逆seo 会社。 逆SEO対策って何?3つの手法とおすすめしない2つの理由

逆SEOとは?ネガティブサイトの検索順位を下げる手法について|SEOラボ

逆seo 会社

今回のテーマ 今回は、逆SEOの方法について詳しく知りたい人のために、以下の内容をお話します。 元々の逆SEOの意味・役割• 逆SEOに効果はある?6つの方法• 気をつけるべき逆SEOと対処法• 逆SEOは本当に必要なのか• 今後は逆SEOも効果がなくなっていく それでは早速見ていきましょう。 元々の逆SEOの意味・役割 逆SEOは、匿名掲示板での企業の風評被害対策の1つとして始まりました。 風評被害対策とは、掲示板などの監視、風評被害発言の削除申請、そして逆SEO対策です。 たとえば、会社や個人に対する誹謗中傷や名誉毀損が書かれたWEBページが上位表示されていると、大きな迷惑を被ったり、被害を受ける企業や人がいます。 そのため、わざと索順位を下げる施策を行います。 そこから、ライバル企業の検索順位を下げる方法に使われたり、犯罪者が自分の前科を隠すために使うようになりました。 以下のように。 逆SEOのことを知って、「ライバルに逆SEOすれば……。 」と考えた人もいるでしょう。 ただ、本当に逆SEOには効果はあるのでしょうか。 逆SEOに効果はある?6つの方法 逆SEOは、SEOの知識さえあれば、その逆を行えば良いだけなので、比較的簡単に行えます。 該当ページより上位表示するページを大量作成し、相対的に順位を落とす• コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる• 該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させる• 該当ページをクラックしてウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げる• Googleに該当ページを不正なサイト申請して、インデックスから削除する• 該当ページのライバルに優良被リンクを貼り、相対的に順位を落とす 該当ページより上位表示するページを大量作成し、相対的に順位を落とす 該当ページより上位表示するページを大量に作成し、長期にわたって上位表示をさせるのはとても難しいはずです。 しかも、相当コストがかかるため、あまり現実的な方法ではありません。 コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる これは3つの結果が考えられます。 低評価ページからの被リンクのため、思惑通り該当ページの評価が下がって順位が落ちる• 被リンクが低評価を受けなかったため、該当ページの順位が一時的にせよ上がってしまう• 低評価なページからの被リンクが無視されて、該当ページの順位は何も影響を受けない 今後のGoogleの対応は、低評価・評価に値しないリンクは無視する方向性なので、3番目になるかなと思います。 つまり、この逆SEO対策は意味がなくなるということです。 該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させる この方法は、該当ページがいつ作られたページなのかも影響します。 比較的新しく作られたページだとスパム認定されることもありますが、古いページだと後から作られたコピーページのみがスパムと認識される可能性が高くなります。 該当ページをクラックしてウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げる もし可能であれば、これは厄介です。 クラックと書きましたが、もうひとつはウィルスを仕込んだサイトリンクを踏ませ、感染させる方法です。 これはGoogleアナリティクスなどから辿ることで可能になります。 怪しい被リンクはむやみにクリックしない方が良いですし、明らかなスパムサイトからの被リンクはを使って、拒否した方が良いでしょう。 Googleに対して該当ページを不正なサイト申請して、インデックスから削除する スパムページとしてGoogleに申請する方法ですが、該当ページがまっとうな運営をしていれば、まったく影響を受けることはありません。 該当ページのライバルに優良被リンクを貼り、相対的に順位を落とす これは「該当ページより上位表示するページを大量作成し、相対的に順位を落とす」に近く、やや実行しやすい手法だと思います。 ただ、優良な被リンクを用意することがどれだけ難しいかは考えればわかります。 気をつけるべき逆SEOと対処法 さて、あまり効果が高いとは言えなそうな逆SEOの方法ですが、1つだけ注意するのは「コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる」です。 あえてコピーページと書きましたが、これはリンク業者から有料リンクを買って、該当ページに被リンクしても良いわけです。 実行されると、数千単位の質の悪い被リンクが一気に貼られてしまいます。 逆SEOは本当に必要なのか わたしの知人の話ですが、ある事件に巻き込まれて冤罪で加害者認定されてしまいました。 しかも、地方テレビでも実名報道されました。 その人は、真面目に商売をしている普通の人です。 後に冤罪とわかって警察やテレビ局から謝罪されたのですが、一度流れた情報は取り消すことができず、WEB上に拡散されました。 拡散された不名誉な情報は、これからもネットデブリとして残り続けます。 これらの書き込まれた情報があるWEBサイトや掲示板などをあたり、おおよそ削除した上に、すでに管理者がいない自動ニュースサイトやデータ削除を断るサイトに対して逆SEOをした場合、1,000万円以上費用がかかると言われたそうです。 その人は、商売に支障が出ると困るという理由で、業者に仕方なく1,000万円支払ったとのこと。 話を聞いたのは、すべて済んでからです。 犯罪者の過去のネガティブ情報、ライバルを蹴落とす目的の逆SEOはいらないと思います。 ただ、冤罪は一度情報が流れてしまうと取り返しがつきません。 また、妬みなどによる企業や個人の誹謗中傷も同じです。 間違った情報を流したマスコミやメディアは、何もしてくれません。 ましてや、情報を拡散した人たちは、謝りもしません。 そのため、効果があるなら、必要な人もいるのだろうと感じた話でした。 ただ、逆SEOをお願いすると高いですけど。 今後は逆SEOも効果がなくなっていく おそらく今後は、逆SEOも効かなくなっていくと思います。 その証拠に、以前は被リンクによって順位の上下が割と簡単に行えましたが、今はそこまで簡単ではありません。 たとえば以下のような質の悪いリンクは、ペナルティではなく無視をするという流れにシフトしているようです。

