ポケットモンスター ソード シールド 違い。 【最新情報まとめ】ポケットモンスター|ソード・シールドの違いや購入特典

【ポケモンソードシールド】違いはある?おすすめはどっち?

ポケットモンスター ソード シールド 違い

いよいよ今月11月15日の発売が迫った『ポケットモンスター』シリーズ最新作『 ポケットモンスター ソード・シールド』。 シリーズ恒例の2バージョンに分かれた本作に関してインサイドでは、発表当時に「 第一印象で「こっちを買おう!」と思ったバージョンはどっち?」というテーマで読者アンケートを実施していました。 当時とは購入予定のバージョンが変わったという方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の公式から発表されているバージョン毎の違いをご紹介し、記事最後に「 現状購入予定のバージョンはどっち?」というテーマで読者アンケートを実施します。 以下、『ポケットモンスター ソード』は『ソード』と、『ポケットモンスター シールド』は『シールド』と表記。 なお、紹介するバージョン毎の違いは2019年11月8日までに判明している内容となります。 『ソード』では、既存ポケモンの「モノズ」「ジャラコ」、そして新ポケモンとなる「ネギガナイト」が登場。 「ネギガナイト」は、シリーズ初代から登場している「カモネギ」が進化したポケモンです。 「ネギガナイト」だけが覚えることのできる特別な技「スターアサルト」も新登場しており、カモネギファンには堪らないポケモンと言えるでしょう。 一方の『シールド』では、既存ポケモンの「ヨーギラス」「ヌメラ」、そして新たなリージョンフォームとなる「ポニータ(ガラルのすがた)」が登場します。 ほのおタイプだった「ポニータ」がどことなくファンシーな見た目になったほか、タイプもエスパーに変化。 自分や味方がどく状態になることを防ぎ、戦闘に出した時に味方をどく状態から回復してくれる新特性「パステルベール」を持っています。 公式から明言こそされていませんが、各パッケージを飾る伝説のポケモン「ザシアン」と「ザマゼンタ」に関しても、今までの『ポケットモンスター』シリーズを参考にするならそれぞれが片方のバージョンにしか登場しないかもしれません。 『ソード』では、かくとうタイプの使い手「サイトウ」が登場。 100年の歴史を誇るガラルカラテの申し子で、ピンチに陥っても動じない正確無比なバトルを繰り広げます。 ストイックな性格で、感情を表に出すことはあまりないんだとか。 一方の『シールド』では、ゴーストタイプの使い手「オニオン」が登場。 幼くしてジムリーダーを務める優秀なトレーナーですが、極端に内気で臆病な性格のため、人目を恐れて常に顔をマスクで隠しています。 通常はなかなか出会うことができませんが、発売日の11月15日~2020年1月上旬の期間は、特定のキョダイマックスポケモンと出会いやすくなります。 両バージョン共に「バタフリー(キョダイマックスのすがた)」と出会いやすくなるのですが、さらに同期間中は、『ソード』では「カジリガメ(キョダイマックスのすがた)」と、『シールド』では「アーマーガア(キョダイマックスのすがた)」と出会いやすくなります。 今後も、出会いやすくなるポケモンは一定期間で変化していく予定なので、その度にバージョン毎で出会いやすくなるポケモンに違いが表れるかもしれません。 現時点で公式より発表されているバージョンの違いは以上となります。 なお、アンケートは下記の「回答する」ボタンから回答できます。 後日結果記事も公開しますので、お楽しみに!.

次の

『ソード』はサイトウ、『シールド』はオニオン。ソフトによるジムリーダーの違いとは?

