ドラマ テセウス の 船 犯人。 テセウスの船の犯人は漫画とドラマで違う!原作の真犯人は2人いる?

「テセウスの船」ドラマと違う!原作の犯人は?

ドラマ テセウス の 船 犯人

スポンサーリンク そんな中。 この車椅子の男が真犯人なのではないかと疑う声が上がっております。 実際にこの車椅子の男の正体は誰なのか? 調査してみたところ。 男の正体は、 『加藤みきお』という人物ではないかとの見解が! ドラマで起こった事件の詳細 1989年(平成元年)に起こった衝撃の事件が 『 音臼小学校無差別事件』。 音臼小学校の多目的ホールでお泊り会を開催していた時の事。 突然、教師と生徒合わせて21名がこの世を去ることになってしまう。 亡くなったのは・・・。 5年生担任教師の木村さつき。 そして5年生の生徒のほとんど。 原因は、被害者達の飲んだ ジュースに『青酸カリ』が混入されていたとのこと。 心の父親である佐野文吾が逮捕された理由。 それは佐野家から青酸カリが発見されたのが決定的な証拠となったのだが・・・。 本当に佐野文吾がやったのか? 実は犯人は別にいた。 テセウスの船に登場する加藤みきおとは? スポンサーリンク 学校の先生からの信頼は厚く、クラスの仲間達からも慕われる存在。 しかし、ある日学校のイベントで、お泊り会なるものが開催されますが・・・。 その時、みきおの 祖母までもが他界。 みきおは養護施設に預けられることになってしまいます。 そして後日、事件は起こります。 その事件によってみきおは下半身に麻痺が残ってしまい、それからは車椅子生活を余儀なくされていたのでした。 30年後の現在では。 みきおは心の姉である 鈴の夫となっています。 2人が出会った当時、鈴はリハビリテーションセンターの職員として働いていました。 そこにリハビリに来たみきおと再会。 そこから恋愛に発展し、結婚することになったそうです。 テセウスの船のドラマをお得に視聴する方法は。 テセウスの船ドラマの犯人予想と動機の考察! テセウスの船ドラマの犯人予想と考察について。 犯人予想は加藤みきお やはりドラマの犯人予想は車椅子の男 『加藤みきお』だと思います。 すでにドラマの予告の時点から犯人臭がムンムン。 でもなぜ佐野文吾の娘である鈴と結婚したみきおが犯人だと言えるのか? その理由についてこれからご紹介していきます。 みきおが犯人となった理由を考察 考察はこう。 母親を失い、精神状態はボロボロだったみきお。 そんな時、音臼村に転校。 偶然隣の席だった鈴の優しさと笑顔をきっかけに、 恋愛感情を抱き始めたのです。 ある日、みきおは大好きな鈴にある質問を投げかけます。 それは、「鈴に好きな人はいるのか?」という質問。 すると鈴は、 「お父さんみたいな人」と回答。 これによってみきおは、 鈴の父親である文吾に嫉妬心を抱き、ひねくれた考えを抱きだします。 スポンサーリンク そして佐野文吾を犯人にするための作戦を思いつき、決行。 こうしてあの非道な事件が起こってしまうのです。 全てはみきおが鈴の気持ちを独占したいという欲求のために実行したこと。 だがしかし問題はこれだけではなかったのです。 ここでみきおの予想外の展開が起ってしまいます。 みきおの誤算を考察 鈴が理想の男性と感じている父、佐野文吾がいなくなれば、自分が鈴を独占できると勘違いしていた幹夫ですが・・・。 ここでみきおの誤算が生じるのです。 鈴は自分に振り向いてくれるどころか、父が犯人になり捕まったことで、心を閉ざしてしまったのです。 あの頃の優しくて笑顔絶えなかった鈴の姿は、まるっきり消え去り・・・。 別人のようになってしまったのです。 鈴の悲しそうな姿を見て、みきおは後悔。 そして31年後の現在。 自暴自棄に陥ったみきおは、また村で事件を起こしてしまいます。 周囲を巻き込んで自らこの世を去ろうと・・・。 しかしその時過去から戻ってきた心と出会い、一緒に過去にタイムスリップ。 過去でもみきおは、鈴の心を取り戻そうと、色々と問題を起こしていきます。 それでもみきおの策略はことごとく心に阻まれていきます。 みきおが事件を起こした後・・・ みきおが事件を起こしてしまった後の話ですが・・・。 身寄りのない みきおを引き取ったのは、担任教師の『木村さつき(演:麻生祐未)』。 実は親戚だったみたいなのです。 そして加藤だった名字を木村に変え、車椅子での人生を送ることになります。 テセウスの船のドラマロケ地詳細をしりたいかたは。 犯人予想の加藤みきおが車椅子になった理由 前の章で、加藤みきおはある事件によって車椅子になったと記載させていただきましたが・・・。 実はその事件の発端となった張本人こそ、加藤みきおだったのです。 みきおは佐野文吾を犯人に仕立て上げるため。 そして、自分が犯人じゃないと周囲に思わせるため、自作自演の罠を張ります。 そんな自作自演こそが、自分の飲み物に青酸カリを入れ、体調不良を起こすこと。 当初みきおは、学校で自分の牛乳に青酸カリをいれて少し飲み、被害者のフリをする予定だった。 しかし、ドクのまわりは想像以上に大きく、みきおは重体になってしまうのです。 こうして下半身が麻痺。 車いす生活となってしまったのです。 自業自得の結末だったんです。 テセウスの船ドラマで木村さつきも犯人に!?.

