年金 は 何 歳 から もらえる の。 年金を早くもらう方法【繰上げ受給】

50代と60代なら知っておきたい「特別支給の老齢厚生年金」

年金 は 何 歳 から もらえる の

繰り上げ受給、繰り下げ受給の採算分岐点はここだ '17年の男性の平均寿命81. 09歳、女性は87. 26歳。 いずれも過去最高を記録した。 「寿命が延びているのに比例して、老後の医療費、介護費は増えている。 しかし自分の寿命は短いと思って、より早く年金をもらおうとしてしまう人も多い。 がんや脳梗塞といった大病にかかるとわかっていれば、早くもらうに越したことはありません。 だが、より考慮せねばならないのは、病気よりも長生きへの対応なのです」(FPアソシエイツ&コンサルティング代表・神戸孝氏) 長生きのリスクに対応するため、老夫婦の「老老年金」においては、年金の受給開始時期はもっとも重要な問題だ。 しかし、複雑につぎはぎされた年金制度から、夫婦の最適な年金受給の仕方を読み解くのは至難の業だ。 本誌は年金のプロの分析を加え、賢い年金のもらい方を導き出した。 平均的な夫婦(夫は元サラリーマン、妻は専業主婦)の最適な年金受給開始年齢である。 年金の繰り上げ、繰り下げについて簡単におさらいしておこう。 老齢基礎年金は65歳からの受給が原則だが、60歳~64歳でも繰り上げ受給が可能だ。 しかし年金額は最大30%減額(60歳)される。 一方で、66歳~70歳で受給を開始する繰り下げ受給を選べば、年金額は最大42%加算(70歳)される。 だが、繰り下げれば、年金の損益分岐点も後にずれる。 分岐点が来る前に亡くなれば、払い損も生じてしまうわけだ。 長生きリスクを考慮しながら、最も合理的な受給開始年齢をはじき出すとどうなるか。 オフィス・リベルタス代表の大江英樹氏が言う。 「60歳からの繰り上げ受給と65歳からの受給を比べた場合、 後者の受給総額が前者を上回るのは、77歳からです。 同様に、 65歳からの受給と70歳からの繰り下げ受給では、82歳が分岐点になる。 長生きリスクを考えれば、できるかぎり繰り下げて受給額を増やしたほうが合理的です」 繰り上げ受給は差し迫った事情がない限り、損な年金のもらい方だという。 そこには「働き方」の変化も考慮するべきというのは、社会保険労務士の大神令子氏だ。 「継続雇用制度の義務化で、いまや65歳まで働くことは常識になってきました。 その期間は年金を受給しないほうがいい。 65歳までは、それ以降と比べると、稼げば稼ぐほど『在職老齢年金制度』により年金が減らされる額が大きくなるからです。 また 年金を繰り上げ受給してしまうと、65歳までしか受けられない障害年金がもらえなくなってしまう。 障害年金は、働いているときこそ必要になるものです」.

次の

「国民年金」は何歳から何歳まで払えばいいの?

年金 は 何 歳 から もらえる の

おはようございます、社労士の有馬です 希望者の65歳まで雇用義務化に続き、70歳までの雇用も促進されているようです 生涯現役の労働者がこれからも増えていくと思いますが、体調や都合で早くに引退する人も中にはいらっしゃるかと思います そんなときに収入の代わりとなるのが年金なのですが、ご存知の通り60歳からもらえる人は今非常に少なくなっています そこで今回は社労士が教える早くにもらえる年金受給ということで、【年金の繰上げ受給】についてお話したいと思います タイトル1:まずは通常の年金について解説 年金の繰上げ受給についてお話する前に、まずは通常の年金についてお話したいと思います そんなの知っているよ、という人は次の段落まで 老齢年金について 年金には色々な種類があって、例えば一番多くの人がもらっている年齢による年金や、重度の障害を負った場合に生活保障として支給される障害年金、働き手を失った場合の残された家族に支給される遺族年金などがあります そして今回お話しするのは年齢を理由にして支給される老齢年金についてです いわゆる65歳からもらえる年金というやつですね 老齢基礎年金と老齢厚生年金 年齢を理由にして支給される年金には大きく分けて二種類あります それは老齢基礎年金と老齢厚生年金です 老齢基礎年金とは国民年金部分と言い換えることができ、納めた月数により、もらえる金額が決まっています そして老齢厚生年金はいわゆるサラリーマンだった人がもらえる年金で これまでもらっていたお給料の金額と、納めた月数で年金の額が決まってきます お給料の金額により保険料が異なりますので、もらえる金額は人それぞれです そしてこれらの年金は一階建て部分、二階建て部分と呼ばれ 基礎年金部分の事を一階建て部分 厚生年金部分の事を二階建て部分と呼びます 20歳からずっと国民年金のみに加入していた人は一階部分の基礎年金部分のみが支給され サラリーマンとして働いていて、厚生年金に加入していた時期のある人は一回部分の基礎年金と二階部分の厚生年金の両方が支給されます <一緒に検証!公的年金 厚生労働省HPより引用> 老齢年金は何歳からもらえるのか 年齢によって支給される年金は実は生年月日と性別によってもらえる時期が違います 64歳から特別支給の老齢厚生年金がもらえます これらの生年月日に該当する厚生年金に加入していたことのある人は、二階部分の厚生年金が60代前半に特別支給の老齢厚生年金として支給されます 厚生年金に加入していた時期のない人は、生年月日に該当しても特別支給の厚生年金は支給されません 年金を早めにもらう方法。 5%となり 例えば60歳になってすぐにもらった人は65歳になるまでの月数、60ヶ月に0. 5%を掛けた減額率、つまり30パーセントの減額が行われることになります 0. 0 29. 5 29. 0 28. 5 28. 0 27. 5 27. 0 26. 5 26. 0 25. 5 25. 0 24. 5 61歳 24. 0 23. 5 23. 0 22. 5 22. 0 21. 5 21. 0 20. 5 20. 0 19. 5 19. 0 18. 5 62歳 18. 0 17. 5 17. 0 16. 5 16. 0 15. 5 15. 0 14. 5 14. 0 13. 5 13. 0 12. 5 63歳 12. 0 11. 5 11. 0 10. 5 10. 0 9. 5 9. 0 8. 5 8. 0 7. 5 7. 0 6. 5 64歳 6. 0 5. 5 5. 0 4. 5 4. 0 3. 5 3. 0 2. 5 2. 0 1. 5 1. 0 0.

