送付 状 日付。 【状況別】ビジネスでの送付状の書き方|手書き/社内/社外

宛先別ビジネスでの送付状の書き方と例文集・履歴書/請求書/転職など

送付 状 日付

まずは送付状に書くべきことを理解しましょう。 「書類の右上に日付」 「左上に宛先」 「その下に差出人」 「タイトル・頭語・挨拶・概要・結語」 と続きます。 送付状は、書類の案内役となるものです。 書類に目を通してもらうためにも、送付状は重要なものです。 書き間違えのないように注意しましょう。 宛先の場所に書くべきことは「会社名・役職名・名前」です。 個人の名前の後には必ず様をつけましょう。 差出人の場所にも宛先同じ項目を記し、連絡先も追加して書くと良いです。 挨拶文の頭語と結語について 送付状の書き出しは、頭語と挨拶から書きます。 挨拶文の内容は「頭語」「時候の挨拶」「ビジネス上での挨拶」の3つです。 頭語は、会話でいうところの「こんにちは」にあたり、反対に結語は「さようなら」の代わりになります。 また、頭語と結語は必ず2つで1セットとなっており 「拝啓のときは敬具」 「謹啓のときは敬伯」 とあらかじめ決まっています。 なんでもいいというわけではないので、気を付けておきましょう。 頭語の後には、時候の挨拶を書きます。 「春暖の候、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 」などという言葉がありますが、これが時候の挨拶にあたります。 次いで、ビジネス文書としての挨拶を行いましょう。 例えば、 「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 」 「平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます」 がよく使われます。 価格につきましては、できる限りご要望に沿えるように努力いたしますので、ぜひご用命を賜りたくお願い申し上げます。 なお、近日中に弊社担当員がお伺いさせて頂きたく存じます。 詳細についてお話しいた だければ幸いに存じます。 まずは、見積書の送付かたがたお願いまで。

