東京 学校 再開。 緊急事態解除、首都圏も学校再開へ…分散登校や時差通学

学校や図書館から再開 3段階で休業要請緩和―東京都:時事ドットコム

東京 学校 再開

政府は2020年5月25日、首都圏1都3県と北海道について、緊急事態措置を解除した。 各自治体では、感染状況を踏まえながら、分散登校や時差通学、短縮授業などにより段階的に学校を再開。 児童生徒は、長期にわたる休校を経て、徐々に学校生活を再開していくことになる。 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言は、4月7日の発出から7週間弱が経過。 感染状況、医療提供体制、監視体制の3つの解除基準に照らし、残る5つの特定警戒都道府県について、新型コロナウイルス感染症対策本部が改めて評価。 諮問委員会の了承のもと、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の1都3県、北海道の緊急事態措置を解除した。 各自治体では、学校の教育活動の再開に向け、文部科学省の指針をもとにガイドラインなどを作成し、対応を始めている。 東京都は、感染状況を踏まえながら一斉登校に向け、「週1日2時間」「週2~3日半日」「週3~4日終日」など、段階的に再開。 それに伴い、学校の対面指導と家庭のオンライン学習の配分も変え、学びを確保する。 教壇や相談室などへのアクリル板設置、サーモグラフィーや非接触式体温計での体温測定など、感染防止の追加対策も講じる。 埼玉県は、6月1日から分散登校、時差通学を活用しながら、段階的に学校を再開。 学校再開に向けた準備のための登校を必要に応じて行う。 さいたま市立学校では、教育活動の再開にあたり、児童生徒の健康状態の確認および学校生活の心構えについて指導するため、小学校・中学校・高校・中等教育学校について5月27日~29日のうちの1日、午前中に登校日を設定。 6月1日~12日は、学校を2つのグループに分け、午前と午後に分散して毎日登校する。 千葉県は、臨時休校期間中の対応として、5月25日からの1週間、家庭の学習状況や健康状態の把握のため、各学校で少人数に分けて1回1時間程度、登校による指導を行う。 6月1日から学校を再開し、分散登校を2週間実施し、6月15日以降は時差通学や短縮日課により通常の登校とする。 千葉市立学校では、6月1日~5日に小学校・中学校・高校の各学級を2分割にして週5日、1日3時間の授業を実施。 6月8日以降に通常の授業を開始する。 神奈川県でも6月1日からの教育活動の再開に向けて、5月25日から検討や準備を進めている。 横浜市立学校は、6月1日から分散登校や短時間授業などを行い、段階的に再開していく。 川崎市立学校は、5月25日~29日に登校日や家庭訪問などを通じて児童生徒の状況を把握したうえで、6月1日~12日に分散登校を実施。 6月15日から給食を含め、通常登校に移行する。 北海道では、札幌市とその近郊以外の地域ではすでに分散登校などが始まっている。 札幌市内の学校については5月31日まで臨時休校とし、6月1日からの再開に向けて準備を進めている。 《奥山直美》.

