盾の勇者の成り上がり ss 尚ラフ。 コミックス版盾の勇者の成り上がり12巻&ラフタリアのアンソロジー&コミックス版槍の勇者のやり直し3巻発売について。|アネコユサギの活動報告

盾の勇者の成り上がり × プリンセスカフェ全国3店舗 6.1

盾の勇者の成り上がり ss 尚ラフ

「なんですか、この魔物は?」 「どっから連れて来たんだ?」 樹と錬がそれぞれ魔物を凝視しながらお義父さんに尋ねますぞ。 「なんかすごく可愛くない? 村の近くで迷子になっていたのかよくわからないんだけど、凄く人懐っこくて敵意も無く近寄って来てさ。 抱きあげても大人しくしてるから連れて来たんだ」 お義父さんが魔物の両前足を軽く掴んで上下させますぞ。 猫を可愛がる感じに見えなくも無いですな。 おや? 魔物の方は少し頬が赤いですぞ? これが人なら照れている、とでも表現する場面ですかな? 「こう、癒しを求める最高の形みたいな可愛らしさがあって、大人しいから凄く好みなんだけど、どう?」 「いや……」 「どう、と言われましても……」 お義父さんが楽しげに語っておりますぞ。 その反応に錬も樹もよくわかってない様な反応ですな。 どこにでもいる魔物、みたいな表情ですぞ。 「なの? なおふみの好みってコレなの!?」 ライバルが魔物を凝視しながらお義父さんに尋ねました。 違いますぞ。 お義父さんの好みはフィロリアル様ですぞ。 もしくはお姉さんのお姉さんですな。 「なおふみ様はこういう子が好きなんですか? あれ?」 お姉さんの友人が首を傾げながらお姉さんの方を見ております。 見られたお姉さんも首を傾げていますぞ。 「なんかラフタリアちゃんに雰囲気似てる気がしない? パッと見た感じそう思ったんだけど、どうかな?」 「えっと……」 お姉さんが返事に困る様にその魔物を見ておりますぞ。 魔物とお姉さんの瞳が不思議な位、重なりました。 おや? 先程は気付きませんでしたが、この生物、やはり覚えがありますぞ。 確か……。 「しかしこの辺りにこんな魔物いたか?」 「ラトさんに聞いてみますか? 何処かの誰かが飼っていた魔物がたまたまこの辺りに迷い込んでしまった可能性もありますし」 「いえいえ、この魔物はこの辺りが生息地域のはずですぞ」 「え? 元康くん知ってるの?」 お義父さんは俺の方を見て尋ねますぞ。 「ですぞ。 この魔物の生息地域はここで、出生もここですからな」 「そうなの?」 「何せ最初の世界のお義父さんが作った魔物ですぞ。 確かー……ラー何とか種ですな。 ああ、思い出しました。 お姉さんの名前を捩った魔物だったと思いますぞ」 俺の言葉にお義父さんを初め、錬や樹、みんなが机の上に立つ魔物、ラー何とか種を見て一歩引きました。 何かあったのですかな? 「……ちょっと待って。 最初の世界の俺がなんか呪いの盾に浸食されて作った魔物なんだっけ?」 「ですぞ。 どうやら技能で再現したのですな。 さすがお義父さん」 「そんな事してないよ!」 おや? お義父さんが大声で俺に向かって否定しました。 何かありましたかな? 「待て……尚文が作った訳ではなく、それなのに元康の言う所の最初の世界とやらで作りだされた新種の魔物が何故ここにいるんだ?」 「ありえるのは並行世界を渡る技術か何かで来たとかでしょうか?」 お義父さん達がそれぞれ戦闘態勢に入ろうとしております。 逆にお姉さんの友人は首を傾げて見ておりますぞ。 机の上のラーなんとか種は俺とお姉さんの友人、お義父さんを交互に見て行きますぞ。 それから深く溜息を漏らしたかと思うと、バチっと言う音と共に腰にピコピコハンマーが出現しました。 