次の

【状況別】ビジネスでの送付状の書き方|手書き/社内/社外

送付 状 日付

送付状とは?メリットも 送付状とはFAXなどを送る際に添付する企業への挨拶状のこと 送付状とは、「FAXなどを送る際に添付する企業への挨拶状のこと」です。 カバーレターや送り状などとも呼ばれており、書類の送付者や宛先などが記載されています。 本来書類などを手渡しをする際にする挨拶を書面で担っているため、時候の挨拶などが加えられることもあるビジネス文書となっています。 なお、以下の記事では「送付」の言葉としての正しい使い方や、郵送との違いなどが紹介されています。 言葉の正しい使い方ができるとビジネス上での印象もアップしますので、こちらの記事もぜひチェックしてみてください。 送付状のメリットは事務処理の効率化や受取人への印象付けができること 送付状のメリットは、「事務処理の効率化や受取人への印象付けができること」です。 送付状では同封書類の概要が書かれているため、送付状を見ただけで事務処理順位を決められます。 その結果、事務処理の効率化につなげることができるのです。 また、枚数が記載れていることで、送付者による書類の送付漏れを防ぐことも可能です。 さらに、企業へ履歴書を送る際に送付状を同封することは一種のマナーとなっていますので、受取人に読んでもらえるような送付状を同封すれば印象付けをすることもできますよ。 これは、送付状については横書きで作成することが一般的なビジネスマナーとされているためです。 また、横書きで作成することで、同封されている他のビジネス文書との統一感を出すこともできます。 同封する書類はもちろん、送付状もビジネス書類の一部ですし、挨拶代わりに入れるというニュアンスもあるものですから、誤字脱字には注意する必要があります。 送付状への誤字脱字を防ぐためには、作成してから時間を空けて再度チェックをしたり、他の人にチェックをお願いすると良いでしょう。 送付状を書く際には、株式会社を「(株)」というように略したり、資格名や大学の学部名などを略するのはマナー違反だとされています。 特に資格については、例えば履歴書や職務経歴書へ記載される方が多いTOEICは「TOEIC公開テスト」が正式名称ですので注意が必要です。 なお、以下の記事ではビジネスでの宛名の書き方などが紹介されています。 宛名の書き方についてさらに詳しく知りたいという方は、こちらの記事もぜひチェックしてみてください。 送付状に記載する文章については、以下の順番に文構成をすることがビジネス書類としての一般的な書き方ですので、参考にしてみてくださいね。 なお、時候の挨拶などの挨拶文についてはWordを使用している場合については挿入ボタンから文章内に入れられますので、ぜひ利用してみてください。 送付状に記載する文章の一般的な構成• 1拝啓:「前略」は時候の挨拶を省く場合に使用するので使用しない)• 2挨拶文:時候の挨拶や、季節を問わず使える定番フレーズなど• 3本文:添付書類の内容• 記書きはビジネス書類の中では用いられることの多い記載の仕方で、具体的な書き方は以下の通りとなっています。 記書きの書き方• 1文章の中央に「記」と記入する。 2「記」の下に箇条書きで同封する書類を記載する。 消せるボールペンや修正ペンを使って送付状を修正してしまうと、読み手は誰が修正したのか分からず文章への信頼性が下がってしまいます。 また、ビジネスマナーにおいてはマナー違反とされていますので、文章だけでなく送り主のイメージが損なわれてしまうリスクもあります。 このため、送付状に修正点を見つけても消せるボールペンや修正ペンなどは使わず作成し直すようにしましょう。 ビジネスマナーにおいて、送付状に使用する年号の書き方は和暦でも西暦でも良いとされています。 ただし、使用する年号の書き方は同封する書類と揃えるようにしましょう。 こうすることで、送付状と同封する書類の兼ね合いが分かりやすくなります。 年号が分からないという場合には、以下のような年号早見表をチェックすると良いでしょう。 送付状の書き方・紙の選び方も 送付状の書き方 一般的なビジネス書類に置ける送付状の書き方は、以下の通りとなっていますので作成する際の参考にしてみてくださいね。 なお、日付については提出日(郵送の場合には投函日)にするようにしましょう。 日付がないと送付した時期が分からずトラブルの元になりやすいので注意が必要です。 送付状の書き方• 1右上に日付を記入し、改行する。 2左上に受取人の会社名と氏名を記入、改行する。 3他の文字よりも大きいサイズで中央にタイトルを記入する。 4頭語(拝啓)を記載して、1文字分スペースを空ける。 5本文、結び語(敬具)を記載し、記書きで送付内容を記載する。 6右下に「以上」を記載すればOK! 紙の選び方 送付状を作成する際に使用する紙の選び方についてですが、色については白色で、デザインは無地のものを選ぶのが一般的となっています。 また、サイズについては送付状に同封する資料などの書類と同じサイズにするのがベストです。 ただし、同封する書類のサイズがB5とA4などバラバラな場合には、一般的なビジネス文書のサイズとなっているA4サイズの紙を選ぶと良いでしょう。 季節を問わず使える挨拶の例文としては、「時下ますますご清栄(ご清祥)のこととお喜び申し上げます」という例文があります。 この例文は、季節感がないことからどの季節でも使え、ご清栄というワードを使う場合には法人としての発展、ご清祥というワードを使う場合には個人としての発展をお祈りする文になります。 以下のサイトでは今回ご紹介したフレーズを使ったテンプレートが紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。 感謝の気持ちを伝える例文としては「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」という例文があります。 