白血球多い。 白血球が多い・少ないでわかる病気は?WBCの働き(役割)について!

【尿検査】尿沈渣で白血球が多い理由とは?基準値や高くなる理由!

白血球多い

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!今回は『白血球とは?白血球の異常減少・増加で疑うべき病気と治療法』をご紹介させて頂きます。 私たち人間の血液中には複数の細胞成分が存在していますが、そのうちのひとつに白血球があります。 白血球は病気に関するテーマなどでもよく取り上げられますが、具体的にどのような役割を持っているのかわからないという方も少なくありません。 白血球に関する異常は非常に厄介な病気の可能性もありますので、事前に基礎的な知識を身に付けておくのもおすすめです。 今回は、白血球の基本情報や白血球の異常によって考えられる病気と、その治療法などを解説します。 白血球とは? 白血球とは体内に侵入してきた異物(感染性微生物、細菌、外来物質など)を処理する役割などを担っており、人体の免疫機能を正常に保つ上で欠かせない血球の一種です。 白血球は、他の血球(赤血球や血小板)と同じように主に骨髄で作られます。 ちなみに白血球と呼ばれる血球は、全部で以下の5種類となります。 ・好中球 ・リンパ球 ・単球 ・好酸球 ・好塩基球 白血球は幹細胞と呼ばれる前駆細胞から発生し、成熟を迎えるにあたって上記いずれかの白血球に成長します。 血液中に存在する白血球の数は、血液1マイクロリットルあたりの細胞数で表し、正常な範囲(基準値)は、1マイクロリットルあたり4,000個~1万1000個となります。 白血球数の異常で考えられる病気 白血球が基準より多い、または少ない場合は複数の病気を疑う必要性があります。 ここでは白血球数の異常によって考えられる主な病気をまとめましたので解説します。 白血球減少症は外部から体内に侵入してきた異物を除去する役割を担う白血球の数が異常に少ないため、免疫機能の低下を招き、感染症にかかる確率が高くなります。 また白血球減少症は、減少した白血球の種類によって好中球減少症、顆粒救減少症、無顆粒球減少症に分類することができます。 白血球減少症は身近な体の不調でいうと発熱、倦怠感などの症状を引き起こし、重度なものになると重症感染症や再生不良性貧血などの疑いもあります。 白血球増加症も白血球減少症と同様に、増加した白血球の種類によって好中球増加症、好酸球増加症、リンパ球増加症の3つに分けることができます。 白血球増加症を引き起こす原因は感染症を防いだり、副腎皮質ステロイド剤などの薬を投与したりすることで起きる正常な生体反応ということもあります。 ただし、白血球の異常増加は細菌感染症や病期が進んだ悪性腫瘍などによっても引き起こしますので、このようなケースでは十分な注意が必要です。 白血病は「骨髄のがん」とも呼ばれている病気であり、発症するとまだ未熟な白血球や異常な白血球までもを骨髄から放出してしまうため、白血球の異常増加を招くことになります。 医学や医療界の最新情報などを提供する日本医事新報社が公開する資料によると、1マイクロリットルあたり3万個~5万個の顕著な白血球増加が見られた場合は、白血病を疑い、速やかに医療機関での検査を受けることを推奨しています。 なお、白血病の主な症状には初期段階のころには発熱や体のだるさなどがあり、病状が進行してくるとがん細胞が周囲の組織に入り込むため、リンパ節の腫れ、頭痛、 といった症状を感じることもあります。 具体的にはこまめな手洗いやうがいを行い、口の中を常に清潔にしておくなどが挙げられます。 また白血球減少とともに感染症を合併している場合は、抗菌薬などを用いた治療を行います。 ちなみに白血球の減少は抗甲状腺薬、解熱鎮痛薬、抗菌薬、高痙攣薬などの薬剤投与によっても引き起こします。 この場合は、白血球減少の原因になっている薬剤の服用を中止するといった治療法を選択します。 仮に薬剤が原因で白血球の異常減少を引き起こしている場合は、服用中止後1週間~2週間で回復の傾向が見受けられるようになります。 仮に白血球増加の原因が特定できない場合は、一度血液検査を行うことができる医療機関で診察を受けることを推奨します。 抗がん剤投与(約7日~10日)後に白血球が回復したら、「地固め療法」と呼ばれる治療でさらに強力な抗がん剤を使って、少なくなった白血病細胞をさらに減少(死滅)させていきます。 地固め療法が終わったあとは状態を見ながら経過を見る場合と、造血幹細胞移植(骨髄移植など)を行うケースがあります。 また慢性骨髄性白血病も基本的な治療法は白血病細胞の増殖を防ぐ薬、抗がん剤投与、造血幹細胞移植ですが、慢性の場合は体の中にあるウイルスを攻撃したり、免疫機能を活性化したりする効果が期待できるインターフェロン-a療法を行うこともあります。 まとめ 白血球は私たち人間の健康を維持するのに必要な免疫系の正常な働きを維持します。 しかし、白血球は感染症、アレルギー、白血病などさまざまな病気が原因で異常な減少、増加を引き起こします。 よって、健康診断などで白血球数の異常を指摘された方は、早めに医療機関で詳しい検査などを受けるようにしましょう。 白血球に関する疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

