょうすけ)• 松大(しょうた)• 松汰(しょうた)• 松太朗 (しょうたろう)• 友松(ともまつ)• 松章(まつあき)• 松一(まついち)• 松雄(まつお)• 松和(まつかず)• 松希(まつき)• 松輝(まつき)• 松吉(まつきち)• 松造(まつぞう)• 松高(まつたか)• 松輝(まつてる)• 松智(まつとも)• 松成(まつなり)• 松規(まつのり)• 松葉(まつば)• 松彦(まつひこ)• 松英(まつひで)• 松尋(まつひろ)• 松平(まつへい)• 松道(まつみち)• 松也(まつや)• 松矢(まつや)• 松雪(まつゆき)• 松好(まつよし)• 義松(よしまつ) 「七」を使った男の子の名前 1月の男の子のラストキーワード、七草の「七」を使った人気の名前を紹介しましょう。 七にはラッキーセブンという言葉があるとおり、 多くの幸運がおとずれる人生を送れるようにという意味が込められます。 海七太 (かなた)• 敢七(かんな)• 銀七郎 (ぎんしちろう)• 恒七(こうな)• 紗七斗 (さなと)• 七ノ助 (しちのすけ)• 純七(じゅんな)• 星七(せいしち)• 聖七(せいな)• 聖七(せな)• 都七(とな)• 七緒(なお)• 七保(なお)• 七伎(なおき)• 七央樹 (なおき)• 七音 (なおと)• 七央斗 (なおと)• 七緒弥 (なおや)• 七五三 (なごみ)• 七槻(なつき)• 七海(なつみ)• 七癒(なない)• 七男(ななお)• 七叶(ななか)• 七星(ななせ)• 七斗(ななと)• 七々音 (ななと)• 七生(ななみ)• 七哉(ななや)• 七海(なみ)• 七海人 (なみと)• 七雄汰 (なゆた)• 七瑠(なる)• 陽七大 (ひなた)• 陽七斗 (ひなと)• 真七瀬 (まなせ)• 真七都 (まなと)• 真七斗 (まなと)• 三七男 (みなお)• 未七海 (みなみ)• 應七(ようしち)• 庄司 智春(しょうじ ともはる)• 堂本 光一(どうもと こういち)• 竹野内 豊(たけのうち ゆたか)• 小堺 一機(こさかい かずき)• 柳葉 敏郎(やなぎば としろう)• 吉田 栄作(よしだ えいさく)• 内村 航平(うちむら こうへい)• 宮崎 駿(みやざき はやお)• 小池 徹平(こいけ てっぺい)• 小泉 純一郎(こいずみ じゅんいちろう)• 田村 亮(たむら りょう)• 市川 染五郎(いちかわ そめごろう)• 田中 裕二(たなか ゆうじ)• 山口 達也(やまぐち たつや)• 清木場 俊介(きよきば しゅんすけ)• 中山 優馬(なかやま ゆうま)• 北川 悠仁(きたがわ ゆうじん)• 玉木 宏(たまき ひろし)• 坂本 龍一(さかもと りゅういち)• 高田 純次(たかだ じゅんじ)• 京本 政樹(きょうもと まさき)• 星野 仙一(ほしの せんいち)• 中田 英寿(なかた ひでとし)• 千葉 真一(ちば しんいち)• 櫻井 翔(さくらい しょう)• 綾野 剛(あやの ごう)• 佐藤 琢磨(さとう たくま)• 川端 要(かわばた かなめ)• 星野 源(ほしの げん)• 香取 慎吾(かとり しんご) 「冬生まれ」の男の子にピッタリな名前は? 1月は季節で言うと「冬」です。 「冬」というのは 12月〜2月を指すため、一般的に「冬の名前」と言うのは、 「この3ヶ月のあいだに連想されるキーワード」をアイデアとしています。 「男の子の名前」は他にもいっぱい! このページ以外にも、「」に関する人気ページはたくさんありますので、あわせてご確認下さい! とにかく 「本当にカッコイイ名前」にこだわり、アンケートを実施。 >> 「珍しい」が「社会からの受け」も良い名前についても、アンケートを実施しています。 >> さらに、 「漢字一文字」でスタイリッシュな名前も集めています。 >> 「中性的な名前」はオシャレなイメージを持たれやすくオススメ! >> 「出生届」の提出は遅れると罰金! 子どもが生まれ名前が決まったら、 「出生届」は14日以内に提出しなければならないと義務付けられています。 14日を越えた場合、 過料を課せられるほか「面倒くさい手続き」が増えてしまいますので、必ず事前に提出方法をチェックしておきましょう。 >> 名付けも大切!「安産祈願」も大切! 5ヶ月目にはほとんどの方が「安産祈願」に行きます。 中には「行かない人(行けない人)」もいらっしゃいますが、「戌の日」にこだわる必要はありませんので、体調が良い時に祈祷してもらいましょう。 1月生まれの 女の子にピッタリな名前はコレだ!! お待たせしました! 続いては、1月生まれの 女の子に似合う名前を紹介しましょう! スポンサーリンク 関連:アンケート投票によるリアルな声!• そのことから、• 人との繋がりを大切に生きてほしい• 自ら仲の良い家庭を築けるように と願いを込めることができます!• 愛睦(あいむ)• 睦子(あつこ)• 杏睦(あむ)• 歩睦(あゆむ)• 依睦(いちか)• 詠睦(えむ)• 睦(ちか)• 睦子(ちかこ)• 睦乃(ちかの)• 睦代(ちかよ)• 睦(とも)• 睦花(ともか)• 睦子(ともこ)• 睦美(ともみ)• 菜睦(なちか)• 希睦(のぞむ)• 心睦(みちか)• 睦(むつ)• 睦都(むつ)• 睦愛(むつあ)• 睦恵(むつえ)• 睦華(むつか)• 睦希(むつき)• 睦乃(むつの)• 睦葉(むつは)• 睦華(むつは)• 睦穂(むつほ)• 睦帆(むつほ)• 睦心(むつみ)• 睦巳(むつみ)• 睦望(むつみ)• 睦芽(むつめ)• 睦葉(むつよ)• 睦月(むづき)• 睦乃(もくの)• 睦乃(よしの)• 愛睦(らむ)• 凛睦(りちか) スポンサーリンク 「萌」を使った女の子の名前 続いては、萌月(もゆつき)の「萌」を使った人気の名前! 萌には、「成長」「希望」といった前向きなイメージが連想されます。 そのことから、• 元気に育ってほしい(成長してほしい)• さまざまな希望を持って生きて欲しい と願いを込めることができます!• 愛萌(あいほ)• 杏月萌(あつほ)• 愛萌(あも)• 絢萌(あやめ)• 彩萌(あやめ)• 愛夢萌(あゆほ)• 杏里萌(ありほ)• 萌真(えみ)• 絵萌(えも)• 衿萌(えりも)• 依留萌(えるも)• 叶萌(かなめ)• 華萌(かなめ)• 夏萌(かほ)• 果萌(かほ)• 萌依(きい)• 希萌(きほ)• 恋萌(ここな)• 心萌(ここも)• 瑚萌(こも)• 小萌玲(こもれ)• 紗萌(さき)• 桜萌(さほ)• 静萌(しずほ)• 凉萌(すずほ)• 杏萌(すもも)• 千萌(ちほ)• 智萌(ちほ)• 椿萌(つばめ)• 冬萌(とも)• 友萌(ともえ)• 都萌(ともえ)• 友萌子(ともこ)• 冬萌実(ともみ)• 奈津萌(なつも)• 夏奈萌(ななほ)• 虹萌(ななほ)• 渚萌(なほ)• 柊萌(ひめ)• 冬萌(ふゆめ)• 萌佳(ほうか)• 萌伽(ほとぎ)• 萌奈美(ほなみ)• 萌乃華(ほのか)• 萌楓(ほのか)• 萌梨(ほのり)• 萌羽(ほのわ)• 萌希(ほまれ)• 愛萌(まなほ)• 愛萌(まほ)• 真梨萌(まりも)• 水萌(みずほ)• 萌波(みなみ)• 萌愛(みのり)• 萌陽(みはる)• 未萌(みほ)• 海萌子(みほこ)• 美萌香(みもか)• 美萌沙(みもざ)• 睦萌(むつも)• 芽萌(めい)• 萌(めい)• 萌生(めい)• 萌芽(めい)• 萌桜(めいさ)• 