熱 が 上がったり 下がっ たり。 中耳炎で熱が上がったり下がったりする原因と期間や対処法!

A型インフルエンザが大流行です!

熱 が 上がったり 下がっ たり

健康なときでも、1日のうちでは体温が変化します。 朝は低めで夕方から夜にかけて高めになり、これを日内変動といいます。 しのちゃんママさんの場合も、このような日内変動が病気の発熱と重なって、熱が上がったり下がったりという経過をたどったのかもしれません。 あるいは、発熱で受診した際に処方された飲み薬に解熱効果のある薬が含まれていて、その薬の効果によって一時的に熱が下がったり、薬の効き目が切れてぶり返したという可能性もあります。 熱が上がったり下がったりする場合、熱が下がっている間に水分補給や授乳をしたり、食欲があれば離乳食を与えます。 入浴は完全に熱が下がった翌日まで控えますが、熱が下がっているときに体を拭いてあげると良いでしょう。 逆に熱が上がってくるときには、寒気や不快感を感じて不機嫌になるので、抱っこをしたり、やさしく声をかけたりして不安感をとってあげましょう。 寒そうなら温かく、熱が上がりきったら涼しく、衣服や布団の調節に気配りをしてあげてください。 なお、3~4日の期間内で、熱が狭い範囲で上下して次第に下がってくる場合は、ほぼ心配ないのですが、それ以上熱が続いたり、いったん下がった熱が再び高熱となってぶり返す場合は注意が必要です。 「突発性発疹」や「かぜ」などウイルスが原因で熱が出た場合、長くてもほぼ3~4日でおさまるからです。 発病から3~4日でいったん熱が下がったにもかかわらず再び発熱したときや、5日以上高熱が続くときは、必ず再受診しましょう。 別の病気にかかっているか、あるいは細菌に二次感染していたり、肺炎や気管支炎などを合併している心配があります。

次の

なぜ?インフルエンザで熱が上がったり下がったり。再び病院へ行くべき?

熱 が 上がったり 下がっ たり

もくじ• インフルエンザで熱が上がったり下がったりする理由は? インフルエンザウイルスに感染すると高熱が出ます。 これはインフルエンザウイルスが強力であり、体内でウイルスをやっつけるために、通常風邪などで出す熱以上に高い熱が必要となって発熱している状態です。 そのため、37度台の熱であれば、解熱剤を使って無理に熱を下げる必要はありません。 (診察した医師の判断によります。 ) 一度熱が下がってくれば、ウイルスが減り始め、体がウイルスを攻めている証拠です。 しかし、熱が下がったからといって体を動かしてしまうと、まだ本調子でない体は、すぐに疲れてしまいます。 すると、 ウイルスへの抵抗力が弱まってしまい、また熱が上がってしまうという症状が現れる場合があるのです。 発熱は何日くらい続く?ピークは? インフルエンザは、1〜3日の潜伏期間の後に急激に症状が現れます。 熱は、個人差がありますが 3〜5日がピークとなる場合が多いようです。 熱が下がって1日以上経ってぶり返すことも! ウイルスを完全に排除できていない場合には、ぶり返す場合もあります。 再度病院へ行くべき目安は? 一度平熱まで下がったものの、 再度38度以上の熱が出て2日以上下がらない場合は、病院を受診しましょう。 症状が長引くと体力がなくなり、脱水が進んでしまう場合もあります。 また、乳幼児や小さなお子さんは、急激に症状が悪化する場合があります。 一度熱が下がってもまた、38度以上の発熱が確認できたら早急に病院を受診してください。 熱が上がったり下がったりするときは、動かず安静に 熱がぶり返した場合は、 すぐに安静にして横になってください。 少し熱が上がっただけだと軽くとり、そのまま動き続けると、夜にはまた高熱になる場合があります。 熱は、朝はもっとも低くて、夕方にかけて上がります。 油断しているとぶり返しますので、 全身症状がなくなるまでは、安静にして栄養補給を行ってください。

次の

気管支炎で熱が上がったり下がったりする原因/対処法はどうする?

