五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川。 奥の細道最上川

五月雨という季語はいつ使う?実は5月に使うのは間違いだった! • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

梅雨の季語を使った俳句 梅雨の季節を詠んだ俳句は相当にたくさんあります。 下に紹介していきますので参考にしてください。 青梅に 手をかけて寝る 蛙哉 (小林一茶) 有名な俳人、小林一茶の句です。 季語は「青梅」です。 一茶はか弱いものや小さなものに優しい視点を当てた俳人として有名ですね。 梅雨晴れの 夕茜して すぐ消えし (高浜虚子) 高浜虚子の句です。 季語は「梅雨晴れ」。 梅雨の合間に晴れてほんの少しだけ見えた夕焼けを惜しむ気持ちが伝わってきます。 紫陽花に 雫あつめて 朝日かな (加賀千代女) 季語は「紫陽花」です。 紫陽花は白、紫、ピンクなど様々な色のものがあることから「八仙花」とか「七変化」などとも呼ばれます。 美しき 黴や月さし ゐたりけり (加藤楸邨) 季語は「黴」です。 私達が嫌う黴の中にも美しさを見出して詠んだ句です。 いろんな視点があるものですね。 紫陽花や 帷子時(かたびらとき)の 薄浅黄(うすあさぎ) (松尾芭蕉) 言わずと知れた松尾芭蕉の句です。 季語は「紫陽花」です。 紫陽花の花が咲いている様子を帷子を着ていることに模して季節感を出しています。 紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘 (正岡子規) こちらも有名な正岡子規の句です。 季語は「紫陽花」です。 紫陽花の花の色が移ろいやすいことを捉えて人の心の移ろいやすさ、世の無情に思いを巡らせています。 わが恋は 人とる沼の 花菖蒲(はなあやめ) (泉鏡花) 明治から昭和にかけて活躍した小説家の泉鏡花の句です。 季語は「花菖蒲」。 「私の恋は人の沼から花菖蒲を盗むようなものだ」と解釈できます。 禁断の恋のことを詠んだんですね。 五月雨を あつめて早し 最上川 (松尾芭蕉) 松尾芭蕉の有名な句です。 季語は「五月雨」です。 詳しくはこちらの記事を参照してください。 あの小説家の芥川龍之介もこんな句を読んでいました。 季語は「さみだれ」です。 軒の下の薪が雨で湿ってしまうことを詠んでいます。 梅雨雲の うぐひす鳴けり こゑひそか (水原秋櫻子) 水原秋櫻子の句で、季語は「梅雨雲」です。 梅雨のどんよりとした空の下、どこかで静かに鳴いているウグイスの鳴き声が聞こえてくるようです。 梅雨晴れや 蜩(ひぐらし)鳴くと 書く日記 (正岡子規) 正岡子規の句で、季語は「蜩」です。 梅雨の晴れ間、日が傾いてきたことをヒグラシの声で気づき日記を書くきっかけとしていたんですね。 降る音や 耳もすう成る 梅の雨 (松尾芭蕉) 芭蕉の句です。 季語は「梅の雨」です。 「耳もすう成る」とは「耳も酸っぱくなるような」と解釈できます。 聴覚と味覚の両方に訴える効果を狙った芭蕉らしい句です。 紫陽花も はりの色の 曇つてゐる 最後にご紹介するのは放浪の詩人、種田山頭火の自由律俳句です。 季語は「紫陽花」です。 どんよりした曇り空と紫陽花の花の色を対比させて描写しています。

次の

【五月雨を集めてはやし最上川】俳句の季語や意味・表現技法・作者など徹底解説!!

