宿毛 観光。 【島旅】高知県宿毛市の沖の島へ行こう | みんなの観光協会

12. 四万十・足摺エリア

宿毛 観光

概要 [ ] 航路は、宿毛フェリーの前身である宿毛観光汽船がに開設した。 かつては コバルトラインの愛称で親しまれた。 、同社が手続開始の申立てを行い破産宣告を受けるとともに、同日午前3時発の便をもって運航を休止した。 航路再開については当初、(福岡県北九州市)が事業を継承すべく新会社「土佐・佐伯フェリー」を同年5月に設立したが頓挫した。 のち、(東京都港区)など4社により「宿毛フェリー」が設立された。 運航再開にあたっては関連会社である(山口県周南市)の運航ノウハウを活かすとともに、従来2隻あった船舶を1隻とする合理化がなされた。 また、高知県と同県の6市町村による4億円を限度とする補助スキームの設定といった地元側の支援も行われた。 2018年10月に再度運航を休止。 2019年3月には宿毛フェリーが宿毛市に対して運航再開断念を正式に表明し、7月には唯一の船体を売却している。 宿毛市では再開に向けて一般旅客航路を運航する海運会社へのアンケートや、関心を示した海運会社との協議を行っているが、再開のめどは立っていない。 大阪と高知を結ぶ航路を運航していたが2005年6月に休止して以降は、高知県と県外を結ぶ唯一の定期旅客船航路であった。 沿革 [ ]• - 片島(宿毛)-深浦-船越-佐賀関-大分-別府間で定期航路を運航していた宿毛汽船から分離して、宿毛観光汽船創業。 片島(宿毛)-別府の直通便を運航。 - 航路を変更し、宿毛-佐伯航路の運航を開始。 1,000トン型フェリー「 あしずり」就航。 - から第2豊予丸(1,000トン)をチャーターし、1日6便の運航を開始。 3月 - 1,500トン型フェリー「 さいき」就航。 6月 - 「 あしずり」に代えて、1,000トン型フェリー「 ニューあしずり」就航。 4月 - 「 さいき」に代えて、1,500トン型フェリー「 しまんと」就航。 - 宿毛観光汽船が中村支部に自己破産を申請。 破産宣告を受けたことに伴い、運航を休止する。 5月 - 航路運営の受け皿となる「土佐・佐伯フェリー」を設立するが、後に計画が頓挫する。 - 新たに設立された「宿毛フェリー」が受け皿となり、航路の運航を再開する。 2018年• 10月19日 - 燃料高騰のため、当分の間、全便運航休止することを発表。 11月1日 - 宿毛市議会への報告で、乗組員15人が解雇され、代表者と連絡が取れないことが判明する。 11月30日 - 寿燃料に対する支払い(6月分までの33万リットル分の燃料代)2,000万円余りが未払いとなっており、同社が船舶「ニューあしずり」をしていることが明らかになる。 12月 - 宿毛フェリーが滞納分の燃料代を2021年9月まで毎月分割して支払うなどの内容で、寿燃料との和解が成立。 2019年• 1月 - フェリー「ニューあしずり」の船体修理費等約3,360万円が未払いであるとして、島根県松江市の中村造船鉄工所が宿毛フェリーを高知地裁に提訴したことが明らかになる。 2月 - 高知地裁がフェリー「ニューあしずり」の競売開始を決定したことが明らかになる。 2月26日 - 宿毛フェリーから資金繰りが困難との説明を受けた宿毛市が、同社による運航再開を困難と判断し、代わりの運航会社を探す方針であることを表明。 3月5日 - 宿毛フェリーが運航再開断念を宿毛市に伝えたことが明らかになる。 5月 - 宿毛フェリーがフェリー「ニューあしずり」をの不動産会社、壱岐商業開発に売却。 航路 [ ] 宿毛湾港(片島岸壁)と佐伯港の間を、1日3往復、所要時間3時間で結んでいた。 2004年12月の航路再開後は、再開前と比較して、運用船舶数および便数が減少していた。 船舶 [ ] いずれも、宿毛観光汽船時代に就航した船舶である(就航順に記載)。 あしずり 1971年9月竣工・就航。 990総トン、全長70m、幅13. 6m、出力4,000馬力、航海速力16. 1ノット(最大17. 5ノット)。 旅客定員500人。 車両積載数:トラック(8t換算)22台、乗用車60台。 臼杵鉄工所建造。 1985年に売却ののち、1989年にへ売却された。 さいき 臼杵鉄工所建造、1974年3月29日竣工、4月1日就航、船舶整備公団共有船。 1994年、へ売却。 1,522総トン、全長74. 8m、垂線間長68. 0m、幅13. 6m、深さ4. 5m、満載喫水3. 2m、ニイガタ 6MG31EZ 2基2軸、4,000馬力、最高速力16. 6ノット、航海速力15. 9ノット 旅客定員611名、中型車3台、大型バス13台、乗用車6台• しまんと 1994年3月竣工、同年4月就航。 1,446総トン、全長89m、幅14. 2m、出力6,000、航海速力18. 8ノット(最大21. 0ノット)。 旅客定員484人。 車両積載数:トラック(8t換算)28台。 臼杵造船所建造。 2004年、へ売却された。 ニューあしずり 1985年6月竣工・就航。 999総トン、全長73. 6m、幅13. 5ノット)。 旅客定員484人。 車両積載数:トラック(8t換算)17台、乗用車4台。 永宝造船建造。 船室は、1等、2等、ドライバー室および室単位で貸切となるファミリー室がある。 2019年5月に長崎県壱岐市の不動産会社壱岐商業開発に売却されており、日本国内の別の航路に貸し出される予定。 脚注 [ ] []• 高知新聞. 2019年7月5日. 大分合同新聞. 2019年7月5日. の2019年7月20日時点におけるアーカイブ。 宿毛市. 2007年10月27日時点のよりアーカイブ。 2019年3月15日閲覧。 四国新聞. 2004年9月21日. 高知新聞. 2019年10月19日. 宿毛市. 2016年6月2日時点のよりアーカイブ。 2019年3月15日閲覧。 プレスリリース , 株式会社宿毛フェリー, n. 日本語. 日本経済新聞 電子版. 2018年10月19日. 2018年11月30日閲覧。 高知新聞. 2018年11月1日. 大分合同新聞. 2018年11月1日. 日本放送協会 2018年11月30日. NHK NEWS WEB. の2018年11月30日時点におけるアーカイブ。 2018年11月30日閲覧。 高知新聞. 2018年11月30日. 大分合同新聞. 2019年1月23日. の2019年3月15日時点におけるアーカイブ。 高知新聞. 2019年1月31日. 高知新聞. 2019年2月14日. 産経フォト. 2019年2月26日. 高知新聞. 2019年2月27日. 高知新聞. 2019年3月6日. 世界の艦船(1974年7月号,p161)• 宿毛フェリー. 2012年4月14日時点のよりアーカイブ。 2012年6月30日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (公式サイト) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

