地震 前兆。 地震前兆_360百科

地震前兆_百度百科

地震 前兆

导语:经历大地震之后,人们开始发现,其实很多大地震在发生之前都有各种预兆,只是人们没有在意而已。 那么,地震的前兆有哪些呢? 就拿汶川地震来说吧,汶川在发生地震之前,各种动物都变得躁动不安,井水出现异味等等。 下面我们一起来来具体看看 地震前有哪些异常征兆。 地震的前兆有哪些 地震前有哪些异常征兆 地震前兆 地震的前兆有哪些:水异常 地下水包括井水、泉水等。 主要异常有发浑、冒泡、翻花、升温、变色、变味、突升、突降、泉源突然枯竭或涌出等。 至于在视觉、听觉、触觉、振动觉、平衡觉器官中,哪些起了主要作用,哪些又起了辅助判断作用,对不同的动物可能有所不同。 伴随地震而产生的物理、化学变化 振动、电、磁、气象、水氡含量异常等 ,往往能使一些动物的某种感觉器官受到刺激而发生异常的反应。 如一个地区的重力发生变异,某些动物可能能通过它的平衡器官感觉到;一种振动异常,某些动物的听觉器官也许能够察觉出来;地震前地下岩层早已在逐日缓慢活动,呈现出蠕动状态,而断层面之间又具有强大的摩擦力,于是有人认为在摩擦的断层面上会产生一种每秒钟仅几次至十多次、低于人的听觉所能感觉到的低频声波。 人只能感觉得到每秒20次以上的声波,而动物则不然。 那些感觉十分灵敏的动物,在感触到这种声波时,便会惊恐万分、狂躁不安,以致出现冬蛇出洞,鱼跃水面,猪牛跳圈,在浅海处见到深水鱼或陌生鱼群。 鸡飞狗跳等异常现象。 动物异常的种类很多,有大牲畜、家禽、穴居动物、冬眠动物、鱼类等等。 地震之前,气象也常常出现反常。 主要有震前闷热,人焦灼烦躁,久旱不雨或阴雨绵绵,黄雾四散,日光晦暗,怪风狂起,六月冰雹 飞雪 等等。 地震的前兆有哪些:地声异常 地声异常是指地震前来自地下的声音。 其声有如炮响雷鸣,也有如重车行驶、大风鼓荡等。 当地震发生时,有纵波从震源辐射,沿地面传播,使空气振动发声,由于纵波速度较大但势弱,人们只闻其声,而不觉地动,需横波到后才有动的感觉。 所以,震中区往往有"每震之先,地内声响,似地气鼓荡,如鼎内沸水膨涨"的记载。 如果在震中区,3级地震往往可听到地声。 地声是地下岩石的结构、构造及其所含的液体、气体运动变化的结果,有相当大部分地声是临震征兆。 掌握地声知识就有可能对地震起到较好的预报预防效果。 地震前异常 地震的前兆有哪些:地光异常 地光异常指地震前来自地下的光亮,其颜色多种多样,可见到日常生活中罕见的混合色,如银蓝色、白紫色等,但以红色与白色为主;其形态也各异,有带状、球状、柱状、弥漫状等。 一般地光出现的范围较大,多在震前几小时到几分钟内出现,持续几秒钟。 中国海城、龙陵、唐山、松潘等地震时及地震前后都出现了丰富多彩的发光现象。 地光多伴随地震、山崩、滑坡、塌陷或喷沙冒水、喷气等自然现象同时出现,常沿断裂带或一个区域作有规律的迁移,且与其他宏观微观异常同步,其成因总是与地壳运动密切相关。 且受地质条件及地表和大气状态控制,能对人或动、植物造成不同程度的危害。 异常报告,都在震前几秒钟至1分钟左右目前我们所掌握的地光。 如海城地震,澜沧、耿马地震等都搜集到了类似的报告。 地震的前兆有哪些:地气异常 地气异常指地震前来自地下的雾气,又称地气雾或地雾。 这种雾气,具有白、黑、黄等多种颜色,有时无色,常在震前几天至几分钟内出现,常伴随怪味,有时伴有声响或带有高温。 地震的前兆有哪些:地动异常 地动异常是指地震前地面出现的晃动,科学上将他称为前震 foreshock。 前震的定义是:所有先于最大震级的震动都称作前震。 有些前震人可以感觉得到。 最为显著的地动异常出现于1975年2月4日海城7. 3级地震之前,科学家们也通过前震对海城地震做出了准确预报。 地震的前兆有哪些:地鼓异常 地鼓异常指地震前地面上出现鼓包。 1973年2月6日四川炉霍7. 9级地震前约半年,甘孜县拖坝区一草坪上出现一地鼓,形状如倒扣的铁锅,高20厘米左右,四周断续出现裂缝,鼓起几天后消失,反复多次,直到发生地震。 与地鼓类似的异常还有地裂缝、地陷等。 地震的前兆有哪些:电磁异常 电磁异常指地震前家用电器如收音机、电视机、日光灯等出现的异常。 最为常见的电磁异常是收音机失灵,在北方地区日光灯在震前自明也较为常见。 1976年7月28日唐山7. 8级地震前几天,唐山及其邻区很多收音机失灵,声音忽大忽小,时有时无,调频不准,有时连续出现噪音。 同样是唐山地震前,市内有人见到关闭的荧光灯夜间先发红后亮起来,北京有人睡前关闭了日光灯,但灯仍亮着不息。 电磁异常还包括一些电机设备工作不正常,如微波站异常、无线电厂受干扰、电子闹钟失灵等。 相关推荐:.

