島田 紳助 トラブル。 島田紳助「芸能界追放」ワイドショー扱いにくいネタに及び腰: J

島田紳助の2017年現在がヤバい!引退理由は石橋貴明との確執が原因だった?復帰についても言及か?

島田 紳助 トラブル

しゃべくりの名手といわれる島田神助の引退会見から一夜明けた24日(2011年8月)、マスコミや芸能界、そして街角でも「残念だ」「寂しい」などと同情の声が溢れた。 その一方で、「すべて正直に話します」 島田 と言いながら、語らなかった核心部分がボロボロと出てきている。 その中身をみると、やっぱり「ダメ」というほかない。 元プロボクサー渡辺二郎と山口組系極心連合会会長 紳助が語らなかった1つめ。 知人AとAを介して助けられた暴力団関係者Bについて。 Aは元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告 56 =恐喝未遂で懲役2年の実刑判決を受けて上告中=だったことがはっきりした。 スポーツ報知によると、島田は引退会見直後に渡辺へ「会見はどうでしたか」と直接電話。 これに渡辺は「立派な会見だったと思う」と答えたという。 紳助が「真っ白な一般人」とかばう渡辺は、大阪市内で1999年に起きた男性射殺事件で使われた拳銃を譲り渡したとして銃刀法違反の罪に問われており、グレーどころか真っ黒に近い。 紳助は情状証人として出廷し、涙ながらに「刑の軽減」を訴えている。 暴力団関係者Bは指定暴力団山口組の最高幹部の一人で、大阪に本拠を置く極心連合会会長だ。 警察が05年に競争入札妨害容疑でこの会長を逮捕し自宅を家宅捜査した際に、紳助が会長宛てに出した直筆の手紙や会長の親族と一緒に写った写真が見つかっている。 オンエアしないはずが流れてしまった! しゃべらなかった2つ目。 10数年前に紳助が手に余りこの会長に助けてもらったトラブルとは、関西テレビ制作のテレビ番組だった。 当時、同じ番組に出演していた大谷昭宏 ジャーナリスト がこう証言する。 「オンエアでは流れないと思っていた収録の話が、実質的にはオンエアになった。 その中身は、右翼団体を刺激する 紳助の 発言で、それがもとで脅迫的な言辞や街宣を受ける事態に発展し悩んでいた。 それを手早く処理していただきお付き合いが深まった」 紳助を守らなかったテレビ局の不甲斐なさには呆れるし、紳助にも同情の余地はあるが、「行列のできる法律相談所」 日本テレビ で弁護士と渡り合っている番組司会者が、暴力団に助けてもらっていては…。 紳助と何度も共演したことがあるタレントの松尾貴史は、「知り合いの知り合いはどうするかなど、反社会的団体とのお付き合いの線引きはすごく難しい。 ましてトラブルを解決してもらったことがあると、なかなか断ち切れない」と擁護する。 しかし、テレビ朝日社員の玉川徹ディレクターはつぎのように話す。 「ヤクザ社会はメディアがある種のロマンを持ってドラマ化したり、悪い社会ではないのではという人もいっぱいいる。 直接、接触がないからだが、現実には暴力があり、その暴力に泣いている人もいる。 そういう許されない組織だということを再認識する必要がある」.

次の

(2011年9月5日)

