チョーク サイン。 The 3LDK様 チョークサイン型の壁面時計

食事中の誤嚥のサイン

チョーク サイン

電源の整流と平滑の回路ですね。 まず正弦波を整流するといきなりきれいな直流になるのではなく、方向こそ一方向ですが、電圧はドカン、ドカン、ドカン、、というような脈動する波形になるだけです。 これを平坦にするのが平滑回路です。 そして最初にコンデンサで受けるのがコンデンサインプット、チョークコイルというインダクタンスで受けるのがチョークインプットと言う形式です。 どのように違うかということを定性的に言えば、 チョークインプット:ドカン、ドカンを受けるとすぐには電流が流れず、ジワーっと電流が流れますからドカン、はモワンぐらいになります。 そしてドカンの終わりごろはコイルにたまったエネルギーを今度は吐き出す側になりますから、ホワーと言う感じで次の段に渡されます。 こうして平滑機能を果たします。 瞬間的な突入電流を抑制しますから電源トランスにはやさしい方式でその分電流を多く取り出せます。 コンデンサインプット:ドカン、ドカン電圧をコンデンサで受けると、最初の突入電流をモロに流しますので、大電流が流れます。 そのごジワーと電圧が立ち上がってきます。 ドカンが無くなってからは、貯えた電荷を負荷側に流しますから、ドカン、も角がなまったボワーとした波形になります。 こうして平滑します。 電源トランスは瞬間的な鋭い電流をコンデンサから返されてきますから厳しい動作を要求されます。 トランス電流はバリケードのようなトゲトゲしい波形 高調波多い)になります。 チョークは鉄と銅の塊でサイズも大きくコストが掛かるので、コンデンサインプットが多く使われていますが、電源電流波形が汚くなりますので、スイッチング電源などではチョークインプットにして波形改善をしている例が多くなりました。 しかし、Lイン型は電源電流=負荷電流だから電源投入時の電流は0から始まり多くても負荷電流止りであることに対してcイン型は電源電流=(電源電圧-負荷電圧)/電源内部抵抗だから電源投入時の電流が電源電圧/電源内部抵抗となり大きな突入電流が流れます。 またcイン型は電源電圧>負荷電圧の場合にのみ電源電流が流れるので歪みの多い高調波を含んだ電源電流となってしまいます。

