滝川 クリステル 資産。 小泉進次郎&滝川クリステルの「おかしなおかしな資産公開」

滝川クリステル、巨額の資産を築いた人脈と進次郎氏の苦悩 (1/2)

滝川 クリステル 資産

公開された進次郎氏本人の資産は「ゼロ円」だったが…(時事通信フォト) 10月25日、9月に発足した第4次安倍再改造内閣の新閣僚らの保有資産が公開された。 資料は就任・退任した大臣・副大臣・政務官130人分、A4判700ページ以上にわたる膨大なものであり、就任した大臣らの全員のデータは26日の新聞各紙朝刊で集計されて報じられる見込みだが、中でも注目されたのが、男性閣僚としては戦後最年少の38歳で就任した小泉進次郎環境相(38)だ。 手元の資料によると、公開された進次郎氏の資産情報は、非常にシンプルなものだった。 【小泉進次郎】 ・土地 該当なし ・建物 該当なし ・預貯金 0万円 ・有価証券 0万円 ・貸付金 0万円 ・借入金 0万円 ・ゴルフ会員権 該当なし ・自動車等 該当なし ・書画骨とうその他の美術工芸品 該当なし もちろん「資産ゼロ」なのではない。 この資産公開は普通預金や当座預金は対象外となっているから、普通預金口座にいくらあるかはわからないのだ。 ちなみに進次郎氏は、2018年4月に発表された衆議院議員の資産公開でも同じく「資産ゼロ」として報告していた。 今回、1年半前と違ったのは、8月に結婚して「配偶者」となった滝川クリステル氏(42)の資産も公開されたことだ。 土地や建物、預貯金などは進次郎氏と同じく「該当なし」だったが、有価証券の欄には数字の記載があり、内訳として以下のように記されていた。 【小泉クリステル】 ・有価証券 国債 1億5000万円 公社債 1399万円 証券投資信託及び貸付信託等 802万円 その他 1億1800万円 合計2億9001万円。 滝川氏は2000年にフジテレビ系列の共同テレビ入社後、2002年からフジ系『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。 2008年にプロダクションと専属契約を結んで以降は、報道番組だけでなく、ドキュメンタリーやバラエティ、CMなどに多数出演し、活躍の場を広げてきた。 近年は2020年東京五輪の招致アンバサダーや国際NGO「世界の医療団」親善大使などを歴任、動物愛護活動にも力を入れるなど、マルチな活躍ぶりが知られている。 テレビ・ラジオやCMなどの出演料を合わせた滝川氏の年間収入は推定1億5000万円と報じられたこともあり、長年、第一線で活躍してきたことを考えれば、3億円近い資産は滝川氏の築いた輝かしいキャリアの充実ぶり、そして堅実さを表していると言える。 それ自体はまったく批判されるべきものではないだろう。

次の

滝川クリステルさんの資産&年収がスゴイ!小泉進次郎さんはヒモ状態か?