「まあ……なんとなく事情はわかってたんですけどね」 そしてラーなんとか種は喋りました。 「しゃべった!」 「ガエリオンやフィロリアル共がしゃべるんだぞ。 今更何を驚いているんだ」 「でも、ついこの間、喋る機械と戦ったばかりじゃないか」 「まあ……厄介な敵だったな。 だが、今回も敵だとは限らないぞ?」 「そもそも魔物が喋るのが当たり前になっているのもどうなのか、という事なんですけど」 「そうなんだけどさ」 ラーなんとか種はお義父さん達がそれぞれ喋り終わるのを待ってから敵意は無いとばかりに両手を広げて知能のある生き物とアピールしてから口を開きました。 「なんと言いますか、この並行時空に入って辺りを確認していたら、ナオフミ様が近づいて来て、当たり前の様にじゃれ始めたので喋るタイミングを逃したと言いますか」 「あれ? この声……ラフタリアちゃんじゃね?」 今まで黙って成り行きを見守っていたキールが言いますぞ。 というか、いたのですな。 「そういえばそうだな」 「まあ……そうなりますね。 ああ、ちなみにこの姿の魔物をナオフミ様はラフ種と名付けていましたよ。 私の名前から捩って」 ラー何とか種改め、ラフ種はそう説明しました。 「私の名前……? もしかしてやっぱりラフタリアちゃんなの?」 「え?」 お姉さんの友人の質問に隣に立っているお姉さんが首を傾げます。 「……はい。 リファナ……ちゃん」 ラフ種はお姉さんの友人の言葉に返事をしましたぞ。 どういう事なのですかな? 「やっぱりそうなんだ。 なんかラフタリアちゃんと同じ感じがしたからそうなんじゃないかと思った」 「ええ……」 ラフ種は何やらとても遠い様なそれでありながら痛々しい目をしてから、お姉さんの友人の言葉に頷きますぞ。 「えっと、君はラフタリアちゃん?」 「はい。 私の名前はラフタリアです……えっと、こことは別の時空間の、と付きますが」 「その別世界のラフタリアちゃんがどうしてここに? その姿は?」 確かに不思議でいっぱいですぞ。 本当に平行世界のお姉さんが現れたとしても、何故ラフ種の姿なのですかな? お義父さんの言葉にラフ種のお姉さんは返事に困る様に答えますぞ。 「この姿は、この世界に入り込むには特殊なプロセスが必要で、やむなくこの姿で入らざるを得なかったんです。 説明すると長くなりますが要約すると槍の勇者を迎えに来ました」 「元康くんを? それって元康くんがループしてるって話だよね?」 ラフ種のお姉さんはコクリと頷きました。 迎えとはどういう事ですかな? 何か俺の力が必要なのでしょうか? 「ええ、槍の勇者の話で、こことは違う世界が存在するのは、理解していますよね?」 「うん。 ループしてて巻き戻っているって話。 俺やみんなの認識だと元康くんは期間限定で並行世界を移動し続けているって思っているけど」 「……残念ですがそれは違います。 一つの世界と呼ぶにはまだ未確定の並行空間がここです」 「どういう事?」 「並行世界というのが存在するのは確かですが、この世界は違うんです。 ここは言うなれば世界の裏側と言うべきでしょうか。 可能性の世界です」 「??? よくわからないんだけど」 「やっぱりそうなの」 何故お前が反応するのですかな? ライバルがここで間に入って説明をしますぞ。 「並行世界の移動は無いなのって前にも言ったなの。 この世界は可能性の模索をする緊急避難世界、そういう事なの」 「ガエリオンちゃん?」 「そこのラクーン種と同一人物の奴、ガエリオンは槍の勇者の槍に干渉したからわかるなの」 「そうですか……」 ラフ種のお姉さんがライバルを見て頷きますぞ。 「おい。 