大豆 を 暗闇 で 育てる と。 大豆の育て方/大豆の作り方(大豆栽培)

大豆の育て方/大豆の作り方(大豆栽培)

大豆 を 暗闇 で 育てる と

枝豆は大豆と同じなの? 枝豆と大豆は異なる種類の植物ではなく、大豆を早めに収穫したものが枝豆です。 枝豆は正式には 未成熟大豆と呼ばれています。 ですから枝豆という種類の植物はありません。 植物分類学上、 大豆は豆類で 枝豆は野菜類となっています。 枝豆は普通の大豆を単に早めに収穫するのではなく、食感をよくするために豆の皮が薄い枝豆専用の大豆が使われます。 また、枝豆専用の品種を成熟させた後に、大豆として収穫することは、種取り用として以外はないようです。 枝豆の種類 現在では枝豆用として栽培されているものは、種皮やサヤのうぶ毛の色の違いから、大きくは 白毛豆(青豆)、 黒豆、 茶豆の3種類に分類されています。 白毛豆(青豆) 白毛豆は、国内で最も流通している一般的な種類の枝豆で、全国的に栽培されています。 サヤのうぶ毛が白いものが多いので白毛豆と呼ばれています。 サヤの中の豆の色は、通常の大豆色、あるいは薄い緑色をしているので青豆とも呼びます。 黒豆 黒豆は一般的には正月用の煮豆等に使用されていますが、枝豆としては、黒大豆が成熟して黒豆になる前のものを早めに収穫します。 サヤの中の豆が黒くなる前の状態のため、豆の薄皮がうっすらと黒みを帯びています。 収穫期は9月下旬から10月中旬で、生産量は少ないです。 茶豆 サヤの外見は白毛豆と同じですが、サヤの中の豆が茶色の薄皮を被っていることから茶豆と呼ばれています。 収穫時期は8月上旬から9月中旬と白毛豆よりもやや遅いです。 枝豆と大豆の栄養成分、カロリーの違い 枝豆が成熟したものが大豆ということで、枝豆と大豆の栄養成分はそれほど違わないと思われるかもしれませんが、以下の表のようにかなり異なります。 枝豆が成熟することにより、タンパク質が濃縮され、大豆の含有量は枝豆の倍以上となっています。 ビタミンA、ビタミンCは枝豆が多く含まれていることがわかります。 単位重量当たりのカロリーは、大豆は枝豆の3倍以上高くなっています。 大豆のカロリーが高いのは、脂質が多いからです。 イソフラボンは大豆に含まれているポリフェノールの一種で、大豆には約2. イソフラボンの含有量は、大豆の成熟に伴い増えるようです。 もやしは大豆から?それとも枝豆から? もやしは、大豆などを原料に栽培されます。 しかし、普通に育ててももやしにはなりません。 大豆の種子に十分な水を与え、光をさえぎった暗闇の中で発芽させると、短期間でもやしが成長します。 枝豆は未成熟な種子のため、もやしにはなりません。 大豆を未成熟な状態で収穫したものが枝豆ですが、もやしから枝豆を作ることができます。 スーパーなどで大豆もやしを買ってきて、土に植えて、育てると枝豆を作ることができます。 ですから、枝豆は大豆からでも、もやしからでも作ることができます。 枝豆は日本だけのもの 大豆の原産国は中国で、大豆の最大生産国はアメリカですが、いずれの国も枝豆のような 未成熟の状態で食べる習慣はありませんでした。 大豆を未成熟なまま食べるのは日本だけでした。 江戸時代中期の文献には、枝豆に関する記述があり、往来では、背中に枝豆を背負った枝豆売りが売り歩き、買った人も道を歩きながら食べていたようです。 日本で枝豆が食べられ始めたのは平安時代くらいからと考えられています。 2000年頃からは北米やヨーロッパでも塩ゆでした枝豆が食べられるようになりました。 そして現在では、EDAMAMEという言葉は国際語となってきています。 枝豆の名前の由来 古くは庭先や畦道に栽培されていたことから、畦豆(アゼマメ)と呼ばれていました。 その後、サヤを枝から取らず、枝付きで売られていたことにより、枝付き豆と呼ばれ、それが枝豆へと呼び方が変化したとされています。 この頃は、枝豆はサヤだけ取り外してネット袋に詰めて売られることが多いですが、以前は 枝のついたまま売られていました。 枝豆が枝つきで売られているのは、枝豆のサヤを枝から取り外すと、食味が一気に落ちてしてしまうからです。 枝や根がついたままだと、食味の低下を抑えることができるのです。 まとめ 枝豆と大豆とでは見かけは全く違う印象を受けますが、収穫時期が異なるだけで同じ植物の豆です。 しかし、栄養成分はかなり異なります。 枝豆は大豆からでもの種を植えて、大豆もやしからでも作ることができます。

次の

枝豆は大豆と同じなの?違いとは?もやしはどちらからできるの?