次の

風評被害対策|大阪・京都のWEBマーケティング会社|オーパスプラン有限会社

逆seo 会社

どんなSEOコンサルティング会社にSEOを依頼すべきか? SEO業者は何をしてくれるのか? 優れたSEO会社はどこか? SEOコンサル会社というのは実に幅広く、そしてやっているSEO対策はブラックボックスと言われる。 それぞれのSEO代理店の特徴を知り比較することで、SEOコンサル依頼をどこにすべきかを知ろう。 うまく依頼するコツとしては、最初にSEOコンサルタントのKPIをしっかり定義してあげることだ。 売り上げなのか、検索キーワードの順位なのか、セッション数なのか。 なぜなら単にサイト内部を修正するような提案ならどのSEO代理店でもできるからだ。 だが、例えば大規模サイトの長期的なSEOコンサルティングなら、 大手のSEO業者の方が実績が豊富である。 大手SEO業者は大手の広告代理店と連携しているため、 超がつく大規模サイト、グローバルサイトなどのSEOコンサル実績多数である事が理由だ。 ハイレベル、大規模なSEOコンサルティング施策を求めるなら大手3強 まず、SEOコンサルティング施策を細かく高レベルな分析・施策してくれるのは大手SEOコンサルティング会社が多い。 サイバーエージェント、アイレップ、オプトの3社である。 これらはSEO業界のTOP3である。 (会社別については下を参照) 自社の売上に直接関わらない研究部隊を持つ余裕がある事もあり、知見は高めである。 ただしその分予算は最低でも月額数十万は必要だ。 大規模サイトになると 月額で数百万円の見積もりはざらである。 さらに追加メニューでコンテンツSEOやらコンテンツマーケティングやら制作なんかで、 合計1000万近い月額のフィーを払うこともある。 (本来はレベル感で言えば業界の有名人であるフリーランスSEO会社なんかもおすすめだが、 新規でSEOを請けている有名どころはほぼ無いと見てよい) 低予算でSEOコンサルティングを受けるなら独立系SEO会社 一方で、価格で言えば圧倒的に安いのは 中小の独立系SEO会社だ。 (会社別については下を参照) 彼らのSEOコンサルは緻密で詳細なSEO分析や施策などをやる事は少ない。 その代わりライトなSEOで良いから予算も抑えたい場合は一番に検討すべきだ。 (中にはDMソリューションズやアユダンテといった少数精鋭の知見豊富な会社もあるが、やはり少し高い) それでは、次にSEO業者別に比べていこう。 広告業界の片隅でSEO事業を担当してきた私から見た、 この業界の主力と思われるプレイヤーをご紹介したい。 3大大手SEOコンサルティング会社 大手企業でSEO部門のあるところを中心にSEO会社ご紹介する。 国内の大手広告代理店との結びつきが強い所が多い。 そしてクライアントも日本を代表する超大企業の多い、実力の高いSEO会社である。 大手SEO会社の得意サイト• 月額20万円~200万円程度 平均的には月額50万円程度ではなかろうか。 月額10万円を切る予算では、大手SEO会社は大して何もできない事が多いため依頼しない方が良い。 以下に具体的に会社を紹介していく。 まずは、SEO大手3強から。 結論から言っておくと、どの会社もあまり対して知見やアウトプットに差はない。 厳密には担当になったコンサルの力量次第だ。 当然どの会社でもベテランから新人までいるわけで、新人が担当になったとしても、その場合ベテランがサポートに入る。 