通じ合っているのはわかるが俺達にわかる様に説明してくれ」 錬がライバルとラフ種のお姉さんに説明を求めています。 俺達も同意見ですぞ。 「この世界を何度も繰り返しているだけ、というのが答えです。 並行世界に移動してません。 これをまずは覚えてください」 「え? じゃあ元康くんが今まで辿って来た世界は?」 「巻き戻って存在しません……」 「そんな……」 ゴクリとラフ種のお姉さんの言葉に全員が息を飲みますぞ。 「じゃあ元康くんの話でタイムリミットに戻ると……」 「全てが無かった事になります」 「じゃあどうすればいいんだ?」 「……方法が無い訳じゃないなの」 ライバルが嘆く錬に答えますぞ。 ですが、まずはラフ種のお姉さんに確認を取るとばかりに視線を向けております。 「槍の勇者、こちらにこの現象を起こしている槍を向けてください。 どういう状態なのか調べます」 ラフ種のお姉さんは俺に手招きしますぞ。 俺は言われた通り、ラフ種のお姉さんに槍の先を向けました。 「……やっぱり」 「何かわかったのですかな?」 「この世界は、言うなれば産まれる前の卵の中のような世界なんです。 まだ未確定で満ち溢れた世界です」 「シュレディンガーの猫って奴かな? 箱の中は開けるまで未確定って奴?」 「はい。 開けるまで決定していない、という意味で同じです」 「決定していない?」 お義父さんが難しい顔でラフ種のお姉さんに尋ねます。 「まずは……私達がどのような状況で、どんな相手と戦っているかは……御理解されていますか?」 「うん。 元康くんの話や戦ってきた敵を参考にすると出てくるのは神を僭称する何かと言うのはわかるよ」 「そこまで御理解なさっているなら話は早いです。 そうです。 波とは神を僭称する者が起こす人災であり、世界融合現象、複数の世界が融合する事で、神を僭称する者が乗り込む為の土台を形作る事です」 「で、その相手がいるのはわかったけど……」 「おわかりかもしれませんが、槍の勇者を仕留めたのはその神を僭称する者です」 ラフ種のお姉さんの言葉にお義父さん達は頷きました。 これまでの情報収集でわかっていた事ですな。 不服ですが、先日の一件でライバルが証明したのと一緒ですぞ。 「しかし、今の俺達ならそんな奴であろうと勝てるんじゃないのか?」 「ええ、言ってはなんですが僕達はこの世界で十分に強くなりましたよ。 勇者としての強化を含めてトコトンやりこんだと言っても差し支えありません」 自身に満ちた様に錬と樹が答えます。 しかしラフ種のお姉さんは悲しそうに首を振りました。 「……残念ですが次元が違いすぎます。 どうがんばっても、今の皆さんでは神を僭称する者に乗りこまれた時点で詰んでしまいます」 「なんだと!?」 「僕達が弱いとでも言うんですか?」 「まあ……今まで戦ってきた相手を見ると、その説明ではどの程度かはわからないかな……」 「この中では悔しいが元康が一番強い……だろうな。 その元康よりも強いって言うのか?」 「足元にも及ばないと思います」 「そんなに……?」 お義父さん達が驚愕していますぞ。 とはいえ、半信半疑といった雰囲気ですな。 そんな空気を理解したのか、ラフ種のお姉さんが言いました。 「良いでしょう。 気づかれないであろうギリギリの強さに調整して、私が相手をします」 ピョンとラフ種のお姉さんが机から飛び降りて距離を取り、村の広場で手招きします。 さすがのお姉さんでも俺達勇者全員と戦うのは無謀だと思うのですが。 「何処からでも何人でも掛って来て良いですよ」 「言ったな。 じゃあ俺達も相手してもらおう」 「舐めないでくださいよ」 「これまでがんばった成果を見せますぞ!」.

