ブヨ 蚊取り線香。 虫よけは【パワー森林香】で決まり 山暮らしのおすすめ防虫方法2選

確実に効く!キャンプ&アウトドアでの最強「虫よけ」2製品

ブヨ 蚊取り線香

暑さが少し和らいだ夕方に、縁側で夕涼み。 あたりは少し薄暗くて、ヒグラシの鳴き声が聞こえて、 縁側には切ったスイカが置いてあって…。 と、そんな光景が思い浮かびます。 そんな夕涼みの光景に、 加えて思い浮かぶものがありませんか? ぶたの形をした陶器の入れ物。 そのぶたの口からのぼる煙。 緑色の渦巻き。 そう、 蚊取り線香です。 最近は、煙が少ないタイプのものやスプレー式のもの、 電気式のものもありますが、 昔ながらのタイプのものは、 根強い人気を保っています。 蚊取り線香の匂いが、なんだか懐かしく感じる という方も多いのではないでしょうか。 もう一つ、夏によくかぐ煙として、 お線香の匂いがあります。 お盆に帰省したときに、 お仏壇に供えたり、お墓に供えたりと、 お線香は夏に欠かすことができません。 お線香の煙がゆったり漂う光景も、夏ならではです。 夏に欠かせない蚊取り線香とお線香。 それでは、この二つの線香が、 どう違うかご存知ですか? 同じ線香という文字が入っていますが、 この二つは全く違う成分が入っています。 おおざっぱにいうと、 蚊取り線香には蚊を殺す殺虫成分が入っていて、 お線香にはいい匂いがする成分が入っています。 それでは、詳しくみていきましょう。 蚊取り線香と線香の成分を知って正しく使い分け! スポンサーリンク 蚊取り線香に含まれている、蚊を殺す殺虫成分を、 ピレスロイドといいます。 この成分は、シロバナムシヨケギク という植物から抽出されます。 この植物は、除虫菊という名前で知られています。 名前からして、虫よけにききそうな植物ですね。 このピレスロイドは、太陽の光や空気にさらされると 分解されやすくなってしまうので、 蚊取り線香の保管は、日光が当たらず、 密閉されたところが向いています。 それでは、蚊取り線香に火をつけて、すーっと上る煙に このピレスロイドがふくまれていて、 煙にふれたら蚊が死ぬのかというと、 そうではないんです。 確かにピレスロイドは、 燃やすことで殺虫効果を発揮します。 ですが、 煙にピレスロイドは含まれていないんです。 ピレスロイドは、 燃えているところから揮発して、 周囲に広がっています。 虫よけの効果は、燃えているところに 発揮されているんですね。 煙と違って目に見えないのでぴんときませんが、 蚊を退治するときは、煙を浴びさせるより、 蚊取り線香の燃えているところを さっと近づけたほうがよさそうです。 とはいえ、煙にも少しはピレスロイドが含まれますし、 煙が上がるだけで虫よけにはなりますので、 蚊がいるところに蚊取り線香を こまめに動かすことはないでしょう。 