次の

関東で地震の発生相次ぐ。江戸から伝わる「前兆」現象は本当か?

地震 前兆

image by: この地震の発生で、SNS上では「もしや首都直下地震の前触れか?」と、朝の関東住民たちをザワつかせました。 地震発生の前兆「宏観異常現象」とは何か? さて、地震の発生前に、その「前兆」とも言える現象が起こるという話をご存じでしょうか。 それが「宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)」(大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象とされるもの)と呼ばれるものです。 例えば、古くから言い伝えられているのが「水槽のナマズが騒ぐ」「カラスの鳴き声がいつもより多い」「ネズミが大移動する」といったもの。 こうした動植物の異変と地震を結びつける言い伝えや俗信は日本全国にあり、実際に研究をおこなっている大学や研究機関も少なくありません。 「ナマズが騒ぐと地震が起きる」の由来 日本ではナマズと地震の関係が古くから注目されています。 日本中で言い伝えられている俗信や迷信などを集めた鈴木棠三・著『日本俗信辞典 動・植物編』(1982、角川書店)を紐解くと、「鯰(なまず)」の項に、以下のような記述がありました。 以下にある安政二年の地震とは、「安政江戸地震」と呼ばれる1855年10月2日(現在の11月11日)発生の江戸直下を震源とするM7クラスの巨大地震のことです。 『安政見聞誌』の上巻に、安政二年の江戸の大地震の際、ナマズの騒ぐのを見て地震の来るを知り、難をのがれた男の話が見えている。 一説に、ナマズは地震前の地電流に敏感に反応し騒ぐのではないかといわれる。 ナマズが多くとれる時は地震ありと、ひげにあぶくの生ずる時は地震近し、ともいう。 やはり江戸の時代から「 ナマズが騒ぐと地震が近い」という俗信が信じられていたようです。 江戸時代には大ナマズが地下で暴れることで大地震を起こすという民間信仰があり、安政の地震以降にナマズが大暴れする様子を描いた「鯰絵(なまずえ)」と呼ばれる多色刷りの浮世絵が多く残されました。 地震だけでなく、当時の世相を皮肉ったものや、幕府への不満なども込められているため江戸幕府が禁止したという過去もあります。 日本国内では今も昔も「ナマズ」が地震前兆のシンボルになっているというわけですが、ここに出てくる聞き慣れない『安政見聞誌』(あんせいけんもんし)とは何の書物でしょうか。 によると以下のような解説が出ています。 震災の年に脱稿し、安政年間に刊行されました。 全3冊。 絵師は歌川国芳(うたがわくによし)ほか。 内容は『安政見聞録』よりはるかに豊かで、江戸各地の被害状況はもとより、新吉原で穴蔵に避難した遊女が全員焼死した話や地震の前兆(鯰(なまず)の異変、磁石が磁気を失ったこと)など、災害時の心得や地震予知に関する貴重な情報が記載されています。 江戸時代の安政3年に発生した地震にも、当時の被害状況などを記録するルポルタージュが出版されていたことに驚きました。 さて、この『安政見聞誌』ですが、上記を見ればナマズ以外にも重要な「宏観異常現象」に関する記述があることが分かります。 「 磁石が磁気を失った」という部分です。 