大豆 を 暗闇 で 育てる と

トラブル・生育不良 エダマメ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています。 発芽率が悪い エダマメ(ダイズ)は、種の寿命が短いため、2〜3年も経つと発芽率が極端に悪くなります。 新しい種を購入してまくか、自家採取なら昨年採れた新豆をまくようにしましょう。 また、まいた種や発芽したばかりの若芽は鳥の大好物なので、鳥に食べられているかもしれません。 種まき後すぐに不織布などを掛けて鳥害対策するようにしましょう。 株は元気なのにさやが少ない 茎葉が旺盛に茂っているのに、さやの付きが悪いのは、ツルボケを起こしています。 原因は窒素肥料の過多です。 肥料を控えにしましょう。 さやが付いているのに実が大きくならない 主な原因は「」による吸汁被害です。 防虫ネットで覆って防ぎましょう。 他には、開花時期の水不足、種まき時期が適切でない(早生種を遅まきした等)が原因として考えられます。 発生しやすい病害虫 エダマメに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 萎凋病(いちょうびょう) 下葉から黄化してしおれ、生育不良となり枯れてしまいます。 酸性土壌で発生しやすいので、土壌のを行います。 発病株はすぐに抜き取り、土をします。 立枯れ病 茎の地ぎわ部に縦長の褐変が現れ、やがて茎全体が褐色になって枯れてしまいます。 発病株は抜き取って処分し土壌消毒します。 葉に淡黄色の病斑ができ、裏面に灰白色のカビが発生します。 葉に緑色濃淡のモザイク症状が現れます。 アブラムシが原因ウイルスを媒介。 害虫 カメムシ 花が咲き終わってさやができ始める頃から、ホソヘリカメムシやイチモンジカメムシなど様々なカメムシがやってきます。 さやが吸汁されると、落果したり、豆が入らなかったり、豆が変形したりします。

次の

暗状態での茎の伸長

大豆 を 暗闇 で 育てる と

黒大豆。 黒豆ともいう 黒豆は子実の薄皮が黒色の大豆の種類で、薄皮の部分にアントシアニン系の色素を多く含むため黒い色をしています。 黒大豆は晩生のものが多いですが、栽培方法は基本的に通常の大豆と変わりません。 通常の大豆と比べて大きく育ち、分枝も横に広がることから倒伏しやすくなりますので、株元にしっかりと土寄せしたり、支柱を用いたりして倒伏を防ぎます。 そうすることで、さや着きも良くなって、一般の白い大豆と比べると粒の大きい子実が収穫できます。 一般に秋から出始めの黒豆は北海道産が多く、一般の大豆と同様のあっさりした味ですが、正月のお節料理で人気のある「丹波黒」は濃厚な甘みが特長です。 近年は「エダマメ」としても人気が高まり、東北地方が産地の茶豆のエダマメと同様に、需要が伸びています。 暦に沿った栽培管理 大豆は20~25度ほどのやや暖かい気温でよく育ちますが、極端な暑さや寒さへの耐性はありません。 冷涼地での早播きは晩霜害のおそれがあります。 そのようなことを考慮して、種まきは、冷涼地では5月下旬から6月中旬、中間地では6月上旬から7月上旬、暖地では6月中旬から7月中旬が適当とされています。 まくのが遅れたときは、植え付け間隔を狭くしたり、遅まきに向いた品種にかえたりして対処します。 大豆には様々な品種がありますが、一日の日の長さ(日長時間)や温度に対する開花・結実の反応で夏大豆型、秋大豆型、中間型に分類できます。 かつて西日本では春播きし夏に収穫する夏大豆と夏播きし秋に収穫する秋大豆が作られていました。 夏大豆は温度に敏感ですが、日長には反応が鈍い品種です。 逆に秋大豆は日長が短くなると開花や結実が進む種です。 夏大豆型には夏大豆のほかに北海道の品種が含まれます。 秋大豆型には九州や四国の晩生の品種や丹波黒などが含まれます。 本州で栽培されている大豆品種の多くは中間型品種です。 収穫までの栽培期間の長短で品種を早生(わせ)・中生(なかて)・晩生(おくて)に分けることがあります。 早生品種は早播きに適しますが、晩生種は茂りすぎてしまうので早播きには適しません。 栽培する時期や地域に合わせて育てる品種を選んでください。 大豆の生育時期、その時期に行うべき農業作業、注意すべき病害や虫害の防除などを整理してカレンダーに書き込んだ栽培暦を地域の生産者向けにJAや普及指導センターが作成しています。 インターネットに出ているものあります。 実際の作業には自分の地域の栽培暦を参考にするとよいでしょう。 大豆はプランターでも栽培可能 連作をせず、水はけをよくしておけば、大豆は栽培が比較的やさしい作物。 もちろん、プランターでも育てることができます。 野菜用の土をプランターに入れ、畑にまくときと同様に株の間を20cmほどとって種をまきます。 種は1か所に3~4粒ずつまきます。 芽が出るまでは、土が乾いていたら水をやる程度でOK。 芽が出たら間引きます。 苗から栽培を始めたい場合は、茎が太く、葉の色が濃い、元気そうな苗を選びます。 苗と同じぐらいの穴を掘り、そこへ苗を植え替えて株元に土をかけ、底から水が出るぐらいたっぷり水をやります。 定植以降は、基本の育て方と大きな違いはありません。 ただし、プランターだと土の深さが限られますので、土の乾き具合に注意して、水やりを怠らないよう気をつけてください。 生育が進むと葉が茂って倒れやすくなりますので、支柱やテープを使って倒伏を防ぎましょう。 【取材協力・写真提供】 兵庫県農政環境部 農林水産局/寺尾勇人 兵庫県立農林水産技術総合センター/牛尾昭浩 【監修・写真提供】 西日本農業研究センター 浜口 秀生.

次の