次の

テセウスの船最終回ネタバレ結末!漫画原作との違いや犯人予想は誰?

ドラマ テセウス の 船 犯人

スポンサーリンク そんな中。 この車椅子の男が真犯人なのではないかと疑う声が上がっております。 実際にこの車椅子の男の正体は誰なのか? 調査してみたところ。 男の正体は、 『加藤みきお』という人物ではないかとの見解が! ドラマで起こった事件の詳細 1989年(平成元年)に起こった衝撃の事件が 『 音臼小学校無差別事件』。 音臼小学校の多目的ホールでお泊り会を開催していた時の事。 突然、教師と生徒合わせて21名がこの世を去ることになってしまう。 亡くなったのは・・・。 5年生担任教師の木村さつき。 そして5年生の生徒のほとんど。 原因は、被害者達の飲んだ ジュースに『青酸カリ』が混入されていたとのこと。 心の父親である佐野文吾が逮捕された理由。 それは佐野家から青酸カリが発見されたのが決定的な証拠となったのだが・・・。 本当に佐野文吾がやったのか? 実は犯人は別にいた。 テセウスの船に登場する加藤みきおとは? スポンサーリンク 学校の先生からの信頼は厚く、クラスの仲間達からも慕われる存在。 しかし、ある日学校のイベントで、お泊り会なるものが開催されますが・・・。 その時、みきおの 祖母までもが他界。 みきおは養護施設に預けられることになってしまいます。 そして後日、事件は起こります。 その事件によってみきおは下半身に麻痺が残ってしまい、それからは車椅子生活を余儀なくされていたのでした。 30年後の現在では。 みきおは心の姉である 鈴の夫となっています。 2人が出会った当時、鈴はリハビリテーションセンターの職員として働いていました。 そこにリハビリに来たみきおと再会。 そこから恋愛に発展し、結婚することになったそうです。 テセウスの船のドラマをお得に視聴する方法は。 テセウスの船ドラマの犯人予想と動機の考察! テセウスの船ドラマの犯人予想と考察について。 犯人予想は加藤みきお やはりドラマの犯人予想は車椅子の男 『加藤みきお』だと思います。 すでにドラマの予告の時点から犯人臭がムンムン。 でもなぜ佐野文吾の娘である鈴と結婚したみきおが犯人だと言えるのか? その理由についてこれからご紹介していきます。 みきおが犯人となった理由を考察 考察はこう。 母親を失い、精神状態はボロボロだったみきお。 そんな時、音臼村に転校。 偶然隣の席だった鈴の優しさと笑顔をきっかけに、 恋愛感情を抱き始めたのです。 ある日、みきおは大好きな鈴にある質問を投げかけます。 それは、「鈴に好きな人はいるのか?」という質問。 すると鈴は、 「お父さんみたいな人」と回答。 これによってみきおは、 鈴の父親である文吾に嫉妬心を抱き、ひねくれた考えを抱きだします。 スポンサーリンク そして佐野文吾を犯人にするための作戦を思いつき、決行。 こうしてあの非道な事件が起こってしまうのです。 全てはみきおが鈴の気持ちを独占したいという欲求のために実行したこと。 だがしかし問題はこれだけではなかったのです。 ここでみきおの予想外の展開が起ってしまいます。 みきおの誤算を考察 鈴が理想の男性と感じている父、佐野文吾がいなくなれば、自分が鈴を独占できると勘違いしていた幹夫ですが・・・。 ここでみきおの誤算が生じるのです。 鈴は自分に振り向いてくれるどころか、父が犯人になり捕まったことで、心を閉ざしてしまったのです。 あの頃の優しくて笑顔絶えなかった鈴の姿は、まるっきり消え去り・・・。 別人のようになってしまったのです。 鈴の悲しそうな姿を見て、みきおは後悔。 そして31年後の現在。 自暴自棄に陥ったみきおは、また村で事件を起こしてしまいます。 周囲を巻き込んで自らこの世を去ろうと・・・。 しかしその時過去から戻ってきた心と出会い、一緒に過去にタイムスリップ。 過去でもみきおは、鈴の心を取り戻そうと、色々と問題を起こしていきます。 それでもみきおの策略はことごとく心に阻まれていきます。 みきおが事件を起こした後・・・ みきおが事件を起こしてしまった後の話ですが・・・。 身寄りのない みきおを引き取ったのは、担任教師の『木村さつき(演:麻生祐未)』。 実は親戚だったみたいなのです。 そして加藤だった名字を木村に変え、車椅子での人生を送ることになります。 テセウスの船のドラマロケ地詳細をしりたいかたは。 犯人予想の加藤みきおが車椅子になった理由 前の章で、加藤みきおはある事件によって車椅子になったと記載させていただきましたが・・・。 実はその事件の発端となった張本人こそ、加藤みきおだったのです。 みきおは佐野文吾を犯人に仕立て上げるため。 そして、自分が犯人じゃないと周囲に思わせるため、自作自演の罠を張ります。 そんな自作自演こそが、自分の飲み物に青酸カリを入れ、体調不良を起こすこと。 当初みきおは、学校で自分の牛乳に青酸カリをいれて少し飲み、被害者のフリをする予定だった。 しかし、ドクのまわりは想像以上に大きく、みきおは重体になってしまうのです。 こうして下半身が麻痺。 車いす生活となってしまったのです。 自業自得の結末だったんです。 テセウスの船ドラマで木村さつきも犯人に!?.

