カイ テクノロジー。 株式会社カイテクノロジー(旧株式会社ウィズソフト)の中途採用・求人・転職情報|パソナキャリア

会社案内, ブルースカイテクノロジー株式会社, 横浜市

カイ テクノロジー

日本の企業の悪しき風習を煮詰めたような会社でした。 ・やればやるだけ責任が増える ・責任が増えても裁量や給料は増えない ・成功するのが「当たり前」 ・失敗するまで延々タスクが積み続けられる ・そして一つでも失敗したらシベリア送り ・仕事を断ればシベリア送り ・根をあげてもシベリア送り ・楯突いたらもちろんシベリア送り シベリア送りは比喩です悪しからず 人材は消耗品です。 壊れるまで酷使されます。 破壊検査みたいなものです。 その検査結果は次回には生かされません 経営者家族 とその取り巻き が上記の考えで動いているように思います。 上層部にとって人材は消耗品です。 表面的には前向きに新しいことをやろうとしている会社に見えます。 でも、中に入り知れば知るほど「前」ではなく「経営者」に向いて仕事をせねばならないことに気づきます。 そこから先は、上記のルートいずれかを辿って壊れるか、その前に辞めるか、ゴマスリに徹して生き残るかの三択です。 そんな会社ですが… 経営者とその取り巻きを除き、良い人が多かったです。 純粋に技術を高め合おう、お客様のためになるものを作ろう、みんなのために頑張ろう、そんな人が多かった印象です。 そんな良い人材が集まっているだけに、上層部の動きが残念でならなかったです。 悉く人材を潰していく企業です。 前向きに頑張ろうとすると、わんこそばのように仕事と責任を押し付けられ続けます。 人智を超えたスピードで。 これ以上無理だと言うと、なぜ食べられないのかと問われながらおかわりを盛り続けられます。 物理的に消化できなくなると、ネチネチした嫌味の繰り返し、強要された飲み会の席で説教、個室呼び出しの上で机を蹴り上げ恫喝、突如席替えが行われ執務室の一番端の席に隔離、能力不足を理由に減給などなど… よくぞここまでと感心するレベルで、ありとあらゆるハラスメントが繰り広げられます。 まるでパワハラの見本市。 しかしあくまで役員の中では「できない社員が悪い」のであって、自分たちの采配や対応に問題があるわけではないのです。 退職者が相次いでいるのは当然の結果だと思われます。 世間からの見え方をとにかく大切にしている会社です。 HPの内容や経営層の考えはとてもご立派でおめでたく、現状と理想が激しくかけ離れている印象を受けます。 直近2年ほどはとくに酷く、部長クラスの管理能力が低くイエスマンばかりのため指示がすぐに二転三転するので振り回されて何が正で動いているのかがわからなくなります。 そんな状況に中途採用組は異変を察知し、まともな感覚を持った人から離脱していきます。 業務は良くも悪くも個人プレイなので自分のペースで進められますが、上司に報告したことは本当に右から左に通り抜け、承認されているにも関わらず不備があると担当者が吊るし上げられ、鬱になるほど精神的に追い詰められることも少なくありません。 実際にドラマの世界のような罵倒やデスクや椅子を蹴り飛ばすなども頻繁にあり、ある意味では貴重な体験をしたと思います。 自分に矛先が向いたら最後ですね。 間接部門では精神的ストレスによりドクターストップで休職や出勤不能になりそのまま退職した人を何人も見ました。 そんな状況が改善されることなくどんどん悪化していくので自分も病気になる前に去りました。 社員の人生なんて会社は守ってくれません。 収入面でも、賞与では評価面談にフィードバックはなく実際に自分にも理由不明な大きな減額がありました。 給与ミスの問い合わせが0件の月はありません。 残業代は支給されましたが70時間オーバーが何ヶ月も続くこともあり、社員は使い捨て扱いです。 どんどん入れ替わるので個々のスキルレベルは年々低下し業務は増えるの繰り返しで社歴が長くなるだけ辛い思いをすることになります。

