一眼 レフ ピント が 合わ ない。 一眼レフカメラでピントが合わない・甘いときのテクニック|アラカメ

無限遠で星にピントが合わないのはなぜ?

一眼 レフ ピント が 合わ ない

一眼レフカメラの液晶で確認した時には 上手く撮れていると思ったのに 帰宅してパソコンで写真を見てみると ピントが合っていない ピンボケ 写真で ガッカリした経験はありませんか? ピントが合わない原因は様々で その原因によって対処法も違います。 この記事では AF オートフォーカス でピントが合わない複数の原因と ピントの合わせ方についてお伝えしていきます! まずはカメラとレンズの設定を確認 ファインダー内全体がボヤけている、 そもそもオートフォーカスが効かないという状態であれば まずは以下の設定を確認してみましょう。 これがMFになっていると オートフォーカスが動きません。 AF対応レンズなのに AFが動かない状態であれば このスイッチを確認してみましょう。 カメラボディの視度を調整する 一眼レフカメラのファインダーには 視度を調整する機能があります。 これが適切じゃないと ファインダー内全体がボヤけて見えます。 普段メガネをかけている人が かけ忘れている状態のようなものです。 視度の調整は多くのカメラの場合 ファインダーの横にある 視度調整ダイアルを使います。 ファインダーを覗きながらダイアルを回して ハッキリと見える設定にしてください。 オートフォーカスでピントが合わない原因 上記のカメラの設定を確認した上で ピントが合わない原因を見ていきましょう。 被写体に近づきすぎている レンズによって どれだけ被写体に近づけるかが決まっていて 最短撮影距離と呼びます。 例えばニコンの標準レンズである 「AF-S 18-55mm VR」の場合 最短撮影距離は28cmです。 この距離はレンズ先端からではなく カメラ内のセンサー部からの距離です。 被写体までの距離が 最短撮影距離より短い場合 ピントを合わせることができません。 オートフォーカスで 全くピントが合わなかったら 被写体から距離をとってみてください。 AFポイントの位置が違う カメラの設定によっては オートフォーカスで撮影する際 どこにフォーカスを合わせるかを カメラ任せにすることができ、 便利な面もありますが 思ったところにピントが合わないということも 多くあります。 対処法としては、1点AFにして 自分でピントを合わせる場所を 決めて撮影することです。 私のオススメのしては 中央1点をフォーカスポイントにして ピントを合わせたい部分を中央にしてシャッターを半押し、 そのまま撮りたい構図までカメラを動かして シャッターを切るという撮影方法です。 ピント合わせの後でカメラを動かすので わずかな誤差は出ますが、 カメラ任せにするよりも ピントが合う可能性は高くなります。 ピントが合いづらい被写体である 被写体によっては オートフォーカスでピントを合わせることが 難しいものがあります。 例えば白い壁のような 濃淡がない被写体では オートフォーカスで被写体までの距離を判断できず ピントが合わないことが多いです。 また、被写体が原因ではないですが 極端に明るい場所や暗い場所でも オートフォーカスではピントが合いづらいです。 対処法としては MF マニュアルフォーカス にして 自分でピントを合わせることです。 オートフォーカスでどうしてもピントが合わなければ MFで撮影してみてください。 カメラボディまたはレンズに問題がある 撮影するほとんどの写真でピントが合わない場合 撮影方法ではなく 機器側が原因である可能性があります。 ピントが前後にずれるレンズの前ピン、後ピンは よくあることですので 私のレンズでもありました 気になる場合はメーカーメンテナンスを受けると安心です。 さいごに 今回は カメラのオートフォーカスで ピントが合わない原因と対処法について お伝えしました。

次の

カメラのピントが合わないのは何故?

