コーヒーかす 猫よけ。 コーヒーかすの利用法!乾燥方法は?消臭や猫よけに!

コーヒーかすの利用法!乾燥方法は?消臭や猫よけに!

コーヒーかす 猫よけ

コーヒーを抽出した後のかすって捨てるのもったないですよね?毎日コーヒーを淹れると結構な量のコーヒーかすが出ます。 でも、そのままコーヒーかすを畑に撒いたところで栄養価の高い肥料にはならない。 コーヒーにはもともと発芽阻害物質という成分がふくまれているので、むしろコーヒーかすは畑の作物の成長を阻害してしまいます。 そこで、 コーヒーかすを利用した養分満点の肥料の作り方を紹介します。 コーヒーかす肥料作りの7ポイントを押さえてしまえば簡単に作る事が可能です。 コーヒーかすで作る肥料の効果は? コーヒーかすが肥料に向いている理由はコーヒーの形状と性質にあります。 コーヒーは中に小さな空気穴がたくさんあります。 (通常はこの穴のなかにコーヒーの香りのもとであるコーヒーアロマが詰まってます)この穴は畑の肥料にかかせない微生物が繁殖するのに適した環境なんです。 さらにコーヒーは強い酸性の物質なので肥料の臭いを吸収してくれます。 コーヒーは肥料にするのに向いているんです。 科学肥料と違い食品から作られているので安全性も非常に高いのです! 今回はダンボールを使用してーヒーかす肥料をつくります。 悪臭が発生しない!コストが掛からない!寒い場所でも利用出来る!という3つの点からこの方法が一番オススメです。 コーヒーかす肥料を作ってみる まずは栄養価満点の畑の作物の成長を促す為の肥料を作ってみます! 実際に必要な物は下の通りです。 <肥料の作り方 7ポイント>• ダンボールをテーピングテープでしっかり補強(通気性がよいテープを使用する事)• ブロックの上にダンボールを乗せる(通気性を確保するためブロックはダンボール端に設置)• 水分対策のためにダンボールの底をダンボールや新聞紙で補強• おがくずや落ち葉、腐葉土少々を7割程度まで入れる• 毎日のコーヒーかすを入れて、その都度まぜる• 使い古したタオルやTシャツでダンボール全体を覆う(防虫対策)• 30日程度繰り返したら完成 注意点 コーヒーかすは乾燥させずに使用する為多くのコーヒーかすをいれると水分でダンボールがふやけてしまう可能性があるので調整が必要です!しっかりと、管理すればコバエや虫の発生は防げます。 屋内でも可能ですが風通しのよい外に設置したほうが良いですよ。 防虫が可能? コーヒーかす+アロマオイル コーヒーかすには防虫や猫よけの効果があります!直接、使用したい箇所に撒くだけでも効果はありますが、一手間加えるだけで効果がUPします。 コーヒーかすに柑橘系のアロマオイルを2、3滴垂らすだけです。 このコーヒーかすは猫よけにも使用する事が出来ます!最も効果を発揮した場所が砂場です。 子供が遊ぶ砂場に近所の猫がフンをしてしまう!なんてこと多いですよね。 (詳しくは「」を参照して下さい) 上手にコーヒーかすを利用して賢いコーヒーライフを楽しんで下さい!.

次の

コーヒーかすはゴキブリや虫よけになる?除草やカビの生えない乾燥方法も紹介!

