考えたくない。 何も考えたくない?考えない練習方法

なにも考えたくないんです

考えたくない

筆子さんへ 初めまして、名古屋(53歳主婦)見栄を捨てて着たきりすずめになりました。 いつもニコニコしながら沢山のありがたい情報を読んで感謝しています。 ありがとうございます。 図書館で筆子さんの本が107人待ちでした。 私の筆子さんの本は、あんなに沢山の人が待っているので寄付しようかと思います。 そして筆子ジャーナルマジックのおかげで途中に何度か迷いましたが、すごい加速で7割捨てれました。 ほとんど業者依頼で楽ちんでしたが味わったことがないスッキリ爽快で良いこと沢山ありました) 湯シャン・スロージョッキング・ウエス・砂糖やカフェインも少しずつ頑張ってます。 (初めにイメージして収納類を3分の2捨・下布団捨) 私は寝る時と暖かい日は10年前から全裸か褌でスッキリですが、25年以上前から暇さえあれば読んでいた六星占術が頭から消えてくれません 例 悪い時期は新しいことはダメと言われています)。 良い方法はないでしょうか…本は14年前に全捨てしています。 宜しくお願い致します。 Yさん、メールありがとうございます。 本も読んでいただき、うれしいです。 そうですね。 Yさんのように、すっかり物を捨てることができた人は、私の本は図書館に寄付したり、ブックオフに持っていくといいかもしれません。 こちらはYさんが添付してくださった写真です。 せっかくなので掲載しますね。 財布とカード入れを捨てて、手作りされたようです。 さて、占星術ですが、何かやろうと思っても、「いやいや、占星術では、今やるより来月やったほうがいい」とか「引っ越しするならあっちの方角だ」といろいろ制限がかかってしまうのが問題である、ということでしょうか? いちいち気にするのをやめたい、ということなのかもしれませんね。 一応、この記事では、ついつい脳内に浮かんでくる考えたくないことを考えないためにはどうしたらいいのか、という主旨で進めていきます。 脳内にあるその考えを書く まず、頭の中に浮かんだあれやこれやをすべて紙の上に出してください。 考えたくないことを、考えないようにすると、ますます考えてしまいます。 というのも、「ああ、私はこんなことは考えたくはないんだ」と、思っているそのときは、そのことについて考えているからです。 考えれば考えるほど、ネガティブになり、負のループにはまります。 自分が打ち消したい考えは、よくふくらんだバウンスボールやビーチボールみたいに、押さえ込もうとすればするほど、跳ね返ってきます。 そこを強烈に強引に押さえ込むと、ボールは破裂します。 破裂した状態は、切れた状態。 うつ状態や極度の無気力状態になってしまい、専門家の門を叩かなければいけなくなるかもしれません。 そこで、押さえつけるのではなく、開放してはどうでしょうか。 紙やノートに、頭の中にある、占星術の教えをだーっと徹底的に書いてください。 実際、書いてみると、わりとすぐ書くことがなくなります。 書くだけ書いたら、そのノートはパタンと閉じて、次の行動にうつってください。 頭に浮かんだら、いつでもどこでも書くことをおすすめします。 日常的に脳内にあることを書く時間をもうけるのもいいと思います。 根本的な解決を試みる 書くことを続けて、多少、心が軽くなってきたら、今度は、なぜ自分は占星術を日頃の行動の指針としているのか、その理由を考えてください。 25年前、必要があったから、占星術を勉強して、生活にとりいれていたのだと思います。 