鹿島灘はまぐり通販。 茨城県【鹿島タコ】の通販価格と販売店は?口コミも!青空レストラン

産地別のはまぐりの旬はいつ|あさりとはまぐりの旬の違いは

鹿島灘はまぐり通販

75歳のおじいちゃんと42歳のおっさんが何の因果か友達になり、茨城県まで焼きはまぐりを食べに行ったという、まったくもって面白くもなんともないお話ですが、もしよければお付き合い下さい。 半年、いや、1年ほど前からだったでしょうか。 昨年は千葉まで寿司を食べに連れて行ってもらいました。 ようやくタイミングが合い、2016年8月中旬に行ってきました。 東京から東関東自動車道(東関道)を東へ1時間半。 潮来(いたこ)で降りて、国道51号線を北上。 鹿島スタジアムを通り過ぎた先に浜茶屋 やましょうがあります。 広い店内にテーブルがずらり。 各テーブルには焼き台が据えられています。 「なんでも好きな物食べて」 そう促され、焼はまぐり(定食)と焼ガキ、焼ホタテをお願いしました。 それはそれは大きなはまぐり。 ぱくっと口が開いたら、ダシ醤油をかけます。 醤油がグツグツしだしたら食べごろです。 プリップリ。 ジュワ。 う、うめぇ。 地元・鹿嶋で採れたはまぐりです。 こんなのうまいに決まってます。 「うまっ。 Kちゃん、めっちゃおいしいね」 Kちゃんは黙ってうなづきます。 「ひろぽん、これもおいしいらしいよ」 そう言って指差すのは壁に貼られた「ながらみ」というメニュー。 ながらみ? 追加で頼んでみました。 見た目はかたつむりのよう。 楊枝でクルッと身を取り出します。 身は細くて長く、先端には肝がついています。 薄いダシで煮られたながらみはとても柔らかく、風味が豊か。 食感はまるで違いますが、味わいはつぶ貝のような感じです。 「初めて食べましたよ。 これもおいしいですねぇ」 黙ってうなづくKちゃん。 定食についてくるご飯はかまど炊きでおかわり自由。 このご飯がまたうまい。 都内で、この価格でこれはなかなかないだろうなぁ。 「わざわざ来た甲斐がありますよ。 めっちゃおいしかったです」 「ああ、そう」 Kちゃんはかすかにほほえみうなづきました。 店を出て車に乗り込むと、「コーヒーでも飲みに行こうか」とKちゃん。 15分、20分くらいでしょうか。 国道51号線を上り、おもむろに海岸方面へ折れます。 すると目の前は大海原。 ひゃー、すごい。 何海岸っていうんだろ。 どこまでも砂浜。 どこまでも海。 海岸沿いに一軒のカフェ・バーがありました。 店内には広いイベントスペースもあり、夜はDJがあったりもするそうです。 台風が近づいているせいで、サーファーは海に出ていませんでした。 少し荒れ気味の、だけど雄大な太平洋を望みつつ、アイスコーヒーを飲みます。 静かでゆったりとした日曜日。 のんびりしていていいな。 広いし、海は大きいし。 こうして海を眺めるなんて、どれくらいぶりだろう……。 周りは日に焼けた若めの人たちばかり。 そんな中、おじいちゃんとおっさんがコーヒーを飲んでいる……いったい、どんな風に見えてたのかw 余談ですが、なぜKちゃんがこのあたりの地理に詳しいかというと、近所に別荘を持っていたから。 帰りは国道51号線をそのまま北上して、水戸大洗から高速に乗り、東京へと戻って来ました。 約半日の二人旅。 Kちゃんと知り合った学芸大学の某バーのママの旧姓は私と同じ姓。 そのママの下の名前は私の連れと同じ名前。 Kちゃんの娘さんは出戻りなんですが、結婚当時は私と同じ姓。 ついでに、Kちゃんと先述のママの息子は同じ誕生日。 まあ、なんかの縁なんだろうな。 そんなわけで、縁あって知り合ったおじいちゃんとおっさんの、取りとめもない休日ドライブのお話でしたとさ。 あ、でも、焼きはまぐりは本当においしかったので、もし、そちら方面にお出かけの際はぜひ。

次の

浜茶屋 やましょう

鹿島灘はまぐり通販

楽天ならポイントがつくメリットがある。 コミュニティーストア ミズノ まずは鹿島タコの 販売店の情報から! 「コミュニティーストア ミズノ」は 地域密着型の町のスーパーの1つ。 茨城県鹿島の特産品を自社ですべて 買い付けたり加工することで安く提供してる。 有 やましょう水産 いばらきの地魚取扱店の1つで、 鹿島のハマグリ専門店の「やましょう水産」。 鹿島灘でとれるブランドたこらしいが、味が濃くて、皮らへんがより美味しい。 あれを乾燥させてジャーキーにしたらどうなってしまうのだろうか。 今日はタコの夢をみたい。 いや、見たくない。 — ミッツガー klx6r 先週に食った鹿島タコが忘れられない。 鹿島灘でとれるブランドたこらしいが、味が濃くて、皮らへんがより美味しい。 あれを乾燥させてジャーキーにしたらどうなってしまうのだろうか。 今日はタコの夢をみたい。 いや、見たくない。 — ミッツガー klx6r そう。 鹿島タコは12月かな。 地ダコ、贈答品にもなるので毎年大人気。 まぢうまいっす。 鹿島灘の荒々しい波の中で 育つことから 肉厚で歯ごたえがある。 鹿島タコは餌に貝やエビを食べるから 甘みも強く、 特に お刺身で食べるのがオススメという。 期間限定の 貴重な食材だから、 地元でもお正月のおもてなし料理や 贈答品として売られている。 お値段もなかなかで、今のところ 1匹丸ごとだと約5,000円~くらいはする。 釣り船でタコ釣りするのも人気! 茨城県は全国でもトップの タコ加工産地だそうで、 蒸しダコや茹でダコで売られるのが 一般的なんだって。

次の

産地別のはまぐりの旬はいつ|あさりとはまぐりの旬の違いは

鹿島灘はまぐり通販

茨城県鹿島灘産、千葉県九十九里浜の天然ハマグリです。 漁師獲りたてを冷凍保存しているので1年中おいしいハマグリをご賞味いただくことができます。 触感はプリプリで噛み応え満点、磯の香りを楽しみながらうま味満載のハマグリです。 大きさも原則、横幅8㎝以上からと、ととても大粒です。 バーベキュー、お鍋、お吸い物、お中元、お歳暮、ご贈答用にいかがでしょうか。 ぜひ一度ご賞味ください。 注意事項 1.ご注文について各商品のお買い物合計が5,000円以上から承ります。 2.数量の項目で1kg毎に1~10kgまで選択できます 3.個数は1kgあたりの目安です。 ご購入量と粒の大きさによって増減いたします 4.ながらみは、クール宅急便冷凍便でのお届けになりますので、他の貝の冷蔵便とは別梱包になります。 別途クール宅急便冷凍便料金をいただく必要がありますので、他の貝の注文を完了した後、別途ながらみのみの注文をお願いします 5.商品の合計金額に関して、冷蔵便と冷凍便の商品合計金額が5,000円以上になればお求めいただくことができます 6.配送は多福商事株式会社より発送いたします 7.配送の日程の目安は、注文を受け付けてから1~3営業日で発送します 8.商品は新鮮ではありますがトラブル防止上、加熱調理してお召し上がりください.

次の