ボート。 ボート釣り 人気ブログランキングとブログ検索

トップ

ボート

ボートの語義 [ ] では日常会話で一般的に、全長数程度小型の船を「ボート」と表現することが多いが、ではニュアンスが多少異なっている。 用語のボートは、他ので運搬できるくらいの小さな船舶を指す。 アメリカ海兵隊においては空母などの大型艦も日常的にボートと呼ばれている。 現代のも、その潜水能力と大きさにもかかわらず、ボートと呼ばれる。 これは初期の潜水艦が船で運搬され、単独での沖合航海能力を持たなかったからである。 では、手こぎ舟も含めて水上を航行するものは船 ship だが、潜水艦はボートである。 大型船舶に搭載されるボートとしては、他に、などがある。 多くのボートと異なり、これらは沖合でも運用される。 、、、そしてに見られるように、小型とは言いがたいボートもある。 用途 [ ] ボートは軍事や調査研究・商用目的で使われる。 私的で非商用の船舶は、大きさにかかわらずほとんどがボートである。 ソーラーボート [ ] を電気に変換してを駆動して航行する。 主に海洋工学系の大学で研究されており、競技会も開催される。 事実上、エネルギーは無尽蔵なので、などの無人観測艇の動力としても使用が期待される。 画像 [ ]•