次の

テセウスの船の犯人は漫画とドラマで違う!原作の真犯人は2人いる?

ドラマ テセウス の 船 犯人

その「音臼村祭」で出されたキノコ汁に、正志の母が毒キノコを誤って混入させてしまったのです。 そしてキノコ汁を飲んだ徳本の母が亡くなりました。 その事件を調査し、毒キノコを混入させたのが正志の母だと暴いたのが、文吾だったのです。 文吾が行ったことは、警察官という立場なら当然の事です。 ですが、その事件により家族が悲惨な運命をだどる事になった正志は、文吾を恨む事になるのです。 正志が文吾を恨むのは、全く筋血いと言えるでしょう。 ですが、母親のささいな失敗で全てを失くしてしまった怒りから恨む相手が必要だったのだと思います。 そして、文吾が幸せな家族を築いていたのも一つの要因でしょう。 そして、その犯行の原動力となったのが、過去の辛い思いからでしょう。 ドラマの中で正志が、 「父ちゃんに母ちゃんは捨てられた」「母ちゃんは簡単に死んでしまった」「どこに行っても殺人者の家族とみられる」「妹も死んだ」と言っていました。 このセリフの「どこに行っても殺人者の家族とみられる」に全ての苦しみが込められているように思います。 正志の母は、間接的であれ徳本の母を殺しました。 ですが、徳本は正志を恨んでいません。 それは、徳本が正志の家族を知り、事件の事を深く理解しているからでしょう。 一方の世間の人は、新聞やニュースで断片的な部分しか理解していないケースがほとんどです。 それなのに、「殺人者の家族」として、ひとくくりにしてしまうのではないでしょうか? ドラマでは文吾が捕まった時に、子供達が学校でイジメにあいました。 また、自宅にマスコミが大勢おしよせました。 佐野家の場合は、みきおが自白し事態が収まりましたが、正志の場合は事件から半永久的に同じ目にあっていたのです。 正志の世間に対する怒りが湧くのが自然ではないでしょうか? そして、その怒りのパワーが文吾に向けられてしまったのです。

次の