楽天トラベル:足摺・四万十・宿毛・須崎の観光スポット(たびノート)

宿毛 観光

地理 [ ] 海岸 [ ] 港湾• 山地 [ ] 主な山• 河川 [ ] 主な二級河川• 福良川• 伊与野川• 与市明川 島嶼 [ ] 主な島• 咸陽島 気候 [ ] 南海型のであり、一年を通して温暖な気候である。 4 72. 3 22. 9 73. 2 25. 3 77. 5 27. 8 82 32. 7 90. 9 33. 1 91. 6 37. 3 99. 1 38. 0 100. 4 35. 9 96. 6 30. 5 86. 9 27. 2 81 24. 3 75. 7 38. 0 100. 4 52. 5 12. 3 54. 1 15. 2 59. 4 19. 7 67. 5 23. 3 73. 9 25. 7 78. 3 29. 5 85. 1 30. 7 87. 3 28. 2 82. 8 23. 7 74. 7 18. 8 65. 8 14. 0 57. 2 21. 04 69. 1 37. 6 3. 6 38. 5 6. 3 43. 3 10. 7 51. 3 15. 2 59. 4 19. 3 66. 7 23. 4 74. 1 24. 0 75. 2 21. 0 69. 8 15. 2 59. 4 10. 0 50 5. 1 41. 2 13. 07 55. 7 23. 3 22. 7 25. 2 31. 6 5. 0 41 11. 3 52. 3 16. 4 61. 5 16. 3 61. 3 10. 0 50 4. 5 40. 1 31. 0 26. 3 22. 5 mm inch 63. 6 2. 504 85. 2 3. 354 136. 7 5. 382 163. 5 6. 437 196. 1 7. 72 290. 1 11. 421 250. 0 9. 843 242. 2 9. 535 250. 0 9. 843 141. 9 5. 587 94. 9 3. 736 57. 4 2. 26 1,971. 6 77. 0 mm 7. 1 7. 6 11. 4 10. 0 9. 8 13. 1 10. 7 9. 7 10. 7 7. 7 6. 7 5. 8 110. 3 平均月間 152. 1 155. 4 172. 2 187. 3 187. 0 142. 4 200. 4 221. 9 172. 5 183. 6 161. 2 161. 0 2,097 出典: 人口 [ ] 宿毛市と全国の年齢別人口分布(2005年) 宿毛市の年齢・男女別人口分布(2005年) 宿毛商銀信用組合本店• 宿毛支店・御荘支店• 宿毛支店• 平田支店、宿毛支店• 宿毛支所、宿毛東出張所 市内に本社を置く企業 [ ]• メディア [ ] ケーブルテレビ局 [ ]• 教育 [ ]• 宿毛市には「宿毛市奨学金貸与条例」という制度がある。 なお、奨学金は返還義務がともなう。 専修学校 [ ] 県立• 高知県立幡多看護専門学校 高等学校 [ ] 県立• 中学校 [ ] 市立• 小学校 [ ] 市立• - (2020年度廃校。 宿毛小学校に統合予定)• 特別支援学校 [ ] 県立• 自動車学校 [ ]• 宿毛自動車学校 かつて存在した学校 [ ]• (閉校)• (小筑紫小学校へ統合)• (同上) 交通 [ ] 空港 [ ]• () 鉄道 [ ] 宿毛貝塚 主な城郭• - 市指定史跡。 主な寺院• - 第39番。 赤亀山• - の中腹に所在する。 - 第55番札所。 栄松山 主な神社• - 跡に鎮座する。 - 付近に鎮座する。 を祭祀とする説がある。 篠山神社 - の山頂に鎮座する神社。 萩原天満宮 主な遺跡• - 国の史跡。 観光スポット [ ] 自然• 出井甌穴• 浜田の泊り屋• だるま夕日(秋から冬にかけて)• 祭事・催事 [ ] 主な催事• 市民祭宿毛まつり(10月上旬) - 「すくもやけん夏」と合併。 - で施行するである。 長賞が授与される。 著名な出身者 [ ]• (自衛隊、卒、建学の母、に次ぎ、4年生大学を開学した教育者、理事長、学長)• (()、・の保存に尽力)• (元)• (、、建学の母)• (実業家、創業者)• (政治家、実業家、の実父)• (政治家、実業家、創業者)• (プロ野球選手)• (投手コーチ)• (、)• (政治家、元議長)• (プロ野球選手)• (彫塑家、の像・の・騎馬武者像の作者)• (元) 出典 [ ] [].