次の

中古艇・中古ボートの検索ならボートワールド

ボート

水上でボートに乗って、ある一定の距離をオールを使って漕ぎ順位を競う。 ルールは単純であるが、競技の特性上自然条件・天候などに大きく左右されやすく奥が深い。 競技大会はともいう。 レガッタは、など水上スポーツ大会を指す言葉としてももちいられ、語源はの競漕に由来する。 種目 [ ] ボートにはさまざまな種類がある。 大きく分けて、大きいオールを一人一本持って漕ぐ 種目と、小さいオールを一人二本持って漕ぐ 種目の2つがある。 一般に、同じ漕手数の艇の場合、スウィープよりスカルのほうが高速。 また、体重によって軽量級とオープン種目に分かれる。 ボート競技の中では最大の人数で、最も高速。 高校生の競技では舵手付クォドルプルがもっとも人数が多い。 距離 [ ] 国際大会では2000にて競われる。 日本国内では1000メートルでのレースも多いが、これは直線距離2000メートルを河川湖で確保することが困難であることが事情として挙げられる。 また、国内で最も有名な早慶レガッタは3000メートルで行われているが、コースは自然の河川を利用して行われており、ヘッド・レースと呼ばれている。 クルー(ポジション) [ ] クルーとはいわゆるのことである。 またチームの中で使う場合は一人一人を指す。 ここでは、後者の使い方をする。 バウ(Bow、舳手、記号B) 船首に最も近い漕手。 漕手全員の方を向いているので、声をかけて盛り上げたり、アドバイスをしたりと、クルーをリードする。 艇の上下動が最も激しく、また漕ぎのタイミングを合わせるのも難しいため、技術に長けた者が置かれる。 ミドルクルー(Middle Crew、記号2—7) ストロークとバウにはさまれた漕手。 船首に近い方が数字が小さい。 ルームとも呼ばれ、最も筋力や持久力のある選手が置かれる。 ストローク(Stroke、整調、記号S) 船尾に最も近い漕手。 漕手全員がストロークのオールの動きを見るので、クルー全体の漕ぎのピッチをコントロールする重要な役割。 経験豊富な者が置かれる。 コックス(Cox、舵手、記号C) 最後尾で前向きに乗り、(外国艇などでは一番前に乗ることもある)最短距離で航走できるよう舵を取る選手。 ただし舵を切ると抵抗になるため、各クルーが左右バランスよく漕げるよう指示することも重要。 その他、(レート、ペース配分)を考えてクルーに指示したり(舵手の指示は絶対である)、を計ったり、スパートを入れたりしてクルーを引き締め盛り上げる、艇のリーダー的な役割。 少しでも重量を減らすため、小柄な者が置かれることが多い。 複数の選手をまとめて呼ぶこともある。 バウペア・ストロークペア それぞれ船首・船尾に近い漕手2人 バウフォア・ストロークフォア それぞれ船首・船尾に近い漕手4人 アウトペア[エッジペア、エンドペア] 船首・船尾に最も近い漕手2人(整調・バウ) 用具 [ ] ボート競技には以下のような用具が不可欠である。 艇 [ ] 競技用の艇はにある手漕ぎボート等に比べてかなり細く、長い。 このような艇は シェル艇と呼ばれる。 ただしナックル艇(後述)と区別する必要があるとき以外はわざわざシェル艇と呼ぶことは少ない。 速度が出る反面、ナックル艇に比べて安定性が悪く、特に一番安定性が悪いシングルスカルはバランスを崩すと容易に沈(艇が転覆・浸水すること)に至る。 艇の種類は大まかに• 漕手の数:1、2、4、8• 舵手の位置:舵手なし、トップコックス(船首に舵手が乗る。 エイト、ナックル以外では一般的)、スタンコックス(船尾に舵手が乗る) で分けられる。 漕手の数が2、4人の艇は、を付け替えることによってスウィープ種目とスカル種目の両方に使用できる構造のものが多い。 日本独自に生まれた艇として ナックル艇がある。 これは船底が公園などの手漕ぎボートに近い角張った形をしており、シェル艇に比べて速度が出ない反面、安定性が高い。 一般的には初心者の練習用に使用される。 ナックル艇はシェル艇に比べて格段に重いため、運搬にはクルー以外の補助を必要とする。 なお、種目ごとに最低重量の基準が設けられている。 オール [ ] 競技用のオールはスカル用は3メートル弱、スウィープ用は3メートル70センチ強の長さで、50センチメートル程度のをもつ。 ブレード形状は左右非対称のビッグブレード型が一般的。 スカル競技のオールはスウィープ競技のものに比べて短く、ブレードも小さい。 用具メーカー [ ] 現在、日本国内唯一の製造メーカーは桑野造船株式会社()。 ボート関連用具の販売店(輸入販売含む)は次の通り。 エイティズ• 桑野造船株式会社• ザーグ・プロジェクト• シーピーシー研究所• スターラインジャパン• ストローカージャパン• デルタジャパン• トーリン• 西村ローイングシェル工房• 日本サイクス• フラットウォーター• ボートハウスジャパン• ボートハウスミネルバ• ロングレンジ• J2 ローイングセンター• ローイング・ビート オリンピックと世界選手権 [ ] 、参照。 それぞれ開催されている種目の数が違う(が14種目、が23種目)。 ボート界ではに重きがおかれていることが多い。 