コーヒーかす 猫よけ

庭の一角に花壇を作り、少しずつお花を植え始めていたある日。 庭から異臭が・・・。 見つけてしまいました!! 花壇の一角に新しいお花を植えようと掘り返したら、なんと!!ごろごろと猫のふんらしきものが出てきたのです・・・。 本当にショックで、それから猫よけに効果があるといわれる対策を次々に試し、猫よけに成功! 猫によって、嫌がるものは違うそうですが、 我が家の場合は七味唐辛子が効果絶大でした 猫が来なくなって2か月以上が経過しましたが、その後一度も猫のふん被害にはあわなくなりました。 この記事では、 我が家で行った猫よけ対策とその効果ををご紹介していきます。 とにかく早く、確実に猫よけできるものを探している!という方には、もおすすめ。 1年間の保証付き• 正しい使い方をメールでサポート• 効果がなければ全額返金 でも販売されていますが、メーカーから直接購入する方が安く、特典も付いてお得です。 煙でいぶしたような、燻製のような独特のにおいがしますが、そこまで強くはないです。 においが薄れると効果がなくなるそうなので、我が家はほぼ毎朝まいていました。 ふん被害にあった場所と、花壇以外の部分は濃いめに希釈してジョーロで散布。 花壇の中で、トイレにされていなかった場所は薄めに希釈してまきました。 まき始めてから、猫もいつもと違う様子に警戒したのか、ふんをされることはなくなりました!! しかし、猫は少し離れたところからじっと庭を見ていたり、時折「タタタタッ」と庭を横切ったり・・・。 庭の様子をうかがっています。 木酢液も用途は同じで、猫よけに使えるようです。 木酢液・竹酢液は植物の成長にも良いようなので、猫よけの薬剤などと比べると安心ですね。 取り急ぎ、トイレとして使えないようにするため、 ふんのあった場所に植木鉢を置きました。 他にも、少し広めに土が見えているところは、同じように 植木鉢を置いたり、 レンガを置いたりして土を隠すようにしました。 猫はたまに現れますが、ふんはしていません。 猫が嫌がるにおい、といわれている ローズマリーを植えました。 ローズマリーはもともと花壇に植えてあったのですが、ちょうど増やしたいと思っていたので、もう一株植えて、猫対策を強化。 猫は相変わらず花壇の周りに現れていますので、 目に見える効果はないような・・・。 我が家の苗は植えたばかりでまだ小さいのですが、大きく育てば猫よけ効果もアップするのかも。 コーヒーを入れた後のコーヒーかすを花壇の周りにまくようにしました。 猫は、多少いやなにおいであってもだんだん慣れてくると聞いたので、新しい嫌なにおいが必要かなと思ったからです。 しかしこれは・・・我が家の場合、逆効果でした。 というのも、我が家にやっていていた猫は、数件となりの家でご飯をもらっている猫で、「エサかもしれない」と期待している雰囲気。 私がコーヒーかすをまくのを少し離れたところから見ていて、私がいなくなると確認に来るのです。 ふんの被害はないので、におい自体は嫌いなのだと思いますが、 「この家も何か食べ物をくれそう」という期待を与えてしまったような気がします。 猫がこちらの様子をうかがいに来るときの距離が近くなったような気が・・・。 こんな感じの針金を10センチおきくらいに花壇中に刺していきます。 最初は短めに切った針金をさしていたのですが、猫は平気で花壇の中を歩いていたようです。 (針金をチェックすると根元から倒れている物や曲がっているものがたくさんあったので、うまく歩けば問題ないと学習されてしまったようです・・・) 新たに、長めに切った針金を間隔狭めに刺しておいたところ、猫が通らなくなりました!(たぶん。 針金に変化がないのと、花壇を通る猫の姿を見なくなったので)。 針金でなくても、割り箸や、枝など、棒状のものなら何でもいいと思います。 もちろん、猫用のトゲトゲシートでも。 しかし、花壇に対策する場合、花壇の周りに、飛び越えられないくらいシートを敷き詰めるとすると大量に必要です。 さらに、花壇の中に敷きつめようとすると、細かく切ったりする必要がありますので、手間がかかりますし、見た目もいまいち・・・。 針金なら目立たないので、見た目もそこまで気になりませんよ。 「猫は水に濡れることを嫌がるのでホースや水鉄砲で水をかけるとよい。 できれば人がやっていると気づかれないように」とネットか何かでみかけ、試してみることにしました。 