お線香には、殺虫成分は入っていません。 お線香は、よい香りを出す材料から作られたお香で、 燃やすことでよい香りの煙を楽しみます。 お線香の材料は、白檀(びゃくだん)や 沈香(じんこう)がよく使われます。 あまり聞いたことがないですが、 いずれもよい香りのする植物です。 最近では、ラベンダーや梅の香りのものや、 コーヒーの香りのものもあったりします。 お線香の香りは、 亡くなった方の食べ物になる といわれています。 そう思うと、色々な香りがあるのはうれしいですね。 ですが、お線香の煙と香りには、 殺虫効果はありません。 虫よけをしたいときは、 蚊取り線香を焚きましょう。 蚊取り線香とお線香。 含まれている成分も全く違いますし、 使用目的も全く違います。 きちんと使い分けたいですね。 蚊取り線香はアブやブヨに効果なし!? オススメの対策とは? 蚊取り線香には、ピレスロイドという 殺虫成分がふくまれることはわかりましたが、 蚊だけではなくアブやブヨにも効果はあるのでしょうか? 実は、蚊取り線香は、 アブやブヨにはあまり効果がありません。 なぜなら、蚊取り線香には、アブやブヨを撃退できるほど ピレスロイドが入っていないからです。 蚊取り線香に入っているピレスロイドの量は、 からだの小さい蚊を撃退するには十分ですが、 からだの大きいアブやブヨを撃退できるほどではないのです。 アブやブヨを撃退したい!というときには、 「森林香」という蚊取り線香があります。 「森林香」は蚊取り線香を強力にしたもので、 山で働く人たちも愛用していたりします。 強力なぶん、たくさん煙も出ますので、 部屋の中では使わないほうがいいでしょう。 アブやブヨを寄せ付けたくないというときは、 ハッカ水がおすすめです。 作り方は簡単で、薬局で売っているハッカ油を、 水で薄めてスプレーボトルに入れるだけです。 身体に吹き付ければ虫よけになりますし、 アブやブヨが入ってきそうなところに 吹き付けておいても効果があります。 虫が多い夏。 いろいろな道具を使い分けて、 虫を撃退していきたいですね。 まとめ 蚊に効き目があるのは煙ではない、というのは驚きでした。 部屋がけむたくなればなるほど 効き目があると思っていたのは、 勘違いだったんだな~としみじみしています。 今まで、煙が少ないタイプとか電気式のものとかは、 煙が出てないから効かないのでは?と思っていたのですが、 これから使っていこうと思います。 お線香も、お酒やお菓子とか、 色々な香りがあるんですね。 これからもっと色々な香りのものが出て、 亡くなった人が好きだった食べ物を 思い出して選べるようになるのかもしれません。 夏草の匂い。 雨上がりの土の匂い。 プールの匂い。 夏には色々な匂いがありますが、 これからもっと新しい匂いが増えていきそうですね。