ボートの団体 [ ]• FISA• JARA• 国内 [ ] 欧米諸国に比べると知名度が低く競技人口も少ない日本のボート競技であるが、テレビ番組などでメディア露出の機会は増えてきており、徐々に認知度は上がってきている。 8月にはのでアジア初のが開催された。 大学のボート [ ] 豊富な練習時間と多くの部員に恵まれる大学のボート界は日本のボートを牽引する存在である。 多くの大学の部員は合宿所を併設した艇庫で生活し、始業時間前の早朝と授業後の夕方に練習する。 毎年で開催されている全日本級の大会(全日本軽量級選手権・全日本大学選手権・全日本選手権・全日本新人選手権)には、全国各地から多くの大学が参加する。 8月の全日本大学選手権には約80校の大学がエントリーしている。 大学間の対校戦の歴史は古く、代表的なものではとの対校試合である 早慶レガッタ があり、の春の風物詩としても有名である。 毎年4月下旬(かつては5月の大型連休明けの日曜日に開催されていた)に開催されるとの対校試合の 東商レガッタは2018年に第70回を迎えた伝統的なであり、2009年から2018年現在に至るまで一橋大学が10連勝中である。 日本大学、明治大学、立教大学の 日立明三大学レガッタも有名である。 から(現-元)に因んで グリーンレガッタと呼ばれる・・・の4大学対抗戦が戸田漕艇場で毎年実施されている。 との対校戦である 名阪戦も歴史あるレガッタであり、隔年に分かれてとで実施されている。 1974年に第一回目の全日本大学選手権大会 通称インカレ が開催された。 1980年代半ばまでは大規模で資金力のある大学が優勢であった。 中でもは男子エイト種目でインカレ連覇・全日本選手権4連覇といった輝かしい成績を残した。 その東大の全日本選手権の連勝記録を1987年に止めたのがであり、2000年代初期に至るまで黄金期を築いた。 中央大学の男子エイトは、の全日本大学選手権及び全日本選手権の初優勝以来、全日本選手権の優勝が5回、そして全日本大学選手権での優勝は4連覇、3連覇を含む13回を数えた。 この時期に中央大学を含む私立大学は、高校ボート経験者をで獲得して強化を進め、国公立大学との間に実力の差を拡大させていった。 2000年代に入るとが中央大学を抑えて台頭した。 日本大学は高校ボートの最上位層をスポーツ推薦で獲得し、優秀な指導者の下で選手の強化を進め、現在では大学ボート界の中で最強チームとなった。 は豊富な資金、積極的な広報活動、入試制度の多様化・スポーツ科学部(体育系学部)の新設を行い、2015年には男子エイトで優勝するなど大学ボート屈指の強豪校となっている。 は附属高校大学と一貫した指導体制を敷き、2003年に男子エイトで優勝している。 2002年に創部したは高校ボート経験者を毎年数多く獲得し、浅い歴史ながらも強豪校に急成長した。 練習メニューを各自で考えるなど自主性を重んじる伝統校のもスポーツ推薦の強化で屈指の強豪校となった。 少数精鋭の私立大学の活躍が目立つ中で、最近では大所帯で資金力のある一部のが私立大学を凌ぐ躍進を見せている。 代表例はであり、2009年以降インカレの男子エイト種目で決勝の常連校であり、2018年現在に至るまで準優勝3回、男子舵手なしペアでは3度の優勝といった好成績を収めている。 高校のボート [ ] 中学校に設置されているボート部が少ないので、競技を始める段階での選手間の実力差は少ないといえる。 そのため優秀な指導者の存在が実力を大きく左右する。 主要な大会は(インターハイ)や(全国選抜、3月にで開催)、 国体 の3つである。 距離はインターハイと国体が1000メートル、が2000メートル(地方大会には1000メートルや2000メートルのものがある)である。 2000メートルレースが国際基準のボート競技で1000メートルレースが実施される背景には、静水直線2000メートルをとれるボートコースがほとんどない日本の国土事情がある。 2001年からは、競技からスウィープ種目が消え、舵手つきクォドルプル、ダブルスカル、シングルスカルの3つのスカル種目となった。 主なボートコース [ ] 川、湖、ダム等の中に作られたものがある一方、人工のものもある。 (、)• (、)• (宮城県)• (福島県、)• (、)• (、)• (静岡県、)• 岐阜県漕艇センター川辺漕艇場(岐阜県、)• (、)• (、)• (、)• (、)• (、) 扱った作品 [ ]• 『オリンポスの果実』• ドラマ『』• 小説、映画、ドラマ 『』• 『たった一人のオリンピック』(『スローカーブを、もう一球』収録作品)• 映画『いちご白書』• 映画『トゥルーブルー』• 映画『』(1984年アメリカ。 日本語題『ウハウハザブーン』でも知られる)• 映画「ソーシャル・ネットワーク」• 濱野京子 レガッタ! 水をつかむ 講談社 2012. 6(YA! ENTERTAINMENT)• 濱野京子 レガッタ! 2 風をおこす 講談社 2013. 3(YA! ENTERTAINMENT)• 濱野京子 レガッタ! 3 光をのぞむ 講談社 2013. 8(YA! ENTERTAINMENT)• ヨンチャン『ベストエイト』 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

