この pc へ の プロジェクション。 Miracast対応スマートフォンからWindows 10 PCのモニタに画面をワイヤレス出力する方法

外出先でサブモニター欲しい方必見! 簡単2画面表示方法

この pc へ の プロジェクション

ここ数ヶ月の社会情勢から、テレワーク・リモートワークの必要性が急速に高まりました。 実際に会社からテレワーク・リモートワークを指示され、 小さなノートPCを一台持ち、自宅での仕事に励み始めた方も多いのでは無いでしょうか? しかし、 元々マルチディスプレイなどの大画面環境で作業されていた方にとって、小さな画面では効率ガタ落ちです。 私物でディスプレイをお持ちの方であれば特に問題ありませんが、いつまで使うのか不明で役目を終えた後の使いみちも未知数となると、新たに自費でディスプレイ購入するのは少々躊躇ってしまいます。 そこで、意外と見落としがちな「サードパーティ製アプリを使わずに、手持ちのノートPCをワイヤレスディスプレイ化」する方法をためしてみる事にしました。 うまく実現出来れば、余計なコスト負担無しにテレワーク・リモートワークの能率を上げることが出来そうです。 今回は、WindowsノートPCをサブモニターにする方法です。 設定してみた 必要な物• Wi-Fi環境など 1. 2台のPCを同じLANに接続 PCを2台共同じアクセスポイントに接続し、同一LAN内にある状態にします。 サブモニターPCの設定 サブモニターとして使いたいPC側の設定を行います。 「このPCへのプロジェクション」を表示させます。 【設定】 1. スタートを右クリック 2. 設定 3. システム 4. このPCへのプロジェクション このPCへのプロジェクション 設定 「このPCへのプロジェクション」の設定はお好み次第ですが、慣れていない方はとりあえず下記が設定がおすすめです。 項目:一部のwindowsと・・・ 「セキュリティで保護されたネットワーク上のどこでも利用可能」 項目:このPCへの出力を求める 「毎回接続を要求する」 項目:ペアリングようにPINを要求する 「なし」 項目:このPCは電源に接続されている場合のみ・・・ 「 オン」 【設定例】 3. 接続 作業を行うメインPC側の設定を行います。 【設定】• タスクバーの右下から、アクション センターを表示。 ワイヤレスディスプレイに接続する• サブモニター側のPC名を選択 4. 許可 最後にサブモニター側で接続の許可を行います。 今回だけ許可するのか?毎回許可するのか?はお好み次第です。 デフォルト設定のワイヤレスサブモニターは、作業よりも閲覧用と考えた方が無難と思います。 延着対策の設定 前述の通りサブモニター側で作業したい方にとって、延着は困りものです。 延着を回避する為の設定を紹介します。 ワイヤレスモニターと接続後、メイン側のPC中央上部には「ステータスバー」が表示されるようになります。 ゲームモードに切り替える事で、延着減少を図ります。 【設定】• 設定アイコン(歯車)• ゲームプレイ中 環境にもよるとは思いますが、所感では体感出来るほど延着が減りました。 デフォルト状態(多分「作業中」)で延着が気になる方は、試す価値は大いにありそうです。 まとめ win10PCとwifi環境のある方はお試しあれ テレワーク・リモートワークの効率を上げるマルチディスプレイ環境。 多少の相性はあるもののWindows10PCをお持ちでさえあれば、別途購入する物も無く、怪しいアプリも入れる必要も無く、チャレンジできる構築方法です。 予算を掛けずに、安全に効率アップをしたい方は、ダメ元でも試す価値はありそうです。 ディスプレイ購入はノートPCのワイヤレスモニター化を試してからでも遅くはありません。 それでは、楽しいPCライフを!.