次の

【キャンプの虫対策】蚊、ブユ(ブヨ)、アブその他、色んな虫対策はどうする?!

ブヨ 蚊取り線香

暑さが少し和らいだ夕方に、縁側で夕涼み。 あたりは少し薄暗くて、ヒグラシの鳴き声が聞こえて、 縁側には切ったスイカが置いてあって…。 と、そんな光景が思い浮かびます。 そんな夕涼みの光景に、 加えて思い浮かぶものがありませんか? ぶたの形をした陶器の入れ物。 そのぶたの口からのぼる煙。 緑色の渦巻き。 そう、 蚊取り線香です。 最近は、煙が少ないタイプのものやスプレー式のもの、 電気式のものもありますが、 昔ながらのタイプのものは、 根強い人気を保っています。 蚊取り線香の匂いが、なんだか懐かしく感じる という方も多いのではないでしょうか。 もう一つ、夏によくかぐ煙として、 お線香の匂いがあります。 お盆に帰省したときに、 お仏壇に供えたり、お墓に供えたりと、 お線香は夏に欠かすことができません。 お線香の煙がゆったり漂う光景も、夏ならではです。 夏に欠かせない蚊取り線香とお線香。 それでは、この二つの線香が、 どう違うかご存知ですか? 同じ線香という文字が入っていますが、 この二つは全く違う成分が入っています。 おおざっぱにいうと、 蚊取り線香には蚊を殺す殺虫成分が入っていて、 お線香にはいい匂いがする成分が入っています。 それでは、詳しくみていきましょう。 蚊取り線香と線香の成分を知って正しく使い分け! スポンサーリンク 蚊取り線香に含まれている、蚊を殺す殺虫成分を、 ピレスロイドといいます。 この成分は、シロバナムシヨケギク という植物から抽出されます。 この植物は、除虫菊という名前で知られています。 名前からして、虫よけにききそうな植物ですね。 このピレスロイドは、太陽の光や空気にさらされると 分解されやすくなってしまうので、 蚊取り線香の保管は、日光が当たらず、 密閉されたところが向いています。 それでは、蚊取り線香に火をつけて、すーっと上る煙に このピレスロイドがふくまれていて、 煙にふれたら蚊が死ぬのかというと、 そうではないんです。 確かにピレスロイドは、 燃やすことで殺虫効果を発揮します。 ですが、 煙にピレスロイドは含まれていないんです。 ピレスロイドは、 燃えているところから揮発して、 周囲に広がっています。 虫よけの効果は、燃えているところに 発揮されているんですね。 煙と違って目に見えないのでぴんときませんが、 蚊を退治するときは、煙を浴びさせるより、 蚊取り線香の燃えているところを さっと近づけたほうがよさそうです。 とはいえ、煙にも少しはピレスロイドが含まれますし、 煙が上がるだけで虫よけにはなりますので、 蚊がいるところに蚊取り線香を こまめに動かすことはないでしょう。 お線香には、殺虫成分は入っていません。 お線香は、よい香りを出す材料から作られたお香で、 燃やすことでよい香りの煙を楽しみます。 お線香の材料は、白檀(びゃくだん)や 沈香(じんこう)がよく使われます。 あまり聞いたことがないですが、 いずれもよい香りのする植物です。 最近では、ラベンダーや梅の香りのものや、 コーヒーの香りのものもあったりします。 お線香の香りは、 亡くなった方の食べ物になる といわれています。 そう思うと、色々な香りがあるのはうれしいですね。 ですが、お線香の煙と香りには、 殺虫効果はありません。 虫よけをしたいときは、 蚊取り線香を焚きましょう。 蚊取り線香とお線香。 含まれている成分も全く違いますし、 使用目的も全く違います。 きちんと使い分けたいですね。 蚊取り線香はアブやブヨに効果なし!? オススメの対策とは? 蚊取り線香には、ピレスロイドという 殺虫成分がふくまれることはわかりましたが、 蚊だけではなくアブやブヨにも効果はあるのでしょうか? 実は、蚊取り線香は、 アブやブヨにはあまり効果がありません。 なぜなら、蚊取り線香には、アブやブヨを撃退できるほど ピレスロイドが入っていないからです。 蚊取り線香に入っているピレスロイドの量は、 からだの小さい蚊を撃退するには十分ですが、 からだの大きいアブやブヨを撃退できるほどではないのです。 アブやブヨを撃退したい!というときには、 「森林香」という蚊取り線香があります。 「森林香」は蚊取り線香を強力にしたもので、 山で働く人たちも愛用していたりします。 強力なぶん、たくさん煙も出ますので、 部屋の中では使わないほうがいいでしょう。 アブやブヨを寄せ付けたくないというときは、 ハッカ水がおすすめです。 作り方は簡単で、薬局で売っているハッカ油を、 水で薄めてスプレーボトルに入れるだけです。 身体に吹き付ければ虫よけになりますし、 アブやブヨが入ってきそうなところに 吹き付けておいても効果があります。 虫が多い夏。 いろいろな道具を使い分けて、 虫を撃退していきたいですね。 まとめ 蚊に効き目があるのは煙ではない、というのは驚きでした。 部屋がけむたくなればなるほど 効き目があると思っていたのは、 勘違いだったんだな~としみじみしています。 今まで、煙が少ないタイプとか電気式のものとかは、 煙が出てないから効かないのでは?と思っていたのですが、 これから使っていこうと思います。 お線香も、お酒やお菓子とか、 色々な香りがあるんですね。 これからもっと色々な香りのものが出て、 亡くなった人が好きだった食べ物を 思い出して選べるようになるのかもしれません。 夏草の匂い。 雨上がりの土の匂い。 プールの匂い。 夏には色々な匂いがありますが、 これからもっと新しい匂いが増えていきそうですね。