そういう意味でも差があまりない。 あとSEO業界では人材が行き来する事もあり、ノウハウはどこも似てくる。 サイバーエージェント 日本最大級のインターネット広告代理店。 アメーバブログやabemaTVの運営も行うなど、ウェブ全般に強みを置く会社。 サイバーエージェントのSEO概要 自社メディアやスマホアプリという強みを持ちながら、SEO研究機関「サイバーエージェントSEOラボ研究室」を持っている。 長年京都大学と組んでGoogleのアルゴリズムの解析なんかにも乗り出し中。 データサイエンス、統計的分析を駆使してるイメージがある。 IRではSEOの情報をあまり出していないので、そこは割とブラックボックス。 サイバーエージェントのSEOコンサルティング料金・費用感 中規模~大規模サイトのSEO案件を多数抱えている。 聞こえて来る話では、お値段は業界相場より圧倒的に張り、業界最高峰に高いと思う。 その分大規模サイトやグローバルサイト等の運用には自信があると言えそう。 コンペとかの噂が色々な所から流れてくるが、「え、相場の2倍?」と驚くような価格も多数聞く。 価格付けの背景として、恐らく広告施策をまとめて受注しているためSEO単体で見積もっていない事が理由で、 内訳としてSEOに高めにバジェットを宛てているからだと思われる。 アイレップ アイレップのSEOコンサルティング概要 SEOもリスティングも強い、コンテンツSEO、コンテンツマーケティングも強いと言われている。 デジタルエージェンシー最大手クラスの中にいて、今でもやはり検索領域が強い印象。 加えて、実はSEO事業では、SEO業界の中でもいち早く「コンテンツ推し」をしてきた会社でもある。 コンテンツSEO、コンテンツマーケティングも相談してみてもいいだろう。 長文のGoogleの品質評価ガイドラインを丸ごとした時は漢(おとこ)やな、と思った。 アイレップのSEO施策は「とても細かい」分析や提案をしてくれる。 その分資料は戦略コンサル並みに詰め込んだものを出してくれるので、 SEOが大好きだったり、とても細かい自サイトの現状分析が必要ならアイレップはおすすめだ。 アイレップのSEOコンサルティング料金・費用感 アイレップにSEOを依頼するなら、月額数十万~数百万円の予算があれば、依頼すべき筆頭である。 知識量ではSEO業界でも圧倒的にトップクラスである。 金額も相場並みかまあまあ高いぐらい。 アイレップ発の有名人 役員の渡辺氏や、後述する元アイレップの辻氏などは、SEO業界では有名。 渡辺氏が運営するSEO情報ブログ「SEMリサーチ」()はSEO業界の代表的なブログ。 最近は更新頻度が減ったが、90年代からSEO業界を見てきた識者の鋭い意見が見られる事もしばしば。 また渡辺氏のは発売から10年ぐらいたった今でも、 SEO業界では教科書的な扱いを受けている(個人的に最新版へのアップデートやkindle化希望)。 またアイレップが輩出した辻氏は今は独立してSEO会社を経営している(この記事下部に記載あり) DeNAのやを指摘したり、 各種アルゴリズムアップデート時の解説などでTwitterやブログ等で活躍する事も多く、 日本のSEOシーンの最重要人物。 アイレップは博報堂系列 アイレップは日本第2位の総合広告代理店である博報堂グループであり、博報堂の広告事業のSEM領域を引き受けている。 なので超がつく大手の会社のSEOやSEMを担当しているケースが多数ある。 