トップ

ボート

水上でボートに乗って、ある一定の距離をオールを使って漕ぎ順位を競う。 ルールは単純であるが、競技の特性上自然条件・天候などに大きく左右されやすく奥が深い。 競技大会はともいう。 レガッタは、など水上スポーツ大会を指す言葉としてももちいられ、語源はの競漕に由来する。 種目 [ ] ボートにはさまざまな種類がある。 大きく分けて、大きいオールを一人一本持って漕ぐ 種目と、小さいオールを一人二本持って漕ぐ 種目の2つがある。 一般に、同じ漕手数の艇の場合、スウィープよりスカルのほうが高速。 また、体重によって軽量級とオープン種目に分かれる。 ボート競技の中では最大の人数で、最も高速。 高校生の競技では舵手付クォドルプルがもっとも人数が多い。 距離 [ ] 国際大会では2000にて競われる。 日本国内では1000メートルでのレースも多いが、これは直線距離2000メートルを河川湖で確保することが困難であることが事情として挙げられる。 また、国内で最も有名な早慶レガッタは3000メートルで行われているが、コースは自然の河川を利用して行われており、ヘッド・レースと呼ばれている。 クルー(ポジション) [ ] クルーとはいわゆるのことである。 またチームの中で使う場合は一人一人を指す。 ここでは、後者の使い方をする。 バウ(Bow、舳手、記号B) 船首に最も近い漕手。 漕手全員の方を向いているので、声をかけて盛り上げたり、アドバイスをしたりと、クルーをリードする。 艇の上下動が最も激しく、また漕ぎのタイミングを合わせるのも難しいため、技術に長けた者が置かれる。 ミドルクルー(Middle Crew、記号2—7) ストロークとバウにはさまれた漕手。 船首に近い方が数字が小さい。 ルームとも呼ばれ、最も筋力や持久力のある選手が置かれる。 ストローク(Stroke、整調、記号S) 船尾に最も近い漕手。 漕手全員がストロークのオールの動きを見るので、クルー全体の漕ぎのピッチをコントロールする重要な役割。 経験豊富な者が置かれる。 コックス(Cox、舵手、記号C) 最後尾で前向きに乗り、(外国艇などでは一番前に乗ることもある)最短距離で航走できるよう舵を取る選手。 ただし舵を切ると抵抗になるため、各クルーが左右バランスよく漕げるよう指示することも重要。 その他、(レート、ペース配分)を考えてクルーに指示したり(舵手の指示は絶対である)、を計ったり、スパートを入れたりしてクルーを引き締め盛り上げる、艇のリーダー的な役割。 少しでも重量を減らすため、小柄な者が置かれることが多い。 複数の選手をまとめて呼ぶこともある。 バウペア・ストロークペア それぞれ船首・船尾に近い漕手2人 バウフォア・ストロークフォア それぞれ船首・船尾に近い漕手4人 アウトペア[エッジペア、エンドペア] 船首・船尾に最も近い漕手2人(整調・バウ) 用具 [ ] ボート競技には以下のような用具が不可欠である。 艇 [ ] 競技用の艇はにある手漕ぎボート等に比べてかなり細く、長い。 このような艇は シェル艇と呼ばれる。 ただしナックル艇(後述)と区別する必要があるとき以外はわざわざシェル艇と呼ぶことは少ない。 速度が出る反面、ナックル艇に比べて安定性が悪く、特に一番安定性が悪いシングルスカルはバランスを崩すと容易に沈(艇が転覆・浸水すること)に至る。 艇の種類は大まかに• 漕手の数:1、2、4、8• 舵手の位置:舵手なし、トップコックス(船首に舵手が乗る。 エイト、ナックル以外では一般的)、スタンコックス(船尾に舵手が乗る) で分けられる。 漕手の数が2、4人の艇は、を付け替えることによってスウィープ種目とスカル種目の両方に使用できる構造のものが多い。 日本独自に生まれた艇として ナックル艇がある。 これは船底が公園などの手漕ぎボートに近い角張った形をしており、シェル艇に比べて速度が出ない反面、安定性が高い。 一般的には初心者の練習用に使用される。 ナックル艇はシェル艇に比べて格段に重いため、運搬にはクルー以外の補助を必要とする。 なお、種目ごとに最低重量の基準が設けられている。 オール [ ] 競技用のオールはスカル用は3メートル弱、スウィープ用は3メートル70センチ強の長さで、50センチメートル程度のをもつ。 ブレード形状は左右非対称のビッグブレード型が一般的。 スカル競技のオールはスウィープ競技のものに比べて短く、ブレードも小さい。 用具メーカー [ ] 現在、日本国内唯一の製造メーカーは桑野造船株式会社()。 ボート関連用具の販売店(輸入販売含む)は次の通り。 エイティズ• 桑野造船株式会社• ザーグ・プロジェクト• シーピーシー研究所• スターラインジャパン• ストローカージャパン• デルタジャパン• トーリン• 西村ローイングシェル工房• 日本サイクス• フラットウォーター• ボートハウスジャパン• ボートハウスミネルバ• ロングレンジ• J2 ローイングセンター• ローイング・ビート オリンピックと世界選手権 [ ] 、参照。 それぞれ開催されている種目の数が違う(が14種目、が23種目)。 ボート界ではに重きがおかれていることが多い。 