次の

盾の勇者の成り上がり × プリンセスカフェ全国3店舗 6.1

盾の勇者の成り上がり ss 尚ラフ

メルティは少し黙っていようね ドラゴン怪獣をそのままにはしておけない。 けれども今の尚文達には 弱りきった3人の亜人達がいる。 なにげにキールくんの弱々しい姿が 庇護欲をかきたてるな…。 ひとまず逃げよっ…と場所を移すもドラゴン怪獣は破壊した建物から、ハイ、ひょっこりはん。 あきらかに狙われとる。 ドラゴン嫌いのフィーロは一足先にブチ切れて、ドラゴン怪獣の顔面に 渾身の飛び蹴り。 フィーロたんカッコいい。 尚文も覚悟を決める。 『ここで戦う気?街の中心部なのよ!?』(メルティ) 『わかってる!街の外まで誘導してからだ!』(尚文) 『でも、どうやって?』(メルティ) …メルティは少し黙っていようね。 幼馴染キールくんの健気な励まし ドラゴン怪獣の狙いがフィーロにあることがわかり、街の外への誘導についても目処がたった。 保護した亜人達についてもヴァンが快く引き受けてくれた。 問題はラフタリア。 過去のトラウマと向き合ったばかりのラフタリアは、どうしても キールの傍を離れたくない。 もう誰も失いたくない…そんなラフタリアを 弱りながらも健気に励ますキールくんが泣ける。 『ラフタリアちゃんは盾の勇者様の仲間なんでしょ?』 『なら行かなきゃ… 俺は大丈夫だから…行って』 ラフタリアが強くなったのは何のため? キールくんはよくわかってる…強くなった ラフタリアが今すべきことを。 そして ラフタリアは覚悟を決める。 『わかりました…キールくんをお願いします!』(ラフタリア) 『おまかせを』(ヴァン) 大丈夫、キールくん達は 亜人の暴徒が守ってくれるから! 渾身作画!タイラントドラゴンレックス死闘開幕! 決戦の場として選んだのは、街の外へ出て、森を抜けた先にある遠い水辺。 これだけの距離を走り抜けても息を切らさないフィーロがなにげにスゴイ。 そして尚文パーティvsタイラントドラゴンレックスの死闘がはじまる。 ドラゴン怪獣の突進を エアストシールドで食い止めるも 「パリーン」とあっさりと破壊されてしまう。 渾身の フィーロ、メルティ、ラフタリアの攻撃も一切通らず。 エアストシールド、セカンドシールドによる 尚文とフィーロの連携攻撃もまったく効かず。 ドラゴン怪獣、 動きは鈍いものの頑丈さがハンパない。 けれども、ドラゴン怪獣との 戦闘シーン作画は申し分なし。 『もう一度!』と 疾走するラフタリアの作画も気合入ってた。 劣勢だけどドラゴン怪獣との死闘は 渾身作画のオンパレード。 これは楽しい。 (キリッ) 『まさか、フィロリアルクイーン!?』(メルティ) 『かっこいい…!』(フィーロ) ドラゴン怪獣と 同等の大きさを誇るフィロリアル・クイーンは、女王としての貫禄も充分。 『どうやら、[竜帝の欠片]が体質に合わず、巨大化したみたい』 『今すぐその欠片を渡すのなら、命までは奪わない』 『すぐに去って!』 フィーロとドラゴン怪獣の体内にある竜結晶は [竜帝の欠片]という代物らしい。 というか 体質が合わずに巨大化する体質って… 何言ってるのかよくわからない。 フィロリアル・クイーンも 体質が合わなかったパターンなのか? そして2大怪獣大決戦の幕は切って落とされる。 大きさの秘訣は長生きにあり 世界のフィロリアルを統括する女王、フィトリア。 そしてはるか昔に召喚された勇者が育てた伝説のフィロリアルでもある。 尚文は世代を重ねていると勘違いするも、フィトリアはフィトリアただ一人。 『いつかフィーロもあのくらい大きくなれるぅ?』(フィーロ) 『あそこまで大きくなったら養えないから捨てるぞ!』(尚文) 尚文の目が全然笑ってない… フィーロがあぶないっ! でも大丈夫。 『ここまで成長するには、普通のフィロリアルの数十世代分は時間が必要だから、安心して』(フィトリア) フィトリア、見た目によらず 超長生きのおばあちゃんだったのか。 フィトリアの 大きさの秘訣は長生きにあったようです。 だったらフィーロもめちゃくちゃ長生きしなきゃね。 その頃には尚文はいないだろうけど。 ドラゴン素材は絶対に逃さん!