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

奥の細道最上川 芭蕉db 奥の細道 (・最上川 5月28日・29日) 最上川のらんと、大石田と云所に日和を待。 爰に古き俳諧の種こぼれて、忘れぬ花のむかしをしたひ、 芦角一声の心をやはらげ、此道にさぐりあしゝて、新古ふた道にふみまよふといへども、みちしるべする人しなければと、わりなき一巻残しぬ。 このたびの風流、 爰に至れり。 最上川は、みちのくより出て、山形を水上とす。 ごてん・はやぶさなど云おそろしき難所有。 板敷山の北を流て、果は酒田の海に入。 左右山覆ひ、茂みの中に船を下す。 是に稲つみたるをや、いな船といふならし。 白糸の 滝は青葉の隙々に落て、仙人堂、岸に臨て立。 水みなぎつて舟あやうし。 (さみだれを あつめてはやし もがみがわ) 前へ 次へ 表紙 年表 俳諧書留 最上川句碑 初夏の最上川 芭蕉と曾良の像(山形県新庄市本合海)以上3枚、NTTファシリティーズ増田健児さん 提供 :馬を借りて天童に出る。 ここで内蔵宅に立ち寄ってもてなされる。 午後3時、大石田 高野一栄宅に到着。 疲労のため句会を中止した。 :夜になって小雨が降る。 この日、「五月雨を集て涼し」の発句で始まる四吟歌仙を巻く。 会を終えてから、一栄と川水を誘って曹洞宗黒滝山向川寺に参詣。 一栄宅に2泊目。 :朝のうち曇。 8時ごろから晴れる。 芭蕉は近くを散策の後、物書き。 : 大石田を出発。 途中まで一栄と川水が送ってくる。 舟形町を経由して新庄市に入る。 新庄に一泊。 新庄の「風流」宅に宿泊。 「」と詠んだ。 :新庄に滞在。 昼過ぎより盛信宅に招かれる。 盛信は昨日の風流の本家筋に当る。 ここで「 」を詠む。 :太陽暦では7月19日。 新庄を出発。 天気快晴。 川舟にて東田川郡立川町を経由して羽黒町へ。 この川舟の上で「集めて早し」となったという。 五月雨を集めて早し最上川 奥の細道全体を通して山形での作品に秀句が多いのはなぜだろう。 これも最も人口に膾炙した句の一つである。 山形では句会が多く催されたらしい。 この作品は、5月29日夜大石田の船宿経営高野平左衛門 (一栄)方にて行われた句会の冒頭の発句「 五月雨を集て涼し最上川」 である。 これはまた随分とやさしい句だが、「涼し」一語を「早し」と変えただけで、怒涛渦巻く最上川に変るから言葉の持つ威力はものすごい。 山形県北村山郡大石田西光寺の「 五月雨を集て涼し最上川」 の句碑(牛久市森田武さん撮影) 夏草に覆われて荒れ放題の山形県北村山郡黒滝山向川寺(同上) 白糸の瀧(同上)• 最上川乗らんと:最上川の舟下りをしようとの意。 大石田:山形県北村山郡大石田町。 当寺最上川舟下りの起点だった。 芦角一声の心をやはらげ:<ろかくいっせいの・・>と読む。 「蘆角」は、辺鄙な田舎という程度の意味、ゆえに、鄙びた俳諧だが人々を慰めることができるの意。 この道にさぐり足して、新古二道に踏み迷ふといへども :<このみちにさぐりあしして、しんこにどうに・・>と読む。 情報の乏しい鄙にいると、俳諧道に入ってみても、いま起こっている新しい動きが分からず、伝統俳諧への批判を理解できないまま、古今の俳諧の道に迷ってしまう、の意。 「 爰に古き俳諧の種こぼれて・・・みちしるべする人しなければと 」:この引用全体は、「…」といって依頼されたの意。 わりなき一巻:俳諧の指導 のため仕方なく俳諧一巻を巻いて与えた。 芭蕉にとってこれは、一栄や川水を指導するための「俳諧実習」だったのである。 このたびの風流、ここに至れり。 :この旅の俳諧の成果は、このような形 でも実現したのである。 草深き東北の地に自分の俳諧理念が伝授された喜びを表す。 いな船といふならし:「最上川上れば下るいな舟のいなにはあらずこの月ばかり」(『新古今和歌集』東歌) から引用。 「いな船」は「稲船」で稲を運ぶ舟の意だが、この歌の方の「いな」は「否」の意で、男が女に言い寄ったところ、セックスを拒否するわけではないが、いまちょうど「月」のもの(月経)ゆえに「否」だと断られた、の意。 奔放な東歌である。 隙々:<ひまひま>と読む。 隙間のこと。 碁点・隼:<ごてん・はやぶさ>と読む。 最上川舟下りの難所。 川中に碁石のように暗礁が点在するところからこう言ったという。 全文翻訳 最上川を舟で下ろうと大石田というところで日和を待った。 「こごには古ぐっから俳諧が伝えられでて、いまも俳諧隆盛の昔を慕っで、文字通り『芦角一声』の、田舎の風流でよ、みんなはこいづによって、心ば和ませでいんのよ。 今日まで、この俳諧の道を手探りすながら歩んで来たけんど、新旧二づの道のどっつば歩んだらいいんだべが、教えてける先達もいねぇがら」と言うので、やむなく俳諧一巻を巻いた。 この度の風流はこういうところにまで至ったのである。 最上川は、同国米沢を源流とし、山形を上流とする川である。 碁点や隼などという恐ろしい難所のある川だ。 「みちのくにちかきいではの板じきの山に年へて住ぞわびしき」の歌枕で有名な板敷山の北を流れて、最後は酒田の海に入る。 川の左右が山に覆われているので、まるで茂みの中を舟下りするようなことになる。 この舟に稲を積んだのを稲舟といい、「もがみ川のぼればくだるいな舟のいなにはあらず此月ばかり」と詠われたりしている。 白糸の滝は青葉の木々の間に落ち、源義経の下臣常陸坊海尊をまつる仙人堂は河岸に隣接して立っている。 水を満々とたたえて舟は危うい。 五月雨をあつめて早し最上川.

