硫酸 事故。 希硫酸,濃硫酸,熱濃硫酸の違いと7つの性質の総まとめ

化学実験における事故例と安全/2013.4.

硫酸 事故

事件の概要 市消防局によると、60代の男性作業員2人が全身に硫酸を浴び、症状は重いという。 別の60代の男性作業員は足に浴び、比較的症状は軽いという。 3人とも搬送時に意識はあった。 市消防局と同社によると、配管の修理中に管内に残っていた硫酸を浴びたという。 引用: 3人の作業員の方々が、硫酸を浴びてしまったのですね。 2人が重症、1人が軽傷ということです。 なぜ、硫酸を浴びるようなことになったのでしょうか。 3人は硫酸の入ったタンクとポンプ設備をつなぐ配管の接続部を修理中、配管内に残っていた硫酸が体にかかったとみられるとのことです。 引用: こんな感じのタンクだったのでしょうか。 しっかりと管のなかを空にしてから作業に入らなかったということですね。 危ないですね。 花王によりますと、この工場では衣服や住宅用の洗剤などを製造しているとのこと。 硫酸は洗剤に使われる界面活性剤の原料の1つとしてそこにあるものなのだそうです。 危険物を扱う時は、より慎重にしたいものです。 スポンサーリンク 硫酸がかかるとどうなるの? 硫酸は、水分が揮発すると濃硫酸的になり、皮膚を脱水し、その細胞を殺し、薬傷を起こさせる危険があるとのことです。 化学火傷になってしまうのですね。 国内外の花王の全工場中、最大規模の工場で、総生産量の4割強を占める。 主な取り扱い製品は家庭用洗剤、石鹸などで、業務用商品も扱う。 また敷地内に研究所が設けられている。 その他、全国にある花王の各工場で原料として使用される化学製品(原料段階の液体品)を製造して供給しており、花王の主力工場として重要な役割を果たしている。 また、鉄道貨物輸送に力を入れている。 地球環境とエコ技術の情報発信ミュージアムである花王エコラボミュージアムも併設されている。 引用: 花王の主力工場なのですね。 総生産量の4割強を占めているとのこと。 現場はどこ? 現場はJR和歌山駅から南西約4キロで、工場などが集まっている、海岸に面したところです。 地図上からもかなり広い敷地だということがわかりますね。 スポンサーリンク ネット上の反応 修理や清掃点検の方の努力あってこその製造業、日本の企業なんですね。 「こういう地味で危険なところは結局人間の目と手に頼っているんだなあ」とこういう事故があるたびに思います。 事故に遭われた方の一日も早い回復を。 そして同じ作業をされている多くの作業員の方の安全確保のための早期点検を。 モノが安くなるために安全のための予算が削られることがありませんように。 引用:ヤフーニュース 硫酸という響きだけでも怖いのに。 早く回復されますように。 こういう化学工場が浸水した場合って薬品は漏れ出さないようになってるのかな。 最近洪水が多いので気になりました。 引用:ヤフーニュース 作業プロセスに問題があったのか、作業員のミスなのか、ミスが起こる背景はなかったのか、通常は起こり得ないことだと思うのでしっかり原因究明を。 引用:ヤフーニュース 化学やけどは後々残るから怖いです。 事故の究明と同様の事故を防ぐためにもどうして起こったのか公表してほしいですね 引用:ヤフーニュース まとめ 作業員の方々の回復をお祈りいたします。 また、通常は起こらない事が起こった事故なのですから、しっかりと原因究明をしてほしいと 思います。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

自殺目的で「硫酸」を飲むと悲惨な結末に! 「アシッド(酸)アタック」は今でも世界中で頻発|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