次の

ワイヤレスディスプレイに接続したときに表示される邪魔なバーを消す方法

この pc へ の プロジェクション

2016年8月にリリースされたWindows 10のAnniversary Updateでは、「このPCへのプロジェクション」という機能が追加された。 この機能を使うと、外部ディスプレイがなくても、自分のWindows 10ノートPCの画面を、そばにある別のWindows 10パソコンの画面に表示できる。 つまり、近くのパソコン画面を外部のワイヤレスディスプレイに変えることが可能となるのだ。 タブレットも含め、複数台のWindows 10デバイスがあるなら、試す価値のある機能だ。 特にデスクワークやMS Officeファイルを扱う人なら、なおさらだ。 さらにHDMIケーブル経由ではなく、これを無線にしたければ、Miracast対応のディスプレイを用意するか、外部ディスプレイにMiracast対応のワイヤレスアダプタを追加すればいい。 Miracastは、1対1の無線通信でディスプレイ表示する技術。 Windows 8. 1以降およびAndroid OSが対応している。 Windows 10の「このPCへのプロジェクション」は、このMiracastを使って、パソコンAの画面をパソコンBの画面に出力する機能だ。 接続の方法は以下のようになる。 接続前の状態だ。 ここでは、右側のLet's Noteの画面を左側のタブレットに表示してみよう。 タブレット側でアクションセンターの[接続]を選択したら、[このPCへのプロジェクション]を選択する。 [許可した場合は〜]で「どこでも使える」を選択する。 他の項目は、画面のように設定しておけばいい。 Let's Note側でアクションセンターの[接続]を選択し、接続先のコンピュータの名前が表示されたらクリックする。 タブレット側でこのメッセージが表示されたら[はい]をクリックする。 接続が行われる。 接続後、接続する側からのマウス等の操作を有効にするなら、[このデバイスからのマウス、キーボード、タッチ、ペン入力を許可する]をチェックする。 なお、切断するときは[切断]をクリックする。 右側のLet's Noteの画面が左側のタブレットに表示された。 なお、これは表示方法が「複製」になっているので、まったく同じ画面が表示される。 表示方法を「拡張」に変更することもできる。 プレゼンテーションにも使えるし、あまっているパソコンを外部ディスプレイ代わりに使うことも可能だ。 ただし、利用するにはパソコンがMiracastに対応している必要がある。 具体的な条件は次のとおりだ。 ・ディスプレイアダプターがWindows Display Driver Model WDDM 1. 3をサポート ・Wi-FiアダプターがWi-Fi Directをサポート 難点は、手持ちのWindows PCがこの条件を満たしているかどうかを判断するのが難しいことだろうか。 現実には、試してみないとわからないのが本当のところだ。 筆者は、Let's note(CF-MX4)とDiginnos(ドスパラ)のWindowsタブレットで試したが、接続できるときとできないときがあるなど動作は不安定だった。 このことからも、過剰な期待は抱かない方がよいかもしれない。 ただ、うまく動けばいろいろと便利な使い方ができることは間違いない。 価格も安くなり、複数台のWindows 10マシンを使う人も増えているので、試す価値のある機能といえるだろう。 井上健語(フリーランスライター).

次の

Windows 10マシンを外部ワイヤレスディスプレイとして使う

この pc へ の プロジェクション

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技 その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。 2台のPCを「ワイヤレスディスプレイ」で接続し、デュアルディスプレイ環境を作る! Windows 10の大型アップデートとなる「Anniversary Update」で追加された機能のひとつに、「接続」があります。 これは無線LANを使って画面を転送する「Miracast」を使えるようにする機能。 今までワイヤレスアダプターなどが必要でしたが、この機能を使えば、PCを無線LAN接続のセカンドディスプレイとして使えるようになるわけです。 「そもそもPCならワイヤレスディスプレイなどにせず、そのままPCとして使えばいいじゃないか」と思いがちですが、複数のソフトを同時に使いたい場合、別のPCでそれぞれソフトを起動するよりコピーやペーストなどで連携がしやすいぶん、1台のPCで使える方が便利なシーンが多いのです。 なお、HDMIなどで接続した場合と異なり、多少なりとも遅延がある点には注意しましょう。 また、画面を圧縮して転送する関係から、画質も少し落ちてしまいます。 もしくは、クイックアクションから「接続」をクリックします。 するとワイヤレスディスプレイの候補として先ほど設定したPC名が出てきますので、こちらをクリックします。 もちろん表示は拡張だけでなく複製も可能です。 検索してもワイヤレスディスプレイとして認識されない場合は、設定画面で「このPCをプロジェクション用に検出できるのは、接続されている場合のみです」のオンオフを切り替えてみると、うまくいく場合がありますので試してみてください。 関連記事.

次の