幼女とドラゴン問答対決 ここではゆっくりと話せない、ということでフィトリアは場所移動を提案。 メルヘン馬車に食いつく二人の幼女たんをよそに、尚文はドラゴン怪獣素材の回収を優先するも、 『ドラゴンに関係するものを、四聖勇者が武具に入れるのはイヤ』(フィトリア) とフィトリアたんに イヤイヤされてしまう。 やっぱりフィトリアも ドラゴン嫌いなんだ。 しかし、尚文には 幼女のワガママは通用しない。 『盾を強化する大事な素材だ』(尚文) 二人は問答を続けるも、尚文の次のひと言が決め手になる。 『だが、竜の素材も憤怒の盾も、生き残るためには必要なものだ』(尚文) 『そう…好きにして』(フィトリア) 『生き残るため』とまで言われてはフィトリアとしてもこれ以上は追求できないのでしょう。 尚文もまた、今回のドラゴン怪獣素材はまたとない 盾の強化のチャンス。 女王だろうが幼女だろうが、このチャンスを逃すわけにはいかないんだっ! 尚文の問答に敗れた幼女はドラゴン怪獣の残りの死骸についてもフィロリアル達に運ばせることを約束。 幼女との ドラゴン問答対決は 尚文の完全勝利で決着。 尚文特製・タイラントドラゴンレックス鍋 今晩の献立は尚文特製・タイラントドラゴンレックス鍋。 (略してドラゴン鍋) 骨までまるごと入ったドラゴン鍋はなかなかワイルドな仕上がり。 ドラゴン怪獣にこんな小さな骨あるんだろうか?という疑問は置いといて、とにかく美味そうだ。 その 雑な食べ方が。 そんな 二人のフィロリアル幼女には食事があるというのに、まわりの フィロリアル達には食事が用意されていないという…。 フィロリアル達の物欲しそうな視線が尚文に切実に訴えかける。 食べたい、食べたい、と。 この逃れられない罪悪感に尚文はついに根負け。 『ああもう、わかった!作ってやるよ!デカイ鍋と食材もってこい!』(尚文) クッキングパパ尚文の料理は満腹になって眠りこける フィロリアル達に大好評だったことは言うまでもありませんね。 フィトリアたんは真面目な話がしたい クッキングパパモード終了の尚文のもとに現れたのはフィトリアたん。 『なんだ?おかわりはないぞ』(尚文) もはや 扱いがフィーロと同じ…。 やっぱり 雑な食べ方がいけなかったのか?(謎) それはさておき、フィトリアは本題を切り出します。 『封印された魔物が解き放たれた経緯を知りたい』(フィトリア) フィトリアは知っていて助けにきたのではなく、新たなクイーン候補を見つけにきただけだった。 いわば ドラゴン怪獣(のちのドラゴン鍋)の件は 「本命」ではなく「ついで」。 そんな真面目な話をしながらも、バランスを取りながら塀の上を歩くフィトリアはやっぱり フィーロと同じ扱いされても仕方ないと思う。 愚かな四聖勇者にフィトリアは何を思う 『教えて、どうして封印が解けたのか?』(フィトリア) メルティ、ラフタリア、フィーロの三人がフィロリアル達と眠りこける中、尚文からの回答に フィトリアは深いため息をつく。 四聖勇者同士でいがみ合う現状に強い怒りと危機感をもつフィトリアは、尚文に 『向き合って!』と忠告。 長い年月を生き、圧倒的な力を持つフィトリアが四聖勇者のことをこれほど重要視するには相応の理由があるはず。 とはいえ、今の尚文に対してはあまりにも酷な物言いだと思う。 今の状況で尚文から歩み寄ったところで、結果は目に見えている。 とにかく、今の尚文に 一番必要なのはフィトリアの持つ情報であることは間違いない。 いつか救えなくなる時がくる 圧倒的な力を持つフィトリアでさえも、いつかは波から救えなくなる時がくる。 『お前は俺達より遥かに強く見えるが…』(尚文) 『今はそう…でもいつか…救えなくなる』(フィトリア) フィトリアは長年に渡って「波」と戦ってきた。 だからこそ、いつか 戦えなくなる時が来ることも知っている。 次代のクイーン候補が登場したこともその 理由の一つなのかもしれない。 『今はそう…』と話していることから、 四聖勇者にはまだまだ 強くなる伸びしろがあると思われる。 おそらくは 歴代の四聖勇者達も最終的には フィトリアよりも強く成長していたのかもしれない。 それでも尚「波」は今も続いており、人々に驚異を与え続けている。 