前立腺 肥大 症。 【医師監修】前立腺肥大症 とはどんな病気?どんなことに注意すればいいの?

前立腺肥大症の原因・メカニズム [前立腺の病気] All About

前立腺 肥大 症

前立腺肥大症による排尿障害と治療薬 排尿障害(前立腺肥大と過活動膀胱) 排尿が正常に行われないとき、 排尿障害と表現される。 この排尿障害としては、「なかなか尿が出にくい」、「尿がもれてしまう」などの症状がある。 このような排尿障害としては、主に2種類ある。 ・排尿障害(尿が出にくい) ・蓄尿障害(トイレが近い、尿がもれる) 病名 排尿障害 蓄尿障害 症状 ・排尿困難(尿が出にくい) ・頻尿(トイレが近い) ・尿失禁(尿がもれる) 関連する疾患 ・ 前立腺肥大 ・尿道狭窄 ・神経因性膀胱 など ・ 前立腺肥大 ・ 過活動膀胱(OAB) ・膀胱炎 など 前立腺肥大症とは 尿のトラブルで多い症状として前立腺肥大がある。 前立腺は前立腺液(精液の一部)を作る過程に関与しており、男性のみが持つ生殖器官となる。 そのため、 女性で前立腺肥大になる方はいない。 これら前立腺肥大症は年齢が高くなるにつれて発症しやすくなる。 主に50歳を越えると前立腺肥大症に悩む人が増えてくる。 ・前立腺と前立腺肥大症 膀胱の真下に前立腺があり、この前立腺は尿道を取り囲むように位置している。 前立腺肥大症患者では、その名の通り前立腺が肥大してしまっている。 前立腺が大きくなっているため、その分だけ尿道が圧迫されてしまう。 つまり、尿が出にくくなってしまうのである。 そこで、前立腺肥大による排尿障害を改善する時は「尿道をゆるめる(拡げる)」や「前立腺を小さくする」などによって治療していく。 前立腺が尿道を圧迫しているため、尿道を拡張すればこの前立腺による圧迫を軽減できるはずである。 排尿には神経系として交感神経が関わっていく。 交感神経は「運動時」などに活発となる神経であり、これら運動時ではトイレに行くよりも目の前の出来事に集中しなければいけない。 そのため、尿が溜められるように働く。 つまり、交感神経が興奮すると排尿を抑制するために尿道が閉じられてしまうことが分かる。 交感神経興奮の逆の作用をすれば尿道が拡張され、尿道が拡がると予測できる。 そのため、前立腺を小さくすることができれば前立腺肥大症の症状を改善させることができる。 前立腺は生殖器の一つであり、男性にしか存在しない器官である。 この前立腺は男性ホルモンの作用が大きく関わっており、男性ホルモンが作用することによって前立腺が肥大していく。 そのため、前立腺に作用する男性ホルモンの作用を弱めてしまえば、前立腺を小さくすることが出来ると分かる。 このため、 男性ホルモンの作用を阻害する薬は前立腺肥大症の治療薬として使用される。 これら抗アンドロゲン作用によって前立腺肥大症を治療する薬として クロルマジノン(商品名:プロスタール)などがある。 このような男性ホルモンの一つとしてテストステロンがある。 このジヒドロテストステロンはテストステロンよりも作用が強く、前立腺に作用することでより効率的に前立腺を肥大させることができる。

次の

前立腺肥大症の症状。自覚症状はある?

