株式 会社 り らく。 株式、株券、社債の違いを説明できる?

株式に関するお手続き:三菱UFJ信託銀行

株式 会社 り らく

1-1• 1-2• 1-3• 1-4• 2-1• 2-2 1 株券は発行しないのが原則 会社法では株券の不発行の原則が定められており、定款で「株券発行会社である」と定めた場合に限り、株券を発行できることになっています。 会社法214条 株式会社は、その株式(種類株式発行会社にあっては、全部の種類の株式)に係る株券を発行する旨を定款で定めることができる。 1-1 株券とは 株券とは、株式会社において出資者である株主の地位や権利を表した有価証券です。 株券には、会社の商号や株主の氏名、株数、代表取締役の署名または記名押印が記載されています。 (引用:) 1-2 株式と株券の違い 株式投資をしている人でも株式を正確に説明できる人は多くありません。 株式とは、多くの出資者から出資を募りやすくするため、株主の地位を細かく分けたものです。 株主は、引き受けた分だけの株式に対して責任を負います。 これを株主有限責任の原則といいます。 さらに、株主に次の4つの権利が与えられます。 ・株主の4つの権利 自益権 企業の利益の分配を受けるなど、経済的な利益を受けることができる権利 共益権 会社の経営に参加することを目的とし、権利行使の結果が株主全体の利益につながる権利 単独株主権 株主は、1株でも持っていれば行使できる権利 少数株主権 一定数以上もしくは一定割合以上の株式を有することが必要とされる権利 株式譲渡自由の原則により、株式は自由に譲渡できます。 もっとも、定款で株式に譲渡制限が定められている場合はこの限りではありません。 株券は、株主が引き受けた分だけの株式の権利を、紙で表したものです。 1-3 株券を発行しないメリット・デメリット 株券は、上場会社でない限り発行されることはほとんどありません。 日本の会社の9割は中小企業であり、上場会社はほんの一握りです。 そういった背景を考慮し、平成18年に会社法は改正されました。 株券を発行しないことで株券の印刷費コストが減り、盗難・紛失が減るなどのメリットがあります。 ・株券不発行のメリット・デメリット メリット デメリット ・株券の盗難・紛失・偽造のリスクがない ・株券の管理費、印刷費や印紙税などコストがかからない ・株主名簿の記載のみが株主であることの証明のため、対外的に証明しづらい ・株主名簿をこれまで以上に厳重に管理する必要がある 1-4 便利な株券電子化制度 株券不発行のデメリットをなくそうと、2009年、上場会社の株券電子化がスタートしました。 上場会社の株券はすべて電子データに置き換えられ、紙に印刷された株券は無効となりました。 現在では、株式は紙のやり取りではなく、コンピューターシステムで管理されています。 株主にとっては盗難・紛失の心配がなくなり、企業にとっても管理・印刷・名義書換などのコストが大幅に削減できるなど、大変便利な制度となっています。 2-1 社債とは 社債とは、債券の一種で会社が発行する国債のようなものです。 資金調達をする場合、銀行から借り入れるのが最もオーソドックスな方法ですが、銀行からの融資は高い金利を設定されることがあります。 そのため、企業は個人向けの社債を発行して買ってもらうことでお金を集めます。 株式との違いは、社債には募集期間がある点です。 株式はいつでも買うことができますが、社債は企業が定めた期間内を過ぎると買うことができません。 社債は、期間中は購入者に対して利息を払い、一定期間後に現金で戻します。 つまり会社の借金であり、社債を買った人は企業の債権者になります。 2-2 資金調達がより簡単に 有限会社などはこれまで社債の発行ができなかったため、資金調達の手段が限られていました。 現会社法では資金調達の多様化・円滑化を目的とし、株式会社だけでなく、合同会社、合名会社、合資会社なども社債を発行できるようになっています。 このため、株式会社以外の会社でも少人数私募債の活用が可能です。 ・少人数私募債.