次の

アカマイ・テクノロジーズ

カイ テクノロジー

日本の企業の悪しき風習を煮詰めたような会社でした。 ・やればやるだけ責任が増える ・責任が増えても裁量や給料は増えない ・成功するのが「当たり前」 ・失敗するまで延々タスクが積み続けられる ・そして一つでも失敗したらシベリア送り ・仕事を断ればシベリア送り ・根をあげてもシベリア送り ・楯突いたらもちろんシベリア送り シベリア送りは比喩です悪しからず 人材は消耗品です。 壊れるまで酷使されます。 破壊検査みたいなものです。 その検査結果は次回には生かされません 経営者家族 とその取り巻き が上記の考えで動いているように思います。 上層部にとって人材は消耗品です。 表面的には前向きに新しいことをやろうとしている会社に見えます。 でも、中に入り知れば知るほど「前」ではなく「経営者」に向いて仕事をせねばならないことに気づきます。 そこから先は、上記のルートいずれかを辿って壊れるか、その前に辞めるか、ゴマスリに徹して生き残るかの三択です。 そんな会社ですが… 経営者とその取り巻きを除き、良い人が多かったです。 純粋に技術を高め合おう、お客様のためになるものを作ろう、みんなのために頑張ろう、そんな人が多かった印象です。 そんな良い人材が集まっているだけに、上層部の動きが残念でならなかったです。 悉く人材を潰していく企業です。 前向きに頑張ろうとすると、わんこそばのように仕事と責任を押し付けられ続けます。 人智を超えたスピードで。 これ以上無理だと言うと、なぜ食べられないのかと問われながらおかわりを盛り続けられます。 物理的に消化できなくなると、ネチネチした嫌味の繰り返し、強要された飲み会の席で説教、個室呼び出しの上で机を蹴り上げ恫喝、突如席替えが行われ執務室の一番端の席に隔離、能力不足を理由に減給などなど… よくぞここまでと感心するレベルで、ありとあらゆるハラスメントが繰り広げられます。 まるでパワハラの見本市。 しかしあくまで役員の中では「できない社員が悪い」のであって、自分たちの采配や対応に問題があるわけではないのです。 退職者が相次いでいるのは当然の結果だと思われます。 世間からの見え方をとにかく大切にしている会社です。 HPの内容や経営層の考えはとてもご立派でおめでたく、現状と理想が激しくかけ離れている印象を受けます。 直近2年ほどはとくに酷く、部長クラスの管理能力が低くイエスマンばかりのため指示がすぐに二転三転するので振り回されて何が正で動いているのかがわからなくなります。 そんな状況に中途採用組は異変を察知し、まともな感覚を持った人から離脱していきます。 業務は良くも悪くも個人プレイなので自分のペースで進められますが、上司に報告したことは本当に右から左に通り抜け、承認されているにも関わらず不備があると担当者が吊るし上げられ、鬱になるほど精神的に追い詰められることも少なくありません。 実際にドラマの世界のような罵倒やデスクや椅子を蹴り飛ばすなども頻繁にあり、ある意味では貴重な体験をしたと思います。 自分に矛先が向いたら最後ですね。 間接部門では精神的ストレスによりドクターストップで休職や出勤不能になりそのまま退職した人を何人も見ました。 そんな状況が改善されることなくどんどん悪化していくので自分も病気になる前に去りました。 社員の人生なんて会社は守ってくれません。 収入面でも、賞与では評価面談にフィードバックはなく実際に自分にも理由不明な大きな減額がありました。 給与ミスの問い合わせが0件の月はありません。 残業代は支給されましたが70時間オーバーが何ヶ月も続くこともあり、社員は使い捨て扱いです。 どんどん入れ替わるので個々のスキルレベルは年々低下し業務は増えるの繰り返しで社歴が長くなるだけ辛い思いをすることになります。

次の

(株)カイテクノロジーの採用データ

カイ テクノロジー

日本製紙グループの日本製紙ケミカル(本社:東京都千代田区 社長:町原 晃)は、当社が製造する溶解パルプを、米国のBuckeye Technologies Inc. (CEO:Mr. David B. Ferraro、本社:テネシー州メンフィス)が、北・南米、欧州、アフリカ、中近東、一部アジア諸国で独占的に販売する契約を結びました。 バッカイ・テクノロジーズ社は、コットンリンターパルプを製造販売する最大手企業で、操業拠点を米国、ドイツ、カナダ、アイルランド、ブラジルに持ち、全世界に特殊セルロース用および吸収体用のパルプを供給しています。 今回の契約は、当社が製造する高度に精製した溶解パルプを、全世界規模の販売網を持つバッカイ社を経由して販売するものです。 これにより、今後は、国内市場および東アジアだけではなく、全世界市場に安定的、継続的に溶解パルプを供給していきます。 溶解パルプを製造する国内唯一の企業であり、その他にも、木材の主成分であるセルロースやリグニンを原料とした機能性化成品、塩素化ポリオレフィンなどの機能性高分子製品、核酸等のバイオ製品、甘味料等の食品添加物など、それぞれに特徴のある商品をさまざまな産業分野に提供しています。 【溶解パルプ】 主に薬品で溶解して使用されることからその名で呼ばれており、レーヨンに代表される繊維、セロファンやCMC(カルボキシメチルセルロース)などのセルロース誘導体、プラスチック用填料などの工業用原料として使用されています。 【コットンリンターパルプ】 綿の種子にある短毛から作ったパルプであり、アセテート、硝化綿、CMC、高級筆記用紙、特殊用紙、工業用フィルターなどの原料として使用されます。

次の