次の

The 3LDK様 チョークサイン型の壁面時計

チョーク サイン

異物除去 特に高齢者や小児・乳児に対しては、 食べ物を細かくしましょう。 異物による窒息には、「完全な窒息」と「部分的な窒息」があります。 「部分的な窒息」であっても力強い咳や会話ができなくなり、甲高い呼吸音やチアノーゼ(紫青みをおびた皮膚の色)発したりします。 そして、首をかきむしったり、 「チョークサイン」 が出現したりします。 「チョークサイン」は、気道閉塞(窒息)を起こしている 万国共通の合図 です。 自分が窒息を起こした場合でも周囲の人に助けを求める合図として覚えておきましょう。 まず、 自発的に咳をさせ、呼吸努力を続けるように促します。 咳は、異物の除去に最も効果的です。 反応があって、十分な換気(呼吸)が可能な場合は、かすれ声や咳き込みや喘鳴(「ヒューヒュー」と音を出して呼吸している状態)を発している場合です。 しかし、咳き込みが止まってしまった場合には、ただちに「異物除去」を行う必要があります。 注意深く傷病者を観察しましょう。 助けを呼んで、他に協力者がいる場合は、119番通報をお願いします。 しかし、協力者がいない(あなた一人の場合)は、まず、「異物除去」を行ってください。 ハイムリック法が使えない対象の時は、「背部叩打法」。 また、「ハイムリック法」で効果がなければ、「背部叩打法」を実施する。 異物を取り除けた場合でも、医師の診察を受ける必要があります。 「異物除去」を実施した場合は、そのことを救急隊に伝えてください。 傷病者本人または、周囲の人から 「窒息を起こしている」ことを確認します。 咳き込むことも呼吸もできなくなっている傷病者は、精神的に追い込まれパニックになってしまいます。 特に子供の場合は、暴れてしまうことも考えられるので、落ち着かせてから、背後に回ります。 (処置が的確にできなくなるため) 圧迫位置は、 おへそのやや上方 (みぞおちの下方) です。 (上の写真を参照) その位置に親指側を向けて、握りこぶしを当てます。 剣状突起や胸骨の真下を圧迫しないように、注意しましょう。 ハイムリック法は腹部の臓器を傷つける恐れがあります。 (医師の診察が必要) 当てた握りこぶしを上から包むように、もう一方の手でしっかり握ります。 素早く 手前上方(内側の頭側) へ圧迫するように突き上げます。 異物が取れるか、傷病者の反応がなくなるまで、突き上げを繰り返し行いましょう。 「ハイブコウダホウ」と読みます。 ハイムリック法で実施できない 「 乳児・新生児・妊婦の場合」 でも行うことができます。 喉を詰まらせた時に、一般的に行われる方法です。 成人では、ハイムリック法ほど有効な方法では、ありません。 傷病者が立っている場合や座っている場合は、重力を利用できるように、 傷病者の頭を下げます。 傷病者の 胸に手を当てて 、背部と両側から内圧を上げて異物を除去します。 手の付け根(手根部)で両肩甲骨間を 異物が取れるか、傷病者の反応がなくなるまで、力強く、続けて、叩きます。 叩く方向は、「頭の方」を目安に叩きます。 救助者のももの上に傷病者の胸を乗せて、頭を下げて、叩く方法もあります。 「仰向け」や「うつ伏せ」の場合は、 傷病者の体を救助者の方に横に向けます(側臥位)。 気道を確保できるように下あごを確保します。 ひざを立てて、足を胸に当てて、背部と両側から内圧を上げて異物を除去します。 手の付け根(手根部)で両肩甲骨間を 異物が取れるか、傷病者の反応がなくなるまで、力強く続けて叩きます。 頭の方向を目安に叩きましょう。 異物を奥に押し込んでしまう可能性があります。 そのようなことに時間をかけずに 胸骨圧迫をすぐに行います。 「胸骨圧迫」により胸腔内圧が高められ、原因の異物が出てくることがあります。 気道確保に際して口の中に異物が見えた場合は、 容易に取り除けるならば、 取り除きます。 人工呼吸ができるようになることがあります。

次の

【窒息の対応】異物が喉に詰まった場合の応急処置

チョーク サイン

電源の整流と平滑の回路ですね。 まず正弦波を整流するといきなりきれいな直流になるのではなく、方向こそ一方向ですが、電圧はドカン、ドカン、ドカン、、というような脈動する波形になるだけです。 これを平坦にするのが平滑回路です。 そして最初にコンデンサで受けるのがコンデンサインプット、チョークコイルというインダクタンスで受けるのがチョークインプットと言う形式です。 どのように違うかということを定性的に言えば、 チョークインプット:ドカン、ドカンを受けるとすぐには電流が流れず、ジワーっと電流が流れますからドカン、はモワンぐらいになります。 そしてドカンの終わりごろはコイルにたまったエネルギーを今度は吐き出す側になりますから、ホワーと言う感じで次の段に渡されます。 こうして平滑機能を果たします。 瞬間的な突入電流を抑制しますから電源トランスにはやさしい方式でその分電流を多く取り出せます。 コンデンサインプット:ドカン、ドカン電圧をコンデンサで受けると、最初の突入電流をモロに流しますので、大電流が流れます。 そのごジワーと電圧が立ち上がってきます。 ドカンが無くなってからは、貯えた電荷を負荷側に流しますから、ドカン、も角がなまったボワーとした波形になります。 こうして平滑します。 電源トランスは瞬間的な鋭い電流をコンデンサから返されてきますから厳しい動作を要求されます。 トランス電流はバリケードのようなトゲトゲしい波形 高調波多い)になります。 チョークは鉄と銅の塊でサイズも大きくコストが掛かるので、コンデンサインプットが多く使われていますが、電源電流波形が汚くなりますので、スイッチング電源などではチョークインプットにして波形改善をしている例が多くなりました。 しかし、Lイン型は電源電流=負荷電流だから電源投入時の電流は0から始まり多くても負荷電流止りであることに対してcイン型は電源電流=(電源電圧-負荷電圧)/電源内部抵抗だから電源投入時の電流が電源電圧/電源内部抵抗となり大きな突入電流が流れます。 またcイン型は電源電圧>負荷電圧の場合にのみ電源電流が流れるので歪みの多い高調波を含んだ電源電流となってしまいます。

次の