人がやっていることに気づかれると、人がいないときを狙って来るようになるそうです。 我が家は庭に水道がないので、バケツに水を汲み、子供の水鉄砲を準備。 いよいよ猫がやってきてじっと座っているときに、 ベランダに隠れながら水鉄砲を発射! 結果は・・・またもやエサと勘違いされたようです。 まず、水鉄砲では猫に水を命中させるのがかなり難しい。 というより、私は無理でした・・・。 猫は、一瞬びっくりしていたように見えたものの、地面に落ちた水をペロペロ。 うまく命中させることができれば、効果はありそうです。 猫を4匹飼っている親戚いわく、「水鉄砲くらいじゃ全然驚かない。 バケツでびしょびしょになるくらいかけないと逃げないよ。 」とのこと。 庭にホースのある方は、じゃっとまくと、びっくりさせられるのでいいと思います。 水ではないですが、センサーでスプレーが自動的に噴射される装置もあるようです。 レビューでも高評価なので、こういう商品を使えば効果があるのかも。 かなり刺激が強そうなので、猫と植物への影響が気になって実行しておらず。 お互い気持ちよく暮らしていくためにも、「ここは不快な場所」と強く印象付けるため、ついに決行することにしました。 いよいよ実施。 庭の外周、花壇の周りと中(できるだけ植物が植わっていない部分)に 粉末のトウガラシをまきました。 まいたのは、七味唐辛子、のつもりでしたが・・・あとから見るとハバネロでした。 よく猫がじっと座っている石の上や、元トイレの部分には多めに。 すると・・・ トウガラシをまいてから、急に猫を見かける頻度が少なくなりました!これはかなり効果があったようです。 気になっていた植物への影響も特に見当たらず、大丈夫。 もちろん猫も、元気に走っている姿を目撃していますので、心配なさそう。 猫が急に来なくなったので、トウガラシをまくのは1回しかしていません。 ちなみに、私はうっかりハバネロをまいてしまいましたが、まくときに粉末が手についてしまい、その手で目を触ってしまったようで。 目がヒリヒリして大変なことになりました。 まくときは、手につかないようお気を付けください。 その後しばらくして、何度か猫を見かけたので、ふんなどの被害はありませんでしたが、念のため2~3回くらい七味唐辛子をまきました。 その効果かどうかわかりませんが、もう猫が近くまで来ることはなくなりました。 新たに植えたローズマリーの周りにも。 ごろごろトゲトゲして、猫も歩きにいだろうから、さらなる侵入防止になるかと思ったのです。 それに、前に猫が踏みつけたと思われる植物がつぶれて土だらけになってしまっていたので、もし踏まれたとしても土がつきにくくなるんじゃないかと考えました。 松ぼっくりやイガをまいてみると、なんと猫は、ほとんど現れなくなりました!!トウガラシの効果が続いていただけかもしれませんが・・・ 栗のイガはかなりトゲトゲしていて、指でさわるのは一苦労。 猫の侵入防止にはかなり効果がありそうです。 ナチュラルな素材なので、花壇や植物とも相性が良いですし。 松ぼっくりは、ある程度の通気性と保水性があるので、猫よけ目的でなくても、花壇のマルチングやグランドカバーとして使う方もいるようです。 猫よけにもグランドカバーにもなるなら、一石二鳥ですね! 1位 トウガラシをまく 2位 猫が通る場所に 棒(わりばし、枝、針金など)を刺しておく 3位 松ぼっくりや 栗のイガをまく 4位 ふんのあった場所や、土の見えている場所に 物を置く 5位 竹酢液(木酢液でもOK)を薄めたものを庭中にまく 個人的な体験談ではありますが、どれもすぐにできるお手軽対策。 猫のふん被害などにお困りの方は、まずできるものからぜひ試してみてください。 とくにトウガラシは効果抜群でした!まずは七味とうがらしでOKですので、まいてみてはいかがでしょうか。 また、などの猫よけ用装置も販売されています。 忌避剤のようなにおいもなく、口コミでの評判も良いようです。 こういった便利な装置に頼るのも一つの手ですね。 でも販売されていますが、メーカーから直接購入する方が安く、以下の特典も付いてお得です。 1年間の保証付き• 正しい使い方をメールでサポート• 効果がなければ全額返金! やはり猫にも個性があり、効果のある対策は猫によって違うようです。 できることは色々試してみてくださいね。