萌紅(めく)• 萌(めぐ)• 萌(めぐみ)• 萌心(めぐみ)• 萌愛(めぐみ)• 萌(めばえ)• 萌恵(めばえ)• 萌瑠(める)• 萌芦(めろ)• 萌亜(もあ)• 萌愛(もあ)• 萌衣(もい)• 萌依果(もいか)• 萌(もえ)• 萌衣(もえ)• 萌英(もえ)• 萌樺(もえか)• 萌花(もえか)• 萌子(もえこ)• 萌乃(もえの)• 萌美(もえみ)• 萌咲(もえみ)• 萌佳(もか)• 萌楓(もか)• 萌子(もこ)• 萌虹(もこ)• 萌子美(もこみ)• 萌七(もな)• 萌菜子(もなこ)• 萌南(もなみ)• 萌奈美(もなみ)• 萌乃葉(ものは)• 萌美路(もみじ)• 萌々(もも)• 萌桃(もも)• 萌恵(ももえ)• 萌々香(ももか)• 萌華(ももか)• 百萌子(ももこ)• 萌々葉(ももは)• 萌和(もわ)• 佑萌(ゆう)• 裕萌(ゆうな)• 優萌(ゆうほ)• 優萌(ゆき)• 悠萌(ゆめ)• 結萌(ゆめ)• 夕萌乃(ゆめの)• 璃萌(りほ)• 瑠萌(るま)• 麗萌(れいほ) 「霞」を使った女の子の 続いては霞初月(かすみそめづき)の「霞」を使った名前です。 霞には「おっとりしている」「上品である」といったイメージが連想されます。 そのことから、• おっとりと優しい気持ちを持って生きて欲しい• 明霞(あすか)• 彩霞(あやか)• 霞江(かえ)• 霞湖(かこ)• 霞(かすみ)• 霞美(かすみ)• 霞澄(かすみ)• 霞月(かづき)• 霞那(かな)• 霞乃(かの)• 霞南(かのん)• 霞音(かのん)• 霞穂(かほ)• 霞凛(かりん)• 霞鈴(かりん)• 霞憐(かれん)• 杏霞(きょうか)• 紗弥霞(さやか)• 静霞(しずか)• 澄霞(すみか)• 千霞(ちか)• 春霞(はるか)• 冬霞(ふゆか)• 美霞(みか)• 萌霞(もえか)• 結霞(ゆいか)• 夕霞(ゆか)• 里霞(りか)• 蕗霞(るか)• 怜霞(れいか) 「正」を使った女の子の名前 続いては、正月の「正」を使った人気の名前を紹介しましょう。 男の子に使うイメージがありますが、女の子の名前にちゃんと使われます! 正には、「正しい」「真っ直ぐ」といったイメージが連想されます。 そのことから、• 何事にも真っ直ぐな人間になってほしい• 物事の良し悪しを判断でき、正しい道をすすめる人間になってほしい と願いを込めることができます!• 樹新(きあら)• 咲新(さあら)• 新(さら)• 新菜(さらな)• 梓新(しあら)• 新(しん)• 空新(そあら)• 新奈(にいな)• 新苗(にいな)• 新愛(にいな)• 新煌(にこ)• 新菜(にな)• 葉新(はにい)• 美新(みあら)• 夕新(ゆに)• 礼新(れに) 「雪」を使った女の子の名前 続いては、初雪の「雪」を使った人気の名前を紹介します。 雪という文字からは、「白く柔らかい」「世の中の汚いものや醜いものを白く染め、清めてくれるもの」といったイメージが連想されます。 そのことから、• 誰に対しても柔らかく接する優しい人になってほしい• 他人を良き方向へ誘える人になってほしい といった願いを込めることができます!• 伊雪(いぶき)• 衣雪(いゆき)• 咲雪(えみる)• 希雪(きせつ)• 雪花(きよか)• 雪美(きよみ)• 小雪(こゆき)• 心雪(こゆき)• 桜雪(さゆき)• 彩雪(さゆき)• 白雪(しらゆき)• 雪春(すばる)• 星雪(せいな)• 雪華(せつか)• 雪月(せつき)• 雪子(せつこ)• 雪奈(せつな)• 雪寧(せつね)• 雪華(せつは)• 雪朋(せつほ)• 雪恋(せれん)• 智雪(ちゆき)• 雪月(なつき)• 七雪(ななせ)• 七雪(なゆき)• 乃雪(のの)•

次の