次の

株式に関するお手続き:三菱UFJ信託銀行

株式 会社 り らく

会社法に関する書籍などを読むと、よく「株式譲渡制限会社」という言葉をみます。 株式譲渡制限会社とは、どのような会社のことを言うのでしょうか。 また、株式譲渡制限会社になるメリットについて教えてください。 回答 株式譲渡制限会社とは「すべての株式に譲渡制限に関する規定がある会社のこと」を言います。 会社にとって望ましくない人物に株式がわたるのを未然に防ぐことができます。 中小企業にとって、多くのメリットを享受することができます。 【株式譲渡制限会社とは】 株式譲渡制限会社とは「すべての株式に譲渡制限に関する規定がある会社のこと」を言います。 ある株主が、誰かに株式を譲渡する場合には、取締役会、あるいは株主総会の許可を得なければ譲渡できないということです。 この規定があれば、会社が望まない人物に自社の株式をもたせないようにすることができます。 たとえば、家族で経営している会社の場合を考えてみましょう。 もし家族以外で経営に対して非協力的な人物に株が渡れば、経営に口出しするようになり、事業が円滑に進まなくなる可能性があります。 このような事態を避けるため、株式の売買、譲渡などに制限をかけることができるのです。 これに対して、このような譲渡制限の規定を設けていない会社は「公開会社」と言います(この場合の「公開」とは、上場しているという意味ではありません。 会社法が施行されるまでは、大規模な会社は株式会社、中小規模の会社は有限会社という住み分けがありましたが、会社法では有限会社制度を廃止し(新たな有限会社は作れなくなりました)、株式会社一本にまとめています。 ですから、同じ株式会社でも大規模企業向けの会社と、従来の有限会社に相当するような中小規模企業向けの会社2つに区分けされています。 その区分けは、表1のような「公開会社」と「株式譲渡制限会社」にあたります。 表1 公開会社と株式譲渡制限会社の特徴 公開会社 一部の株式でも譲渡の制限をつけない会社 大規模企業向け 株式譲渡制限会社 すべての株式に譲渡の制限をつけている会社 中小規模企業向け 【株式譲渡制限会社になるには】 株式譲渡制限会社になるには、定款に「当会社の株式を譲渡により取得するには、取締役会(株主総会)の承認を受けなければならない」という規定を加えておきます。 「取締役会(株主総会)」となっているのは、株式を譲渡してよいかどうかを決定するのは、取締役会がある会社であれば取締役会、ない会社では株主総会だからです。 自社の実情に合わせてください。 なお、有限会社は事実上、株式譲渡制限がかかっていました。 ですから定款に株式譲渡制限に関する項目がない場合が多いです。 もし、有限会社から株式会社に組織変更する際には、定款に株式譲渡制限に関する条項を盛り込むことを忘れないようにしてください。 うっかり忘れると、公開会社扱いになってしまいます。 【株式譲渡制限のメリット】 株式譲渡制限会社にすることによって、会社法の中の中小規模企業向けの規定が適用されるようになります。 中小企業にとってメリットになると思われるのは、主に以下のような項目です。 (1)役員の任期延長が可能 通常、取締役・会計参与は2年、監査役は4年が任期ですが、株式譲渡制限会社では定款に定めることにより、それぞれ10年まで任期の延長が可能になります。 (2)取締役会の設置義務がない 公開会社は、取締役会を設置しなければなりません。 ということは、自動的に取締役3名以上、監査役(または会計参与)1名以上が必要ということになります。 それに対し、株式譲渡制限会社は、取締役会を設置しなくても構いません。 よって取締役が1名以上いればよいことになります。 (3)取締役・監査役の資格を限定できる 株式譲渡制限会社では、定款に定めることにより、取締役・監査役の資格を「株主に限る」などと制限することが可能になっています。 公開会社では、制限を設けることはできません。 (4)相続などでの株の分散を防止できる 株式譲渡制限会社では、定款に定めることによって、相続などで移転した譲渡制限株式について、会社が相続人にたいし売渡を請求することが可能になります。 これにより、相続による株式の分散や、会社にとって不都合な人物が相続により株式を取得することを防止できます。 (5)株主総会招集手続きの簡略化 株主総会は、原則開催日の2週間前に書面またはメールにて通知しなければなりませんが、株式譲渡制限会社の場合は、原則開催日の1週間前、条件が揃えばさらなる短縮も可能です。 また、口頭による召集が認められています。 そのほかにも「株券原則不発行」、「監査役の業務を会計監査に限定できる」などのメリットがあります。 回答者 中小企業診断士 遠藤 康浩•