滝川 クリステル 資産

来歴 1977年10月1日、・にてフランス人の父と日本人の母のもとに生まれる。 3歳の時に家族で来日し、母親の出身地であるへ移住。 小学校6年生の時、父親の転勤で再び渡仏。 約1年間滞在し日本へ来る。 (現・) 、、、フランス文学科を卒業する。 を受験し不合格。 に初の新卒アナウンサーとして、・と共に入社。 入社直後に相川・安藤と3人でフジテレビに研修出向となり、フジテレビ局アナ扱いとして『』『』などに出演。 当初は和名の 滝川 雅美で活動していたが、すぐに滝川クリステル名義での出演に切り替わった。 10月から『』のキャスターを担当。 3月でフジテレビへの出向は満了となるが、共同テレビに戻ってからも、フジテレビとの専属契約を結んでいた。 4月から『』をとともに担当した。 にフジテレビ、共同テレビ、セント・フォースが共同設立したアナウンサープロダクションのと所属契約を結ぶ。 を以って7年間キャスターを務めた『ニュースJAPAN』を降板。 『毎日. jp』によると、フジテレビは「秋の番組改編による交代」(フジテレビ側)であると報じている。 また、本人は「明日の自分と出会うために新しい一歩を踏み出すことを決意しました」というコメントを同紙に寄せた。 2009年9月30日には共同テレビ在籍時代から結んでいたフジテレビとの専属契約を、契約期間満了により解除した。 これに伴い企業CMへの出演を解禁し 、フジテレビを基本としつつもやなど他局への出演も始めている。 2010年4月から3年間、『』に出演(2013年3月まで)。 2008年に交流150年フランス広報大使をと共に務めた。 2009年2月、環境省地球いきもの応援団、一般社団法人日本動物虐待防止協会の、2011年4月、世界自然保護基金ジャパン顧問、2012年6月、世界の医療団などを務めている。 1月、フランスのシュヴァリエを受章する。 ブエノスアイレスで開かれたにてフランス語と英語でプレゼンするという重責を担い、日本の「お・も・て・な・し」の心を印象的にアピール。 東京への招致に一役買い、この言葉が2013年の「」の年間大賞を受賞した。 『ニュースJAPAN』のキャスターをまでともに担当したとインターネット・メディア『』の動画配信番組にて10年ぶりの共演を果たした。 2014年5月29日に動物保護・生物多様性保全を目的に一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルを設立。 代表理事に就任し、殺処分所から犬や猫を保護する団体を支援している。 「2020年を目標に、アニマル・ウェルフェアにのっとった犬猫の殺処分ゼロを目指して」とするネット募金も行っている。 (令和元年)8月7日にのと結婚すること、妊娠していることを発表 、で首相とに結婚を報告した後、報道陣の取材に応じた。 翌8日、婚姻届を提出。 1月17日、第1子男児を出産。 人物 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年11月)• 少女時代、頃にのに出演したことがある。 14歳の頃 頃 に、のキャンペーンCMに出演したことがある。 ミスキャンパスに出場し、準ミス青山学院大学に選ばれた。 その時の優勝者はだった。 キー局のアナウンサー試験には落ちたため、いわゆる局アナ出身ではない(に所属していた)。 大学生時代の終わり頃に(ダブル)である自分のについて強く悩み、かのどちらかに行こうと迷った末、フランスに行こうと決めたが、両親に「日本で語学を生かせる仕事に就いてほしい」と反対される。 そんな中、の日本代表監督が、フランス人のだったことがきっかけで「自分ならワールドカップで通訳なしの取材ができ、架け橋になれるかもしれない」と思い、アナウンサーを目指す。 フジテレビを受験中に親しくなった同期のと、入社前にへ旅行したが、現地の人に双子と間違えられたことがあると言う(政井はメキシコ出身)。 を2匹飼っており、名前は1号と2号。 日仏ハーフである事に由来する特徴的な喋りは、真似される恰好の対象になっている((後述)やなど)。 滝川の物まねをするタレントなども生まれた。 その中の一人、出身の女性タレントであるは「滝川クリサヘル」の名前でも活動していたが、後にローズ自身の人気が上昇して本名での出演が増えた。 また、ローズが国際情報番組のニュースキャスターに起用され、滝川と出演ジャンルが類似するようになっている。 2019年8月7日に小泉進次郎との結婚を発表したが、夫の小泉の政治家としての立場を考慮してゴシップとなる事を避けるために交際の事実は結婚発表当日まで伏せられていた。 そのため交際時は小泉と2人で外出する事を控えるなどしており、初めて2人で外出したのは結婚の挨拶のために進次郎の実家を訪れた時であった。 家族・親族 滝川家 父親はフランス人。 母親は日本人。 弟はモデルの、母方の従兄弟 従姉妹 に、フリーキャスターの、俳優のがいる。 祖父は元武田薬品工業勤務の滝川堅治。 出演 報道番組• (10月 - 、)• (2005年9月11日、フジテレビ)• 新報道プレミアA(2007年4月1日 - 2008年6月22日、フジテレビ・)• (2007年7月29日、フジテレビ)• (2009年8月30日、フジテレビ)• (2009年 - 不定期、フジテレビ)• 列島縦断LIVE2009景気回復テレビ(2009年、フジテレビ)• (2010年 - 2013年 、フジテレビ・関西テレビ) ドキュメンタリー番組• BBC EARTH 2010 グレート・ネイチャー 大自然の叙事詩 (、)• BBC EARTH 2010(2010年2月6日 - 7月24日、WOWOW)• マダガスカル不可思議な楽園(2011年10月6日 - 、)• 『Earth Walker』(BSフジ) - 旅人• 二夜連続新春特別企画『Earth Walker(第一章)第一夜 世界一大きい木ジャイアントセコイア』(2012年1月2日)• 二夜連続新春特別企画『Earth Walker(第二章)第二夜 世界一美しい珊瑚の海レディエオット島』(2012年1月3日)• 『Earth Walker(第三章)第一夜 世界で一番長い火山洞窟に潜る〜火の島ハワイ地球創世物語〜』(2013年12月30日)• 『Earth Walker(第四章)第二夜 生態系の頂点 幻のオオカミに逢う〜イエローストーン地球再生物語〜』(2013年12月31日)• 『Earth Walker 2015(第五章)小笠原"進化"の冒険』(2015年1月1日)• 『Earth Walker 2016(第六章)最後の楽園 パプアニューギニア いきものたちと奇跡のコンタクト』(2016年12月28日)• 『Earth Walker 2017(第七章)太古のタスマニア〜「赤い海」に隠された人類を救う奇跡の進化〜』(2017年1月1日)• ザ・ドキュメント 文楽のゆくえ~『橋下改革』と世界遺産~(2012年 - 、フジテレビ・) - ナレーション• 白夜の国からベニスへ憧れの豪華列車で行く〜オリエント急行 欧州縦断2300キロ〜(2013年6月22日、BS朝日) - 案内役• 滝川クリステルのフィレンツェ紀行 もう一枚のモナリザ 天才ダ・ヴィンチの謎を追う(2014年1月12日、BS朝日) - ナビゲーター• テレビ東京開局50周年記念番組 地球ドック 〜宇宙から今の地球を健康診断〜(2014年4月、テレビ東京) - MC• 百年プレミアム(2014年6月 - 2014年8月、全8回、BSフジ) - 語り• 滝川クリステルのベイビープラネット〜希少動物の赤ちゃんを訪ねて〜(2014年7月13日、BSジャパン) - 旅人• 滝川クリステルのオランダ美術紀行〜もう一人のフェルメール 20世紀最大の贋作事件を追う! 