オプト オプトは日本有数の総合のデジタル、ウェブマーケティング代理店だ。 PPCからメディア制作運用、ソーシャル、アフィリエイト、解析、SEOまでウェブプロモーション施策は一通り全部できる。 ここ数年はDMP導入したりデータサイエンス関連でも強みを出してきている。 オプトのSEOコンサルティング概要 SEOに関しては、厳密には子会社のクロスフィニティ社()が担当している。 これはオプトと下にも記載したアイオイクス社の合弁会社(確か)。 クロスフィニティ社も非常に細かいSEO分析・提案ができる。 オプトのSEOコンサルティング料金・費用感 サイバーやアイレップと比べて、SEOの価格は相場並みか手頃と聞く。 月額で数十万~高くて100万円程度だろう。 オプトは電通の商流 オプトはかつて電通と資本業務提携しており、電通クライアントのウェブ広告事業の多くはオプトが受けていた。 現在はオプトと電通の資本は解消しているが、今でもその商流の多くは続いている。 つまりオプト(クロスフィニティ)のSEOコンサルティングの主要クライアントの多くは電通全体で広告運用をカバーしており、アイレップと並んでナショナルクライアントの数、売上は圧倒的に大きい そのため大型サイト、グローバルサイトから立ち上げ間もないサイトまでSEO実績は幅広い。 どんなサイトのSEOを依頼しても大体やれると思われる。 その他のSEOコンサルティング会社大手 その他、SEO主力3強から外れるものの、上場していたり売上高が大きい会社を紹介する。 フルスピード ASPの「アフィリエイトB」の印象が強いが、創業時の芳賀氏はSEO界隈で知る人ぞ知るというお方。 今は違う方が社長をされている。 クライアントは中小企業が多いかな。 あまりSEOには注力していない印象がある。 セプテーニ ここもあまり表に出る印象がない。 最近ではSEOには注力せず、コンテンツと海外進出に注力していると聞く。 GMO ゴリゴリの営業の印象が強いGMOでもSEOをやっている。 ここは本当に情報がないのでよくわからん。 またGMOグループ内ではGMOソリューションパートナー社もSEOを担当できる。 さらにGMO NIKKO社()はSEMが中心と聞くので、SEOも行っている可能性あり。 アウンコンサルティング 元々SEOの中でも内部対策に強みがあると言われていたアウンコンサルティング。 最近は売上苦戦しているようだ。 そしてもう少なくとも国内のSEOには注力していないようだ。 いち早く海外進出に乗り出したりと、新しい事にも挑戦しようとする気概が見られる。 独立系SEOコンサルティング会社 大手資本が入っていない、独立系のSEO会社(ちょっとうろ覚え)を紹介。 大手SEOコンサルティング会社と比べるとクライアントが中小企業の割合が多い印象である。 独立系SEO会社はとても多様であり、元気な若い会社が多い。 だが実はここ数年、「SEO会社の超新星」みたいな所は出てきていない。 裏を返せば、今有力な会社は今後もずっと有力でいつづける可能性がある。 アイオイクス SEOジャパンという媒体が有名。 日本でもSEOがまだ有名でなかった時代に立ち上げた媒体であり、は海外の有名SEOメディアやGoogle関係者の発言などを取り上げており、SEO業界内でも参考にされている。 そのため「SEO情報ならアイオイクス」というイメージがある。 かつては外部リンクに強かったが、最近はコンテンツマーケティングや、LPのCV改善コンサルティングにも注力している。 