一眼 レフ ピント が 合わ ない

ピントが合わない原因 まずはなぜピントが合わないのか?理由を知っていれば自ずと対策も可能です。 手ブレしている 手持ち撮影の場合、シャッターボタンを押すときにカメラを持つ手が動いてしまい、ピンぼけを起こしてしまいます。 カメラのグリップを右手でしっかり持ち、左手は手のひらでレンズを支えるように持ってください。 カメラの重さが左手で下から支えるようにしてください。 スラムダンクの「左手は添えるだけ」とは逆です。 右手はグリップに添えるイメージです。 シャッターボタンを押したらシャッターが戻るまでは必ず動かさないこと。 そしてこの時に息を止めてみてください。 呼吸をしていると肩や腕が動き、手ブレの原因になっている場合があります。 レンズの個体差(前ピン・後ピン) 前ピン・後ピンというのはレンズが初期出荷の段階でピントがズレて設定されていることです。 とは言っても、元からピントが合っていない写真を使うのは精神衛生的にも良くないですよね。 前ピン・後ピンを直す一番各自な方法はメーカーのサービスセンターに持っていくことです。 しかし、手間もかかりますし、お住いの地域によっては難しい場合もあります。 自宅でピントを調整してみよう もう1つの方法は自分でピント修正を行う方法です。 中級機以上のカメラはレンズごとにピントの微調整ができる機能が備わっています。 一度設定すると、カメラ側でレンズのピント設定を記憶し、正しいピントの位置で写真を撮ることができます。 ピントを微調整するためにはまずどの程度ピントがズレているか知る必要はあります。 こちらはピントがどれだけズレているか測る器具なのですが1万円以上もします…。 そこでStudio9さんが紹介されているピントを測る器具を自作する方法、それを使用してピントを微調整する方法を紹介しています。 カメラのAF精度を自作のテストチャートで確認する方法!【キット配布】 僕もこの記事を見て自作しました。 フォーカスモードがマニュアルになっている カメラやレンズのフォーカスモードがAF(オートフォーカス)ではなく、MF(マニュアルフォーカス)になってしまっていた例です。 MF(マニュアルフォーカス)は自分でピントを合わせる方法ですね。 自動でピントが合うAF(オートフォーカス)だと思っていたのに、MF(マニュアルフォーカス)になってしまいピントがズレて撮影してしまうということです。 知らないうちにスイッチに触れて切り替えていたということがあります。 最短撮影距離より近づくとピントは合いません。 被写体に近寄って撮影したい場合は、まずはグッと近寄ってピントを合わせながら少しずつ離れてみてください。 被写体にグッと寄って撮影したいときはマクロレンズが活躍します。 草にかかっている蜘蛛の巣まで捉えることができます。 まぁ結局どちらも一緒なんですけどね(笑) レンズとカメラの接点異常 「カメラとレンズが上手く装着できていない」「接点部が汚れている」などの理由から異常を起こし、ピントが合わないケースです。 レンズの掃除がよくやりますが、接点部は掃除しないことが多いんですよね。 定期的にメンテナンスをしましょう。 接点異常が続くと、最悪カメラやレンズが故障する原因にもなります。 視度調整ダイアルがズレている 視度調整ダイアルというのはファインダー近くにあるダイアルのことです。 このダイアルを回すことで、ファインダーの見えやすさを調節することができます。 眼鏡の度を合わせるイメージです。 