硫酸 事故

〔グロ〕塩酸タンクに転落、2人死亡 24日午前9時35分ごろ、千葉県船橋市西浦の日鉄住金鋼板船橋製造所で「塩酸タンクに2人が転落した」と119番があった。 駆け付けた消防隊員が男性2人を救出したが、正午すぎに現場で死亡が確認された。 県警船橋署が事故原因を調べている。 同署などによると、2人は下請けの配管工事会社の40代作業員とみられる。 ほかの作業員1人と午前8時すぎから、円筒形の強化プラスチック製タンク(直径3メートル、高さ5メートル)に付いた配管の修理に当たっていた。 2人が上がっていたタンク上部には最大幅約2メートルの穴が開いており、2人は配管の腐食状況を確認する作業中に、誤ってプラスチックを突き破った可能性があるという。 塩酸は鉄製品のさびを落とすために保管されていた。 これについてどう思われますか 26日も日鉄住金は朝から黒塗りのハイヤーなどが出たりはいったりで物々しい雰囲気でした。 結局、朝9時半位に塩酸タンクに滑落し中の塩酸を底から排出し終わるまで、約2時間塩酸に浸ったままでご遺体は全身が大変な化学品やけどをおった状態で救出され判別不能であったとの事でした…。 一般的に足場もない梯子だけのタンクの上の配管作業させるなんてまず有り得ない事で、もし作業させるのであれば滑落を想定しタンクより液体を抜いておくことが常識であり、塩酸のような毒劇物の製品だったら尚更の事です。 あのタンクはFRP製で出来ており、ある程度新しいタンクであれば強度がありますが、日鉄住金のように屋根なしでの設置では屋内に比べ経年劣化が激しく、年数にもよりますが画像から判断しますと強度に関してはかなり劣化していたものと判断いたします。 日鉄住金の業務部長?のコメントでは元請け責任にしようとしているみたいだけどそうはいかないと思います。 これから今回の2名も亡くなった事故に対しての企業責任や社会的責任が追求されてくるはずです。

次の

硫酸

硫酸 事故

再蒸留塔は跡形もなく吹き飛び、周囲半径1. 5kmの住宅等に爆風の被害があった。 工場内はほぼ壊滅に近い被害を受け、さらに、工場外の被害も甚大なものであった。 周辺の国道が火災から生じた煙や有害性ガスのために一時ストップした。 生じた爆風により工場及び周辺建物、住民を巻き込む大事故となって、死者4名、負傷者58名の被害が発生している。 その操作を行う設備一式をいう。 部分蒸発を行う再蒸留塔が主体である。 原因 1.高濃度ヒドロキシルアミン水溶液は、それ自身、あるいは鉄イオンと反応して分解爆発を起こす。 供給原料中に約50PPB入っている鉄イオンを製品中に1PPB以下にするため、塔底から循環液の一部を抜出している。 3.緊急時に塔内液を抜出しするため、塔底液循環配管下側に緊急用抜出し配管が設けられており、少し離れた場所に仕切り弁が設けられていた。 塔底循環配管から仕切り弁までが動きのない部分(行き止まり配管 になっていた。 塔底部で循環している液からわずかずつ鐵イオンが行き止まり配管部に蓄積し、それが原因でヒドロキシルアミンの分解反応が起こり、蒸留塔下部から順次爆ごうが伝播していったとの説が有 力である。 対策 工場は閉鎖された。 もし再建あるいは新設するならば、知識化欄に示すような高濃度のヒドロキシルアミンの危険性に十分留意した設備や取扱い方にしなければならない。 知識化 1.高濃度のヒドロキシルアミンは極めて危険なので、薄めて使用(運搬)する。 2.製造においても危険な施設は作らない。 作る場合は、火薬なみの規制(防護壁、保安距離、空地等)を行い、安全な場所で行うべきである。 具体的には、 1)事故例を参考にしていない。 20年間に11件の事故報告があった。 2)行き止まり配管の怖さについて十分認識されていなかった。 3)爆発危険性、爆発威力について十分な検討がなされていない。 以上のことから、ヒドロキシルアミンの危険性を軽く見た経営判断のミスであろう。 //// ここまでは、から省略・加筆して転載した。 ヒドロキシルアミンは、ナイロンの原料として使われている。 しかし、鉄イオンの少ない本品は、半導体産業で使われており、IT産業の発展、フロン代替で、急激に需要が増加した。 日進化工株式会社・尾島工場でも、事故で工場が吹き飛ぶまでフル稼働の状態だったらしい。 ヒドロキシルアミンは、加熱すると容易に爆発する。 また、呼吸器、皮膚、目、そして他の粘膜を刺激する。 皮膚から吸収される可能性があり、飲み込んだ場合も有害である。 と、いうよりも、大量に吸入した場合は、血液の酸素吸収力低下により、死に至ることもある。 また、消防法では第5類の危険物に分類されている。 第5類危険物とは、「自己反応性物質」であり、分子中に酸素を含有し、自己燃焼しやすい固体または液体の物質である。 自分自身が酸素を持つため、窒息消火は不可能、ほとんどの場合爆発的に燃焼する。 上記事故でも、おそらく一瞬のことだったと思う。 第5類の危険物は、本当に取り扱いずらいし、正直怖い。 危険な物質ではあるが、様々な産業で有効に使用されている。 上記事故の後、から「ヒドロキシルアミンに係る爆発災害等の防止について」というお達しが出ている。 ただし、事故の丁度1年後。 takumi296.

次の