この例文は挨拶文の後に用いられることが多く、「普段からお心遣いをいただきありがとうございます」という意味になります。 このフレーズを使ったテンプレートは、以下のサイトでチェックできます。 履歴書の送付におすすめな例文としては「この度、貴社の新卒採用に応募させて頂きたく、応募書類を送付させていただきました」という例文があります。 この例文は入社希望する会社へ履歴書を送る際に記載することが多く、求人情報を見た求人サイト名や求人誌名を入れる場合もあります。 以下のサイトでは今回ご紹介した例文を使った送付状のテンプレートをチェックできますので、履歴書を送る予定の方はぜひ利用してみてくださいね。 頼まれた書類を送る際におすすめの例文としては「さて、ご依頼のありました下記書類を送付させていただきます」という例文があります。 この例文は送付状だけでなくメールでデータを送付する際にも使用できますので、ぜひ覚えておきましょう。 以下のサイトでは今回ご紹介した例文を使ったテンプレートが紹介されていますので、こちらもぜひご覧ください。 請求書を送付する際におすすめの例文としては「この度の納品に関しまして、下記の通り請求書を同封いたしましたので、ご査収くださいますようよろしくお願いいたします」という例文があります。 この例文は、納品した商品に関する請求書を送付する場合を想定した例文で、いくつか納品をしている場合にはいつ納品した分かも明記しておくと良いでしょう。 以下のサイトでは、今回ご紹介した例文を使ったテンプレートをご覧いただけます。 それぞれの部分の書き方についても詳しく紹介されていますよ。 見積書を送付する時におすすめの例文としては「よろしくご査収の上、ご検討のほどお願い申し上げます」があります。 内容をよくチェックした上でご検討くださいという意味で、見積書など検討を依頼する場合にぴったりです。 ちなみに、ご査収には内容をチェックしていただくという意味があり、相手にデータをチェックしてほしい時などには「ご査収のほどお願い申し上げます。 」という単独の文としても利用されることがあります。 今回ご紹介したフレーズを用いた送付状のテンプレートについては以下のサイトからチェックできますので、ぜひ活用してみてくださいね。 結びにおすすめの例文としては、「今後とも一層のご愛顧賜りますようお願い申し上げます」という例文をご紹介します。 この例文は、「これからもよろしくお願いします」という意味の例文です。 その時に送付する書類を送ることで一つの仕事の中で一区切りとなる場合に、結びの挨拶文として多く用いられています。 以下のサイトでは、今回ご紹介した例文を用いた個人宛に送付する送付状のテンプレートをチェックできますので、こちらもぜひご覧ください。 会食のお知らせ書類を送付する際に使える例文としては、「書類内容にご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください」という例文があります。 この例文は「分からない部分があればお気軽にお問い合わせください」という意味で、文末に加えることで同封する書類に記載されていない内容で分からない点がある場合に気軽に相談できるように促す役割があります。 以下のサイトで今回ご紹介したフレーズを使った送付状のテンプレートをチェックできますよ。 再度振込依頼をする場合におすすめの例文は、「なお、本状と行き違いでお振込いただきました場合には、お許しくださいますようお願い申し上げます」という例文です。 この例文は、1度請求書を送ったにもかかわらず振込がない場合に再度振込依頼をする場合に便利な例文となっています。 督促状としての文書を送る前にワンクッション置きたい場合にぴったりですので、ぜひ利用してみてくださいね。 以下のサイトから今回ご紹介した例文を使ったテンプレートをご覧いただけます。 送付状の送り方・封筒の選び方も 送付状の送り方 送付状の送り方には、郵便やFAX、メールなどの方法があります。 FAXやメールで送付する際にはデータを添付するだけでOKですが、郵便で送付する際には封筒の書き方や切手の貼り方などに注意して送るようにしましょう。 履歴書を同封する場合には正しい書き方が守られていないと書類を見てもらえないこともあります。 以下のサイトでは履歴書などと一緒に送付書を郵送する場合の封筒の書き方が紹介されていますので、封筒を作成する前に詳しい書き方をこちらでチェックしておくと良いでしょう。 封筒の選び方 送付状を送るのにおすすめな封筒の選び方ですが、まず、サイズは角形2号がおすすめです。 理由は、角形2号の封筒であればA4サイズの用紙を折り曲げずに送付できるためです。 また、ビジネス書類に用いられる封筒には茶封筒や白色の封筒がありますが、履歴書など、自分を企業にアピールするような資料を送付する場合には白色の封筒を選ぶことで受取人により良い印象を与えられておすすめです。 」という例文です。 いただいた問い合わせに対する書類や資料を送付する場合にはぜひ活用してみてください。 関連書類を同封する際にぴったりなフレーズですので、ぜひ使ってみてくだいね。 」という例文です。 説明書類やパンフレットなどを同封する際によく用いられています。 日本で送付状を作成する時の書き方と同じで、英語で送付状を作成する時も文末の右下に今回ご紹介している「Sincerely Yours」を記載することになっています。 ただ、日本と違って敬具の意味を持つSincerely Yoursというフレーズの後に、ご自分の直筆サイン、記名、住所を記載する必要がありますので注意しましょう。 送付状の書き方をマスターしてスキルアップしよう! この記事では、送付状を書くときのポイントなどについてご紹介しました。 いかがだったでしょうか。 送付状はビジネスの場では多く用いられている書類の一つです。 今回ご紹介した情報を活かして、ぜひ送付状の書き方などをマスターしてスキルアップしてみてくださいね。