次の

五月雨をあつめて早し最上川,って凄い!意味や季語についても

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

五月雨をあつめて早し最上川 松尾芭蕉 あまりにも有名な『おくのほそ道』の句です。 現在、沖縄地方と奄美地方が梅雨入りしていますが、「五月雨」は、この梅雨どきの雨のことを言います。 「五月の雨」が梅雨である理由は、これまでにもいく度か述べた「旧暦」の5月のことであり、今の太陽暦とは1ヶ月程度のずれがあるためです。 芭蕉はこの句を、山形県の大石田というところで詠みました。 はじめ高野一栄という人の家で歌仙の発句として詠んだ時は、「五月雨をあつめて涼し最上川」としていたのを、あとで実際に最上川の急流を下る舟に乗って、「水みなぎつて舟あやふし」(本文の記述)という水流の凄さを実感したことから、「あつめて早し」に改めたのだと言われます(この稿、旺文社/古典解釈シリーズ 文法全解『おくのほそ道』参照)。 最上川は、長さ229㎞、国内第7位の長さの川ですが、複数の県にまたがることなく、山形県内に終始しています。 また明治~大正~昭和のアララギ派の歌人斎藤茂吉には、次の歌があります。 最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも こちらは、「吹雪く」冬の歌ですから、季節は異なりますが、やはり最上川の激しさ、力強さを感じさせます。 芭蕉と茂吉、二人の巨人が最上川を詠んでいるため(もちろん茂吉は、芭蕉の秀句を意識していたことでしょう)、後の時代の人たちは、なかなか「最上川」を直接詠みこむことはむずかしいのではないかと思います。 関東地方はまだ梅雨入りにはすこし間があるかと思いますが、5月もあと一週間、晴れ渡る空を眺めていて、これからの五月雨と、一度だけたずねた最上川のこととを、あわせて思いみた次第です。 国語力が、思考力や判断力を養います。 そのための勉強は、言問学舎でこそ!.

次の