ポケットモンスター ソード シールド 違い

ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」の違いが公開されているので、どっちを買うべきか決めるとき用にご紹介しておきます。 今作は、以下のような違いがあります。 ポケモン剣盾の違い 「ポケモン ソード シールド」の違いは、現時点では、以下の内容が公開されています。 出現ポケモンの違い 「ポケットモンスター ソード」では、バージョン限定ポケモンとして、モノズとジャラコが出現します。 「ポケットモンスター シールド」では、バージョン限定ポケモンとして、ヨーギラスとヌメラが出現します。 ただし、これらのうち、ジャラコとヨーギラスは、限定ポケモンではない状態にすることも可能です。 それは、「ポケモン ソード シールド」の「ダブルパック」というセット商品を購入した場合です。 「ポケモン ソード シールド」の「ダブルパック」は、これまでのポケモン本編シリーズでもおなじみの、各バージョンを1本ずつセットにした商品です。 今回の商品には特典があり、ソードでヨーギラスを、シールドでジャラコをゲットできる「ダイクリスタル」というアイテムを入手するためのシリアルコードが2種類付属します。 よって、ダブルパックを購入して、このシリアルコードを使う場合は、ジャラコとヨーギラスは限定ポケモンではなくなります。 しかし、これは、そもそも両バージョンを購入するなら、バージョンによる違いを気にする必要もないとも言えるので、どっちを買うべきかというテーマにおいては意味のない話でもあります。 ちなみに、出現ポケモンの違いは、これらだけではなく、他にも存在すると思われます。 ただ、これまでのパターン通りだと、ソフトの発売前にその違いは全て明らかにされない可能性が高いです。 ジムリーダーの違い 「ポケモン ソード シールド」では、登場するジムリーダーに違いがあります。 「ポケットモンスター ソード」では、バージョン限定ジムリーダーとして、サイトウが登場します。 「ポケットモンスター シールド」では、バージョン限定ジムリーダーとして、オニオンが登場します。 これらのジムリーダーの違いとしては、サイトウが「かくとうタイプ」、オニオンが「ゴーストタイプ」の使い手になっています。 また、サイトウは女性、オニオンは女性っぽい男性になっています。 ちなみに、どちらも登場するジムの場所は同じであり、バージョンによって、その場所を訪れたときに待ち受けている人物が違うということになります。 伝説のポケモンの違い 「ポケットモンスター ソード シールド」については、伝説のポケモンの違いも存在するはずです。 この点は、公式サイトには書かれていませんが、出現ポケモンが違う部分に含まれている内容かもしれません。 伝説ポケモンの違いは、パッケージデザイン通り、ソードには剣っぽいザシアンが、シールドには盾っぽいザマゼンタが登場します。 剣盾どっちを買うべきかは… ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のどっちを買うべきかは、前述の違いで決めることになります。 どちらがお勧めなのかは、非常に言いにくいので、自分の好みで選ぶしかありません。 あえて言うならば、まず、出現ポケモンは、後で交換などで足りないものを入手可能なので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。 ただ、伝説のポケモンの交換はなかなか厳しいので、まずは、ザシアンかザマゼンタのどちらが欲しいかで決めるといいでしょう。 また、伝説のポケモンの交換も全然不可能ではないので、それは後で補完すればいいと考えるならば、イベントとして必ず遭遇することになるジムリーダーの違いで選ぶのがいいかもしれません。 サイトウ又はオニオンとのジムバトルは、各バージョンで後から他のバージョンのものを体験することは出来ないと思われるので、このどちらがいいかで決めてもいいと思われます。 ちなみに、サイトウ又はオニオンのどちらのバトルやイベントが楽しいのかは、人によると思われるので、結局は、自分の好みや直感を信じて選ぶしかないということになります。

次の

ポケモンソードシールドの違いがヤバイ!

ポケットモンスター ソード シールド 違い

いよいよ今月11月15日の発売が迫った『ポケットモンスター』シリーズ最新作『 ポケットモンスター ソード・シールド』。 シリーズ恒例の2バージョンに分かれた本作に関してインサイドでは、発表当時に「 第一印象で「こっちを買おう!」と思ったバージョンはどっち?」というテーマで読者アンケートを実施していました。 当時とは購入予定のバージョンが変わったという方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の公式から発表されているバージョン毎の違いをご紹介し、記事最後に「 現状購入予定のバージョンはどっち?」というテーマで読者アンケートを実施します。 以下、『ポケットモンスター ソード』は『ソード』と、『ポケットモンスター シールド』は『シールド』と表記。 なお、紹介するバージョン毎の違いは2019年11月8日までに判明している内容となります。 『ソード』では、既存ポケモンの「モノズ」「ジャラコ」、そして新ポケモンとなる「ネギガナイト」が登場。 「ネギガナイト」は、シリーズ初代から登場している「カモネギ」が進化したポケモンです。 「ネギガナイト」だけが覚えることのできる特別な技「スターアサルト」も新登場しており、カモネギファンには堪らないポケモンと言えるでしょう。 一方の『シールド』では、既存ポケモンの「ヨーギラス」「ヌメラ」、そして新たなリージョンフォームとなる「ポニータ(ガラルのすがた)」が登場します。 ほのおタイプだった「ポニータ」がどことなくファンシーな見た目になったほか、タイプもエスパーに変化。 自分や味方がどく状態になることを防ぎ、戦闘に出した時に味方をどく状態から回復してくれる新特性「パステルベール」を持っています。 公式から明言こそされていませんが、各パッケージを飾る伝説のポケモン「ザシアン」と「ザマゼンタ」に関しても、今までの『ポケットモンスター』シリーズを参考にするならそれぞれが片方のバージョンにしか登場しないかもしれません。 『ソード』では、かくとうタイプの使い手「サイトウ」が登場。 100年の歴史を誇るガラルカラテの申し子で、ピンチに陥っても動じない正確無比なバトルを繰り広げます。 ストイックな性格で、感情を表に出すことはあまりないんだとか。 一方の『シールド』では、ゴーストタイプの使い手「オニオン」が登場。 幼くしてジムリーダーを務める優秀なトレーナーですが、極端に内気で臆病な性格のため、人目を恐れて常に顔をマスクで隠しています。 通常はなかなか出会うことができませんが、発売日の11月15日~2020年1月上旬の期間は、特定のキョダイマックスポケモンと出会いやすくなります。 両バージョン共に「バタフリー(キョダイマックスのすがた)」と出会いやすくなるのですが、さらに同期間中は、『ソード』では「カジリガメ(キョダイマックスのすがた)」と、『シールド』では「アーマーガア(キョダイマックスのすがた)」と出会いやすくなります。 今後も、出会いやすくなるポケモンは一定期間で変化していく予定なので、その度にバージョン毎で出会いやすくなるポケモンに違いが表れるかもしれません。 現時点で公式より発表されているバージョンの違いは以上となります。 なお、アンケートは下記の「回答する」ボタンから回答できます。 後日結果記事も公開しますので、お楽しみに!.

次の