ドラハルト。 竜舞&弱保バトンHBドラパルト育成論|Pokeminブログ

【ポケモン剣盾】鬼火たたりめドラパルトの育成論

ドラハルト

概要 通称 「陸戦騎ラーハルト」 に仕える3人の『』のひとりにして最強の戦士。 自らを戦闘機械と自認する。 21歳。 初登場は原作10巻。 魔族の父と人間の母を両親に持つ混血児で、魔王の存在を恐れた人間の迫害により母親を失う過去から人間を憎んでいる。 同じ境遇を持ち、自分の怒りや悲しみを理解してくれたバランには絶大な信頼を寄せており、バランからも「もう1人の息子」と称されるほど愛情を注がれている。 そういったこともあって、戦士としての誇りも高く、憎い人間相手であろうと残虐に痛めつけるような趣味はない。 テラン城へ向かう途中ポップと助っ人に参戦したに阻まれ激闘の末に敗れる。 殆ど瀕死の状態だったが、同僚ボラホーンがポップを人質に取る卑劣な手でヒュンケルを屠る行為を竜騎衆の名に泥を塗る愚行と粛清。 上記の過去を語り、涙を見せた2人の姿に竜の騎士同士の骨肉の争いから救える希望を見い出し、友情の証としてヒュンケルに鎧の魔槍を託す。 当初バランは、「ヒュンケルが鎧の魔槍を奪った」と推測したが事実を知って驚きを隠せずにいた。 バランもまた再戦から自らの過ちを悟りテランを去り、その際に遺体を回復の泉へと安置され、自らの流れる「竜の血」を全員に施される。 これにより決戦数日前に復活を果たし、バランの遺言状に従いダイたち一行に加勢。 バランの息子であるダイに絶対な忠誠を誓い、大魔宮での最終決戦に参戦。 危機的状況に陥っていたヒュンケルとヒムを救い、圧倒的なスピードと技で超金属軍団とを滅した。 その後、白い庭園でポップ、マァムと協力しての足止めを担った。 相性の悪さからダメージを与えることができず、遅れて駆けつけたヒムに代わるも、アバン伝えで魔影参謀と大魔王の関係を知る。 真バーンとの決戦では技が通用せず一時的に視力を失うも、ポップの痛烈な覚悟を聞き「初めてお前を尊敬した」と告げ、ヒムと共に捨て駒として真バーンに挑み、戦闘不能となり鬼眼の瞳に閉じ込められる。 戦闘では作の「鎧の魔槍」を繰り出し桁外れの素早い槍捌きで、ヒュンケルを圧倒し、超金属軍団をも一瞬で切り刻む。 速さだけに思われるが単純に力においても剛腕を誇るヒュンケルに引けをとらず、どころかそれさえ上回り、ヒュンケルの攻撃易々と受け止めるほど。 闇の衣を解いたに対して、折れたヒムの腕でミストバーンを殴りつけたときにはオリハルコン製のヒムの腕が砕け散っており、殴ったラーハルトにもとんでもない力がなければ砕けないとみストバーン自身も言及している。 必殺技は突進しながら敵を切り裂くタイプと、跳躍し渾身の一撃を放つ二つのタイプがある「 ハーケンディストール」。 大戦後は行方知れずとなったダイの捜索と「ダイに仕えるための」たり得る人材の発掘・勧誘をすべくヒュンケルと 後から付いてくるを含め 共に旅を続けている。 仕方のないことだが、敵と味方の時期で顔つきや雰囲気が少々異なる。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドラハルト

スポンサードリンク カタパルトの短所• 防御力が低く、HPも低い• 移動速度が遅く、接近戦に弱い• 空中の敵に攻撃出来ない• スキルの意味があまりない 防御力とHPが低いので、耐久力がありません。 なので、大砲を2発打ち込まれるとほぼ倒されてしまいます。 移動速度も遅いので、足が速い敵に接近されると一方的に攻撃されてしまいます。 また、空中の敵には攻撃が出来ないので、相手のキャラ選択によっては何も出来ずに倒されてしまいます。 スキルで移動速度と攻撃回数があがりますが、ほとんど意味が無いのが現状です。 またカタパルトを密集させると大砲で一掃されるので、召喚時間をずらしたり、召喚させる距離を離すなどして対処しましょう。

次の

【ダブル】ドラパルトの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ドラハルト

概要 通称 「陸戦騎ラーハルト」 に仕える3人の『』のひとりにして最強の戦士。 自らを戦闘機械と自認する。 21歳。 初登場は原作10巻。 魔族の父と人間の母を両親に持つ混血児で、魔王の存在を恐れた人間の迫害により母親を失う過去から人間を憎んでいる。 同じ境遇を持ち、自分の怒りや悲しみを理解してくれたバランには絶大な信頼を寄せており、バランからも「もう1人の息子」と称されるほど愛情を注がれている。 そういったこともあって、戦士としての誇りも高く、憎い人間相手であろうと残虐に痛めつけるような趣味はない。 テラン城へ向かう途中ポップと助っ人に参戦したに阻まれ激闘の末に敗れる。 殆ど瀕死の状態だったが、同僚ボラホーンがポップを人質に取る卑劣な手でヒュンケルを屠る行為を竜騎衆の名に泥を塗る愚行と粛清。 上記の過去を語り、涙を見せた2人の姿に竜の騎士同士の骨肉の争いから救える希望を見い出し、友情の証としてヒュンケルに鎧の魔槍を託す。 当初バランは、「ヒュンケルが鎧の魔槍を奪った」と推測したが事実を知って驚きを隠せずにいた。 バランもまた再戦から自らの過ちを悟りテランを去り、その際に遺体を回復の泉へと安置され、自らの流れる「竜の血」を全員に施される。 これにより決戦数日前に復活を果たし、バランの遺言状に従いダイたち一行に加勢。 バランの息子であるダイに絶対な忠誠を誓い、大魔宮での最終決戦に参戦。 危機的状況に陥っていたヒュンケルとヒムを救い、圧倒的なスピードと技で超金属軍団とを滅した。 その後、白い庭園でポップ、マァムと協力しての足止めを担った。 相性の悪さからダメージを与えることができず、遅れて駆けつけたヒムに代わるも、アバン伝えで魔影参謀と大魔王の関係を知る。 真バーンとの決戦では技が通用せず一時的に視力を失うも、ポップの痛烈な覚悟を聞き「初めてお前を尊敬した」と告げ、ヒムと共に捨て駒として真バーンに挑み、戦闘不能となり鬼眼の瞳に閉じ込められる。 戦闘では作の「鎧の魔槍」を繰り出し桁外れの素早い槍捌きで、ヒュンケルを圧倒し、超金属軍団をも一瞬で切り刻む。 速さだけに思われるが単純に力においても剛腕を誇るヒュンケルに引けをとらず、どころかそれさえ上回り、ヒュンケルの攻撃易々と受け止めるほど。 闇の衣を解いたに対して、折れたヒムの腕でミストバーンを殴りつけたときにはオリハルコン製のヒムの腕が砕け散っており、殴ったラーハルトにもとんでもない力がなければ砕けないとみストバーン自身も言及している。 必殺技は突進しながら敵を切り裂くタイプと、跳躍し渾身の一撃を放つ二つのタイプがある「 ハーケンディストール」。 大戦後は行方知れずとなったダイの捜索と「ダイに仕えるための」たり得る人材の発掘・勧誘をすべくヒュンケルと 後から付いてくるを含め 共に旅を続けている。 仕方のないことだが、敵と味方の時期で顔つきや雰囲気が少々異なる。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の