安政地震の発生前に「磁石が磁力を失った」という記録 東京・港区立港郷土資料館のには、件の『安政見聞誌』に掲載されている「地震計」の図について、 地震計は、江戸時代に考案された地震予知器です。 安政の大地震の前に磁石が磁力を失ったという話をもとに作られました。 現在でも地震予知は難しいのですが、江戸時代から、このような試みが行われています。 と、 安政の地震前に磁石が磁力を失ったことが書かれていることを紹介しています。 その記述とはどういったものだったのか、には所蔵資料である『安政見聞誌』に関する記述に、以下のような資料解説が記されていました。 「10月2日の地震の一時 いっとき ほど前、浅草の眼鏡屋に置いてあった磁石から吸い付いていた古釘などが悉(ことごと)く落ちたという。 そのエピソードに続き、地震時計の図が紹介されている。 原理は磁石に釘を吸いつけておき、地震の前に磁石が引力を失ってこの釘が落ちると、時計仕掛けが作動し「りん」を打って予告するという」 上記のとおり、江戸・浅草のメガネ屋さんに置いてある磁石に付いていた釘などが地震発生の一時(いっとき、約2時間)ほど前に落ちたというエピソードが書かれていました。 磁石の磁力低下と地震の関係については、以前から「冷蔵庫に貼っていた磁石が一斉に落ちた」という宏観異常現象が報告されており、上記の「地震計」を応用した「鈴落下装置」という磁石を使った地震予知の装置の作り方もネットに出回っているようです。 江戸時代の人たちが教えた「ナマズ」や「磁力の低下」という地震の「前兆」が、現代の地震予知研究に役立つ日がくるのかもしれません。 地震前兆を可視化する鈴落下装置 江戸安政の大地震の際 店先の磁石についていた釘が落下 その2時間後に地震が起きたという話が有名らしく。 半径100キロくらいの直下型地震には、かなり敏感に反応する…らしいです。 地震の前兆は本当にあるのか? 最近では6月4日夜に、神奈川県の横須賀市を中心とする三浦半島全域で、500件以上の通報が寄せられた謎の異臭騒ぎがあり、SNSなどのネット上では「首都直下地震の前兆ではないか」と話題になったこともありました。 事態を重く見た横須賀市は4日夜、ツイッターの公式アカウントで異例の報告を投稿しています。 6月4日20時頃から、横須賀市の東部海岸沿いにおいて異臭がするとの通報が相次いでいます。 原因については調査中ですが、現時点で分かっていることをお伝えします。 陸域の方が割合的には可能性高そうだが、海域の可能性もあり。 波形にヒントがないか探します — Kuramayu Kuramayu1110 神奈川県の三浦半島の沿岸部で4日夜、「異臭がする」との110番や119番が相次いだ。 これ怖いよね? ガスが地上に上がってきてるんじゃない?地震と関係なければいいけど? 原因を調べて欲しい? お外が今まで嗅いだことがないような臭い匂いがする。 満月だし地震とか起きるのかな。 用心しまし。 — たまご pFSAYlPCDcNAdwo カラスが数羽、大きな鳴き声あげて通り過ぎたと思ったら、地震が起きた……カラスは予知してたに違いない? — ランまるこ 2021東京マラソン? inudogpoo2007 なぜだろう、最近養殖場の井戸水の水位が上がってきました。 これはもっと汲んでちょうだいってことかな。 三陸は地震の巣なので要注意。 — 富水春 husuisyun.