島田 紳助 トラブル

島田紳助の引退理由の真相(表向き) 誰もが知る当時も現在も存在感のある元芸人の 島田紳助「63歳」は知る人ぞ知るM-1グランプリの 創設者であり、 「行列のできる法律相談所」など 数多くの番組に出演したやり手の芸能人でした。 そんな彼が 2011年8月23日に放送された 「開運!なんでも鑑定団」 出演を最後に 突然引退を宣言します。 表向きは 暴力団関係者との黒い噂とされていますが 人脈が広く複数の女性芸能人と交友があったことから 女性関連のトラブルがあったとも噂されています。 特に東京スポーツが喜び組と題して報じた7人の 女性との関わりは注目を集めました。 実力派芸人としてだけでなく名物司会者として 知られる島田紳助が、突然引退を表明したことは 当時の世間を震撼させました。 「暴力団関係者との黒い関係」があったと記者会見で 発言していますが真相はどうなのでしょうか!? 島田紳助は高校時代にボクシングをしていたことが 縁で、元プロボクサーの 渡辺二郎「64歳」と知り合い 親密な繋がりを持ちます。 渡辺二郎自身、六代目山口組極心連合会の幹部という 立場で、仲が良かった島田紳助に紹介したのは同会の 会長で山口組若頭補佐の 橋本弘文でした。 実際、橋本弘文と会ったことで、その人となりに共感 出来る部分もあったという島田紳助。 これだけ見ると島田紳助が暴力団と密接な関わりを 持っていたと捉えることも出来ますが、会見では 違法行為をしたことはなく会ったのは4、5回程度 だと語っています。 また橋本弘文、本人も芸能人という立場の島田紳助に 会うことは遠慮していました。 「こういう組織の人間と付き合うのはマイナスだから、会わずに君の世界でかんばれ、それが一番の恩返しだ」 と言われたそうです。 友人の渡辺二郎は後に元タレントの羽賀研二らと共謀した 詐欺などの違法行為で逮捕されましたが、これについても 全く知らなかったと語っています。 ここまで聞くと何も後ろめたいことはないようにも思えます。 しかし芸能界は暴力団関係者と関係を持つことをタブーと しています。 ちょっとした縁で山口組という日本最大の暴力団と 関わってしまった島田紳助は運が悪かったとしか言えません。 島田紳助の引退と上原美優と飯島愛との関係 島田紳助が引退した表向きの理由は暴力団関係者との 黒い関係ですが、彼には女性との色恋の噂も沢山あり 引退の理由と結び付けられることもあります。 2011年5月11日に自殺されましたが紳助が引退したのも 同じ年の8月で尚更疑惑が濃厚と言われた原因に・・・ 例えば 上原美優「24歳没」のことを彼は気にかけており 実際に多数の番組に登用し芸能活動をサポートして いたそうです。 種子島出身で、4男6女の大家族で貧乏生活を送っていた 上原美優が、一生懸命頑張っている姿を見て応援しようと 考えたのでしょう。 彼女は母親が心筋梗塞で帰らぬ人となった翌年の 5月12日に自ら命を絶ち24歳でこの世を去ります。 当時島田紳助は上原美優と恋愛関係に、あるのでは ないかと囁かれたことがあります。 でも実際は別に交際中だった(関東連合)の 男性がいたのでこの噂は信憑性を失いましたが 同年だった事と当時の女性タレントとの喜びの組の ブラックな噂が、こうした疑惑を濃厚にしたのかも しれません。 島田紳助といえば多くの女性との交際を噂される こともあるので、こうした事実とは異なる噂に耐え 兼ね引退した可能性もあります。 もう一人仲が良かった女性を紹介するとすれば元タレントの 飯島愛「36歳没」です。 彼女は島田紳助の自宅を訪れたり、お別れ会ではFAXを プレゼントするほど仲が良かったそうです。 また学生時代は非行に走っていたという点で思春期から ヤンチャで有名だったと言われる島田紳助とは共通点が あり、それも二人が仲良くなるきっかけになったのかも しれません。 飯島愛もまた36歳の若さで肺炎となり亡くなって しまいます。 強い絆を感じていた仲間が亡くなった悲しみは大きく 葬儀では自ら弔辞を述べていました。 彼女の死因は肺炎とされていますが、若くして 亡くなったことから 「三年坂で転んだことが原因」とする噂が流れたことがあります。 京都巡りの番組で三年坂を訪れた際に、島田のいたずら 心から転ぶよう仕向けられ転んだフリをしたらしいのです。 三年坂には 「この坂を登る途中で転ぶと三年以内に死ぬ」 という都市伝説があるそうです。 