次の

履歴書の送付状について 必要性や正しい書き方

送付 状 日付

履歴書やエントリーシートを郵送する時に悩むのが、送付状(または添え状)を同封するかどうかですよね。 ビジネスシーンでは送付状を同封するのがマナーとなっていますが、就職活動や転職活動においてはどうなのでしょうか。 履歴書やエントリーシートを郵送する際、送付状は必要かどうかをみていきましょう。 募集要項を見て必要かどうかを判断する 郵送する履歴書やエントリーシートと一緒に送付状を入れるかどうか悩んだときは、応募する求人の募集要項をチェックしてみましょう。 募集要項に「送付状は不要」の旨が記載されている場合、送付状は同封してはいけません。 同封すると逆効果となり、「募集要項をしっかり見ていない」と企業側に判断されます。 募集要項に送付状に関する記述がない場合は、送付状を同封しましょう。 同封することで、相手に丁寧な印象を与えられます。 比較的応募数の少ない中小企業に履歴書やエントリーシートを送る場合、送付状を同封すると特に効果が期待できるでしょう。 送付状の有無で選考結果が決まるわけではない 送付状の存在を知らなかった、または送付状を同封するのを忘れてしまったなど、送付状を同封しないまま履歴書やエントリーシートをポストに投函してしまい、焦る人は多いです。 しかし、送付状の有無で選考結果が決まるわけではありません。 送付状がなかったという理由で落とされる可能性は、限りなく低いでしょう。 送付状の同封は、あくまでも採用担当者が書類の確認をしやすくするためのものです。 応募者の配慮を感じられるものですが、ないからといって選考結果に影響するものではありません。 (2017年1月時点、キャリアパーク調べ) 履歴書に同封する送付状は、正しく書くことが重要です。 同封した送付状の書き方や内容が間違っていた場合、企業側にマイナスの印象を与える可能性は十分にあります。 送付状の作成に取り掛かる前に、送付状の正しい書き方を知っておきましょう。 送付状に書くべき内容 送付状を書く場合は、記載するべき内容を把握しておく必要があります。 いずれかの部分が抜けていたら、送付状として完全なものとはいえません。 送付状の不備で印象を下げないためにも、きちんと内容をおさえて作成しましょう。 内容と順番は以下の通りです。 差出人• 送付状の題名• 拝啓+時候の挨拶• 記書き(郵送した書類を記載。 中央寄せで書く)• 以上 送付状は横書きが好ましい 送付状を作成するときは、横書きが好ましいです。 履歴書やエントリーシートなど、企業に提出する書類はすべて横書きですよね。 採用担当者は一度にたくさんの封筒を開けて中身を確認するので、たまに縦書きの書類が入っていると見にくく感じてしまうのです。 封筒に入れる他の書類と書き方を揃えるためにも、送付状は横書きで書くようにしましょう。 時候の挨拶と結びの挨拶を忘れずに 送付状はビジネス文書の扱いになるので、時候の挨拶と結びの挨拶を必ず書きましょう。 よく使われるのは、「時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」という挨拶文です。 「時下」とは、季節に関係なく1年中使える挨拶です。 時候の挨拶に悩んだときは、「時下」を使いましょう。 季節に合った挨拶を入れたいなら、以下を参考にしてください。 1月 初春の候• 2月 晩冬の候• 3月 早春の候• 4月 春暖の候• 5月 新緑の候• 6月 初夏の候• 7月 盛夏の候• 8月 残暑の候• 9月 初秋の候• 10月 秋涼の候• 11月 晩秋の候• 12月 初冬の候 結びの挨拶は、「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」「ご査収のほどよろしくお願い申し上げます」などがおすすめです。 簡潔に結びましょう。 また、よく忘れがちなのが、「拝啓」「敬具」です。 「拝啓」は書いたものの、本文の後に「敬具」を書き忘れるという人が多いようです。 