ウィルゲート 独立系ながらSEO事業はかなり色んな会社に食い込んでやっているイメージがある。 あとはメディア事業の印象が強い。 いくつかSEOコンサルティングの提案を見た事があるが、その時に限って言えば…申し訳ないがさほどという印象。 若手だったからかも。 ナイル(旧名称:ヴォラーレ) ゴリゴリの営業会社のイメージである。 だが、中の人と話した時に、かなり高度なSEO知見をお持ちな印象があった。 あとメディア(Appliv)の成功事例をDVDで出したりメディアを海外進出させたりと好調なイメージがある。 土井氏のSEOブログ、もSEO業界ではかなり有名。 私もよく勉強させて頂いている。 DYM DYMは社長が医学部卒、医師免許ホルダーという異色のSEO会社である。 ゴリッゴリの営業会社としてのエピソードを耳にすること多数。 SEO施策は普通だと思う。 費用はお安い印象。 ただ、Googleからのペナルティ回復に高額な費用を請求された話をいくつか耳にした事がある。 DMソリューションズ なぜか吉祥寺の一等地に本拠地のあるSEO会社。 内部SEOやコンテンツSEOのコンサルティングなどに強いと思われる。 また独立系なのにSEO会社の中でも知的で、ガツガツしていない印象がなぜかある。 Googleのリンク関連の手動ペナルティの嵐が吹き荒れた際、 SEO業界の中でもいち早く「ペナルティ解除支援施策」を商品化するなど、独自のポジションを築いている。 アユダンテ こちらもSEOコンサルティング業界では知的で落ち着いた印象のある会社である。 コーポレートサイト上に豊富なコラムを展開していたり、 セミナーで同社の社員の方が登壇している。 内部SEOやコンテンツマーケティングに強い印象。 株式会社Faber Company 旧セルフデザイン・ホールディングス 社長の古澤氏は昔アフィリエイターの間では有名だった。 取締役には「海外SEO情報ブログ」で有名な鈴木謙一氏が就任中。 同社は複数の会社をがグループでディスカッションするグループコンサルティングをやっている。 SEO提案資料は中々手堅いことが書いてある印象。 ウェブライダー 京都発のウェブ制作会社である。 拠点は東京にもある。 制作会社の強みを活かし、コンテンツメーカーを地で行くような、独自のポジションを築いている。 セミナーでも登壇されているのをたまに見かける。 コンテンツSEOを依頼するなら検討しても良いと思う。 個人SEOコンサルティング会社 実力がありフリーランス、会社を立ち上げた方々。 クライアントは大手~中小までさまざまである。 業界内でも特に有名な実力派たちをピックアップしている。 住太陽氏 SEO業界の有名人。 ブログの情報も充実しており、勉強している業界の方も非常に多い。 セミナーでもちょくちょく登壇されているようだ。 ただし、最近は依頼しても手一杯でそもそも新規のSEOを受けていないと言われるらしい。 辻正浩氏 アイレップから独立され、フリーランスを経て現在は株式会社so. laを運営されている。 辻さんのセミナーを一度見たことがあるが、 会場が爆笑の渦で、非常に楽しかった記憶がある。 日本のSEO業界を代表するようなSEOギークである。 彼もまた、今はSEOは手一杯で新規を受けていないと聞く。 (申し訳ございません。 ただいま忙しくしておりまして、新規の仕事はお受け出来ておりません。 ) — 辻正浩 Masahiro Tsuji tsuj 「SEOで稼ぐ方法」LINE公式で配信中.

