スピニング リール 分解。 スピニングリールのハンドルが回らないので分解してみた

リールのオーバーホールのやり方は?メンテナンスで必要な道具と方法を解説!

スピニング リール 分解

ダイワ 「07 ルビアス」のオーバーホールを行いました。 かなり今更過ぎるリールですが、一応分解方法などを掲載します。 今回はメンテナンスをしたのは、2004と2506の2台。 2004は渓流で使って2,3回水没、、 2506は誤って海水に水没させてしまったので早急にOHする必要がありました。 この記事の投稿日は2016年2月17日ですが、OH自体は2015年の12月末に済ませています。 <注意> お約束ですが、リールの分解等は自己責任でお願いします。 素人が行うオーバーホールなので、分解手順など、おかしな点があるかもしれません。 部品名は基本的に展開図&部品表に記載されている通りの名称です。 <分解手順> まず始めに、スプールやハンドルを外しておきます。 ドラグ部のメンテナンス方法は以下の記事を参考に。 関連記事:「」 ベアリング(標準ではカラー)以下を外れないように抑えている、 メタルリング(針金のような部品)を外します。 リングを外す際は、飛ばさないように注意。 ベアリング、ワッシャー、クリック機構を外し、 スプールメタルを固定しているメタルピンを抜きます。 ここまで外した部品がこちら。 白いワッシャーは調整用なので複数枚あることもあります。 通常は2枚?(写真は2枚が張り付いています) 続いてローターを外していきます。 ナット横のネジを予め外しておき、ローターを固定しているローターナットを外します。 必要な工具は12mmのスパナ・レンチ。 写真のオフセット形状のめがねレンチが使いやすいです。 ローターが外せました。 その他、ローターナット下に位置する、ローターナットベアリングカラーが外れます。 ローター本体の分解はまた別の機会に載せようと思います。 ラインローラーのメンテナンスは以下の記事を参照のこと。 関連記事: 「」 「」 ローターナットベアリングの分解。 ローターナット内のベアリングを取り出すために、 ベアリングを固定しているローターナットベアリングプレートを外します。 太めの刺繍針などでプレートの爪を掻き出せば外れます。 次にワンウェイクラッチ(ローラーベアリング)回りを分解していきます。 ワンウェイクラッチを固定してるカバー(リテーナー)を外します。 2本のネジを抜くことで内部のプレートとワンウェイクラッチが取り出せます。 下の写真と合わせて、上から ベアリングリテーナー ワンウェイクラッチプレート(A) ワンウェイクラッチプレート(B) ワンウェイクラッチ クラッチリングW(写真ではクラッチリングに張り付いています) クラッチリング 更に内部の3本のネジを外します。 上の写真と重複していますが、ここまでで外したもの。 ここまで分解できればピニオンギヤを外せるようになります。 (下の写真ではこの段階では外していません) ピニオンギヤの底には曲がったワッシャーが張り付いているので 失くさないように気をつけて下さい。 次はいよいよボディの分解です。 まずはお尻のリヤーキャップを外します。 続いて、両サイドのエンジンプレートを外します。 それぞれ固定しているネジの種類・長さが異なるので注意。 左側のエンジンプレートに中には最低1枚?のワッシャーが入っています。 ボディカバーを外します。 外さなくてもいいと思いますが、ベールブレーキバッドも外してみました。 ドライブギヤ両端のベアリングを外します。 ギヤ一式が外せるようになりました。 続いてメインシャフト回り。 ボディ底のオシレーティングポスト(短い棒)を抜くことで、 メインシャフトが外せるようになります。 写真の赤丸内にベアリングとピニオンカラーが収まっています。 最後にオシレーティングギヤを外します。 ギヤ中央のネジを外すだけですが、ネジを外しても硬くて抜けにくいことがあります。 分解はこれで終了です。 逆転ストッパーなどは外す必要がないので極力触らない方がいいでしょう。 ボディを開けたまま、むやみにストッパーを動かすと、 ストッパーを固定してるピンが外れてしまいます。 あとは分解した部品を洗浄するのみ。 ベアリングは他の部品と分けて、パーツクリーナーに漬けて洗浄。 洗浄後、回転が悪くなっていないかチェックします。 特にワンウェイクラッチは、汚れていると ローターの逆転を起こしてしまうので入念に洗浄しましょう。 関連記事:「」 洗浄完了。 次回はこれを組み立てます。 704• 115• 221• 548• 143• 339• 146• 980• 214• 508• 197•