封筒に入れる前に、注意して確認するようにしましょう。 送付状のサイズは履歴書に合わせる 送付状はパソコンで作成するのが主流ではありますが、パソコン作成か、手書き作成のどちらが良いかは企業によって好みが異なります。 どちらがより好印象を与えられるかは、企業の好み次第といえるでしょう。 ぜひ、応募する企業の社風から判断してみてください。 時間に余裕があるなら手書きで書いてみる 送付状はパソコンで作成する人が多いため、あえて手書きで丁寧に作成した送付状は、採用担当者に好印象を与える場合もあります。 時間に余裕があれば、手書きでの作成をおすすめします。 手書きの場合、書かれた字から人柄が伝わります。 人柄をアピールしたい人は、手書きの方がいいアピールになるでしょう。 字に自信がある人も同様です。 jp(右寄せ) 応募書類の送付について(センタリング) 拝啓 時下 貴社ますますご清栄のことと存じ、お喜び申し上げます。 この度、貴社求人に応募させていただきたく、応募書類をご送付させていただきました。 ご検討の上、ぜひともご面談の機会を頂けますと幸いです。 ご査収のほど、宜しくお願い申し上げます。 敬具(右寄せ) 記(センタリング) エントリーシート1枚 以上(右寄せ) 送付状の文例【自己アピールあり】 送付状を書くときは、上記で紹介した簡潔なものではなく、自己アピールを踏まえて作成する場合もあります。 自己アピールのある送付状で印象がよくなるかは採用担当者の受け取り方次第ですが、上記の送付状は簡潔すぎるという方はぜひ参考にしてください。 jp(右寄せ) 応募書類の送付について(センタリング) 拝啓 時下 貴社ますますご清栄のことと存じ、お喜び申し上げます。 つきましては、ぜひ、貴社の発展に貢献させていただきたく、応募書類を同封させていただきます。 面接の機会を頂けたら、幸いと存じます。 ご多用中、まことに恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具(右寄せ) 記(センタリング) エントリーシート1枚 以上(右寄せ) 手書きの送付状の正しい書き方 手書きで送付状を作成する場合、パソコン作成とは違って気を付けるべきポイントがあります。 パソコンよりも手書きの方が送付状を書くのは難しいですが、丁寧に作成して意欲や熱意をアピールしましょう。 ここからは、手書きの送付状の正しい書き方を説明します。 書き始める位置に気を付ける 送付状の内容は変わりませんが、手書きの場合は文章を書きはじめる位置に注意する必要があります。 「拝啓」などの頭語は、用紙の1行目の1番上から書きます。 その後は1文字分ほどあけ、時候の挨拶を書きます。 これらを1行でおさまるように書くと、全体のバランスがよくなります。 本文は、各段落の1文字目は下げて書きます。 作文用紙に文章を書くのと同じです。 読みやすさを重視して段落を作っていきましょう。 丁寧に書くことが大切 送付状の内容は変わりませんが、手書きの場合は文章を書きはじめる位置に注意する必要があります。 「拝啓」などの頭語は、用紙の1行目の1番上から書きます。 その後は1文字分ほどあけ、時候の挨拶を書きます。 これらを1行でおさまるように書くと、全体のバランスがよくなります。 本文は、各段落の1文字目は下げて書きます。 作文用紙に文章を書くのと同じです。 読みやすさを重視して段落を作っていきましょう。 送付状を手書きで作成する際の注意点 手書きの送付状の正しい書き方について、理解していただけましたか?次に、手書きの送付状を作成する際の注意点について確認しておきましょう。 手書きである分、送付状の作成には手間と時間がかかりますが、意欲や熱意、人柄は確実に伝わるはずです。 黒のボールペンで書く 送付状を手書きで作成する場合は、必ず黒のボールペンを使用しましょう。 万年筆はインクがにじむと読みづらくなるため、ボールペンの方が無難です。 