でも、今はどちらかというと、占星術の支配から抜け出したいのですよね? それなのに、なぜ今も占星術について考えてしまうのでしょうか? 単なる思考のクセかもしれません。 その場合は、星回りのことが思い浮かんだら、ほかの思考や行動に置き換えて、習慣を変えてください。 私自身は占い全般に興味がなく、そういうものがこの世からなくなって大丈夫な人間です。 スピリチュアルなことに興味・関心が強い人の気持ちがよくわかりません。 ですが、きっと何か理由がありますよね。 すると、「両親ともに早く亡くなったから、自分は因縁が深いと思っていた。 だけどそれは自分の思い違いだったかもしれない」という返事をいただきました。 こんなふうに、なぜ自分が占星術を信じるほうを選んでいるのか、その原因を探ります。 問題の根本にあるものを見つけ、それを解決するようにしてください。 一気に解決できないかもしれませんが、少しずつでも行動にうつしていくと、状況は変化します。 たとえば、老後のたくわえがないからといって、心配だけしていても、何の解決にもならず、ストレスがたまる一方です。 「老後資金が不安だ」と思ったら、実際にどれぐらい必要なのか、客観的に試算し、それだけのお金を調達するために、今からできることを始めれば、もうそんなに不安ではなくなります。 別のことをする 星占いのことが頭に浮かんだら、それとは全然関係のない、何か楽しいことをしてください。 通常、思考があって感情がわきあがり、それが行動に影響を与えます。 または、悪いことが起こるのを待ち受ける こんな感じですね。 行動は一番最後ですが、じつは、思考、感情、行動は相互にフィードバックしあっています。 行動を変えると思考も変わるのです。 このあたりについて詳しく知りたいときは、以下の記事を読んでください。 考えたくないことが頭をよぎったら、すぐに、何か別のことをやってみてはどうでしょうか。 散歩する、外に走りに行く、ジャンピングジャックをする、ぬり絵をする、手芸をする、家事をする(掃除や料理)、音楽を聞く、楽器を演奏する、笑える映画や動画を見る、など。 絵を描いたり、何か作ったりする、クリエイティブな活動もおすすめです。 脳は2つのことを1度に考えることができないので、別のことをすれば、とりあえず、星のことは忘れられます。 マインドフルネスをためしてみる マインドフルネスとは、いま、目の前にあるものに意識を向けることです。 いまを大事にします。 楽しいことならずっと考えていたいですから。 つまり、「いまこの時」にあまりフォーカスしていないのです。 そこで、ふだんから、「いま」とか「今日1日」を楽しんだり、望む未来につながる時間をいま、過ごすことを心がけてください。 そのために、1番の「書く」ところで、自分はこれからどうしたいんだろう、いま自分は何がほしいのか、いま自分が一番やりたいことって何、なんてことも考えてみるといいと思います。 私はふだん星占いや天体の動きについて考えることはほとんどありません。 満月のときは、何か特別なことが起こるといいますが、そういうのも全然ピンと来ません。 厄年とか天中殺にも興味なし。 私が唯一読んだ、占い的な本は、「ノストラダムスの大予言」だけです。 この本、中学生ぐらいのときに、ベストセラーになっていました。 でも、内容は全く覚えてません。 このような発想で生きていても、暮らすのに何の不自由もないわけです。 占いを信じすぎて不都合を感じている人は、「自分はあえて信じることを選んでいる」という視点をもつと、占いに支配される生活から抜けられるでしょう。