次の

スピニングリールに異変発生!自分で修理してみた【SHIMANO AERNOS XT 2500】

スピニング リール 分解

最新記事 by た~にゃん• - 2018年2月19日• - 2017年8月25日• - 2017年4月6日 こんにちは! 初めての魚釣りプロデューサー、た~にゃん です。 先日、で、簡単な釣り道具 タックル のお手入れ方法をご紹介しましたが、今回はもう一歩進んだお手入れに挑戦してみました。 それは何かと尋ねたら、 スピニングリールのオーバーホール 分解掃除 ! それでは早速いってみましょう! 男・た~にゃん、30歳の決意! 実は私、オーバーホールへの挑戦は今回が初めてではありません。 釣りを始めて間もない小学生の時、そして数年経った中学生の時、いずれも今回と同様にスピニングリールの分解に挑んだことがあります。 これくらいの歳頃って、色んな物をバラしたくなる衝動ってありませんでした?w しかし、衝動任せに分解してしまったため、 元通りに組み上げることが出来ず、結局釣具屋さんに修理をお願いすることになってしまったんです。 「同じ轍は踏むまい!」とその後は水洗いや注油のみでお手入れをし、オーバーホールは避けてきました。 しかし、先日でご紹介したハゼクラの実釣時、使ったリール DAIWA CALDIA KIX 2004 の巻き心地に明らかな違和感を感じてしまったんです。 「これはアカンやつや…」 実はこのリール、買ってから既に8年。 これまでメバリングを中心に、結構な頻度で使ってきました。 それほど高い物ではありませんが、個人的には数々の魚を釣ってきた思い出のある、今後も大切にしたいリールです。 だから、かなり悩みました。 釣具屋さんに持ち込んでお願いすべきか、それとも自分でやるべきか。 バラバラになったリールの部品を持って、釣具屋の店員さんに事情を説明した苦い思い出が蘇ります。 「やっぱりプロにお願いしようかなぁ…」 と弱気になりかけたその時、僕の中の悪魔が囁きました。 果たして、「三度目の正直」となるのか? この後、今の半分くらいしか生きていなかった頃の自分を超えるための挑戦が始まります。 きちんとした手順など知りません。 とりあえずGoogle先生に「CALDIA KIX オーバーホール」と打ち込んで聞いてみました。 すると… いやぁ、こんなに古いリールでもやってる人いるんですね。 思った以上に参考になるサイトが出てきました。 やっぱ今の世の中、ネットに聞けば大抵は何とかなるんだなぁ。 最初の3つは家にあったのですが、後の3つは無かったので、 この3つを購入しました。 では、早速分解スタートです。 手順は基本的に外せるところから外していく感じですが、 リールは購入した時にこういうパーツリストが同梱されているので、これを見ながらやるのが一番です。 そしてバラしながら 逐一写真を撮りましょう。 組み直す際に、メッチャ役に立ちます。 写真を撮りながらドンドンばらしていくと、 ものの15分くらいで完全に部品に分かれました。 あっ、写真左のような容器に箇所ごとのパーツをまとめておくのもおすすめです。 特にネジはどれがどこのか分からなくなりやすい バラしたパーツはキッチンペーパーの上に置き、パーツクリーナーで古いグリスやオイルを落とします。 あとは元通りに組み上げながらグリスアップしていけばOKです。 結局1時間くらいでオーバーホールは無事完了。 なんだ、意外と簡単じゃないか! まとめ いやぁ、今となってはもっと早く挑戦しておけば良かったなぁと思います。 やっぱり、ネットの力は偉大ですね。 リールの巻き心地も違和感が無くなり、かなりスムースになりました。 まだまだ現役で活躍してくれそうで、嬉しい限りです。 今回はグリスなどを購入したので、3,000円ちょっとお金がかかりましたが、釣具屋さんに修理に出せば同じくらいかそれ以上のお金が借りますし、今後その他のリールのメンテナンスにも使えるので、かなり安上がりですね。 今後も古いリールから順番に、少しずつ本格的なお手入れをしていこうと思います。 それでは、あなたも正しく道具を手入れして、楽しい釣りを!.

次の

スピニングリールに異変発生!自分で修理してみた【SHIMANO AERNOS XT 2500】

スピニング リール 分解

SHIMANO AERLEX4000を7年ほど前に購入し注油をしたことがないので 今回思い切って分解掃除してみました。 普段の手入れは釣りから帰ったら『スプール』部は ドラグツマミを下向きにし、糸の部分だけ1晩程度真水に浸けます。 残りの部分と本体は、水拭きして1日乾かしております。 なので錆びずにきれいな方だと自負しております。 アルミでも錆びるので釣り後は必ずします。 座金とスプール受けを取ります。 座金の強度はありませんのでゆっくり慎重に取りきれいに拭きます。 最後まで使わないので皿の隅に置いときます。 リテーナを取ります。 ネジ2本で止まってますが ネジが小さいので気をつけます。 リテーナも汚れているのできれいに拭き取ります リテーナを取ると回転軸ナットが現れます 12mmのスパナでもどきます。 回転枠です。 両側のネジを外したら取れます。 各部分古いグリスを拭き取ります。 アームカムを取り外しました。 この部分に アームローラーカラー・ブッシュ・アームローラー・スペーサー・座金(ワッシャ) があります。 座金です。 よく拭き取ります アームローラーと付随部品です。 これもよく拭き取ります。 最後にアームローラーカラーです。 きれいに古グリスを拭き取りました。 組立ながら各部分にグリスを塗っていきます。 後は元通りに組み立てベールアームを仕上げます。 ベールクリック部にバネが使用されていますが 開けて飛んでいくことはありません。 しかし小さな部品なので紛失に注意です。 カバーを外すと中はこの様になっています。 グリスがたくさん付着しています。 裏側です。 あの部分にもバネが入っています。 ここは気をつけないと飛んでいきます。 指で押さえながら作業をしました。 このセット全体が内ゲリレバーでしょうね? アームカムバネ等々きれいにしました。 内ゲバレバー等ばらしきれいに拭き取りました。 回転枠もきれいに拭き取りました。 グリスは少なすぎず、多すぎず。 先にバネを入れてから、 上側でバネ先端を金属レバーに引っかけながらセットしました。 この部分も組立グリスアップしました。 アームカムを取り付けて回転枠は完成です。 取り付けは意外と簡単でした。 次はローラークラッチより向こう(?)に進みます。

次の