〜(2015年1月11日、BS朝日)• TVQ九州放送開局25周年特別番組 世界遺産スペシャル 滝川クリステルがせまる長崎教会群秘められた真実(2015年12月23日、制作、テレビ東京系列)• 滝川クリステルの美術ミステリー紀行〜ピカソと岡本太郎 巨大壁画に隠された謎! 〜(2016年3月6日、BS朝日) - ナビゲーター• 「スイス 消えてゆく氷河〜地球温暖化最前線をゆく」(2016年3月、制作、テレビ朝日系列) - ナレーション• 滝川クリステルが見た! Discover Japan〜世界が驚く、凄いニッポン! 〜(2016年3月31日、BS朝日) - ナビゲーター スポーツ番組• 2015(2015年、テレビ東京)- MC その他のテレビ番組• (2010年、フジテレビ)• 独占生中継! 第82回アカデミー賞授賞式(2010年、WOWOW)• Lifeという奇跡(2010年4月、WOWOW)• 独占生中継! 第52回グラミー賞授賞式(2010年、WOWOW)• (2010年 - 2010年度は不定期・2011年度以降は毎月最終土曜、)• 生中継!第54回グラミー賞授賞式(2012年、WOWOW)• (2013年1月1日、NHK) - 語り• (2013年、フジテレビ) - 司会• (2013年12月21日、関西テレビ)• (2015年10月10日、フジテレビ) - 司会• (2017年10月17日 - 、) - レギュラーMC アニメ• (、) - 本人役 映画• (2014年5月2日) - ナレーション 劇場アニメ• (2015年11月21日) - バラ 役(日本語吹替版) CM• 「住友の仲介STEP(ステップ)」 (1990年 - 1991年)• 「」 (2009年10月2日 - )- ナレーションも担当• 「」 (2009年10月 - )- ナレーションも担当• 「」 (2014年10月 - 2016年3月)• 「」(2010年)• 「」(2015年 - 、と共演)• 「特アクア・特プリウス」(2017年)• 「安全安心 自動ブレーキ編/ICS編」(2017年)• 「トヨタ今がチャンスキャンペーン」(2017年)• 「・シリーズ」(2010年4月 - 2011年3月)• 「Rerax」(2010年4月 — )• 「」「」(2010年8月 — )• 「グローバルロジスティクス」(2011年4月 — )• 「」(2011年8月 — 2013年6月)• 「低燃費ならスズキのエコカー」(2011年11月 - )• 「特別なワゴンR」編(2012年1月 - )• 「ニッセイみらいファクトリー」 ピンクリボンキャンペーン編、みらいのカタチ 3大疾病保障保険篇(共に2012年9月 -、同社のPRスーパーバイザー兼任)• 「」(2012年11月 — )ナレーション、ナビゲーター• 「」(2012年12月 -、と共演)• 「」(2013年10月 — )• 「」(2013年6月 -)• 「原点」(2012年7月 — 2013年6月)- ナレーションのみ• 「対話」(2013年7月 — )• 「あしたセレンディピティ 宣言編」(2015年2月 - )• 「」TIME IN A BOX 速く効く、だけじゃない篇(2018年7月 - )• ( - 、) インターネット配信• ( - 、) 書籍 単著• 生き物たちへのラブレター 生物多様性の星に生まれて 小学館SJ・MOOK (2010年10月8日、)• 恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方(2011年、) 共著• (元:所属、2012年3月引退)• (元:所属、現:所属) フジテレビ• (元:ハーモニープロモーション所属)• (現:夫人)• (大学の同級生で同じゼミ) 脚注 [] 注釈• 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月5日閲覧。 com ニュース• 2019年8月8日閲覧。 2014年5月2日. 2019年8月5日閲覧。 jp 毎日新聞社. 2009年9月22日. の2009年9月23日時点におけるアーカイブ。 2019年8月8日閲覧。 2009年4月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年3月20日閲覧。 [ ]• NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]. 2014年1月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年1月3日閲覧。 Yahoo! ネット募金• デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年8月8日. 2019年8月8日閲覧。 読売新聞オンライン 読売新聞. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 2019年9月5日号 pp. 20~23• 、2014年12月23日閲覧• 2015年12月24日 - 、2015年12月23日閲覧• 、2016年3月3日閲覧• オリコン 2015年9月26日. 2015年9月26日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年8月30日. 2017年8月30日閲覧。 外部リンク• christeltakigawa -• ChristelFNDTN -• - 「」チャンネル• - 歴代キャスター・コメンテーター 期間 メインキャスター コメンテーター 月 - 金 月 - 水 木・金 月 火 水 木 金 1994. 1 1998. 27 1 1998. 30 1999. 31 1999. 1 2000. 31 2000. 3 2002. 27 (不在) 2002. 30 2003. 26 2003. 29 2006. 30 2 2006. 3 2006. 22 2007. 5 2009. 27 2009. 30 2009. 27 (シフト勤務) 2009. 28 2009. 25 (不在) 2009. 28 2010. 25 2010. 28 2012. 28 2012. 1 2014. 26 (不在) 2014. 29 2015. 2 降板についてはを参照。 週末キャスター : - -.