ファインダーから見えるピント具合がズレていると、実際に撮れる写真もズレてしまいます。 場所が暗い 単純に撮影場所の光量が少なく、カメラがピントを合わせられない状況です。 ISO感度を上げる・明るいレンズを使う・絞りを開放する・ストロボなどで光量を確保する、などしなければピントを合わせるのは厳しいです。 被写界深度が狭い 被写界深度というのはピントが合う奥行きの範囲です。 基本的にF値(絞り値)で被写界深度は決まります。 F値が高い(絞っている)= 被写界深度が深い• F値が低い(開放している)= 被写界深度が浅い ということになります。 こちらは被写界深度が深い写真です。 風景写真なのでF値を絞り被写界深度を深くして、全体にピントを合わせるのです。 逆にこちらは被写界深度が浅い写真です。 鳥を強調し背景をボカスために被写界深度を浅くして、一部にピントを合わせます。 被写界深度が浅いとボケのある味の写真が撮れますが、それだけピントを合わせるのは難しくなります。 ピントが合わない・甘いと感じたら、気持ちF値を絞ってみましょう。 被写界深度はF値をいじりながら同じ位置で同じ被写体を撮ってみると肌で理解できると思います。 ピントがあった綺麗な写真を撮るには 先程まではピントが合わない・甘くなる原因・対策を解説しました。 ここからはよりピントが合った素晴らしい写真を撮るテクニックです。 人物写真は目にピントをあわせる ポートレート撮影をする際、ピントが人物の目に合わせるようにしましょう。 「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、目にしっかりピントが合っていると自分の喜怒哀楽が強調されます。 また、人物の真正面以外で撮る場合は、前方にある目、後方にある目、どちらにピントを合わせるかで写真の印象は大きく変わります。 ISO感度を下げる ISO感度上げすぎるとノイズが増え、ディティールの潰れた甘い写真になってしまいます。 厳密に言うとピントは合っているのですがピントが合っていない写真のように見えてしまうんです。 極力ISO感度は下げ、ディティールがはっきりした写真を撮るようにしましょう。 ただし、ISO感度を下げすぎるとシャッタースピードが稼げなくなり、結果手ブレが起きやすくなります。 バランスが大切です。 AF-Cを使う AF-C(コンティニュアスAFサーボ)というシャッターボタンを半押ししている間、動いている被写体にピントを合わせ続けるモードです。 逆にシャッターボタンを半押ししている間、ピントを固定するモードはAF-S(シングルAFサーボ)と言います。 動いている被写体を撮るときはAF-Sでピントを合わせても、シャッターボタンを押したときは被写体がズレてピントもズレやすくなります。 子供を撮るときなどはAF-Cは必須です。 連写をする 半分やけくそ・数撃ちゃ当たるですが連写して、ピントの合った写真を選別する方法です。 前述のAF-Cと併用して威力を発揮します。 動いていない被写体をAF-Sで撮影する時はあまり活用できません。 拡大して確認する 少し面倒ですが撮影した後にカメラのモニターで撮った写真を拡大し、ピントをチェックします。 もしピントが合わない・甘いときはこの記事で紹介した原因・対策を思い出してください。 ピント合わせは難しくない ピントは写真にとってかなり大切なので、ピントの合っていない写真を撮って後々後悔する前に、この記事で紹介したポイントを抑えておいてくださいね。 「文字だけじゃ難しくてよく分からない…」という人はDVDの講座もおすすめ。