ボートの団体 [ ]• FISA• JARA• 国内 [ ] 欧米諸国に比べると知名度が低く競技人口も少ない日本のボート競技であるが、テレビ番組などでメディア露出の機会は増えてきており、徐々に認知度は上がってきている。 8月にはのでアジア初のが開催された。 大学のボート [ ] 豊富な練習時間と多くの部員に恵まれる大学のボート界は日本のボートを牽引する存在である。 多くの大学の部員は合宿所を併設した艇庫で生活し、始業時間前の早朝と授業後の夕方に練習する。 毎年で開催されている全日本級の大会(全日本軽量級選手権・全日本大学選手権・全日本選手権・全日本新人選手権)には、全国各地から多くの大学が参加する。 8月の全日本大学選手権には約80校の大学がエントリーしている。 大学間の対校戦の歴史は古く、代表的なものではとの対校試合である 早慶レガッタ があり、の春の風物詩としても有名である。 毎年4月下旬(かつては5月の大型連休明けの日曜日に開催されていた)に開催されるとの対校試合の 東商レガッタは2018年に第70回を迎えた伝統的なであり、2009年から2018年現在に至るまで一橋大学が10連勝中である。 日本大学、明治大学、立教大学の 日立明三大学レガッタも有名である。 から(現-元)に因んで グリーンレガッタと呼ばれる・・・の4大学対抗戦が戸田漕艇場で毎年実施されている。 との対校戦である 名阪戦も歴史あるレガッタであり、隔年に分かれてとで実施されている。 1974年に第一回目の全日本大学選手権大会 通称インカレ が開催された。 1980年代半ばまでは大規模で資金力のある大学が優勢であった。 中でもは男子エイト種目でインカレ連覇・全日本選手権4連覇といった輝かしい成績を残した。 その東大の全日本選手権の連勝記録を1987年に止めたのがであり、2000年代初期に至るまで黄金期を築いた。 中央大学の男子エイトは、の全日本大学選手権及び全日本選手権の初優勝以来、全日本選手権の優勝が5回、そして全日本大学選手権での優勝は4連覇、3連覇を含む13回を数えた。 この時期に中央大学を含む私立大学は、高校ボート経験者をで獲得して強化を進め、国公立大学との間に実力の差を拡大させていった。 2000年代に入るとが中央大学を抑えて台頭した。 日本大学は高校ボートの最上位層をスポーツ推薦で獲得し、優秀な指導者の下で選手の強化を進め、現在では大学ボート界の中で最強チームとなった。 は豊富な資金、積極的な広報活動、入試制度の多様化・スポーツ科学部(体育系学部)の新設を行い、2015年には男子エイトで優勝するなど大学ボート屈指の強豪校となっている。 は附属高校大学と一貫した指導体制を敷き、2003年に男子エイトで優勝している。 2002年に創部したは高校ボート経験者を毎年数多く獲得し、浅い歴史ながらも強豪校に急成長した。 練習メニューを各自で考えるなど自主性を重んじる伝統校のもスポーツ推薦の強化で屈指の強豪校となった。 少数精鋭の私立大学の活躍が目立つ中で、最近では大所帯で資金力のある一部のが私立大学を凌ぐ躍進を見せている。 代表例はであり、2009年以降インカレの男子エイト種目で決勝の常連校であり、2018年現在に至るまで準優勝3回、男子舵手なしペアでは3度の優勝といった好成績を収めている。 高校のボート [ ] 中学校に設置されているボート部が少ないので、競技を始める段階での選手間の実力差は少ないといえる。 そのため優秀な指導者の存在が実力を大きく左右する。 主要な大会は(インターハイ)や(全国選抜、3月にで開催)、 国体 の3つである。 距離はインターハイと国体が1000メートル、が2000メートル(地方大会には1000メートルや2000メートルのものがある)である。 2000メートルレースが国際基準のボート競技で1000メートルレースが実施される背景には、静水直線2000メートルをとれるボートコースがほとんどない日本の国土事情がある。 2001年からは、競技からスウィープ種目が消え、舵手つきクォドルプル、ダブルスカル、シングルスカルの3つのスカル種目となった。 主なボートコース [ ] 川、湖、ダム等の中に作られたものがある一方、人工のものもある。 (、)• (、)• (宮城県)• (福島県、)• (、)• (、)• (静岡県、)• 岐阜県漕艇センター川辺漕艇場(岐阜県、)• (、)• (、)• (、)• (、)• (、) 扱った作品 [ ]• 『オリンポスの果実』• ドラマ『』• 小説、映画、ドラマ 『』• 『たった一人のオリンピック』(『スローカーブを、もう一球』収録作品)• 映画『いちご白書』• 映画『トゥルーブルー』• 映画『』(1984年アメリカ。 日本語題『ウハウハザブーン』でも知られる)• 映画「ソーシャル・ネットワーク」• 濱野京子 レガッタ! 水をつかむ 講談社 2012. 6(YA! ENTERTAINMENT)• 濱野京子 レガッタ! 2 風をおこす 講談社 2013. 3(YA! ENTERTAINMENT)• 濱野京子 レガッタ! 3 光をのぞむ 講談社 2013. 8(YA! ENTERTAINMENT)• ヨンチャン『ベストエイト』 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の