岸和田 だんじり 中止。 岸和田だんじり祭の桟敷席中止、返金されず 業者は閉鎖:朝日新聞デジタル

だんじり祭りの中止が相次ぐ!岸和田の動向に注目!

岸和田 だんじり 中止

大阪府岸和田市は23日、9月に春木地区で予定されていた「春木だんじり祭」の地車(だんじり)曳行を自粛するとの市への連絡が、住民による実施団体「春木地車祭礼年番」からあったと発表した。 事実上の祭礼中止となる。 新型コロナウイルス感染の第2波襲来が懸念される中で、「感染拡大防止の対策が難しい」ことが理由。 隣接する岸和田地区で同期間に実施され、知名度の高い「岸和田だんじり祭」の判断が注目される。 岸和田市内のだんじり祭は例年9月に開かれ、岸和田地区(22町)、春木地区(12町)が別ルートで各町のだんじりを曳行。 昨年は2日間で計約41万6千人の観客が訪れた。 今年は9月19、20日の曳行を予定していた。 関係者によると、春木地区では今月中旬までに、すべての町会が自粛を決定。 各町から選出され、具体的な運営を担当する祭礼年番が20日の会合で協議し、全町の年番が自粛に賛同したという。 一方、岸和田地区では、「岸和田地車祭礼年番」が医療機関や保健所などと協議し、新型コロナ感染の危険性を少なくして曳行する方法を探っている。 ただ、同地区でも、すでに独自に曳行中止を決めた町が複数ある。 10月中旬にも、市東部と山側の地区でだんじり祭が予定されているが、市には正式に中止などの連絡は入っていないという。

次の

2020年祭礼日程表

岸和田 だんじり 中止

9月に大阪府岸和田市で開かれた岸和田だんじり祭(まつり)で、「台風21号の影響」として設置が中止された有料桟敷席について、運営する会社が購入者に返金をせず、連絡も取れなくなっていることがわかった。 この会社は同市の「大阪文庫」。 「試験曳(び)き」の9月14日と祭本番の15、16日にかけ、だんじりが勢いよく曲がる「カンカン場(ば)」付近に計3千席弱を設置。 1千~1万円で販売した。 ところが9月12日に設置中止をホームページで告知。 当時の取材に担当者は「台風21号の影響で資材が集められなかった。 10月以降に返金する」と説明した。 複数の購入者によると、祭の後「10月中旬から順次返金する」と連絡があったが、10月中旬以降、同社が入るビルは閉鎖され、電話も通じないという。 1万8千円分を購入し、25日、このビルを訪れた男性は「毎日見に来ているが……」とため息をついた。 席の一部は「チケットぴあ」を通じて販売。 ぴあ(東京)の広報担当者によると、同社が販売した分は返金に応じているという。 岸和田だんじり祭は、だんじりを所有する各町会から選ばれた「祭礼年番」が運営。 市は直接関与していないが、市役所にはこの問題で200本超の苦情電話がかかっている。 観光課の担当者は「非常に残念だ」と話す。 大阪府警岸和田署も情報収集を進めている。 (加戸靖史).

次の

大阪・岸和田「春木だんじり」中止

岸和田 だんじり 中止

かなりの勢いがついているにもかかわらず、そのままの勢いで角を曲がるというのですから危険をを伴うことは必須です。 過去には事故で亡くなられた方もいらっしゃいますので、問題視されている理由にもなっています。 しかし、こんなに危険のある 「やりまわし」は、この祭りの最高の見所でもあるのです。 速度をキープしながら曲がるたびに見物客からは、大歓声があがります。 曳き手たちも腕の見せ所とばかりにチームワークを発揮します。 その状況を動画でみてみましょう。 だんじり祭りに対する批判的な意見も多い? 事故が多い危険なお祭りだから批判も多いと思われますが、実はそれ以外にも多くの理由があるようです。 例をあげると• だんじり祭りの練習で、早朝や夜中連日騒音がして眠れない• 地元民で、ご近所や会社等との関係もあるが、治安や危険等を考えると参加したくない• 仕事の関係で引っ越してきたが、土地勘が無いのにお祭り優先で宇回を強いられ(自転車で)て、大変な思いをした 等です。 「お祭り」は、大嫌いという人は少ないのでは?と思っていましたが、だんじり祭りに関してはかなり批判的な方も多い様ですね。 特に移住してきた方は、今まで経験したことのない状況(早朝・深夜の練習等)に驚いてしまうのでしょうね。 お祭りは、その土地の伝統行事であることがほとんどです。 しかし、事故や死亡者が出ている以上は、安全なお祭りであるように見直す必要があると思います。 伝統行事を絶やさず後世に伝えていくためにも、伝統を守るだけでなく、風潮に合わせて進化していけば、たくさんの方から愛される祭りになるのではないかと思います。 また、悪い部分ばかりでなく、だんじり祭りの良さもみて、経験していただきたいですね。

次の