次の

さっそく役立つ!みんなの「コーヒーかす活用法」

コーヒーかす 猫よけ

庭の一角に花壇を作り、少しずつお花を植え始めていたある日。 庭から異臭が・・・。 見つけてしまいました!! 花壇の一角に新しいお花を植えようと掘り返したら、なんと!!ごろごろと猫のふんらしきものが出てきたのです・・・。 本当にショックで、それから猫よけに効果があるといわれる対策を次々に試し、猫よけに成功! 猫によって、嫌がるものは違うそうですが、 我が家の場合は七味唐辛子が効果絶大でした 猫が来なくなって2か月以上が経過しましたが、その後一度も猫のふん被害にはあわなくなりました。 この記事では、 我が家で行った猫よけ対策とその効果ををご紹介していきます。 とにかく早く、確実に猫よけできるものを探している!という方には、もおすすめ。 1年間の保証付き• 正しい使い方をメールでサポート• 効果がなければ全額返金 でも販売されていますが、メーカーから直接購入する方が安く、特典も付いてお得です。 煙でいぶしたような、燻製のような独特のにおいがしますが、そこまで強くはないです。 においが薄れると効果がなくなるそうなので、我が家はほぼ毎朝まいていました。 ふん被害にあった場所と、花壇以外の部分は濃いめに希釈してジョーロで散布。 花壇の中で、トイレにされていなかった場所は薄めに希釈してまきました。 まき始めてから、猫もいつもと違う様子に警戒したのか、ふんをされることはなくなりました!! しかし、猫は少し離れたところからじっと庭を見ていたり、時折「タタタタッ」と庭を横切ったり・・・。 庭の様子をうかがっています。 木酢液も用途は同じで、猫よけに使えるようです。 木酢液・竹酢液は植物の成長にも良いようなので、猫よけの薬剤などと比べると安心ですね。 取り急ぎ、トイレとして使えないようにするため、 ふんのあった場所に植木鉢を置きました。 他にも、少し広めに土が見えているところは、同じように 植木鉢を置いたり、 レンガを置いたりして土を隠すようにしました。 猫はたまに現れますが、ふんはしていません。 猫が嫌がるにおい、といわれている ローズマリーを植えました。 ローズマリーはもともと花壇に植えてあったのですが、ちょうど増やしたいと思っていたので、もう一株植えて、猫対策を強化。 猫は相変わらず花壇の周りに現れていますので、 目に見える効果はないような・・・。 我が家の苗は植えたばかりでまだ小さいのですが、大きく育てば猫よけ効果もアップするのかも。 コーヒーを入れた後のコーヒーかすを花壇の周りにまくようにしました。 猫は、多少いやなにおいであってもだんだん慣れてくると聞いたので、新しい嫌なにおいが必要かなと思ったからです。 しかしこれは・・・我が家の場合、逆効果でした。 というのも、我が家にやっていていた猫は、数件となりの家でご飯をもらっている猫で、「エサかもしれない」と期待している雰囲気。 私がコーヒーかすをまくのを少し離れたところから見ていて、私がいなくなると確認に来るのです。 ふんの被害はないので、におい自体は嫌いなのだと思いますが、 「この家も何か食べ物をくれそう」という期待を与えてしまったような気がします。 猫がこちらの様子をうかがいに来るときの距離が近くなったような気が・・・。 こんな感じの針金を10センチおきくらいに花壇中に刺していきます。 最初は短めに切った針金をさしていたのですが、猫は平気で花壇の中を歩いていたようです。 (針金をチェックすると根元から倒れている物や曲がっているものがたくさんあったので、うまく歩けば問題ないと学習されてしまったようです・・・) 新たに、長めに切った針金を間隔狭めに刺しておいたところ、猫が通らなくなりました!(たぶん。 針金に変化がないのと、花壇を通る猫の姿を見なくなったので)。 針金でなくても、割り箸や、枝など、棒状のものなら何でもいいと思います。 もちろん、猫用のトゲトゲシートでも。 しかし、花壇に対策する場合、花壇の周りに、飛び越えられないくらいシートを敷き詰めるとすると大量に必要です。 さらに、花壇の中に敷きつめようとすると、細かく切ったりする必要がありますので、手間がかかりますし、見た目もいまいち・・・。 針金なら目立たないので、見た目もそこまで気になりませんよ。 「猫は水に濡れることを嫌がるのでホースや水鉄砲で水をかけるとよい。 