仮面ライダーネタバレ。 仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 第7話

ネタバレ

仮面ライダーネタバレ

Contents• 仮面ライダーゼロワン第37話「ソレはダレにも止められない」 アークゼロになすすべなく敗北するゼロワン。 或人 演:高橋文哉 は初めて、人間を超えた人工知能に恐怖する。 一方、垓 演:桜木那智 はレイドライザーの宣伝をするため、あえてZAIAスペックを暴走させようとしていた。 その垓の前に亡 演:中山咲月 が現れる。 亡は飛電インテリジェンスが所有していたドードーのゼツメライズキーを奪い取ると、ニホンオオカミのゼツメライズキーで 仮面ライダー亡に変身。 垓に宣戦布告をする。 垓を止めて飛電インテリジェンスを取り戻したい福添は或人のもとを訪れる。 アークゼロへの恐怖でヒューマギアを信じる心を失いかけていた或人に福添は、或人がヒューマギアを信じなければ誰が信じるのかと問いかける。 「君ほどヒューマギアが好きな人間は他に見たことないぞ」 或人はシェスタ 演:成田愛純 を起動。 垓がこれまで行った非人道的行為のデータを集め始める。 入院中の唯阿 演:井桁弘恵 は不破から借りたアイちゃんに語りかける。 不破に対してずっと謝りたいと思っていた唯阿は、アイちゃんに話しかけることでそのきっかけを手に入れ、不破に謝ることができた。 「もう道具だなんて呼べないな……」 ZAIAが滅亡迅雷をつぶすために動いた。 迎え撃つのは、迅 演:中川大輔 を乗っ取ったアーク率いる滅亡迅雷. net。 滅亡迅雷の4人はそれぞれ仮面ライダーに変身。 圧倒的な力でサウザーを敗北に追い込む。 そこに、ゼロワンが現れる。 「俺はお前が怖い……。 でも、逃げない!」 アークゼロに挑むゼロワン。 しかし、アークゼロには歯が立たない。 アークゼロは或人にとどめを刺そうとするが、なぜかそれをやめて戻ってしまった。 そのころ、飛電インテリジェンスでは福添が収集した垓の非人道的な言動の証拠をもとに、垓に勝負を仕掛けていた。 仮面ライダーゼロワン第37話ネタバレ・感想 これまで、ヒューマギアを信じ、常にヒューマギアの味方でいた或人。 ですが、アークゼロの脅威を前に、初めてその信頼が揺らぎます。 少し遅いくらいですが。 とはいえ、そんな或人に再びヒューマギアを信じることを思い出させてくれたのは、福添でした。 この時期に福添にこういう役回りを与えるとは……。 ヒューマギア・人工知能に対する自信を失いかけた或人ですが、一方で、或人が生み出したアイちゃんが或人のいないところで、不破や唯阿の心を癒します。 正直、アイちゃんの言っていることは、画期的なアドバイスではなく、単に「自分の心に正直になりなよ」ということを言っているだけ。 それでも、人型ではないメカに話すことによって本音が言えたり、メカに言われることで聞き入れられることもあるのかもしれません。

次の

仮面ライダーディケイド(Kamen Rider Decade)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダーネタバレ

Contents• 仮面ライダーアマゾンズSeason2予告動画からの考察 Season2が始まる前に出ていた予告動画から謎や伏線をネタバレ考察したものよ。 Episode1「NEO」 アマゾン。 それは新たな始まりあれから5年……トラロック事件によりアマゾン大量流出事件は終息したかに見えたが、事態は思わぬ展開を迎えていた。 アマゾン狩りをしていた千翼は、アマゾンと戦う謎の少女・イユと運命的な出会いを果たすが……。 出典: Episode2「ORPHANS」 アマゾン。 それは帰る場所なき者たち。 黒崎に4Cへと連れ戻された千翼は、イユや黒崎隊と共にアマゾンの駆除をすることに。 感情や痛みのないイユの戦いぶりに、心痛める千翼は初めて誰かを守る為に変身する。 そこに行方を眩ましていた悠が現れ……。 出典: Episode3「PERSONA NON GRATA」 アマゾン。 それは忌み嫌われる者。 千翼は悠と激しい戦闘になる、そこに割って入ったのは悠を追いかけ4Cに入隊した美月だった。 一方、志藤のもとに駆除班の面々が集まる。 <5年前>を清算する為に、それぞれの意志が動き出す。 出典: Episode4「QUO VADIS?」 スポンサードリンク アマゾン。 それはつかの間の逃避行。 イユに人間らしく振舞って欲しいと願う千翼は、イユを連れて4Cから抜け出す。 志藤たちは事件の源であるウォーターサーバーの水源調査にあたるが、そこで、思いも寄らぬ人物と再会する……。 出典: Episode5「RAMBILING ROSES」 アマゾン。 それは危険な関係。 志藤たちの前に現れたマモルは、ひっそりと生きることも許されない<アマゾン>の現実をぶつける。 別の水源へと向かった美月は悠と遭遇する。 アマゾンと共に姿を消した悠は、本当に人類の敵なのか……。 出典: Episode6「SCHOOL DAYS」 アマゾン。 それは失われた日常。 千翼はイユの笑顔が見たいと、生前のイユが好きだったものを調べ始める。 出典: Episode7「THE THIRD DEGREE」 アマゾン。 それは終わりなき拷問。 4Cは千翼の出自を探る為、千翼に対して非情な手段をとる。 出典: Episode8「UNDER WRAPS」 スポンサードリンク アマゾン。 それは秘めたる過去。 鷹山仁はトラロックにより理性を失いながらも、アマゾンを一匹残らず、殺すことに執着していた。 傷も癒え、意識を取り戻した鷹山は、ずっと寄り添っていた七羽の異変に気付くも……悲劇の始まりは静かに進行していた。 出典: Episode 9「 VANISHING WINGS」 アマゾン。 それは絶望の始まり。 悠と志藤たちはマモルの潜伏先と思われる場所で、謎のアマゾンと遭遇する。 出典: Episode 10「 WAY TO NOWHERE」 アマゾン。 それは行き場のない怒り。 黒崎の命令により、イユは再び千翼を駆除対象と認識する。 暴走する千翼は、アマゾンとしての本能を抑え切ることはできなくなっていた。 「生きたい」と願う少年の想いは、もう誰にも届かないのか。 出典: Episode 11「 XING THE RUBICON」 アマゾン。 それは取り返しのつかない現実。 仁・4Cに加えてイユにまで命を狙われる千翼。 己の運命に抗いながら、千翼はイユと闘うことを決意する。 出典: Episode 12「 YELLOW BRICK ROAD」 アマゾン。 それは痛みのある世界。 真っ直ぐな千翼の想いは、ついにイユの心を動かし始める。 出典: Episode 13「 AMAZONZ」 アマゾン。 それは全ての終わり。 美月の意志を突きつけられる悠。 七羽に一人立ち向かう仁。 マモルと対峙する駆除班……。 それぞれの物語へ終止符を打つため、戦うことを余儀なくされる。 出典: シーズン3はある? シーズン3があるかどうか考察してみたわ。 それじゃ。 スポンサードリンク.