次の

蚊取り線香「パワー森林香」の安全性と効果|育児研究 着太郎|note

ブヨ 蚊取り線香

記事の内容• 蚊取り線香は、ほぼ効果なし キャンプ・アウトドアの虫除けというと、よく見かけるのが、蚊取り線香です。 煙がゆらゆら漂っているのを見ると、なんとなく効果がありそうな気がします。 が、蚊取り線香は、野外では、ほぼ無意味です。 実は、蚊取り線香は、煙そのものに殺虫・忌避効果があるわけではありません。 燃焼によって、ピレスロイドなどの有効成分が気化・拡散することによって、効果を発揮します。 つまり、仕組みとしては、電気で加熱して成分を拡散させる、蚊取りマットや、蚊取りリキッドと、まったく同じです。 室内など密閉空間であれば効果的ですが、空気の流れがあり、どこまでも拡散していってしまう屋外では、非効率的なのです。 中には、屋外用とうたう蚊取り線香もあります。 こちらは効果があるとの話もあるようですが、煙の量が多く、臭いも強烈とのこと。 私は、蚊取り線香の煙で、喉が痛くなる体質のため、敬遠しているのですが、「蚊取り線香の煙が好き」「夏らしくていいよね」という方は、試してみてもいいでしょう。 長袖・長ズボン+虫よけ(ディート)噴霧がベスト 我が家の場合、夏場は、1週間〜10日間ほど、キャンプ場に滞在するケースがあります。 すると、それほど蚊のいない環境でも、1日1日、刺される箇所が増えていき、終盤は、まるで水疱瘡にでもかかったかのように、大変な皮膚状態になります。 これは何とかしないと、と、蚊取り線香はもちろん、虫よけパッチ、虫よけリング、ハーブ系など、様々に試し、検討しました。 結果、 「 夏でも長袖・長ズボンを着用し、露出部分に虫よけ(ディート)を噴霧するのが、もっとも効果があり、効率的」 との結論に達しました。 長袖は、夏でも涼しい速乾素材のもの。 長ズボンも同じく薄手のアウトドア用、トレッキング用、または速乾素材タイツが、使い勝手がよいです。 露出を少なくすることで、虫よけ(ディート)の使用量を少なくできるメリットもあります。 皮膚に薬を塗るのは嫌?トレードオフで考える 虫よけ(ディート)については、説明が必要でしょう。 皮膚に直接噴霧するタイプの虫よけは、イメージとして、あまり身体に良さそうな気がしません。 実際、私も、数年前までは、敬遠していました。 ただ、ディート以外の方法では、子どもたちがどんどん蚊に刺され、腕や脚が掻き壊した跡だらけになっていってしまうため、そこはトレードオフで考える必要があります。 ディートが気にならない方は、半袖・半ズボンで、虫よけの使用量を増やしてもいいですし、逆にディートを使うよりは子どもが蚊に刺されるほうがマシ、という考え方もあるかもしれません。 なお、ディートの安全性については、何十年も日常的に使用されてきた経過や、諸外国の状況を見て、常識的な範囲の使用であれば、副作用はない、というのが一般的な結論のようです。 ただ、物事に絶対はありませんから、各自で、責任を持って判断してください。 以下、おすすめの虫よけを紹介します。 虫よけ成分であるディートを、認可最高濃度である30%配合している、シリーズ最強の虫よけです。 「サラテクト リッチリッチ30」を使うようになってから、ほぼ100%と言っていいくらい、刺されなくなりました。 なお、ディートの濃度が高いため、「12歳未満には使用しないでください」との注意書きがあります。 対象害虫は、蚊のほか、ブユ(ブヨ)、アブ、ノミ、イエダニ、マダニ、サシバエ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ツツガムシと、広範囲をカバーします。 ディート濃度10%程度の子ども向け虫よけ 12歳未満には、ディート濃度12%以下が推奨されています。 基本的には、ディート濃度で、忌避性能が決まります。 ディート濃度が同等なら、製品ごとの違いは誤差であるため、好みの製品を選んでください。 パッケージに必ずディート濃度が記載されています。 テント内で蚊に刺されない方法 テント内に蚊が入ってしまう場合には、KINCHOの「蚊がいなくなるスプレー」が、非常によく効きます。 その効果は、自宅でも使用していますが、床に蚊がポロポロ落ちているのが確認できるほど。 私の娘は、特異的に蚊に刺される体質。 同じ部屋で眠っていて、他の誰も刺されず「蚊なんかいる?」という状況で、娘だけ何カ所も刺されるほどなのですが、「蚊がいなくなるスプレー」を忘れなければ、刺されなくなりました。 成分は、トランスフルトリン(蚊取り線香と同じピレスロイド系)。 あまりに効き過ぎるので、人体への害が心配になるほどですが、虫に特異的に作用する薬剤であるため、通常の用法であれば、副作用はないとされています。 小さすぎるテントには非推奨 なお、「蚊がいなくなるスプレー」は、室内用に作られているため、テント内で使用する際には、いくつか注意点があります。 また、体質によっては、トランスフルトリンが粘膜を刺激し、くしゃみが出たり、目や喉に違和感を感じたりするケースも考えられるため、就寝直前にスプレーするのはおすすめできません。 夕方などにスプレーして、かるく換気しておくのが安心です(壁や天井に付着して効果を発揮するタイプのため、ざっと換気するくらいであれば、効果は続きます)。

次の