次の

宿毛市観光協会

宿毛 観光

足摺・四万十・宿毛・須崎の 「遊ぶ」観光スポット(全59件)• 黒潮の荒波による浸食作用ででき上がった高さ約16m、幅17m、奥行き15mの洞門。 花崗岩の海食洞としては日本最大級で県の天然記念物。 洞門のそばまで遊歩道が延びている。 四万十川の遊覧船は数社が運行。 四万十川観光開発の屋形船は、もっとも河口に近い流域を往復。 投網漁や柴漬け漁など伝統漁法の見学ができる。 昔ながらの帆掛け船、舟母船も運航。 竜串海域公園でダイビング体験ができる。 体験ボートダイブはボートにのって格好のダイビングポイントまで行き、カラフルな熱帯魚やサンゴが見られる。 対象年齢は10歳以上。 かまぼこ型のガレージのような部屋が連なる宿泊施設は全室トイレ、シャワー付き。 テント泊の場合は宿泊室の前の広場がサイトになっている。 ライダーも多いが一般の利用も可能。 足摺・四万十・宿毛・須崎の 「観る」観光スポット(全5件)• 弘法大師空海があまりの不便さから見残したことに由来する。 一周約60分の遊歩道を進めば、天然記念物の化石漣痕、屏風岩など珍しい天然の彫刻が次々と現れる。 海洋堂の歴史とコレクションの集大成。 門外不出、世界一のプラモデルコレクションから最新フィギュア、さらには有名造型師たちの恐竜から美少女まで、あらゆるホビーを展示するミュージアムだ。 足摺半島の近海に棲息する生き物200数種類3000尾を飼育・展示している。 直径9m、高さ6m、水量380トンの海洋水槽や、磯の生き物を集めたタッチングプールがある。 延長約4kmにわたって広がる入野海岸の砂浜をそのまま美術館に見立てている。 Tシャツアート展や漂流物展、潮風のキルト展などユニークなイベントを開催。 足摺・四万十・宿毛・須崎の 「歴史」観光スポット(全20件)• 青源寺とともに深尾家ゆかりの寺。 佐川町の寺の中でもっとも古く、約600年の歴史がある。 庭園はひさご園とも呼ばれる池泉回遊式の寺院築山泉水園で、土佐三名園の一つ。 三嶋神社の境内にある農村歌舞伎の舞台。 鍋蓋上回し式舞台と呼ばれる全国唯一の方式は国の重要有形民俗文化財。 4年に一度開かれる農村歌舞伎には多くの人が訪れる。 ジョン万次郎の生涯をパネルや模型、映像で紹介する資料館から車で20分。 残された写真資料をもとに、再現された氏の生家が建つ。 漁村の暮らしぶりがうかがえる茅葺きの木造平屋だ。 全国の山河を放浪し、句作と酒をこよなく愛した種田山頭火。 彼が池川に立ち寄った際、地元の人々のぬくもりに触れ、詠んだ俳句を句碑にしたもの。 仁淀川町土居に建っている。 足摺・四万十・宿毛・須崎の 「自然」観光スポット(全24件)• 四国最南端の景勝地。 足摺半島の先端にあり、一帯は足摺宇和海国立公園に指定されている。 足摺岬は標高433mの白皇山を中心とする花崗岩台地からできている。 大月半島と橋で結ばれている柏島。 透明度が高い海に約1000種類の魚が生息し、大規模なテーブルサンゴが群生。 ダイビングやシュノーケリングを目当てに訪れる人が多い。 山口県の秋吉台、福岡県の平尾台と並ぶ日本三大カルストの一つ、四国カルストの東端に位置する。 独特な形の石灰岩と放牧牛が草を食んでいるのどかな風景が広がる。 大月半島の南端にある断崖絶壁の海岸。 展望台からは約100mの絶壁が見下ろせ、遠く九州まで眺望できる。 