次の

TIS株式会社

株式 会社 り らく

は、相続や贈与などで株式を取得した株主が、その株式を発行した会社の経営支配力を持っている同族株主等か、それ以外の株主かの区分により、それぞれ原則的評価方式又は特例的な評価方式の配当還元方式により評価します。 1 原則的評価方式 原則的評価方式は、評価する株式を発行した会社を総資産価額、従業員数及び取引金額により大会社、中会社又は小会社のいずれかに区分して、原則として次のような方法で評価をすることになっています。 1 大会社 大会社は、原則として、類似業種比準方式により評価します。 類似業種比準方式は、類似業種の株価を基に、評価する会社の一株当たりの「配当金額」、「利益金額」及び「純資産価額(簿価)」の三つで比準して評価する方法です。 なお、類似業種の業種目及び業種目別株価などは、で閲覧できます。 2 小会社 小会社は、原則として、純資産価額方式によって評価します。 純資産価額方式は、会社の総資産や負債を原則として相続税の評価に洗い替えて、その評価した総資産の価額から負債や評価差額に対する法人税額等相当額を差し引いた残りの金額により評価する方法です。 3 中会社 中会社は、大会社と小会社の評価方法を併用して評価します。 2 特例的な評価方式 取引相場のない株式は、原則として、以上のような方式により評価しますが、同族株主以外の株主が取得した株式については、その株式の発行会社の規模にかかわらず原則的評価方式に代えて特例的な評価方式の配当還元方式で評価します。 配当還元方式は、その株式を所有することによって受け取る一年間の配当金額を、一定の利率 10% で還元して元本である株式の価額を評価する方法です。 3 特定の評価会社の株式の評価 次のような特定の評価会社の株式は、原則として、 1 〜 5 については純資産価額方式により、 6 については清算分配見込額により評価することになっています。 なお、 1 〜 4 の会社の株式を取得した同族株主以外の株主等については、特例的な評価方式である配当還元方式により評価します。 1 類似業種比準方式で評価する場合の3つの比準要素である「配当金額」、「利益金額」及び「純資産価額(簿価)」のうち直前期末の比準要素のいずれか2つがゼロであり、かつ、直前々期末の比準要素のいずれか2つ以上がゼロである会社 比準要素数1の会社 の株式• 2 株式等の保有割合(総資産価額中に占める株式、出資及び新株予約権付社債の価額の合計額の割合)が一定の割合以上の会社 株式等保有特定会社 の株式• 3 土地等の保有割合(総資産価額中に占める土地などの価額の合計額の割合)が一定の割合以上の会社 土地保有特定会社 の株式• 4 課税時期(相続又は遺贈の場合は被相続人の死亡の日、贈与の場合は贈与により財産を取得した日)において開業後の経過年数が3年未満の会社や、類似業種比準方式で評価する場合の3つの比準要素である「配当金額」、「利益金額」及び「純資産価額(簿価)」の直前期末の比準要素がいずれもゼロである会社(開業後3年未満の会社等)の株式• 5 開業前又は休業中の会社の株式• 6 清算中の会社の株式 以上それぞれの評価方法に応じて、この取引相場のない株式の評価をするときには、「」を使用していただければ比較的容易に株価の計算ができるようになっています。 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の