手の震え。 2週間前から手の震えが止まりません初めはストレスが原因で震えていた...

手が震えるのは病気?原因や症状、治療方法を紹介!

手の震え

頭や手足が震える 熊日新聞 平成12年7月25日掲載「何でもきいてきになる病気」より 自分では気付かないのですが、子や孫に「また頭ふりよるよ」と言われます。 気になって人がいるところには行けず、家にこもりきりになり困っています。 (73歳、無職・女性) 1年前から手足が震えるようになりました。 特に右手がひどく震えます。 今のところ字を書いたり、食事をすることはできますが、気になってなりません。 (76歳、無職・男性) -震えにはどんな種類がありますか。 震えは、意志に反して体の一部が動く「不随意運動」の一つです。 怖いときや緊張したとき、寒いときなどだれでも出ます。 ほとんどの場合は心配いりませんが、中には病気が隠れていることがあります。 震えは医学的に「振戦」と言い、大きく三種類に分けられます。 安静にしているときだけ震える「静止時振戦」は、パーキンソン病の初期にみられます。 片方の手から始まることが多く、左右の動きに差がみられる傾向があります。 徐々に進行し、歩行などが難しくなります。 手を前に出したときなど、ある格好をしたときだけ震えるのが「姿勢時振戦」です。 甲状腺(せん)ホルモンを作りすぎるバセドー病や、原因がはっきりしない本態性振戦で起こることがあります。 「企図振戦」はコップで水を飲もうとしたときなど、あることをしようとしたときだけ起こります。 小脳性失調症のときにみられ、字を書いたり、はしを持つことが難しくなります。 -お年寄りによくみられる震えは。 高齢になると、筋肉を動かす神経のバランスが悪くなって、震えがでやすくなります。 「老人性振戦」といい、頭や両手によく現れます。 自分では気付かないことが多いようです。 悪化はしませんが、気にすれば気にするほど、出やすくなるという特徴があります。 多くのお年寄りにみられますので、心配はいりません。 73歳の方の質問は、頭だけの震えであれば、この「老人性振戦」だと思われます。 76歳の方は、左右差があるのでパーキンソン病が疑われますが、字をきちんと書くことができるので、まだ初期と考えられます。 -治療法は。 それぞれのタイプで、震えに関係した神経をコントロールする薬があります。 まずはどのタイプかを診断することが大切です。 神経内科を受診してみて下さい。 井内科クリニック 井 重博.

次の

手の震えはパーキンソン病?何科を受診?重大な病気か判る7つの知識

手の震え

「 手の震えが止まらない!」 字を書く時に、困ったことはありますか? とりわけ、 人がいるところでは、 手が震えてしまい、どうしようもないのです。 わたしも、この問題を抱えていたので、苦労しました。 人前で 字を書く機会は、たくさんありますね。 例えば、結婚式の時には、受付で、 また、役所では、様々な書類に署名を書くなど。 でも不思議なことに、この手の震えは、 一人でいるときには、 何ともないのです。 でも、今は、この問題を克服しています! 私が試した 方法を、ご紹介したいと思います。 これで、あなたも、必ず 手の震えがおさまり、 きれいな 字が、書けるようになります! まず、その前に、手がなぜ震えてしまうのか、 その 原因を見てみましょう。 なぜ手が震えるか 多くの場合、 「 書痙」と書いて「しょけい」と読む、 精神的な病の可能性が、あるかもしれません。 これは、 神経質な人に多いと言われています。 私も、そうでした! 「 きれいな字を書きたい、間違えたくない」、 という気持ちが強くて、考えれば考えるほど、 手は震え、うまく字が書けませんでした。 他にも、考えられることとして、 もっと深刻な理由もあります。 それは「 脳の障害」です。 脳腫瘍・脳梗塞などが原因で、 手が震えてしまうのです。 これは一刻も早く、処置しなければならないでしょう! 脳が原因でなくても、 低血糖ゆえに、手が震えることもあるようです。 糖尿病を患っていて、低血糖ゆえに、 また、 空腹のときに、震えてしまうこともありえます。 では、字を書く時を含め、どうしたら、 手の震えをなくすことが、できるでしょうか? 対処法 方法は、 3つです。 わたしは、手の震えがひどくなかったため、 二つ目と三つ目の方法で、解決できました!• 病院へ行く• 自信をつける• 呼吸法 病院へ行く 先ほども述べたように、 手の震えが 激しく、 どうしようもない場合は、 早めに、 病院を受診することを、お勧めします。 受診する場合は、 脳神経外科、 神経内科、 心療内科で、見てくれます。 深刻な理由で、 手が震えてしまうことがあるので、注意しましょう。 早めの診断で、症状が軽くなる、 もしくは、治ることも考えられます。 自信をつける 字を書く時に、手が震えてしまう原因として、 精神的なものが、関係していることが大きい、 ということを、先ほど説明しましたよね。 それで、「 自信をつける」よう、 地道に 練習できる方法を、ご紹介します。 わたしも、勧められて行った方法は、 「 あえて、自分の失敗や弱点を、他の人に見せる」 というものです! 神経質な人は、 どうしても「他の人に自分の弱さを見せたくない」、 という気持ちが、強いでしょう。 この気持ちを 克服しない限り、 人前で字を書くと、どうしても手が震えてしまいます。 それで、 少しずつでも、 自分は、字を書く時、手が震えてしまうということを、 人前で、明らかにしていきましょう。 あせらず、まずは、 友達に、そして、 見知らぬ人の前で、字を書くようにするのです。 効果は必ず出ますよ! わたしは、これを初めてすぐではありませんでしたが、 3か月くらいで効果がでてきました。 これに 慣れていくと、落ち着いて、 人前で、字を書けるようになります。 結果として、手が震えず、 通常の自分の字が、書けるようになりますよ! 呼吸法 わたしも友達から聞いて、 試した方法の一つに、「 呼吸法」があります。 人前でも「 気持ちを落ち着かせる」ことが、目的です。 それは、どんな方法かというと、 「 息を吐きながら、お尻の穴を締める」というものです。 息を深く吸って、それから行います。 つまり、私たちの 意識を手ではなく、 他のところに集中させ、リラックスするのです。 ぜひ、だまされたと思って、 人前で、字を書かなければならない状況で、 やってみてください。 この練習を、 繰り返すなら、 後に自然と手が、震えなくなります。 試してみる価値ありですよ! まとめ いかがでしたか? 覚えておくべき点として、あなたと同じような症状で、 悩んでいるのは、 一人だけではないということを、 心に銘記しておきましょう。 私も、また、字を書くと手が震えていた他の人も、 この症状を 克服できました。 あなたも、うまく対処できるようになりますよ!.