できれば人がやっていると気づかれないように」とネットか何かでみかけ、試してみることにしました。 人がやっていることに気づかれると、人がいないときを狙って来るようになるそうです。 我が家は庭に水道がないので、バケツに水を汲み、子供の水鉄砲を準備。 いよいよ猫がやってきてじっと座っているときに、 ベランダに隠れながら水鉄砲を発射! 結果は・・・またもやエサと勘違いされたようです。 まず、水鉄砲では猫に水を命中させるのがかなり難しい。 というより、私は無理でした・・・。 猫は、一瞬びっくりしていたように見えたものの、地面に落ちた水をペロペロ。 うまく命中させることができれば、効果はありそうです。 猫を4匹飼っている親戚いわく、「水鉄砲くらいじゃ全然驚かない。 バケツでびしょびしょになるくらいかけないと逃げないよ。 」とのこと。 庭にホースのある方は、じゃっとまくと、びっくりさせられるのでいいと思います。 水ではないですが、センサーでスプレーが自動的に噴射される装置もあるようです。 レビューでも高評価なので、こういう商品を使えば効果があるのかも。 かなり刺激が強そうなので、猫と植物への影響が気になって実行しておらず。 お互い気持ちよく暮らしていくためにも、「ここは不快な場所」と強く印象付けるため、ついに決行することにしました。 いよいよ実施。 庭の外周、花壇の周りと中(できるだけ植物が植わっていない部分)に 粉末のトウガラシをまきました。 まいたのは、七味唐辛子、のつもりでしたが・・・あとから見るとハバネロでした。 よく猫がじっと座っている石の上や、元トイレの部分には多めに。 すると・・・ トウガラシをまいてから、急に猫を見かける頻度が少なくなりました!これはかなり効果があったようです。 気になっていた植物への影響も特に見当たらず、大丈夫。 もちろん猫も、元気に走っている姿を目撃していますので、心配なさそう。 猫が急に来なくなったので、トウガラシをまくのは1回しかしていません。 ちなみに、私はうっかりハバネロをまいてしまいましたが、まくときに粉末が手についてしまい、その手で目を触ってしまったようで。 目がヒリヒリして大変なことになりました。 まくときは、手につかないようお気を付けください。 その後しばらくして、何度か猫を見かけたので、ふんなどの被害はありませんでしたが、念のため2~3回くらい七味唐辛子をまきました。 その効果かどうかわかりませんが、もう猫が近くまで来ることはなくなりました。 新たに植えたローズマリーの周りにも。 ごろごろトゲトゲして、猫も歩きにいだろうから、さらなる侵入防止になるかと思ったのです。 それに、前に猫が踏みつけたと思われる植物がつぶれて土だらけになってしまっていたので、もし踏まれたとしても土がつきにくくなるんじゃないかと考えました。 松ぼっくりやイガをまいてみると、なんと猫は、ほとんど現れなくなりました!!トウガラシの効果が続いていただけかもしれませんが・・・ 栗のイガはかなりトゲトゲしていて、指でさわるのは一苦労。 猫の侵入防止にはかなり効果がありそうです。 ナチュラルな素材なので、花壇や植物とも相性が良いですし。 松ぼっくりは、ある程度の通気性と保水性があるので、猫よけ目的でなくても、花壇のマルチングやグランドカバーとして使う方もいるようです。 猫よけにもグランドカバーにもなるなら、一石二鳥ですね! 1位 トウガラシをまく 2位 猫が通る場所に 棒(わりばし、枝、針金など)を刺しておく 3位 松ぼっくりや 栗のイガをまく 4位 ふんのあった場所や、土の見えている場所に 物を置く 5位 竹酢液(木酢液でもOK)を薄めたものを庭中にまく 個人的な体験談ではありますが、どれもすぐにできるお手軽対策。 猫のふん被害などにお困りの方は、まずできるものからぜひ試してみてください。 とくにトウガラシは効果抜群でした!まずは七味とうがらしでOKですので、まいてみてはいかがでしょうか。 また、などの猫よけ用装置も販売されています。 忌避剤のようなにおいもなく、口コミでの評判も良いようです。 こういった便利な装置に頼るのも一つの手ですね。 でも販売されていますが、メーカーから直接購入する方が安く、以下の特典も付いてお得です。 1年間の保証付き• 正しい使い方をメールでサポート• 効果がなければ全額返金! やはり猫にも個性があり、効果のある対策は猫によって違うようです。 できることは色々試してみてくださいね。

次の