転んだフリが都市伝説に引っ掛かり亡くなってしまった 飯島愛が島田紳助を怨み、引退に追い込んだと考える 妙な噂のような話もありました。 これについては二人の関係を都市伝説に絡めた単なる噂に 過ぎません。 飯島愛と上原美優はどちらも仲の良い同僚や後輩だったと 見るのが妥当でしょう。 Sponsored Link 島田紳助の喜びの組の面子が闇営業レベル? 当時の芸能界で飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していた 島田紳助には、当然番組の企画や出演などに多大なる 影響力があった事は有名です。 その為、個人的に紳助の、お眼鏡に叶う事で人気番組 にレギュラー出演出来るようになったり、冠番組を幾つ も持つ紳助の後ろ盾で数々のテレビ番組に出演したりと 若く売れたいばかりの駆け出しのタレントにとって紳助は まさに特別な存在でした。 そんな島田紳助の引退理由を調べると未だに必ず出てくるのは 「喜びの組」とも呼ばれる 7人の美人女性との関係です。 喜び組といえば北朝鮮の第2代中央委員会総書記だった 金正日「70歳没」が若い美女を集めて、彼や側近に マッサージやダンス・更には性的奉仕までしたと言われる 組織が思い浮かびます。 何故7人の美女が喜び組と言われるのか順を追って 説明します。 島田紳助は一芸人としてだけではなく番組の司会から プロデューサー的立場も務め、自身が気になった駆け出し 芸能人を育成することもあり芸能界ではかなりの権力が ありました。 島田紳助に少しでも気に入られたら、いくら売れない 芸能人でも仕事にありつくことが出来る。 自然とこんな噂が広がりましたが、前述した上原美優の ことなどを考えると事実ではないかと思われます。 ここで少し7人の女性について触れていきますが、例えば フリーアナウンサーの 小林麻耶「40歳」を目にかけて いたのはアナウンサーになる前からでした。 彼女はかなりのお気に入りだったらしく 「オールスター感謝祭」 ではアシスタントに抜擢されました。 因みにこの番組の司会は島田紳助が担当しているので 人脈が広いです。 更に小林とは不倫旅行をしたことや番組に入るのに 手を繋いでいたこともあり、二人には 「肉体関係があった」 とも囁かれていました。 また人気タレント・ファッションモデルである ヨンア「33歳」 との関係も注目されます。 彼女は当初売れたい願望が強くても思い通りにいかない 日々が続いていたそうです。 しかし 「紳助社長のプロデュース大作戦!」のレギュラーに 抜擢されてから状況が一変します。 地道に努力してもなかなか良い仕事が貰えなかったのが 知名度が上がったことで次々とオファーが来るように なったそうです。 そのことから島田紳助と枕営業しているのではと 囁かれた時もありました。 そしてタレントで女優の ほしのあき「42歳」とは、かなり 親密な関係を疑われています。 というのも島田紳助が彼女のことを 「あき」と名前で 呼んでいたり、とあるバーでは島田に捨てられたと 泣いていたという情報があるからです。 これ以外でもドッキリ番組で彼女の背後から抱きつき、 「エッチしよ!」と声をかけたこともあります。 他にも様々な美人芸能人やアナウンサー・スポーツ選手との 親密な関係が噂されているので、彼女らは島田に奉仕する 「喜びの組」などと呼ばれているんですね。 芸能界での影響が強かった人物なだけに、枕営業を させているという噂が出るのもそう時間が掛から なかったのでしょう。 これが事実であるかは島田紳助が芸能界を引退してから 現在までベールに包まれています。 ただ噂レベルにしては、当時の芸能界の勢力図を紳助が 牛耳っていたのは間違いない。 そう考えると、売れたいが為に虎視眈々とその座を巡る 女達の恰好の存在となっていても何らおかしくなかった のかもしれません。 Sponsored Link おわりに 芸能界で力を持ち女性との関わりも多かった島田紳助の芸能界からの引退、それは暴力団との黒い関係だけでない大きな噂を形作ったのは間違いないですね。 現在の吉本興行のお家騒動にも、過去の大御所として久しぶりにインタビューを受けた島田紳助の物言いからしても、当時の紳助の勢いがいかほどだったのか、と思わざるを得ない影響力を持った人物の一人であるのは間違いなさそうですね。 よもやの芸能界復帰には興味も無さそうな紳助ですが、いかんせん、独自の発信力を持った島田紳助です。 一般人となった今も色々な意味で、その動向に目が離せない人物の一人なのかもしれません。