前立腺 肥大 症

前立腺肥大症とは 前立腺は男性のみにある臓器です。 前立腺は精液の精製や精液を外に流す役割を持つ臓器であり、精子の保護や精子に栄養を与える役割も持っています。 前立腺肥大症とは前立腺の働きに支障が出ることによって起きる病気です。 前立腺が肥大することによって、尿道が狭くなり排尿することさえも困難になることもあります。 発症の原因と傾向 前立腺肥大症の原因はまだ解明されていません。 ただ、「男性ホルモン」が前立腺肥大症の鍵となっているのではないかと考えられています。 前立腺肥大症の患者数は年々増加傾向にあり、50歳以上の男性の約2割が前立腺肥大症を発症しているといわれているほどです。 前立腺が肥大するとどんな症状が現れるか 前立腺肥大症の症状には主に3つの症状が存在しています。 排尿症状 「尿が分かれる」「尿が途切れる」「排尿までに時間がかかる」などです。 蓄尿症状 尿を溜める機能に問題が起こること。 主に頻尿の症状を指します。 昼間に8回以上、就寝後に1回以上、尿意を感じる場合は頻尿の可能性があります。 排尿後症状 「排尿後に残尿感がある」「排尿をしてもすっきりしない」「尿をした直後なのに、まだ残っている感じがある」などが排尿後症状に当てはまります。 また、排尿後、下着に尿が漏れてしまうことを「排尿後尿滴下」と呼びます。 検査と治療について 軽症の前立腺肥大症は薬物療法にて治療を行いますが、症状が重いときには手術が必要になることもあります。 薬物治療では、前立腺の平滑筋の緊張を緩める薬と前立腺自体を小さくする作用がある薬が使われます。 どちらの薬も尿道への圧迫を軽減することが目的です。 手術には、経尿道的前立腺切除術、ホルミウムレーザー前立腺核出術、光選択的レーザー前立腺蒸散術、経尿道的マイクロ波高温度治療術など、様々な方法があります。 それぞれメリットどデメリットがあり、症状などを考慮して適した方法が選択されます。 尿道ステントでの治療が試みられることもあります。 安全性が高い治療法ですが合併症が多い治療法のため、患者の健康状態などが原因で手術ができないときなどにかぎり選択されます。 前立腺肥大症の検査 前立腺肥大症を疑い、病院を受診すると次のような検査が行われます。 前立腺肥大症の禁忌 前立腺肥大症と診断された場合には• 抗コリン薬(腹痛などで使われるブスコパンや、気管支拡張薬であるスピリーバなど)• 抗うつ薬の一部• パーキンソン病の薬の一部• アレルギー治療に用いられる抗ヒスタミン薬 の使用は禁忌とされています。 膀胱の収縮力を弱め、尿道を狭く収縮させ、尿の出を更に悪くさせてしまう可能性があるからです。 しかし、これらの薬剤は一人ひとりの状況によって必ずしも禁忌とならない場合があるため、不安な場合は医師や薬剤師と相談しましょう。 また、前立腺肥大症は、大量に飲酒したことをきっかけに悪化し急に尿が全く出なくなってしまう場合があるなど、飲酒により悪化する事が知られています。 こうような状態になったときは、すぐに泌尿器科や救急外来を受診しなければいけません。 飲酒についても慎重になる必要があるのです。 おわりに:生活習慣の改善とともに、定期的な検査が重要 前立腺肥大症は、症状が軽い場合は薬物療法での治療が中心となりますが、症状が重いときには手術が必要になってしまうこともあります。 特に症状を放置したままにして悪化すると、尿閉に発展し日常生活に支障をきたしてしまいます。 早期に治療を開始するためにも、定期的な検査を心がけるようにしましょう。

次の

前立腺肥大、薬の選び方次第では射精障害に?:日経ビジネス電子版

前立腺 肥大 症

前立腺肥大症との違いは? は良性前立腺腫大に尿道閉塞、下部尿路症状が絡み合った複合的な臨床像です。 は、前立腺の病気のなかでもっとも多くみられる病気です。 この良性前立腺腫大は内腺(尿道を取り囲む部分:移行領域)で発生するため、尿道が圧迫され狭くなる(尿道閉塞)ことで、尿がでにくい、トイレの回数が多くなる、尿をしたあとすっきりしない、などの自覚症状(下部尿路症状)があらわれます。 排尿に関連する症状があらわれるようになると日常生活に支障をきたすこともあるため、適切な治療が必要になります。 しかし、なかには前立腺腫大があっても症状がみられない人もいます。 一方、前立腺がんは、主に外腺(尿道から離れた部分:辺縁領域)に発生するため、早期では自覚症状はあらわれません。 がんが進行し、尿道や膀胱を圧迫するようになると、排尿時の症状や血尿などがあらわれるようになります。 前立腺がん 前立腺肥大症 発生部位 外線(辺縁領域)から悪性腫瘍が発生する 内線(移行領域)に良性の腫瘍が発生して、尿道や膀胱を圧迫していく 経過• 進行するとがあらわれたり、骨やほかの臓器にする• 肥大により尿道が圧迫されて、があらわれる• はしない.

次の