次の

「コロナのことを考えたくない」 子どものSOS、大人にできることは

考えたくない

都内に意外に多い「公園・緑地」。 「プチ外出気分」を味わうのも、また興味深いものです。 また都内には、 「」や「」はたまた「」など、大規模かつ有名な寺社仏閣も意外にたくさん存在しています。 中でも浅草の名所「」は、都内有数の観光地。 ここ数年は、急増していた外国人観光客の訪問もあって、本堂に向かう通り商店街は、いつ行ってもまっすぐ歩けないほど混雑するエリアでした。 これらの有名なスポットは「別格」として・・・ 都内にあるその他の寺社仏閣は、初詣以外の混雑していない 「シーズンオフ」に訪ねると、ゆっくりとその場所の雰囲気を味わうことが出来ます。 自宅から大した距離を移動しているわけでもないのに、見知らぬ土地に「旅行」したような気分になれるのが、とても新鮮です。 リフレッシュとして、気が向くと時々出かけています。 やはり「お寺」や「神社」は、どこも身が引き締まりますね。 そんな中今回訪ねたのは、厄除け大師として有名な 足立区の 「」。 ()を祀る寺院()である 「川崎大師」「観福寺大師堂」とともに、 「関東厄除け三大師」とされています。 (栃木県・にも有名な「佐野厄除け大師」があります) 正式名称は 「五智山遍照院」 (ごちさん へんじょういん そうじじ) といい、の寺院です。 正面の山門をくぐり、いくつかの地蔵やを横目に通り過ぎると、立派な本堂が参拝客を迎えてくれます。 として、 は切っても切り離すことのできない歴史を持っている存在。 境内には、堂々とした石像も建てられています。 「厄除け大師」に来て、ふと 厄年について考えてしまいました。 満年齢換算で 男性の本厄は24歳、厄年(大厄)は41歳。 女性は本厄18歳、大厄32歳 とされています。 正直「本厄」ぐらいしか意識したことがありませんでしたが、なんと人生で4回も(女性はなぜか5回も!)「厄年」があるのですね。 60歳にして、すでに「老い厄」とは!! 今どき時代外れな印象があります。 でも、逆にそれを乗り越えれば、そのあとはハッピーに過ごせるということでしょうか・・・ 「前厄」「後厄」まで含めると3年間。 計算上、12年間も厄に取りつかれることになってしまいます。 あまりネガティブなことは考えたくありません。 しかし実際訪れてみると、特に信仰心を持っておらずとも、また厄年とは関係なくても、お参りするだけの価値は十分ある… そう思わせるだけの威容と迫力がありました。 初詣シーズンは、都内で屈指の混雑・大人気スポットになるようです。 「」で浅草からへ。 そこで「」に乗り換えてひと駅だけ行く… 面倒なその 「プチ乗り換え・ひと駅」の距離が、またちょっとした 「特別感」を味わわせてくれます。 最寄りの 「」からは、徒歩ですぐ本堂に向かうことが出来ます。 都内の「穴場」的お参りスポット・観光地です。 追記) いま大流行中の「ブロガーバトン」なるものが、ついに私にも回って来ました。 趣旨がまったく理解できていません。 さまざまな方々が話題にされていますが、具体的な対処法もわかりません。 ただ、スルーするとどこやらからプレッシャーがかかりそう(?)なので、ブロガーの「おつとめ」として最低限作りました。 どなたから回って来たかも書くことになっているそうで。 なんと、お二人の方から「ご指名」を受ける展開になりました。 矢名樹ヒロタカ 「お名前の法則」という独自の研究ジャンルをお持ちになっていて、取り上げられるのが私の好きな芸能界主体のため、毎日欠かさずコメントのやりとりをするなど、仲良くしていただいている方です。 ぴよたま 「元うつ」というおつらい闘いを経験されながら、前向きに人生の展開を考える記事をいつも書き綴っていらっしゃいます。 物事を真摯に深く洞察される姿勢が記事の行間からあふれていて、感心しながら拝見しています。 一番古い記事。 一番お気に入りの記事。 「テンプレートに必要事項を記入し、最低二人に転送すること」とありましたので、日頃お世話になっているお二人にお回しすることにしました。 ガネしゃん 突然で申し訳ありません。 ご迷惑であれば、スルーして下さって構いません。 saewataru.