次の

島田紳助が芸能界復帰!放送はいつ?今現在も健在か!引退理由は?

島田 紳助 トラブル

しゃべくりの名手といわれる島田神助の引退会見から一夜明けた24日(2011年8月)、マスコミや芸能界、そして街角でも「残念だ」「寂しい」などと同情の声が溢れた。 その一方で、「すべて正直に話します」 島田 と言いながら、語らなかった核心部分がボロボロと出てきている。 その中身をみると、やっぱり「ダメ」というほかない。 元プロボクサー渡辺二郎と山口組系極心連合会会長 紳助が語らなかった1つめ。 知人AとAを介して助けられた暴力団関係者Bについて。 Aは元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告 56 =恐喝未遂で懲役2年の実刑判決を受けて上告中=だったことがはっきりした。 スポーツ報知によると、島田は引退会見直後に渡辺へ「会見はどうでしたか」と直接電話。 これに渡辺は「立派な会見だったと思う」と答えたという。 紳助が「真っ白な一般人」とかばう渡辺は、大阪市内で1999年に起きた男性射殺事件で使われた拳銃を譲り渡したとして銃刀法違反の罪に問われており、グレーどころか真っ黒に近い。 紳助は情状証人として出廷し、涙ながらに「刑の軽減」を訴えている。 暴力団関係者Bは指定暴力団山口組の最高幹部の一人で、大阪に本拠を置く極心連合会会長だ。 警察が05年に競争入札妨害容疑でこの会長を逮捕し自宅を家宅捜査した際に、紳助が会長宛てに出した直筆の手紙や会長の親族と一緒に写った写真が見つかっている。 オンエアしないはずが流れてしまった! しゃべらなかった2つ目。 10数年前に紳助が手に余りこの会長に助けてもらったトラブルとは、関西テレビ制作のテレビ番組だった。 当時、同じ番組に出演していた大谷昭宏 ジャーナリスト がこう証言する。 「オンエアでは流れないと思っていた収録の話が、実質的にはオンエアになった。 その中身は、右翼団体を刺激する 紳助の 発言で、それがもとで脅迫的な言辞や街宣を受ける事態に発展し悩んでいた。 それを手早く処理していただきお付き合いが深まった」 紳助を守らなかったテレビ局の不甲斐なさには呆れるし、紳助にも同情の余地はあるが、「行列のできる法律相談所」 日本テレビ で弁護士と渡り合っている番組司会者が、暴力団に助けてもらっていては…。 紳助と何度も共演したことがあるタレントの松尾貴史は、「知り合いの知り合いはどうするかなど、反社会的団体とのお付き合いの線引きはすごく難しい。 ましてトラブルを解決してもらったことがあると、なかなか断ち切れない」と擁護する。 しかし、テレビ朝日社員の玉川徹ディレクターはつぎのように話す。 「ヤクザ社会はメディアがある種のロマンを持ってドラマ化したり、悪い社会ではないのではという人もいっぱいいる。 直接、接触がないからだが、現実には暴力があり、その暴力に泣いている人もいる。 そういう許されない組織だということを再認識する必要がある」.

次の