次の

仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 第7話

仮面ライダーネタバレ

概要 『仮面ライダーディケイド』は、2009年1月から同年8月までテレビ朝日系列で放送された、特撮テレビドラマ。 『仮面ライダークウガ』から始まる『平成仮面ライダーシリーズ』の10作目であり、「平成仮面ライダー10周年プロジェクト」として製作された作品である。 主人公である門矢士・仮面ライダーディケイドは、「幾つもの並行世界が衝突しあって起こる世界の崩壊を止める」という指令を課され、『クウガ』~『キバ』までの9つの世界を渡り歩くこととなる。 それぞれの世界は過去の9作品で描かれた内容ではなく、違った展開を描く「リ・イマジネーション」の物語が紡がれていた。 やがて世界を巡る旅はさらに拡散し、ひいては、全ての仮面ライダーが戦いを繰り広げる「ライダー大戦の世界」(夏の劇場版の展開ではライダーバトル)へと繋がっていくこととなる。 これに対し東映は「物語の最初と最後が繋がる形にする演出」などとの説明を行った。 上記の展開や、かつての物語の再構成という作風は賛否両論あるものの、「平成ライダーと昭和ライダーという境界を取り払った」(2011年の映画『レッツゴー仮面ライダー』以降、この作風が春季映画では恒例となっていく)、「ライダーシリーズと戦隊シリーズの共闘を成し遂げた」(2012年の『スーパーヒーロー大戦』以降、これも何度か映画の重要な要素となる)などの、エポックメイキング的な役割も果たしている。 ディケイド自身も、『仮面ライダーウィザード』最終回をはじめ、他作品への出演が平成ライダー中では群を抜いて多く、『仮面ライダーシリーズ』の歴史を語るうえで重要な一編となっている。 写真の腕はつねにピントがボケているが、本人曰く「世界が俺に撮られたがっていない」ため。 それ以外であれば料理からスポーツまで幅広く一級の才能を発揮する。 性格は尊大ではあるが、皮肉を吐きつつも他人のために奔走する一面も持ち合わせる。 テレビとは別世界である小説『レンズの中の箱庭』では、内面は厭世的で無気力な青年であり、尊大さは自身の弱さを隠すペルソナになっている。 口癖は「大体わかった」で、各世界で対峙した敵に説教めいた長セリフを吐くのはお約束となっている。 仮面ライダーディケイドに変身した際には、剣と銃に変形する武装・「ライドブッカー」を使いこなすほか、ライドブッカーから取り出した「ライダーカード」を変身ツール「ディケイドライバー」に挿入することによって他のライダーに姿を変える「カメンライド」が可能で、最大の特徴となっている。 仮面ライダー伝統の必殺技「ライダーキック」は、「ファイナルアタックライド」で発動する「ディメンションキック」。 専用バイクは「マシンディケイダー」で、「アタックライド」のカードで他の仮面ライダーのバイクに変形することも可能。 決め台詞は「通りすがりの仮面ライダーだ、覚えておけ!! 「ディエンドの世界」を出自にし、士同様に並行世界の壁を超える能力を持つ青年。 その目的は各世界ごとの「お宝」を奪取すること。 お宝を奪取するならば卑怯な手段や人を欺くことをためらわない一方で、「響鬼の世界」で出会ったアスムと師弟関係を築いたり、「ライダー大戦の世界」「オーズの世界」では仲間の救出に全力を挙げたりなど、気まぐれではあるが熱い一面も持ち合わせる。 仮面ライダーディエンドに変身した際には、変身ツール「ディエンドライバー」にライダーカードを組み込むことによって「カメンライド」し、他の仮面ライダー(サソード、パンチホッパー、ライオトルーパーなど)を召喚することができる。 アタックライド「インビジブル」で姿を消したり、「イリュージョン」で分身を生成したりという能力も持つ。 必殺技は「ファイナルアタックライド」のカードで高出力の光線を放出する「ディメンションシュート」。 超強化形態、ライジングアルティメットフォーム 「クウガの世界」の住人であり、当初はディケイドを敵視していたが、怪人軍団「グロンギ」との戦いのうちに和解する。 この戦いの中で不幸にも生命を落とした、警察に所属する憧れの女性、八代藍の遺志を継ぐ形で、「みんなの笑顔を守る」ために士らと旅を続けることとなる。 戦闘での活躍シーンは士や海東と比べると少ないものの、人懐こく、他のライダーや士のサポートなどで活躍している。 「ライダー大戦の世界」では、世界の破壊者としての役割を受け入れたディケイドを止めるべく、「凄まじき戦士」アルティメットフォームダークアイバージョンに変身し、共に自害を図ろうとした芯の強さを見せる。 また、オリジナルのクウガ(オダギリジョーが演じた五代雄介)にはない形態として、複数のライダーを圧倒するほどの力を持つ「ライジングアルティメットフォーム」という姿をもつ。 『MOVIE大戦2010』で変身した仮面ライダーキバーラ 光写真館の看板娘。 誰にでも敬語で接する一方、士や海東に対して「笑いのツボ」を押して言うことを聞かせる気の強い面も持つ。 士からは「夏ミカン」、海東からは「夏メロン」というあだ名で呼ばれる。 「ライダー大戦の世界」の夢を頻繁に見ていることからディケイドの力に対して恐れを抱く一方で、士の優しさについては理解している。 「士の世界」の最終決戦では彼女の祈りに応えるようにして、1号からキバまでのリ・イマジネーションライダー(電王、アギトはオリジナルと考えられる)が復活している。 「ライダー大戦の世界」では彼女自身が仮面ライダーキバーラに変身してディケイドを倒したのち、夏海、海東、ユウスケが士の思い出を掻き集めることと、各世界のリ・イマジネーションライダーの祈りで士が復活することとなる。 『MOVIE大戦2010』で登場したスーパー死神博士 光写真館を経営する人物で、夏海の祖父。 温厚な人物で、士やユウスケらを家族同様に扱っている。 その一方で、「士の世界」では大ショッカー本拠地に突如現れ、夏海の目の前でリ・イマジネーション死神博士(オリジナルは『仮面ライダー』のショッカー大幹部)の役割を担わされる。 その後、怪人イカデビルに変身し、怪人大軍団をリ・イマジネーション地獄大使とともに指揮するも、ディケイドとディエンドを中心とする仮面ライダーたちに撃破される。 しかし、彼本人は無事に元の人格を取り戻していた。 同様に「ライダー大戦の世界」では「ガイアメモリ・死神博士」によってスーパー死神博士に変身させられてしまい、最終兵器たるネオ生命体とスーパークライス要塞を復活させてしまう。 戦いのさなか、要塞がダメージを受けた際にガイアメモリが外れ、元の人格を取り戻すとともに、仮面ライダーキバーラに救出された。 キバーラ(CV:沢城みゆき).

次の