次の

一眼レフカメラのピントが合わない!ピント調整方法

一眼 レフ ピント が 合わ ない

白い壁や青空など一色だけの部分(コントラストが低い被写体)• 夜や夕方など暗い撮影環境• フェンスなどが手前にある場合• 複雑な模様 例えばこのような場面になります。 これらの被写体はどのカメラも苦手としていてピントがはずれることがあります。 正確な合わせ方としては、 マニュアルフォーカス(MF)で撮影することです。 ライブビューの拡大機能を使えばより確実にピントを合わせることができて便利です。 (ミラーレス一眼の電動ズームレンズの場合はMFでも操作が難しくなります) もしAFを使うのであれば、 撮影後に拡大してピントチェックをしてピンが来るまで何枚も撮影しましょう。 「毎回MFで撮る余裕がない」 という場合はAFで何枚も撮影しておき、確率を高めるのも方法もあります。 またAFでピントが合いにくい時は、一度違う方向の被写体にピントを合わせ、それから目的に被写体へ合わせ直すことで合焦率を上げるテクニックもあります。 近寄り過ぎている 近くの被写体を大きく撮ろうすると、いつまで経ってもピントが合わないときがあります。 これはそれぞれのレンズにある 最短撮影距離よりも短くなっているためです。 エントリー機に付属している標準ズームレンズの場合、だいたいの長さですがレンズ先端から15cmまではピントが合いません。 具体的な長さは仕様表に書かれているので、 その距離より後ろに下がればピントが合います。 どうしても近くに寄って大きく撮りたい場合は、撮影後にトリミングして拡大させるか、マクロレンズを使いましょう。 フォーカスリミッターが原因 マクロレンズや望遠レンズでは、 フォーカスリミッタースイッチがついているレンズがあります。 これは、レンズのピント合わせが遅いので、近距離用と遠距離用に切り替えて合焦を速くする使い方ができるレンズです。 このスイッチが10cm未満などの近距離用に入っていると、遠くの風景はピントが合わなくなります。 このタイプのレンズに慣れない人は、 全ての距離で合わせる位置にスイッチを入れておき、通常のレンズと同じように使うのがいいと思います。 カメラとレンズの接点 ボディのマウント部にある金属端子が汚れていると、うまくAFが動作しない場合があります。 汚れがあれば拭き取り、それでもAFが動作しない場合は 一度レンズを外し、もう一度しっかり装着してみましょう。 大きな故障でなければたいていこれで解決できます。 オートフォーカス性能の問題 「ピピッと音がしてシャッターを切ったのに、パソコン画面で見ると少しピントが合っていない…」 これはカメラの故障ではなく、AF性能の問題で起こるケースになります。 カメラの液晶画面ですぐに気づく明らかなピンボケではなく、パソコン画面で見たときに気づくわずかなピンボケになります。 特にエントリー機の一眼レフの場合、 AF性能が高くないので撮影状況により少しのピントずれが起きることがあります。 例えば曇りの日にエントリー一眼レフでグラウンドを数回シャッターを切ってみると、ぴたりと合った写真と少しピンボケした写真の両方が撮れました。 昼間とはいえ曇りの状態なので、オートフォーカス性能が低いカメラほどこのような症状が発生しやすくなります。 このように明るい時間帯でも発生するのでやっかいな問題です。 対策としては、 撮影後すぐに再生画面を10倍などに拡大してチェックすることがポイントです。 実際には毎回のチェックは手間がかかりますが、いい写真が撮れた時は必ずチェックすることをおすすめします。 また正確な合わせ方として先程にも書きましたが、 複数枚撮影しておくこともおすすめです。 前ピン・後ピンになっている これは一眼レフの「位相差AF」が動作するカメラに起きる問題になります。 前ピンというのは、狙った被写体より少し前で合焦することです。 後ピンは、狙った被写体より少し後ろで合焦することです。 特に純正レンズよりもサードパーティ製のレンズ(シグマやタムロンなどのレンズ)を装着した場合によく起こります。 中級機以上であれば次の項目で説明しているAF調整機能を使って、ピント位置の調整を行います。 この機能がない機種や正確なピント調整をするには、レンズメーカーのサービスセンターに持ち込んで調整してもらう方法があります。 定規を縦向きで45度など斜めになるように置き(なにかの台にもたれかけさせる)、三脚にカメラを設置して 定規の10cmなどを狙いシャッターを切ります。 フォーカスポイントは中央1点に設定、定規はプラスチックよりステンレス製がおすすめです。 このテストで10cmの位置を狙って7cm付近を中心にピントが合っていれば、かなり前ピンとなります。 自分でピント位置をチェックできる フォーカス精度テストキットも販売されていますし、ネットでは自作でキットを作っている人もいます。 できるだけカメラとレンズの購入後すぐにチェックするのがよいと思います。 AF調整機能を使う 一眼レフの中級機以上ではAF調整機能という、 ピント位置を登録できる機能がついています。 キヤノンは 「AFマイクロアジャストメント」、ニコンは 「AF微調節」と名付けています。 ボディ側で一律にピント位置を登録することもできますし、レンズごとに登録することもできます。 最上位機にはズームレンズのワイド端、テレ端の両方のピント位置を登録することもできます。 ただこの機能で厳密にピント位置を設定するの一眼レフ初心者には難しいと思います。 テストキットを設置して狙った位置を撮影し、AF調整を変更して撮影する作業をしばらく繰り返します。 以前よりピント位置が大きくズレる可能性もあるので、自信のない人はメーカーに調整を依頼しましょう。 まとめ• AFが苦手な被写体がある• ピントチェックをしてみよう• 上位モデルの方がピント精度が高い• ピント関連の設定確認もしよう.

次の