次の

滝川クリステルさんの資産が話題になっていますが、日本の政治家...

滝川 クリステル 資産

数日前に個人向けの10年を売却しました。 ちょうど1年前に購入したものです。 10年の利率は、0.05%ですが、いつも利用している証券会社からのキャッシュバックが、年率で0.4%相当あり、購入時点から1年後には売却のつもりでした。 完全にキャッシュバック狙いだったわけです。 売却には、1年分の利子が引かれますので、実質は、0.35%になりますが、それでもほかの預金の利回りに比べたら全然いいです。 来月になったら、また1年前と同じようにまたキャッシュバック狙いでを購入するつもりです。 今月に購入しないのは、売却月に購入するとキャッシュバックがないからです。 これは、売却の時の電話オペレーターが教えてくれました。 そんな個人向けですが、こんな記事を読みました。 第4次安倍再で新たに入閣した15人が25日、9月の閣僚就任時の資産を公開した。 家族分を含めた総資産は、が2億9001万円で最も多かった。 全額が8月に結婚した妻クリステルさんの名義。 今回のの閣僚の資産発表があり、小泉が一番多かったというものです。 のクリステルさんは計2億9001万円の有価証券をする。 内訳は、1億5千万円、公1399万円など。 小泉事務所は「キャスターやCM出演などの仕事で形成した資産を有価証券で運用している」とコメントした。 小泉氏本人の申告資産はなかった。 その内訳は、妻のさん名義の2億9001万円の有価証券です。 その中では、が約半分を占めていて、1億5千万円です。 そしがやが驚いたのは、小泉の妻が3億円近い資産を持っていたということもありますが、その半分近くをで運用していたということです。 この記事では、、公のほかは、どういう形で運用しているかについては、触れられていませんが、多分、株式等のリスクのあるものは、してないと思われます。 残りは、ほとんど預貯金でしょう。 クリステルさんは、堅実で安全な運用に心がけているようです。 今までは、という仕事で忙しかったので、リスクのある投資には踏み込めなかったのかもしれません。 それにしてもちょっと気になるのは、このですが、10年物でキャッシュバックを受けていたとすれば、1億5千万円の0.4%は、60万円です。 けっこうな金額です。 証券会社からのキャッシュバックは、無論、受けていたでしょう。 ちょっと気になったのは、一年後に売却してまた同じだけの金額のを購入して、またキャッシュバックを得るという、そしがやが考えているのと同じことを、していたかです。 これだけの資産があるクリステルさんのことですから、それは、当然していたと考えています。 関連記事 sosigayax.

次の