次の

白血球数(WBC)の正常値は?基準値より多い・少ない時の原因と症状

白血球多い

健診で白血球が多いと指摘された! 健康診断を受けて白血球が多いと言われ、さらに精密検査を受けるよう指導されて来院さる方を例年みかけます。 着目すべきポイントは3つあります。 Aさんも、白血球数12,300と多く、精密検査希望で来院されました。 他には異常は指摘されていませんでした。 白血球以外の血球系(赤血球と血小板)に異常がないことが、1つ目のポイントです。 結果説明の時に、各白血球の数値に異常がないかを聞いておくのが2つ目のポイントです。 毎年、健診を受ける意味は、その年毎に癌がないか、生活習慣病に陥っていないかを診ていくことが重視されがちです。 実はもうひとつの重要なポイントが、健診結果・数値の経年変化です。 Aさんの過去の健診結果を見てみましょう。 白血球数の増加は以前から指定されていたのです。 白血球はストレスなどの生理的な要因でも増加することが知られています。 ただし、毎年、多いとなると一過性の精神的負荷や運動では説明しにくくなります。 継続的に体外から負荷をかけているもの、それは、タバコでした。 すなわちAさんの場合、禁煙をしないかぎり、再検査をしても同じ結果ですし、精密検査の必要性はありません。 なお、好中球が増える細菌感染やリンパ球が増えるウイルス感染の場合、発熱や発疹、下痢などの体調不良を伴うため、症状があるときには健診を受けないことを前提に除外しています。 平成30年9月25日.

次の

血液内科専門医が解説!白血球数の異常について。白血球増加、白血球減少の原因と考え方について解説しました。

白血球多い

普通は白血球減少を起こさない薬剤でアレルギー性に発症する場合は検査を受けていることは少なく、突然の発熱や寒気、のどの痛みなどの感染症症状が現れて、検査をした結果、無顆粒球症に気づく場合がほとんどです。 健康診断の日には自覚症状がなくても、感染症があって自然に治らなければ、そのうちに何らかの自覚症状が出てくる場合が多いので、検査結果表が手元に届く前に、診療所や病院を受診していることが多いと思われます。 白血球数は異常に増加します。 逆に白血球数が少ない場合は、貧血や薬剤の副作用、悪い場合には敗血症などの症状が疑われます。 スポンサーリンク 白血球値は高い場合に疑われる病気として尿毒症があり、尿毒症は死に至る場合もある危険な病気ですが、しっかり治療を受ければ通常の社会生活を送ることができるようになります。 白血球そのものの機能が落ちていますから、感染などを起こしやすくなり、微熱が出たり口の中や歯茎が腫れるなどの症状が最初の症状として起こってきす。 風邪などを発症したときの独特の症状に関しても実は免疫システムのエースである白血球が一役絡んでいます。 貧血によるふらつき・息切れ・動悸、血小板減少による出血傾向なども症状として現れます。 溶血性貧血などの自己免疫性疾患の合併や、他の悪性腫瘍の合併もしばしば認められます。 スポンサーリンク 白血球 多い 症状とは?関連ページ 白血球 多い 精密検査が必要? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 癌の可能性 を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 発熱する場合とは? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 30000は? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 白血病の心配は? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 食事とは? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 再検査とは? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い ストレスは関係ある? を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 病気なの?体質でも多い? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 妊娠中にも増加傾向に? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 微熱と倦怠感とは? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 風邪や気管支炎、肺炎のウィルス侵入している場合は? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い アレルギー性疾患も白血球増加の原因? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 10000異常だと再検査で言われた場合は? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 17000以上!正常値の倍近い値だとどうなる? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 健康診断で白血球が多いとの事で再検査をされた場合は? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 9000程度もかなり上と下に差がある? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い エイズウイルスなどで起きることが多い? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い あざができやすくなるなどの症状が見られる? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い アトピー性皮膚炎などの疾患がある人は好酸球が増加? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 病気 赤ちゃんの白血球数が多いといわれた? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 原因 赤ちゃんの場合は? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 犬の白血球の増加は? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 遺伝はする?子孫への影響はない? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 異常に増加する? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 胃炎があるというだけでも白血球の増加はある? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い いつも白血球が基準値より多い? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 胃腸炎の中には白血球の上昇が原因に? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 胃痛とおう吐でかなり辛い? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い ウイルス感染より白血球の増加が目立つ? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説 白血球 多い 運動の直後も白血球が増加する? 白血球が多い を簡単に分かりやすく解説しています。 子供でもわかるように解説.

次の