次の

地震前兆_360百科

地震 前兆

导语:经历大地震之后,人们开始发现,其实很多大地震在发生之前都有各种预兆,只是人们没有在意而已。 那么,地震的前兆有哪些呢? 就拿汶川地震来说吧,汶川在发生地震之前,各种动物都变得躁动不安,井水出现异味等等。 下面我们一起来来具体看看 地震前有哪些异常征兆。 地震的前兆有哪些 地震前有哪些异常征兆 地震前兆 地震的前兆有哪些:水异常 地下水包括井水、泉水等。 主要异常有发浑、冒泡、翻花、升温、变色、变味、突升、突降、泉源突然枯竭或涌出等。 至于在视觉、听觉、触觉、振动觉、平衡觉器官中,哪些起了主要作用,哪些又起了辅助判断作用,对不同的动物可能有所不同。 伴随地震而产生的物理、化学变化 振动、电、磁、气象、水氡含量异常等 ,往往能使一些动物的某种感觉器官受到刺激而发生异常的反应。 如一个地区的重力发生变异,某些动物可能能通过它的平衡器官感觉到;一种振动异常,某些动物的听觉器官也许能够察觉出来;地震前地下岩层早已在逐日缓慢活动,呈现出蠕动状态,而断层面之间又具有强大的摩擦力,于是有人认为在摩擦的断层面上会产生一种每秒钟仅几次至十多次、低于人的听觉所能感觉到的低频声波。 人只能感觉得到每秒20次以上的声波,而动物则不然。 那些感觉十分灵敏的动物,在感触到这种声波时,便会惊恐万分、狂躁不安,以致出现冬蛇出洞,鱼跃水面,猪牛跳圈,在浅海处见到深水鱼或陌生鱼群。 鸡飞狗跳等异常现象。 动物异常的种类很多,有大牲畜、家禽、穴居动物、冬眠动物、鱼类等等。 地震之前,气象也常常出现反常。 主要有震前闷热,人焦灼烦躁,久旱不雨或阴雨绵绵,黄雾四散,日光晦暗,怪风狂起,六月冰雹 飞雪 等等。 地震的前兆有哪些:地声异常 地声异常是指地震前来自地下的声音。 其声有如炮响雷鸣,也有如重车行驶、大风鼓荡等。 当地震发生时,有纵波从震源辐射,沿地面传播,使空气振动发声,由于纵波速度较大但势弱,人们只闻其声,而不觉地动,需横波到后才有动的感觉。 所以,震中区往往有"每震之先,地内声响,似地气鼓荡,如鼎内沸水膨涨"的记载。 如果在震中区,3级地震往往可听到地声。 地声是地下岩石的结构、构造及其所含的液体、气体运动变化的结果,有相当大部分地声是临震征兆。 掌握地声知识就有可能对地震起到较好的预报预防效果。 地震前异常 地震的前兆有哪些:地光异常 地光异常指地震前来自地下的光亮,其颜色多种多样,可见到日常生活中罕见的混合色,如银蓝色、白紫色等,但以红色与白色为主;其形态也各异,有带状、球状、柱状、弥漫状等。 一般地光出现的范围较大,多在震前几小时到几分钟内出现,持续几秒钟。 中国海城、龙陵、唐山、松潘等地震时及地震前后都出现了丰富多彩的发光现象。 地光多伴随地震、山崩、滑坡、塌陷或喷沙冒水、喷气等自然现象同时出现,常沿断裂带或一个区域作有规律的迁移,且与其他宏观微观异常同步,其成因总是与地壳运动密切相关。 且受地质条件及地表和大气状态控制,能对人或动、植物造成不同程度的危害。 异常报告,都在震前几秒钟至1分钟左右目前我们所掌握的地光。 如海城地震,澜沧、耿马地震等都搜集到了类似的报告。 地震的前兆有哪些:地气异常 地气异常指地震前来自地下的雾气,又称地气雾或地雾。 这种雾气,具有白、黑、黄等多种颜色,有时无色,常在震前几天至几分钟内出现,常伴随怪味,有时伴有声响或带有高温。 地震的前兆有哪些:地动异常 地动异常是指地震前地面出现的晃动,科学上将他称为前震 foreshock。 前震的定义是:所有先于最大震级的震动都称作前震。 有些前震人可以感觉得到。 最为显著的地动异常出现于1975年2月4日海城7. 3级地震之前,科学家们也通过前震对海城地震做出了准确预报。 地震的前兆有哪些:地鼓异常 地鼓异常指地震前地面上出现鼓包。 1973年2月6日四川炉霍7. 9级地震前约半年,甘孜县拖坝区一草坪上出现一地鼓,形状如倒扣的铁锅,高20厘米左右,四周断续出现裂缝,鼓起几天后消失,反复多次,直到发生地震。 与地鼓类似的异常还有地裂缝、地陷等。 地震的前兆有哪些:电磁异常 电磁异常指地震前家用电器如收音机、电视机、日光灯等出现的异常。 最为常见的电磁异常是收音机失灵,在北方地区日光灯在震前自明也较为常见。 1976年7月28日唐山7. 8级地震前几天,唐山及其邻区很多收音机失灵,声音忽大忽小,时有时无,调频不准,有时连续出现噪音。 同样是唐山地震前,市内有人见到关闭的荧光灯夜间先发红后亮起来,北京有人睡前关闭了日光灯,但灯仍亮着不息。 电磁异常还包括一些电机设备工作不正常,如微波站异常、无线电厂受干扰、电子闹钟失灵等。 相关推荐:.

次の