観音像そっくりの形をした高さ30mの観音岩が見もの。 足摺・四万十・宿毛・須崎の 「街並」観光スポット(全5件)• 文久2(1862)年、脱藩して京へ向かう坂本龍馬ら志士たちが国抜けの際に通った道。 太郎川公園から韮ヶ峠までは脱藩の道と呼ばれ、多くの人に歩かれている。 沈下橋とは増水時に水中に沈む橋で、水の抵抗を少なくするために欄干がないのが特徴。 四万十川中流域に架かるこの橋は、周囲の美しい景観に溶け込んでいる。 国道194号と石鎚スカイラインを結ぶ、全長約26kmの国有林内の舗装道路。 山の稜線に沿って石鎚山を背景に標高1300mから1700mを走る雄大なドライブルート。 沈下橋は大増水になっても流されることなく水中にとどまる橋で、水の抵抗を少なくするために欄干がない。 佐田沈下橋は四万十川の最下流に位置し、一年を通じて多くの観光客が訪れる。 足摺・四万十・宿毛・須崎の 「名所」観光スポット(全12件)• 日本初の海中公園の指定を受けた竜串海中公園にあり、日本最大級の規模を誇る海中展望塔。 水につかることなく100種類以上の熱帯魚や回遊魚を観察することができる。 足摺岬の先端、約80mの断崖の上に立つ高さ18mの灯台。 大正3(1914)年に初点灯、その後改修され、現在は光度220万カンデラ、光達距離38kmと日本最大級の規模を誇る。 藩政時代に氷室天神社は藩主に献上する氷の運搬の中継地だった。 神社の奥にある氷室脇に、現在でもこんこんと涌く名水はかつて藩主も愛飲したといわれている。 四万十川源流域に位置する久万秋滝山に湧く天然水。 長い時間をかけて蒸留した、軟質で爽やかな清水が硬砂岩の割れ目から湧き出ていて、容器に入れて持ち帰ることができる。 足摺・四万十・宿毛・須崎の 「買う」観光スポット(全48件)• 手漉きやはた織り体験(要予約)ができる施設、クアハウス、レストラン、ホテルなどが整う。 外壁に藁を使った斬新なデザインのまちの駅。 1階から3階まで吹き抜けの店内には地野菜や卵、加工品のほか、脱藩をモチーフにしたグッズなどが豊富に取り揃う。 四万十市トンボ自然公園にあるトンボと魚の自然史博物館。 国内外のトンボ標本1000種3000点などを展示した「とんぼ館」と、国内外の川魚300種類3000尾を飼育展示する「さかな館」とがある。 豊かな緑に囲まれた道の駅。 土佐の伝統工芸である和紙の紙すき体験をはじめ、はた織り(要予約)やカヌーなどの体験ができる。 レストランやクアハウス、ホテルも併設。 足摺・四万十・宿毛・須崎の 「温泉」観光スポット(全14件)• 土佐湾にそそぐ仁淀川沿いに湧く塩分濃度が高く、肌に心地よい天然温泉。 高台に建ち、清流や周囲の山々を望む温泉宿があり、露天風呂や寝湯など、多彩な風呂を楽しめる。 標高1763mの寒風山のふもとに湧く。 道の駅に隣接する温泉宿泊施設があり、眼前に流れる川のせせらぎを聞きながら入浴できる。 木のぬくもりに包まれた湯浴みが心地よい。 日本最後の清流といわれる四万十川と広見川の合流地点に湧く。 自然美にあふれる雄大な風景を満喫するホテルがある。 夏にはカヌーやキャンプを楽しむ人が大勢訪れる。 美しい四万十川の景色が見られると評判の四万十町にある。 緑深い山々と清流に囲まれた好立地。 豊かな自然と温泉を楽しみ、そして天然鮎やウナギを堪能したい。

次の