コロナはいつ終わるのか。 絶望…安倍晋三のコロナ経済対策は「大大失敗」に終わる いつまで無能ぶりを世界に晒すのだ

コロナ禍で終わる「日本人の異常な安売り信仰」 「良いものを安く」では危機への備えは不可能

コロナはいつ終わるのか

スペイン風邪の第2波の致死率は 第1波の10倍となった。 日本は緊急事態宣言が解除され、 いったんは感染が収束したかに見える。 本当にピークは越えたのか。 感染症の専門家、ウイルスの専門家、 そして医師、社会学者、経済学者が ウイルスと世界の今後を解説する。 全国一律 : 330円 税込 商品合計2,000円以上 税込 お買い上げで送料無料となります。 予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。 詳細は各商品ページをご確認下さい。 ・ヤマト運輸• ・佐川急便• ・ゆうぱっくまたは郵便.

次の

コロナ禍はいつ収まるのか、山中教授が出した答え:日経バイオテクONLINE

コロナはいつ終わるのか

この知識はこんな方におすすめ• いつまで続くのだろうか…• なんとか乗り越えたい いつまで続ける必要があるのか? 皆さん自粛中で辛い状況が続いているかと思いますが、そもそも、この自粛というものは、科学的に考えたらいつまで続けなくてはいけないのかということを今回は紹介させてもらいます。 大阪などは、自粛を解除するための基準として具体的な指標も示してくれていたりします。 実際に、状況としてどの辺りまでになれば、国や行政機関が言うような自粛を解除してもいい状態までなるのかということについては、世界的な研究者たちが議論してくれています。 念のために言っておきますが、海外のデータを元に分析したものですから、日本では、いわゆるロックダウンや外出禁止令まで出したりすることができませんので、どこまで当てはまるのかということについては考える必要もあります。 とはいえ、参考になるデータかと思いますので、そこからどこまで我慢する必要があるのかということをある程度理解していただけたらと思います。 2つの指標から感染パターンを予測 この自粛どれだけ続ければいいのかということについては、当然ですが、正確に予測したり答えに導くことは難しいものです。 ですが、南カリフォルニア大学が興味深いデータを出してくれているので参考になると思います。 世界36カ国のウィルスの感染パターンについて調べた分析で、主に2つの指標を調べて、自粛をどれくらい続ければいいのかということを解析してくれています。 まず1つ目として、 ウイルスの日次増殖率です。 これは1日ごとの感染者症例数の増加率です。 もう1つが、 累積症例の倍数までの時間です。 これは累積の感染者症例数が2倍になるまでの時間の長さです。 この2つを指標として調べてくれています。 どうやら、この2つの指標は感染パターンを把握するためにかなり信頼度の高い指標になると言われています。 ですから、1日ごとの新規感染者数の増加率と感染者数が倍になるまでの時間の長さをチェックすると、実際のウイルスの感染状況がある程度見えてくるとされています。 詳しい内容については、今回の参考文献を見ていただきたいところですが、結論として示されているのは、国がいわゆるロックダウンをしたり外出禁止ような強烈な行なった場合でも、少なくとも44日間はかかるとされています。 ですから、イタリアやフランスのように完全に外出禁止のようなことを行った場合でも、少なくとも44日間は続ける必要があるとしています。 つまり、都市をロックダウンさせて外出禁止にしたとしても、その効果が出るまでには44日間もかかるということです。 さらに、このようなロックダウンや都市封鎖のようなことを行い、感染ペースが落ちてきたといった効果が見えてくるまでには3週間が必要だとされています。 ですから、新規の感染者数が和らぐまでには3週間を必要とするということです。 そして、実際に、その感染者数がコントロール可能な段階になってくるまでには、およそ1ヶ月程度はかかるというデータもあります。 さらに、完全な封じ込めを達成するまでには、完全な自粛をしたとしても45日間かかると計算されています。 ですから、外出禁止にして国境を封鎖して、感染した人を完全に隔離するということをしたとしても、約45日程度は封じ込めまでに時間が必要になるということです。 要するに、 ちゃんと自粛ができていれば、3週間目ぐらいで新規感染者数のペースが徐々に落ち始めて、それがコントロール可能な段階に入ってくるまでにはおよそ1ヶ月ぐらいは必要になり、さらにそれを続けて45日ぐらい経ってくると、感染の封じ込めができるようになってくるのではないかというデータです。 日本では外出自粛ではあります。 ロックダウンなどよりは弱いかもしれませんが、みんなで1ヶ月ぐらい我慢してさらにそれが伸びていますが、その自粛がちゃんとうまくいっていれば、そろそろ効果も出てくるのではないかということが言えるのではないかなと思います。 自粛率によるシュミレーション ただし、この辺りについては気になる研究もあり、自粛は全員しているわけではありません。 もちろん、このような状況でも仕事で出なくてはいけない人もいるのは理解できますが、わざわざこんなタイミングでパチンコに行くような人もいるそうです。 先ほど紹介したデータは完全に外出禁止にした場合ですが、一定の人たちが自粛をしなかったりする場合に、自粛率がどれくらいあれば封じ込めの戦略がうまくいくのかということを調べてくれた研究もあります。 つまり、国民全体の何パーセントの人たちが、しっかり外出の自粛すれば効果が出るのかということを調べてくれています。 これももちろん完全な予測ができるデータではありませんし、まだまだ研究段階のものなので、そこも踏まえておく必要はありますが、参考にはなると思いますので紹介しておきます。 シドニー大学の研究で、数学的なシミュレーションを使って、オーストラリアにおける新型コロナの拡大や隔離対策がどのような状況になっていくのかということを調べてくれています。 今日本では、皆さん自粛をして頑張っていると思います。 もちろん、ずっと自宅の中にいないといけないというわけではありませんし、人混みを避けてさえいれば散歩をしたり必要な外出はしてもいいと思いますが、そのような人と触れないということを徹底している人が、国民の8割だったとしても4ヶ月もかかってしまうということです。 では、その割合がもっと下がったらどうなるのでしょうか。 ですから、日本でも自宅待機率を8割にしようということを言っている人がいますが、これもこのシュミレーションから見てみると結構正しいわけです。 これはあくまで数理モデルですから、どこまで実際に当てはまるのかということも考える必要がありますし、オーストラリアのデータですからどれぐらい日本に当てはまるのかということはわかりませんが、このような研究を見てみても、やはり、 出来うる限り家にいるというのが大事だということが理解できます。 後半の研究は数理モデルですから、そこまで悲観的に考えないとしても、大体ちゃんと自粛することができれば1ヶ月半から2ヶ月ぐらいで終息していくのではないかとか、ちゃんと続けることができていれば、長くても2ヶ月強から3ヶ月ぐらいで落ち着いてくるのではないかというデータも結構出ています。 あくまでそれぞれの研究なので、実際のところは分かりませんが、皆さんも何かと辛い状況かとは思いますが気をつけていただき、一緒にこの状況を乗り換えで行くことができたらと思います。 定期的な運動もとても大切です。 とはいえ、わかっていても運動するのは面倒だという人も多いでしょうし、外出できない中では長時間の運動も難しいと思いますので、自宅で簡単にできて、時間もかけずにできる効果的な運動について解説した動画を紹介しておきます。 1日たった4分で自分の免疫力を高めて体調を良くするための運動で、体型を保つことも出来るようになります。 ぜひチェックしてみてください。 今回のおすすめ本 今回のおすすめの本としては、1冊目は、やはり体調を整えるためにはを紹介しておきます。 これは、進化医学の観点から、体調を整えるためにはどうすればいいのかということを分かりやすく解説してくれている素晴らしい本で、体調を整えるための教科書として使える本です。 そして、2冊目は、です。 今回コロナウイルスによりウイルスとは怖いものだと皆さん思ったと思います。 ですが、このウイルス自体は生物にとって重要な役割も果たしているもので、生物はウイルスにより進化してきたものだという話が紹介されています。 ウイルスに対する理解を深めることができれば、もちろん、安心することはできなくても無駄に不安になりすぎることもなくなるのかと思います。