熱 が 上がったり 下がっ たり

RSウイルス感染症 普通はこのウイルスに感染するのは子供ばかりだと考えているかもしれませんが、実はRSウイルス感染症というのは赤ちゃんから大人まで感染する可能性がある病気なのです。 そして感染して発症してしまうと、大人であっても熱が上がったり下がったりしてしまうため、 体力と気力を奪われてしまうという非常に厄介な病気なのです。 ところで、どうしてRSウイルス感染症は大人でも発症するのでしょうか? 抵抗力がある大人でも感染してしまう理由をお話ししていきましょう。 RSウイルス感染症は一生のうちに何度も感染する病気です 通常はウイルスに感染して病気を発症すると、体内で抗体ができるため二度と感染しない、もしくは抗体がなくなる頃に感染するものですよね。 そのはずなのに、RSウイルス感染症は繰り返し繰り返し感染してしまうのです。 どうしてかというと、 このウイルスの抗体はすぐになくなってしまうという特性を持っていて、 普通のウイルス感染症よりも頻繁に感染するのです。 こういうウイルスはめずらしいかもしれませんが、現実的に何度でも機会があれば感染してしまうので、注意をしなくてはならないのです。 症状は風邪に似た症状と熱が上がったり下がったりするので、安静にして水分の補給と熱の放出をするといいでしょう。 食欲がないかもしれませんが、バランスのいい食生活で抵抗力をつけて撃退するしかありません。 一応病院を受診して治療薬などを処方していただくのもいいでしょう。 インフルエンザ 大人でも子供でもインフルエンザウイルスに感染すると、節々が痛くなり高熱が上がったり下がったりしますよね。 風邪とよく似た症状でもありますが、インフルエンザの場合は咳や鼻水などはそれほどひどくない事が多いですよね。 代わりに大人の場合は 高熱が出て関節という関節が痛くて眠れないという事の方が多いかもしれません。 対策としては、熱が高い時にはできるだけ手足を外に出して、熱を放出して頭部を冷やしておくといいかもしれません。 また、 室内は寒くない程度に換気をして、インフルエンザウイルスが弱いという湿度を保つ事も忘れないようにしましょう。 栄養のある食べ物を食べて抵抗力をつけて、眠れるときにぐっすりと眠って辛い時には身をゆだねる! そして水分補給に気を付けましょう。 マイコプラズマ肺炎 子供に多いと言われていますが、体調不良などによって抵抗力が下がっている時や、インフルエンザに感染している時に安静にしていなかったりすると、合併症として発症する事もあります。 特にお年寄りはマイコプラズマ肺炎に感染してしまうと、 呼吸困難になって最悪の場合は死亡してしまう事もあるので注意したい病気です。 症状としては、ありえないほどの(経験した事がないくらいの)乾いた咳が連続で出て、止めようと思っても簡単に止まる事はありません。 さらに高熱が出たり微熱と高熱が上がったり下がったり交互に襲ってくることもあるようです。 治療をするのはとても大変で、しつこい咳がいつまでもいつまでも続く事が多いのですぐに気づくはずです。 咳が2週間も止まらないとか熱が上がったり下がったりを繰り返す場合には、できるだけ早く病院に行く事をおすすめします。 溶連菌感染症 子供ばかりが感染すると思われているのがこの溶連菌感染症で、風邪に似た症状が出るのでほとんどの人が、 溶連菌感染症にかかっている事に気づけません。 子供が感染した場合でも、いちごのような真っ赤な舌と、高熱が特徴の病気なのですが、実はこの溶連菌感染症は大人でも平気で感染してしまう恐ろしい病気なのです。 なぜ恐ろしいのかというと、実はこの病気は合併症や併発する病気がたくさんあるからです。 例えば 扁桃炎や咽頭炎はもちろんですが、しょう紅熱という放置すれば死に至る病気まで併発してしまうのです。 溶連菌感染症は伝染病です! 感染症とは言っても、実はこの溶連菌感染症は昔は 「伝染病」として、恐れられていて 隔離される対象となっていたのです。 何よりも怖いのは、子供の場合は抵抗力が無く免疫力もないので、それほどひどい症状にならないので感染がわからず、お父さんやお母さんなどが感染してしまう可能性があるという事です。 つまりおたふく風邪やはしかと同様に、 大人が感染してしまった場合には命を落としかねない程重症になってしまう事もある病気なのです。 超特急で病院に行って早期治療をするに限ります! 激しいのどの痛みに熱が上がったり下がったり、身体に赤い発疹ができる事もあるので、恐らく普通の病気ではない事はすぐにわかるはずです。 大人でも感染症は恐ろしいのです! いかがでしたか? 大人の熱が上がったり下がったりする病気には、命を奪いかねない恐ろしい病気がたくさんある事がわかりましたね。 大人だから、抵抗力があるからと甘く見ずに、異変を感じたらすぐにでも病院に行って治療を受ける事を心がけましょう。 カテゴリー•

次の