次の

2週間前から手の震えが止まりません初めはストレスが原因で震えていた...

手の震え

Sponsored Link しかしながら、病気が進行する過程で何らかの原因が作用して、逆に甲状腺ホルモンが一時的に増加することがあります。 その際にも、動悸や手の震え、全身倦怠感など、甲状腺機能が逆に亢進することで「甲状腺中毒症」の症状が現れることがあります。 甲状腺の病気は「機能低下」や「機能亢進」で似たような症状が現れる場合があるため、注意する必要があります。 一時的なホルモンの増加が比較的少ない場合は、1~2週間もすれば自然に症状も治まりますし、もともと甲状腺の機能低下が見られない場合は自然治癒する可能性も十分にあるため、しばらく様子を見て、体の異常が続くようでしたら専門医に相談することが大切です。 動悸・手の震えは自己免疫で起こる? 甲状腺は喉仏の下にある人体で最も大きな内分泌気管。 新陳代謝を活発に行うために欠かせないホルモンを分泌しています。 この大切な機能が低下する現象を発見したのは、九州大学の橋本教授で1920年のことです。 血液中に甲状腺を異物とみなす「自己抗体」、もっと詳しく言えば、「抗サイログブリン抗体、抗マイクロゾーム抗体」が作られることで、細菌やウイルスから身を護る機能が失われ、自らの甲状腺を破壊してしまう「慢性甲状腺炎」を発症します。 女性の10人に1人は潜在的にこの病気を持ち続けているといわれています。 主な症状は、動悸や手の震えの他、「手足のむくみ」「皮膚のかさつき」「倦怠感」「声のかすれ」「便秘がちになる」「体重が増える」「無気力になる」などの典型的なものが目立ちます。 声のかすれは、甲状腺の腫れがゆっくり、そして板か鉄のように硬く成長することで神経を圧迫するために起こるものです。 さらに悪化した場合は? 動悸や手の震えも患者さん本人にとっては厄介なものですが、病状がさらに進行すると、「粘液水腫」といって、「押してもへこまないむくみ」が出たり、「心不全」へ繋がるケースも目立ちます。 ただし、病気の進行はあくまでも「ゆっくり」ですので、患者さんが自分で気づくのが難しいという側面を持っています。 女性の場合は「更年期」と重なる時期であれば、一層鑑別が難しく、うつ病などの心の病気や物忘れが激しくなるなどの症状が、実は更年期障害の一症状ではなく、甲状腺の病気によるものであったという例も見られます。 また、その時期に動悸や手の震えを訴える女性も非常に多いため、医師による鑑別も必要になって来るでしょう。 閉経期に近づくことによる女性ホルモンの分泌低下と間違えやすく、また甲状腺機能低下との因果関係がはっきりしていない段階では、難しい判断となるようです。 動悸や手の震えから危険なケースへの移行も! まず、甲状腺機能低下症を放置すると、意識喪失や昏睡状態に陥ることがあります。 動悸や手の震えなど、前述した症状に心当たりがある人はそのような危険性も視野に入れ、くれぐれも注意して下さい。 また、喉仏の下のしこりが徐々に大きくなっているいるようであれば、「甲状腺がん」の可能性も否定できません。 こちらも女性に圧倒的に多いものですが、比較的「大人しいがん」とされていますので、早期発見、早期治療でほぼ根治が見込めるものです。 ただし、中には「タチの悪い未分化がん」や「悪性リンパ腫」がまれに見られるため、痛みなどを伴わない首の腫れなどは常にチェックしておくことをおすすめします。 症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)•

次の