ビオレ 消毒液 コロナ。 新型コロナの消毒「クイックルワイパー」や「ビオレu」で可能(SmartFLASH)

【新型コロナ対策】携帯可能のアルコール消毒(ジェル・泡・スプレー)おすすめ7選!【手指に付けるタイプ】

ビオレ 消毒液 コロナ

厚生労働省は2月6日、公式ツイッターを使ってアルコール消毒について異例の注意喚起を実施した。 ネット上で「新型コロナウイルスに対し、アルコール消毒には予防効果がない」とする情報が出回っていたことを受けてのもので、「誤った情報です。 厚生労働省では咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで『アルコール消毒』を行なっていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」とツイート。 先の都内チェーン店の担当者は「厚労省からのお墨付きの影響か、2月上旬からさらに問い合わせが増えるようになった」と話す。 消費者向けの手指アルコール消毒剤は、大手数社で国内シェアの約8割を占める。 トップシェアは「手ピカジェル」などを生産する健栄製薬だ。 シェアは5割に達するとされる。 1月下旬、健栄製薬の松阪工場で休日返上の増産が始まった。 稼働時間が「通常時の倍」という異常事態。 土日や祝日も稼働し続ける対応で、「キャパシティーの限界まで増産している」と同社の担当者は言う。 そもそも1月はインフルエンザなどの流行期で増産する傾向にあるが、1月中旬以降に卸売業者からの問い合わせが殺到。 現在、受注は通常時の10倍以上に達している。 「フル稼働していても全ての注文に応えられていない状況だ」(同社) 健栄製薬の工場では、原料メーカーから調達したアルコールに水やヒアルロン酸などを混ぜ、それをジェル状に加工するという工程を踏んでいる。 「原材料の確保が難しいという話は出ていない。 単純に当社の生産キャパシティーの問題だ」とするものの、今後の設備増強については「ノーコメント」としている。 健栄製薬に続くシェアを持つとされるのが日用品大手の花王、ライオン、サラヤだ。 「ビオレu 手指の消毒液」などを生産する花王も、既に増産に踏み切っている。 「いつまでこの状況が続くか分からないので、今後の増産体制に対してはコメントする段階にない」(花王広報)としている。 「キレイキレイ 薬用ハンドジェル」が1月の出荷ベースで前年同月比1. 5倍になったライオン。 在庫がひっ迫してきたことを受けて、2月下旬からの増産を決めた。 健栄製薬や花王と同じく、設備の拡充については「まだ決まったことはない」(ライオン広報)としている。 サラヤは2月6日、電話での問い合わせが殺到したことを受けて、取引先に対してオンラインでの発注を促す文章を配布した。 国内での感染者が発生した1月下旬以降に問い合わせが増加し、現在でも生産や在庫をはるかに上回る発注があるという。 健栄製薬や花王と同様、サラヤも既に、操業時間の延長や増員による増産に踏み切っている。 各社は今後の需要が読めない中、現有の設備での増産にとどまっているのが現状だ。 今後は設備増強に踏み切るかどうかが焦点になるが、あるメーカーの担当者は「消毒液の容器を中国で作っているケースもあり、単にラインを増やしても、今度は材料がボトルネックになる恐れもある。 慎重に判断したい」としている。 需給ひっ迫はしばらく続くと見たほうが良さそうだ。

次の

新型コロナウイルスで消えた消毒用アルコール、メーカー各社に聞いた:日経ビジネス電子版

ビオレ 消毒液 コロナ

対策のため、マスクやアルコール消毒液が、ドラッグストアの店頭から消えて2カ月ほど。 不安の多い生活が続くなか、北里研究所が、新型コロナウイルスの消毒に効果のある市販製品のリストを発表した。 同大・大村智記念研究所の「COVID-19対策北里プロジェクト」チームが、4月17日付で発表したリリースには、住居・台所用洗剤、衣類用洗剤などの製品名がずらりと並ぶ。 調査に使用した製品は、結果の公開に異議を唱えないことを前提に、企業から提供を受けたという。 製品を選ぶ際の基準は、一体どのようなものだったのか。 調査の担当者である片山和彦教授が、こう話す。 「まず、医療現場のみならず、市場でもエタノールの入手が困難となっている状況を踏まえ、十分な供給体制を確保可能で、雑貨売り場に潤沢に供給されていること、一般の国民の皆さんが手に取って普通に購入できる製品を選択しました」 調査は、試験管内で、分離培養された新型コロナウイルスのRNA(リボ核酸)の入った液体と、製品を接触させるもの。 用途に応じて、接触させる時間は変えている。 手洗いに使う製品や、拭き取り掃除・トイレ掃除に利用する製品は1分間、衣類の洗濯等に使用するタイプは10分間だ。 さらに、製品裏面に書かれた使用方法に合わせて、原液のまま使用したり、水道水で希釈させたりしている。 実際に、消毒効果の認められた製品は、以下のようなラインナップになっている。 【手洗い、拭き取り掃除、トイレ掃除を想定した製品】 ・かんたんマイペット(原液) ・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ(絞り液) ・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシートストロング(絞り液) ・クイックル Joan シート(絞り液) ・クイックル Joan 除菌スプレー(原液) ・食卓クイックルスプレー(原液) ・セイフキープ(絞り液) ・トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り(原液) ・ハンドスキッシュEX(原液) ・ビオレガー ド薬用泡ハンドソープ(原液) ・ビオレu薬用泡ハンドソープ 3倍希釈 ・ビオレガード薬用手指用消毒スプレー(原液) ・ビオレガード薬用ジェルハンドソープ (3倍希釈) ・ビオレu手指の消毒液(原液) ・リセッシュ除菌EX プロテクトガード(原液) 【衣類の洗濯等を想定した製品】 ・アタック高浸透リセットパワー(3. 片山氏によれば「原因はわかっていませんが、ひとくちに界面活性剤といっても、いろいろな種類があります。 製品によって効果が異なることは考えられます」とのことだ。 「これらの製品は、皆さんが正しく使用すれば、キチンと新型コロナウイルスを消毒することができます」と片山氏。 「消毒液、今日も売ってない……」といった悲鳴も聞こえるなか、選択の幅が広がる調査結果となった。 ただし、消毒効果を狙って製品を購入する際、一つ注意点があるという。 「医薬部外品や雑貨は、メーカーが、ウイルスの消毒効果を記載したり、宣伝したりすることは、薬機法違反にあたります。 製品が法律を順守していることを確認し、適正な価格で販売されているものを選んでください」(片山氏) 外部サイト.