次の

逆SEO会社

逆seo 会社

SEOは本来自分のウェブサイトの価値を高めるための施策となりますが、逆SEOでは自分のウェブサイトにとって不利となる情報を掲載しているウェブサイトの価値を下げることが狙いのSEOとなります。 つまり、特定の検索ワードで、誹謗中傷サイトの順位を落とすサービスです。 逆SEOのメリットは自分のウェブサイトや企業のウェブサイトを誹謗中傷から守る事ができるということです。 検索した時に上位に表示される誹謗中傷サイトの順位を下げることで、相対的に自サイトの価値を向上することができます。 残念ながら、誹謗中傷・風評被害的な情報が掲載された場合、また今は何もないが、そのようなことにならないように、今のうちから防止策を打ちたいという方は、オーパスプランにご相談下さい。 Webマーケティング観点から、貴社にとって真に有益な逆SEO対策を提供します。 ホワイトな手法として、例えば「会社名」で検索したときに、「グループ会社」のサイトが大量に表示されて、誹謗中傷サイトの検索順位を落とすというやり方がこれに当てはまります。 この方法は、コンプライアンス上問題のない手法であるため、一件問題がないように思えますが、実は、この手法は、サイト戦略が明確でないと成功する確率は極端に下がります。 誹謗中傷サイトは、掲示板の場合、ドメイン自体が強く、さらには書き込み者が多数いるため、総単語数が増えます。 記事としても読み応えがあるからこそ、上位にでているのであって、そのサイトを落とすということは、単に外部から被リンクを沢山張った程度では、順位をおとすことは難しくなってきています。 やはり、サイト自体に読み応えがあるものを10個程度用意して、誹謗中傷サイトを2ページ目以降に追いやる必要があり、公式サイト並みのドメインパワーをもつサイトを10個用意するには相当の負荷がかかるのと、また、多様性をもとめる検索結果に対してそのような働きかけが有効に効果を発揮できるかは、難しいケースが多いといえるでしょう。 誹謗中傷をしているサイトがGoogleはペナルティを受けるように、ブラックな手法を用いて順位を落とす手法が取られるケースがあります。 Googleガイダンスで、ペナルティが発動される「だめだ」と書かれていることをそのサイトに行うことで、順位を落とすという手法です。 Googleが、SEOガイダンスでSEO対策として一般的にこういった手法はしてならないと書かれています。 ・背景色と同じ色の文字を用いたり、CSS画像置換を悪用したりした隠しリンク・隠しテキストの使用 ・検索者とクローラーでは異なる内容のWebページを見せるクローキングの使用 ・コンテンツ内への過度のキーワード詰め込み ・自動的に作られた価値が低いページの使用 ・オリジナルなコンテンツに乏しい ・SEO目的で、ページランクを操作するためのリンク購入・販売 上記のようなサイトを作り、そのサイトからターゲットへリンクを張ります。 まずは、ページランクを操作するためのリンク購入をおこなっているとgoogleに判定させればよいので、自作自演リンクを、同じアンカーテキストパターンで、同類のコンテンツからリンクをはると、順位が落ちるリスクが高まります。 しかし、こういった手法は、誰がやったのか?調べられてしまいますし、search consoleなどでリンク否認処理によって、ペナルティ解除が可能です。 一時的に順位は落とせても、その後の回復や、足跡の痕跡が残るのでやみくもに手をだすことは推薦しません。 むしろ、こういった攻撃的な手法を提供するサービス会社に依頼することの方が、誹謗中傷サイトより危険だといわざるをえません。

次の