次の

「コロナのことを考えたくない」 子どものSOS、大人にできることは

考えたくない

2020. 23 何かに失敗したり、どうしょうもないな・・・と感じたとき、「何も考えたくない」と感じてしまった経験ってありますよね。 学生の時、勉強していない状態でテスト前を向かえた時、勉強から目をそむけて部屋の掃除をしてしまった時や、失恋をして立ち直れない時のことなどを想像すると分かりやすいかも知れません。 何も考えたくないときをじっと耐えれば、やる気が戻ってくるのなら問題はないですが、 考えたり行動しないままで、結局「やらなかった自分への後悔」と「何も結果が残らなかったどころか状況がマイナスになった」なんて状況ならない為にはどうしたらいいのか!? そこで今回は、何も考えたくないときや何もしたくないときにどうやって自分と向き合ったらいいのか・・・について過去のウダウダしていた自分の経験や、塞ぎこんでいた友人の復活劇や考え方なんかも参考にしながら、まとめてみました。 経験上ですが、「何も考えたくない」時の自分について知っておくだけで、今後その時がきても気持ちが楽に過ごすことができますよ。 ・問題解決が面倒 ・対応するのが難しそう ・ついつい後回しにしてしまう ことってありますよね。 その中には自分のために対応した方がいい 「急ぎではないけど大切なこと」が含まれているのを見逃していないでしょうか。 確かに面倒なことも多いかも知れませんが、これが出来るようになると成長する!と分かっているモノに対しては、時間を作ってシッカリ取り組んだ方が将来の自分のためになります。 難しいと感じていたこともステップを作ることで問題解決になることもありますし、実際に行動していくことで当たり前のレベルが上がり、辛い・大変と感じていたことも対応出来るようになっていたなんてこともあります。 先送りしても問題解決にはならないので、行動してみると突破口が見つかることが多いですよ! 考え方を見直そう!と思う人にはこの記事もオススメです 友達の力を借りて状況を打開する 何も考えたくない状況のときって、そもそも問題が分かっていなかったり、何に対して逃避しているか分かっていても自分の気持ちと向き合いたくない時ってありますよね。 1人で考えても余計に頭がこんがらがってしまうのなら、友達に聞いてもらって話すことで頭が整理されたり、新しい視点を取り入れたりするのに協力してもらうのも方法です。 また、考えを深めるだけでなく、 友達と楽しい時間を過ごすだけで気持ちも気分も切り替わって、前向きな気持ちで次のステップに進めるようになることもあります。 この時に話をする友達はその時の自分の気分や状況を理解してくれる人がオススメです。 私は友達の力を借りるとき、自分の状況とどうしてほしいか説明してから話します。 考えたくないことから離れて、楽しいことをする もし、考えたくないことをしないで過ごすことで気分転換が出来るのなら、他のことに力を注ぐのもオススメです。 ただボーっとしていると、考えたくないことで逆に頭が一杯になってしまって、余計に落ち込んだり悲しい思いをしてしまうこともあります。 他に楽しいことを考えたり取り組んだり、集中したりすることで、考えたくないことを忘れていた経験ってありますよね。 もし、何かやることがないな~という場合は単純作業や集中して対応しなければならない ・料理をする ・折り紙 ・計算シート ・ランニング など無心で出来ることなども考えたくないことを考えなくて済む方法の1つです。 料理やお菓子作りは出来た後おいしく食べられますし、ランニングや身体を動かすことはシェイプアップできて気分転換にもなりますよ。 何か1つ自分の集中できる作業を用意しておくのもいいです。 自分で自分の復活スイッチを押す~自分を信じる~ 何も考えたくない、やりたくない時の過去の状況から 「私なら大丈夫」と信じ「まぁ、こんなときもあるよね」「少し休みたいんだな~」と考えて過ごしながら、自分の復活する時がくるまで待つ方法です。 私は定期的に「何も考えたくないし、何もしたくない、誰かとコンタクトを取るのすら面倒」と感じてしまうことがあり、そんな時は「今の自分には休憩が必要かな?」とダラダラと過ごし、復活するのを待ちます。 また、突発的に訪れる何も考えたくないときは、思考が停止してしまうい集中力に欠けてしまうため、どうしても対応しないといけないものだけ処理し、それ以外ダラダラ・のんびり過ごすようにしてしまいます。 すると、「あれ?自分の大切な時間をこんなダラダラ過ごしていてもったいないんじゃない!?」と自分を叱咤激励するもう1人の自分が出てきて、また行動できるようになるのがパターンで、その時間はそのときによって違うので、もう1人の自分が出てくるのを待っている状態です。 私の周りには、自分自身での復活方法を持っている人もいて 【まとめ】 ・「何も考えたくない」気持ちを優先させる ・「何も考えたくない」自分の本音と、とことん向き合ってみる ・友達の力を借りて状況を打開する ・考えたくないことから離れて、楽しいことをする ・自分で自分の復活スイッチを押す~自分を信じる~ 「何も考えたくない」状況を未然に防ぐ考え方 考えたくないことを忘れる方法を紹介してきましたが、そもそも 「考えたくない状態」を作らない様に出来たらいいですよね。 そのたびに、落ち込んだり、人を信じられなくなったり、何も考えたくない状況になったり・・・ でも、今では突発的なことが起きても、「何も考えたくない」と現実と向き合うことを拒否することが減ってきました。 その時に有効的だった考え方を紹介します。 すべての原因は自分にあると考えてみる~自分事として考える~ 全ての原因は自分にあると考える方法を 「原因自分論」といいます。 原因他人論:何か起きたら他人のせいと考える です。 もしかしたら考え方の違いでなにか問題があったのかも、話し合ってみよう」 となります。 自分の行動と原因を見直して、その上でどう行動するかを考えると、ものごとを客観的に見ることができて、問題解決に近づく可能性が高くなりますよ! まとめ 何も考えたくないと感じてしまうときは、 頑張りすぎている自分に対して、身体や心からのメッセージである場合もあります。 ムリし過ぎず、自分の心地よい乗り越え方をいくつか用意しておくことで、もし、「何も考えたくない時期」が来ても対処しやすくなったり、 乗り越えられることを知っておくだけで、気持ちを少し軽くすることも可能です。 適度なプレッシャーは高いパフォーマンスを時に生みますが、考えすぎて自分を追い込みすぎて苦しくなるのとは違いますよ。 ぜひ考えることも楽しんで、今よりステキな人生を送ってください!.

次の