次の

【北里大学発表】 新型コロナの不活性効果がある市販洗剤(界面活性剤)の商品名一覧

ビオレ 消毒液 コロナ

同社では4月後半から昨年同期比で20倍以上の生産が可能になると言う。 増産する商品は家庭向けの「ビオレu 手指の消毒液」と、業務用の「ハンドスキッシュEX」の2種類だ。 花王では今年1月後半から消毒液の大きな需要が発生し、2月から可能な限りでの増産を行ってきたが、それでも供給が追いつかない状態が続いていた。 花王の広報担当者は「感染症予防で需要の大きいハンドソープも増産を繰り返しているが、元々市場が大きかったため増産の体制が比較的整いやすかった。 一方で消毒液は家庭での需要がこれまで高くなかったために、生産体制を立てるのに時間を要した」と話す。 まずは病院や介護施設に供給をしていく これまで花王の消毒液は外部に委託して製造されていた。 しかし4月に入り、花王の国内4工場で消毒液製造の許可が行政から下りたこと、また容器メーカーに委託生産していたボトルが自社で一部生産が可能になることなどから、20倍以上の増産が可能になった。 製造許可の申請は新型コロナウイルスによる需要が発生してから行ったため、かなりのスピードで許可が出たことになる。 さらに花王の広報担当者は 「4工場では他の製品を製造していたが、その供給にも影響が出ないように工場内で調整がついたこと、また本体とこれまで発売していた付け替えボトルだけではなく、詰め替え用パッケージも作ることで大量生産が可能になった」と話す。 また花王ではESG戦略を強化していることから、その一環としても増産を決定したようだ。 この増産で、花王は政府からの要請があった病院や介護施設などに消毒液を供給する。 また一般家庭向けの供給も見込む。 さらには国外でも消毒液を生産する。 まずはドイツで病院などへの寄贈品の生産を行い、各地域にも生産を拡大する方針だ。 ただし花王が今回増産する消毒液は、新型コロナウイルスへの効果が確認されていない。 家庭用の「ビオレu 手指の消毒液」について花王は公式サイトの問い合わせページでも、「新型コロナウイルスへの効果は確認できていない」と説明している。 また今回の消毒液の増産による売り上げ見込みに関しても非公表だ。 一方で、花王の直近の業績は2019年12月期決算 国際会計基準 で売上高が1兆5022億円 昨年対比0. 4%減 、営業利益は2117億円 同1. 9%増 と横ばい程度で推移していた。 化粧品や紙オムツの外国人需要減も懸念 背景にあるのが子供用紙オムツ「メリーズ」の購買減少だ。 日本製の子供用紙おむつは、「安心・安全」との評判で、中国現地で高い人気を誇っている。 そのため、近年ではソーシャルバイヤーと呼ばれる中国人転売業者がメリーズを日本のドラッグストアなどで爆買い。 中国現地のECサイトなどで、日本で購入したメリーズを売りさばいていた。 ところが昨年1月に中国で「中華人民共和国電子商務法」 通称:EC法 が施行。 ソーシャルバイヤーは営業許可証の取得や納税義務が課されることとなった。 これにより、メリーズは、一昨年後半からソーシャルバイヤーによる購買が激減。 さらにはソーシャルバイヤーが在庫をECサイトでたたき売りを始めたことで、正規ルートとの価格差が生じ、現地プラットフォーマーの値下げ圧力にも繋がった。 その結果、サニタリーやオーラルケアを含むヒューマンヘルスケア事業の2019年度の売上高は4. 2020年度も、コロナウイルスの感染拡大によるインバウンドの減少で子供用紙オムツ、さらには化粧品などの売れ行きも不透明だ。 花王は2020年2月時点で、2020年12月期の業績予想を最大で1兆5300億円 対前年比1. 8%増 、営業利益を2300億円 同8. 6%増 と見込んでいた。 ただし、コロナウイルスの影響で売上高が200億円、営業利益以下も100億円、上記の予想から下振れる可能性もあるともしている。 消毒液の増産は好材料だがどれだけ上向く要因かも定かではなく、3月以降、世界経済の動向は激変しており、増収増益を保てるかどうかは予断を許さない。 ---------- Microsoft Newsより募金協力のお知らせ: ----------.

次の