次の

年金受給権は何歳から発生するの? [年金] All About

年金 は 何 歳 から もらえる の

日本の公的年金制度。 3階建てといわれる年金制度だが、1階部分の国民年金からは老齢基礎年金が、2階部分の厚生年金から老齢厚生年金が支給される まずは、公的年金の仕組みについておさらいをしておきましょう。 日本に居住している20歳以上60歳未満の人は、国民年金の被保険者となります。 その中でも3つに分類されており、サラリーマンや公務員など職場から加入している人を「第2号被保険者」、その第2号被保険者の被扶養配偶者で年収130万円未満の人は「第3号被保険者」、それ以外の自営業者等は「第1号被保険者」になります。 また年金制度は「3階建て」といわれています。 全員が加入している国民年金(基礎年金)=1階部分• 会社員や公務員などの第2号被保険者が加入している厚生年金=2階部分• や、=3階部分 この記事では、基本的な1階、2階部分の年金支給額をご紹介します。 標準的なモデル世帯の年金受給額:国民年金は月々6万5141円、厚生年金は夫婦で22万724円 令和2年度の新規裁定者(67歳以下の方)の年金額の例。 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 国民年金から支給される老齢基礎年金は、20歳から60歳まで40年間保険料を支払った人で、1人1カ月6万5141円。 また、厚生年金から夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万724円とのこと。 令和元年度より0. これは、「2019年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)のアップを受けての改定となっています。 また厚生年金額の標準的なモデル夫婦は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 9万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が令和2年度に年金を受け取り始める場合の給付水準です。 平成30年度で国民年金が5万5708円、厚生年金が14万3761円となっています。 ここでいう厚生年金は公務員や私学共済等以外の民間企業からの加入者になります。 厚生年金が国民年金の約2. 6倍となっており、厚生年金として9万円弱が上乗せされているのがわかります。 国民年金は平成26年度から上昇しています。 納付月数が多い受給者が増えてきたためと思われます。 また国民年金のカッコ内は、厚生年金の受給権を持たない人の平均です。 一般的にずっと自営業だった人などが当てはまります。 平均が5万1901円と、さらに低い水準となっています。 国民年金の月々の平均支給額、最多層は6万円台 国民年金受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均金額は男子の5万8775円なのに対して、女子は5万3342円。 女子は3万円台からばらついているのが目立つ (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は、国民年金受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 全体では、月額6万円台を受給している層が一番多く、平均は5万5708円。 全体の半分以上が5万円以上の支給となっています。 ところが、女性だけを見ると様子が変わってきます。 女性の最多層は月額6万円台で31. 2%となっていますが、5万円台も24. 1%あり、3万円台から7万円台まで散らばっているのがわかります。 月額3万円台はもちろん、6万円台でも生活費としては厳しいところでしょう。 は、年金を納めた期間(もしくは、免除などの期間)に比例して年金受給額が決まるという単純なものです。 女性の場合は、年金の加入期間が少ない人が多いということですね。 専業主婦が任意加入だった時代に加入していたかどうかで年金額の差が出ているのでしょう。 厚生年金の1カ月あたり平均支給額を男女別に見ると…… 厚生年金保険(第1号)受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均年金額は月額14万3761円と、国民年金の受給額よりは高い。 男子は16万3840円、女子は10万2558円と、男女間での受給額の差が大きくなっている (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は厚生年金保険(第1号:公務員以外の民間企業から加入)受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 厚生年金は、国民年金の基礎年金に加えて厚生年金部分が支給されているので、国民年金より支給額が多くなっています。 厚生年金の平均受給額は月14万3761円と国民年金のみの約2. もちろん、現役時代に支払った保険料も厚生年金のほうは高額になってはいるのですが、この差は大きく感じられます。 この金額があれば、生活の基本的な部分はまかなえるといったところでしょうか? また、男女差も見ておきましょう。 男子の平均が16万3840円に対して女子は10万2558円。 男子は女子の1. 6倍の受給となっています。 また女子の分布にも注目です。 女子の44. 3%が5~10万円の分布になっています。 これは国民年金の受給にほんの少し上乗せがある程度。 自分自身で会社員として厚生年金に加入していた期間がとても少ないことがわかります。 公的年金だけでなく自分年金づくりも大切 以上、現時点で年金の受給権を持つ人たちの平均額を紹介しました。 多くの人にとって、これらの支給額だけでは老後の生活はまかなえそうにないという結果です。 これらの公的年金は一生涯受給できる大切な収入源。 受給できる年金額を増やしながら、独自で老後の資金計画を立てるという2本立ての対策が必要ですね。 【関連記事】•

次の