次の

区立小中学校および区立幼稚園は6月1日から段階的に再開します(よくある質問と回答を更新しました(令和2年5月29日更新)):練馬区公式ホームページ

東京 学校 再開

新型コロナウイルスの影響で、長期にわたって休校していた学校がきょう全国で本格的に再開。 品川区第一日野小学校では、密集を避けるため、各クラスを2班に分け、きょうはそのうちの1班だけ、全校児童の半数のみが登校したが、校舎への入り口を3か所設け、登校の際の児童の数を分散。 一方、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている北九州市の小学校でクラスターが確認。 北九州市小倉南区の守恒小学校では、きのう新たに児童4人の感染がわかった。 4人は、先月28日に陽性が判明した女子児童のクラスメートで、学校が再開された25日から4日間接触。 小学校は29日から休校し、消毒完了。 市は、クラスターが発生したとみて調査していて、きょうから予定していた市立小中学校の全面再開を先送りしている。 品川区第一日野小学校、北九州市の映像。 東京アラートが解除され、ステップ3に踏み出した東京。 屋内側の遊園地(東京ジョイポリス)も再開。 きょう都内で確認された新型コロナウイルス感染者は24人。 接待を伴う飲食店など夜の繁華街に関係する人は4人で、2人がホスト、1人はホストクラブ従業員、1人は接客業の男性だった。 政府はきょう、接待を伴う飲食店などの再開に向けガイドラインを公表。 接客時にマスクやフェイスガードを着用、連絡先の記載を求める。 一緒に歌うカラオケやシャンパンコールなどは当面自粛を求める。 あわせて発表されたライブハウスのガイドラインでは客同士の距離を最低1m確保、出演者と客の間は2m、できない場合は透明の仕切りを設けることが盛り込まれている。 会見で西村経済再生担当大臣は「感染防止策をしっかり講じて事業再開、継続していただきたい」と述べた。 政府は19日にライブハウスなどの業種で感染対策を前提に休業要請を解除する。 一般人のコメント。 新宿・歌舞伎町の映像。 新型コロナウイルスの問題を巡って、西村経済再生担当大臣は会見で「リスクがある業種。 感染防止策を講じて事業再開、継続をしてもらいたい」と述べ、夜の街と呼ばれる接待を伴う飲食店などを再開するため、客の連絡先を求めるなどとしたガイドラインを公表。 接待を伴う飲食店では集団感染が発生した際、濃厚接触者を追えるよう利用客に連絡先の記載を求めるほか、接客時にもマスクやフェースガードの着用を求める。 客の横について一緒に歌うカラオケや客と近い距離で行うショー、シャンパンコールなどは当面自粛を求める。 ライブハウスでは客の人数をこれまでの半数以下にし、客同士の距離を最低1m確保することなどが盛り込まれた。 政府は来週19日にこうした業種で感染対策を前提に休業要請を解除する。 内閣府、歌舞伎町一番街の映像。 東京都は11日、新型コロナウイルスに関する独自の警戒情報「東京アラート」を解除し、休業要請などの緩和の段階をきのう午前0時からステップ3に移行。 適切な感染防止策をとればインターネットカフェやパチンコ店などが営業を再開することが可能となり、飲食店の営業時間は酒類の提供を含めて午前0時まで拡大。 ステップ3でも営業自粛が求められているキャバレーやライブハウスでは19日から営業再開が認められ、休業要請は全面解除される。 東京都ではきのう感染者を25人確認。 2日連続で20人を上回っている。 東京都のロードマップ・ステップ1:美術館、図書館、学校、体育館、水泳場、ステップ2:劇場、映画館、学習塾、商業施設、スポーツジム、ステップ3:遊園地、ネットカフェ、ゲームセンター、パチンコ店、カラオケ、全面解除:ライブハウス、接待を伴う飲食店。 小池知事、東京都知事選挙について言及あり。

次の

学校再開の今こそ、学級活動や行事が大切です 越谷の小学校長が語る「意欲的な学習への近道」

東京 学校 再開

新型コロナウイルスの感染拡大で休校が続いていた東京都や大阪府などで1日、学校が本格的に再開された。 休校期間は最大で約3カ月にも及び、友達との久々の再会に児童たちには笑顔がみられた。 一方、北九州市の小学校でクラスター(感染者集団)が発生したこともあり、各校は感染防止に気を配る。 2カ月遅れの新学期は喜びと緊張が交錯する中でのスタートとなった。 「おはようございます!」「久しぶりだね」。 東京都の葛飾区立葛飾小学校(児童数260人)では1日午前8時半ごろ、牧野昭太郎校長ら教職員が出迎える中、マスク姿の3、4年生が次々と登校してきた。 児童たちが学校で再会するのは4月6日の始業式以来約2カ月ぶりとあって、互いに休校中の話などで盛り上がった。 この日は「3密」を避けるため2学年ずつ時間を区切っての分散登校。 当初は校庭でクラスごとに学級指導を行う予定だったが、あいにくの雨で3年生は体育館、4年生は教室を使うことになった。 体育館では児童たちは床に2メートルの間隔で置かれた目印に合わせて座った。 担任教員から一人一人名前を呼ばれ、課題やプリントが入った封筒を受け取る。 「ウイルスがなくなったわけじゃないので明日からはクラスを二つに分けての登校になります」。 教員の説明に児童は真剣な表情で耳を傾けた。 午前9時ごろ、早くも3、4年生の下校時間になった。 「くっつかないでね」。 教員たちに見送られながら学校を後にした。 都内の多くの小中高校などでは3月初めから臨時休校が続いていたが、5月25日の緊急事態宣言の解除を受け、1日から分散登校が始まった。 葛飾小では授業再開は3日以降になる見込みだが、今週は午前の1時間だけで、22日から通常授業の開始を目指すという。 大阪府では全公立学校で授業が再開された。 大阪市都島区の市立中野小学校(児童数420人)ではクラスの半分ずつが午前と午後にそれぞれ2~3コマの授業を受ける分散登校を実施。 教職員は児童が入れ替わると教室のドアや机を消毒し、授業中は飛沫(ひまつ)感染を防ぐために市から配布されたフェースシールドを着用した。 教室は常時換気され、児童は通常よりも間隔を空けて着席した。 4年1組では午前中に登校した19人が1年間の目標を用紙に書き込み、算数などの授業に臨んだ。 女子児童(9)は「一番仲の良い子は後半に登校するので早く会いたい。 音楽で歌うのが好きなので早くできたらうれしい」と待ち望んでいた。 牧野美奈子校長は「手洗いや消毒、マスク着用をしっかり守って、徐々にいつもの学校生活に戻していきたい」と話した。 府立学校は15日から通常授業や部活動を再開する予定で、府教委は府内の市町村教委にも同様の要請をしている。 各校とも授業の遅れを取り戻すため、夏休みや冬休みを大幅に短縮する見込み。 【田中理知、野田樹】.

次の