フィトリアが 戦えなくなる未来はもう間近まで迫っているのか…? 世界のために…四聖を殺す! フィトリアの和解勧告をどうしても承服できない尚文。 『あいつらと和解しろっていうのか!』(尚文) 『勇者同士は協力しないといけない。 それが世界を守るために必要なこと』(フィトリア) ある程度、尚文の事情は知っていると言いながらも、フィトリアの言うことは 頭ごなしで一方的。 勇者同士は協力しろ• 勇者同士の争いはダメ• 認められないことだから• 世界を守るためだから その理由についても『すごく昔のことで、記憶もおぼろげ』で 肝心な部分がわからない。 NOと言える日本人・岩谷尚文に対し、フィトリアはとんでもないことを言い出す。 『波で大変だというのに、勇者同士が争っているのなら…』 『世界のために、四聖を殺す…!』 フィトリアたん、お前もか…! 圧倒的な力の差からの、 理不尽極まりない要求…からの 殺害予告。 見た目は幼女、頭脳は老女のフィトリア嬢の脅迫に尚文はどう対処するのか? 今度の相手は手強いぞ…! まとめ アニメ「盾の勇者の成り上がり」第16話「フィロリアルの女王」を視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか? 全編に渡って 圧倒的な存在感を見せつけたフィロリアルの女王・フィトリア。 特にタイラントドラゴンレックスとの戦闘では 格の違いを見せつけてくれましたね。 幼女フィトリアの 無愛想な魅力は 新規客開拓に成功か? 今回はタイラントドラゴンレックスとのバトルシーンを含め、全体的に作画レベルも高く、構成的にもバランスの取れたお話だったと思います。 最後の最後でまたしても 理不尽な目に合う尚文が心配ではありますが。 こればかりは次週を見ないことにはわかりません。 以上、アニメ「盾の勇者の成り上がり」第16話の感想でした!.

次の

盾の勇者の成り上がり:抱き枕カバー等二次元同人アニメ萌えグッズ

盾の勇者の成り上がり ss 尚ラフ

「なんですか、この魔物は?」 「どっから連れて来たんだ?」 樹と錬がそれぞれ魔物を凝視しながらお義父さんに尋ねますぞ。 「なんかすごく可愛くない? 村の近くで迷子になっていたのかよくわからないんだけど、凄く人懐っこくて敵意も無く近寄って来てさ。 抱きあげても大人しくしてるから連れて来たんだ」 お義父さんが魔物の両前足を軽く掴んで上下させますぞ。 猫を可愛がる感じに見えなくも無いですな。 おや? 魔物の方は少し頬が赤いですぞ? これが人なら照れている、とでも表現する場面ですかな? 「こう、癒しを求める最高の形みたいな可愛らしさがあって、大人しいから凄く好みなんだけど、どう?」 「いや……」 「どう、と言われましても……」 お義父さんが楽しげに語っておりますぞ。 その反応に錬も樹もよくわかってない様な反応ですな。 どこにでもいる魔物、みたいな表情ですぞ。 「なの? なおふみの好みってコレなの!?」 ライバルが魔物を凝視しながらお義父さんに尋ねました。 違いますぞ。 お義父さんの好みはフィロリアル様ですぞ。 もしくはお姉さんのお姉さんですな。 「なおふみ様はこういう子が好きなんですか? あれ?」 お姉さんの友人が首を傾げながらお姉さんの方を見ております。 見られたお姉さんも首を傾げていますぞ。 「なんかラフタリアちゃんに雰囲気似てる気がしない? パッと見た感じそう思ったんだけど、どうかな?」 「えっと……」 お姉さんが返事に困る様にその魔物を見ておりますぞ。 魔物とお姉さんの瞳が不思議な位、重なりました。 おや? 先程は気付きませんでしたが、この生物、やはり覚えがありますぞ。 確か……。 「しかしこの辺りにこんな魔物いたか?」 「ラトさんに聞いてみますか? 何処かの誰かが飼っていた魔物がたまたまこの辺りに迷い込んでしまった可能性もありますし」 「いえいえ、この魔物はこの辺りが生息地域のはずですぞ」 「え? 元康くん知ってるの?」 お義父さんは俺の方を見て尋ねますぞ。 「ですぞ。 この魔物の生息地域はここで、出生もここですからな」 「そうなの?」 「何せ最初の世界のお義父さんが作った魔物ですぞ。 