最近よく見かける、消せるボールペンの使用も避けてください。 普通の黒のボールペンで書くのが一般的です。 作成中に間違えたら最初から書き直す 手書きの送付状を書くときにありがちなのが、誤字脱字などの書き間違いです。 ボールペンで書かなければならないため、消すことができません。 間違えた場合は、最初から書き直しましょう。 修正液や修正テープは使用せずに、新しい用紙に最初から書き直す必要があります。 また、送付状を書く用紙は、無地の白い便箋で、罫線が入っていてもOKです。 郵便局に持って行く日付を記載する 送付状に記載する日付は、履歴書やエントリーシートなどをポストに投函する、または郵便局に持っていく日のことです。 送付状を作成した日を書くのではないので、注意してください。 前もって送付状を作成しておく場合は、日付のところだけ空欄にしておきましょう。 履歴書を封筒に入れる前に最終確認をしよう 履歴書を郵送する場合は、封筒に入れる前に内容を見直しましょう。 履歴書には 細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか郵送前にチェックすることが大切です。 そこでぜひ活用したいのが「」です。 無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に自信がないという就活生におすすめです。 実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。 送付状が完成したら郵送しますが、その際にも気を付けておきたいポイントがあります。 しっかりと封筒が応募先の企業に届くように、最後まできちんと対応しましょう。 ここからは、書類を郵送するときのポイントについてご紹介していきます。 封筒に書く応募先の会社名や住所は略さない 封筒に書く応募先の企業名や住所は、略さずに正式名称で記載するようにしましょう。 企業名の「株式会社」などは(株)とせずに、きちんと書くようにします。 住所を書くときに県名を省く人もいますが、県名も含めて住所なので略さないように気を付けましょう。 書類はクリアファイルに入れるべき 送付状や履歴書などの書類は、クリアファイルに入れてから封筒に入れるようにしましょう。 郵送中は、他の郵便物に紛れて書類が曲がる可能性もあります。 また、雨や風で濡れてしまうことも考えられるので、クリアファイルに入れてそれらの心配を解消しましょう。 クリアファイルに入れておくと、採用担当者が封筒から書類を取り出した後に管理しやすいというメリットもあります。 キャリアアドバイザー|赤塩 勇太 相手に対する思いやりや気配りが大切 書類の管理方法などでも採用/不採用が決まるわけではありませんが、相手に対して思いやりや気配りを持つことはビジネスの場でも求められます。 些細な点にも機転を利かすことができるよう日頃から癖付けしましょう。 封筒は直接郵便局に持参する 書類をクリアファイルに入れて準備ができたら、ポストに投函せずに直接郵便局に持参するようにしましょう。 郵便局に持参することで、必要な切手を確認できます。 ポストに投函して切手が足りなかった場合、書類の郵送が遅れてしまい締切に間に合わなくなる可能性があります。 大切な書類なので、郵便局に持参した方が安心です。 送付状を手書きで作成するときは丁寧に書くことを心掛けて誤字脱字に注意しよう いかがでしたか。 送付状を手書きで作成する時の書き方と、注意点についてご紹介しました。 履歴書やエントリーシートなどを郵送する際、送付状を同封するのは一般的なマナーです。 ただし、履歴書などを持参する場合や、募集要項に「送付状は不要」の旨が記載されている場合には必要ありません。 手書きで送付状を作成する場合は、書き方や誤字脱字などに細心の注意を払うべきです。 書き損じたらごまかそうとせず、最初から書き直しましょう。 送付状にミスがあるとマイナスの印象を与える可能性があるので、気をつけてくださいね。

次の