次の

絶望…安倍晋三のコロナ経済対策は「大大失敗」に終わる いつまで無能ぶりを世界に晒すのだ

コロナはいつ終わるのか

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。 4月24日(金)の放送は、お休み中の住吉に代わり、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめました。 キッズリスナーから寄せられたお悩みにぴったり合う、専門家の先生にお答えいただくコーナー「子どもリモート室」では、元外務省医務官、関西福祉大学教授・勝田吉彰(かつだ・よしあき)先生にお応えいただきました。 メッセージありがとうございます。 今、コロナウイルスのことで、とても心配していると思います。 お友達もそう思っているのかな? コロナウイルスが、いつおしまいになるのかという話ですが、まず、コロナウイルスがインフルエンザのような普通の病気になるまでに2年くらいかかります。 たとえば、約100人住んでいる村の人のうち、60人〜70人くらいコロナウイルスにかかったとして、その人たちが免疫を持つと、残りの村人たちに感染がおよばなくなることを「集団免疫」と言います。 そうなるまでに、自然だったら2年くらいかかります。 また、ワクチンができて予防接種をして、人工的に「集団免疫」ができるまで1年半くらいかかると言われています。 だから、1年半〜2年くらいかかると思っていてください。 また、今のこの状態が少し落ち着く時期、つまり完全に収束はしないけれども少しマシになるのはいつなのかについてはいろんな説があります。 1つは「温度と湿度」と「地球上の緯度(北緯・南緯)」。 その説が正しければ、完全に収束はしないけど、今より少しはましになるかもしれません。 ただ、この説に反論する人もいます。 だから、はっきりとしたことはわからないけれども、夏ごろにはどうかな? と少し期待したいと思っています。 吉田:がインフルエンザのような普通の病気になるまでに、約2年かかるということですが、今のように2年間ずっとお外に出るのを控えたり、学校のお休みが続くということではありません。 ただ、まだまだ長い戦いになりそうということですね。 紹介しますね。 「か」……換気 換気の悪いところがないか、窓を閉めきって空気がよどんでいるところがないか、チェックしてください。 「み」……密集 人がいっぱいいるところですね。 たくさんの人が、せまいところで一緒にくっついている状態になっていないか、いつも注意ください。 「か」……会話 至近距離での会話ですね。 ツバが飛んでかかるような近い距離でお話をするのは、ちょっとやめておきましょう。 「み」……みんなで注意しましょう みんなで「換気」「密集」「会話」に気を付けて、みんなでこの感染を減らしましょう。 この「かみかみ」をみんなで注意しながら、元の生活に早く戻っていきましょうね。 ゆうたろうくん、よろしくね。 吉田:「かみかみ」。 これなら覚えやすいですね。 tfm. php? tfm. kakeinavi. kakeinavi.

次の