確かー……ラー何とか種ですな。 ああ、思い出しました。 お姉さんの名前を捩った魔物だったと思いますぞ」 俺の言葉にお義父さんを初め、錬や樹、みんなが机の上に立つ魔物、ラー何とか種を見て一歩引きました。 何かあったのですかな? 「……ちょっと待って。 最初の世界の俺がなんか呪いの盾に浸食されて作った魔物なんだっけ?」 「ですぞ。 どうやら技能で再現したのですな。 さすがお義父さん」 「そんな事してないよ!」 おや? お義父さんが大声で俺に向かって否定しました。 何かありましたかな? 「待て……尚文が作った訳ではなく、それなのに元康の言う所の最初の世界とやらで作りだされた新種の魔物が何故ここにいるんだ?」 「ありえるのは並行世界を渡る技術か何かで来たとかでしょうか?」 お義父さん達がそれぞれ戦闘態勢に入ろうとしております。 逆にお姉さんの友人は首を傾げて見ておりますぞ。 机の上のラーなんとか種は俺とお姉さんの友人、お義父さんを交互に見て行きますぞ。 それから深く溜息を漏らしたかと思うと、バチっと言う音と共に腰にピコピコハンマーが出現しました。 「まあ……なんとなく事情はわかってたんですけどね」 そしてラーなんとか種は喋りました。 「しゃべった!」 「ガエリオンやフィロリアル共がしゃべるんだぞ。 今更何を驚いているんだ」 「でも、ついこの間、喋る機械と戦ったばかりじゃないか」 「まあ……厄介な敵だったな。 だが、今回も敵だとは限らないぞ?」 「そもそも魔物が喋るのが当たり前になっているのもどうなのか、という事なんですけど」 「そうなんだけどさ」 ラーなんとか種はお義父さん達がそれぞれ喋り終わるのを待ってから敵意は無いとばかりに両手を広げて知能のある生き物とアピールしてから口を開きました。 「なんと言いますか、この並行時空に入って辺りを確認していたら、ナオフミ様が近づいて来て、当たり前の様にじゃれ始めたので喋るタイミングを逃したと言いますか」 「あれ? この声……ラフタリアちゃんじゃね?」 今まで黙って成り行きを見守っていたキールが言いますぞ。 というか、いたのですな。 「そういえばそうだな」 「まあ……そうなりますね。 ああ、ちなみにこの姿の魔物をナオフミ様はラフ種と名付けていましたよ。 私の名前から捩って」 ラー何とか種改め、ラフ種はそう説明しました。 「私の名前……? もしかしてやっぱりラフタリアちゃんなの?」 「え?」 お姉さんの友人の質問に隣に立っているお姉さんが首を傾げます。 「……はい。 リファナ……ちゃん」 ラフ種はお姉さんの友人の言葉に返事をしましたぞ。 どういう事なのですかな? 「やっぱりそうなんだ。 なんかラフタリアちゃんと同じ感じがしたからそうなんじゃないかと思った」 「ええ……」 ラフ種は何やらとても遠い様なそれでありながら痛々しい目をしてから、お姉さんの友人の言葉に頷きますぞ。 「えっと、君はラフタリアちゃん?」 「はい。 私の名前はラフタリアです……えっと、こことは別の時空間の、と付きますが」 「その別世界のラフタリアちゃんがどうしてここに? その姿は?」 確かに不思議でいっぱいですぞ。 本当に平行世界のお姉さんが現れたとしても、何故ラフ種の姿なのですかな? お義父さんの言葉にラフ種のお姉さんは返事に困る様に答えますぞ。 「この姿は、この世界に入り込むには特殊なプロセスが必要で、やむなくこの姿で入らざるを得なかったんです。 説明すると長くなりますが要約すると槍の勇者を迎えに来ました」 「元康くんを? それって元康くんがループしてるって話だよね?」 ラフ種のお姉さんはコクリと頷きました。 迎えとはどういう事ですかな? 何か俺の力が必要なのでしょうか? 「ええ、槍の勇者の話で、こことは違う世界が存在するのは、理解していますよね?」 「うん。 ループしてて巻き戻っているって話。 俺やみんなの認識だと元康くんは期間限定で並行世界を移動し続けているって思っているけど」 「……残念ですがそれは違います。 一つの世界と呼ぶにはまだ未確定の並行空間がここです」 「どういう事?」 「並行世界というのが存在するのは確かですが、この世界は違うんです。 ここは言うなれば世界の裏側と言うべきでしょうか。 可能性の世界です」 「??? よくわからないんだけど」 「やっぱりそうなの」 何故お前が反応するのですかな? ライバルがここで間に入って説明をしますぞ。 「並行世界の移動は無いなのって前にも言ったなの。 この世界は可能性の模索をする緊急避難世界、そういう事なの」 「ガエリオンちゃん?」 「そこのラクーン種と同一人物の奴、ガエリオンは槍の勇者の槍に干渉したからわかるなの」 「そうですか……」 ラフ種のお姉さんがライバルを見て頷きますぞ。 「おい。 通じ合っているのはわかるが俺達にわかる様に説明してくれ」 錬がライバルとラフ種のお姉さんに説明を求めています。 俺達も同意見ですぞ。 「この世界を何度も繰り返しているだけ、というのが答えです。 並行世界に移動してません。 これをまずは覚えてください」 「え? じゃあ元康くんが今まで辿って来た世界は?」 「巻き戻って存在しません……」 「そんな……」 ゴクリとラフ種のお姉さんの言葉に全員が息を飲みますぞ。 「じゃあ元康くんの話でタイムリミットに戻ると……」 「全てが無かった事になります」 「じゃあどうすればいいんだ?」 「……方法が無い訳じゃないなの」 ライバルが嘆く錬に答えますぞ。 ですが、まずはラフ種のお姉さんに確認を取るとばかりに視線を向けております。 「槍の勇者、こちらにこの現象を起こしている槍を向けてください。 どういう状態なのか調べます」 ラフ種のお姉さんは俺に手招きしますぞ。 俺は言われた通り、ラフ種のお姉さんに槍の先を向けました。 「……やっぱり」 「何かわかったのですかな?」 「この世界は、言うなれば産まれる前の卵の中のような世界なんです。 まだ未確定で満ち溢れた世界です」 「シュレディンガーの猫って奴かな? 箱の中は開けるまで未確定って奴?」 「はい。 開けるまで決定していない、という意味で同じです」 「決定していない?」 お義父さんが難しい顔でラフ種のお姉さんに尋ねます。 「まずは……私達がどのような状況で、どんな相手と戦っているかは……御理解されていますか?」 「うん。 元康くんの話や戦ってきた敵を参考にすると出てくるのは神を僭称する何かと言うのはわかるよ」 「そこまで御理解なさっているなら話は早いです。 そうです。 波とは神を僭称する者が起こす人災であり、世界融合現象、複数の世界が融合する事で、神を僭称する者が乗り込む為の土台を形作る事です」 「で、その相手がいるのはわかったけど……」 「おわかりかもしれませんが、槍の勇者を仕留めたのはその神を僭称する者です」 ラフ種のお姉さんの言葉にお義父さん達は頷きました。 これまでの情報収集でわかっていた事ですな。 不服ですが、先日の一件でライバルが証明したのと一緒ですぞ。 「しかし、今の俺達ならそんな奴であろうと勝てるんじゃないのか?」 「ええ、言ってはなんですが僕達はこの世界で十分に強くなりましたよ。 勇者としての強化を含めてトコトンやりこんだと言っても差し支えありません」 自身に満ちた様に錬と樹が答えます。 しかしラフ種のお姉さんは悲しそうに首を振りました。 「……残念ですが次元が違いすぎます。 どうがんばっても、今の皆さんでは神を僭称する者に乗りこまれた時点で詰んでしまいます」 「なんだと!?」 「僕達が弱いとでも言うんですか?」 「まあ……今まで戦ってきた相手を見ると、その説明ではどの程度かはわからないかな……」 「この中では悔しいが元康が一番強い……だろうな。 その元康よりも強いって言うのか?」 「足元にも及ばないと思います」 「そんなに……?」 お義父さん達が驚愕していますぞ。 とはいえ、半信半疑といった雰囲気ですな。 そんな空気を理解したのか、ラフ種のお姉さんが言いました。 「良いでしょう。 気づかれないであろうギリギリの強さに調整して、私が相手をします」 ピョンとラフ種のお姉さんが机から飛び降りて距離を取り、村の広場で手招きします。 さすがのお姉さんでも俺達勇者全員と戦うのは無謀だと思うのですが。 「何処からでも何人でも掛って来て良いですよ」 「言ったな。 じゃあ俺達も相手してもらおう」 「舐めないでくださいよ」 「これまでがんばった成果を見せますぞ!」.

次の