フリーソフト 画像編集。 【2020年版】タイプ別おすすめ画像・写真編集ソフト集(無料・有料)

無料画像縮小・リサイズソフト一覧

フリーソフト 画像編集

Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ 画像編集には編集加工ソフトが便利 スマートフォンが急速に広まったことから、画像や動画の編集が以前よりも身近になり、最近ますます需要が増えています。 それと同時に便利になっているのが 画像編集のソフト。 こうしたソフトが手元にあれば、画像を編集して自分の理想に近付けることができます。 そこで今回は、Windows10で使えるおすすめの 画像編集加工ソフトをご紹介します。 Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ おすすめの写真加工ソフト1位「Fotophire」 Windows10で利用できる加工ソフトとして一番おすすめなのが、これまでに数々の編集加工ソフトを展開しているWondershareから登場した「」です。 軽いタッチで背景部分をマークして除外できる「フォトカッター」に加え、「フォトイレイサー」では画像内に映り込んでしまったオブジェクトをまるで消しゴムのように消せます。 さらに、ユーザー好みのスタイルに加工できる「フォトエディター」の機能が揃い、こうした極めてシンプルな機能を使うだけで、通常の写真もあっという間にプロのような写真に。 ペンを使ってマークすることで、背景カットも自在に行えます。 windows画像編集ソフトの「Fotophire」は現時点でwindows版のみの対応となっており、Windowsユーザーには嬉しいソフト。 初めてでも取り扱いやすい仕様で、思い描く通りの画像を手軽に完成できます。 おすすめ写真加工ソフト2位~5位 2位、高機能を誇り無料で利用できる「GIMP」 「GIMP」はオープンソースにより開発されている画像加工ソフトで、無料で利用できますが有料の 画像編集ソフトと比較しても遜色ないほどの高い性能を備えています。 レイヤーやトーンカーブ、ヒストグラムやブラシエディタ、パスの編集などの他に、多彩なプラグインが充実。 モザイク編集を行ったり、画像の形状から切り抜く作業も簡単ですし、アニメーション合成を行えるフィルタ機能も沢山備えている点が特徴です。 これ一つで、Windows8のコンピュータ上で殆どの編集作業は行えるでしょう。 3位、パワフルな加工機能を搭載している「Fotor」 「Fotor」は手軽さだけでなく強力な加工機能を備えた編集ソフト。 iPhone端末やAndrod端末で使用できるスマートフォンのアプリ版と、ソフトのダウンロードが不要なパソコンブラウザー版が用意されています。 無料で使用できるベーシックとアップグレード版であるPROがあり、無料版でも加工やエフェクト、美肌効果やHDRの機能などの使用が可能です。 写真の編集処理では、大きさや傾き、光量などの調整ができます。 色合いの調整に関しても多種多様な種類のフィルターが準備されており、ユーザーはそれらを選ぶだけでセンスの良い写真に編集することができます。 さらに、コラージュ機能では、複数の画像を集約して一つの画像の作成が可能です。 そして、他の編集ソフトとは違う最大の特徴は、コンテンツ群が毎月アップデートされる点です。 Fotor独自のスタンプやテンプレート素材、フレームなどを駆使して色々な雰囲気にデザインすることができます。 4位、使いやすさが魅力の「Photoscape」 「Photoscape」はビギナーの方におすすめのソフトで、シンプルかつ使いやすい仕様になっています。 GIMPなど高い機能を備えたソフトに比べると多少機能が劣りますが、一般的な編集加工機能はしっかり揃っていますので、まだ加工ソフトを使ったことがない方には適しているでしょう。 5位、初心者でも色々な効果が適用できる「Jtrim」 もう一つ、簡単な操作で画像加工できるソフトが「Jtrim」です。 透過や切り抜き、テクスチャやカラー、ぼかしや合成など、様々な効果を画像に適用できます。 こちらはインストールタイプのソフトなのでオフラインでも使える点がポイントです。 Windows10画像編集ソフトを5つご紹介しましたが、いかがでしたか。 高い機能を誇り、プロのような雰囲気に仕上げたい時に最適なのが「」ですが、今まで一度も写真の加工に携わったことがない方でも使いやすい点が魅力です。 なお、ご紹介したソフトの中には、ビギナー向けのシンプルな加工ができるソフトもありますので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

次の

【2020年版】おすすめ無料画像編集ソフト|フリーで初心者も簡単画像作成・編集

フリーソフト 画像編集

Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ 画像編集には編集加工ソフトが便利 スマートフォンが急速に広まったことから、画像や動画の編集が以前よりも身近になり、最近ますます需要が増えています。 それと同時に便利になっているのが 画像編集のソフト。 こうしたソフトが手元にあれば、画像を編集して自分の理想に近付けることができます。 そこで今回は、Windows10で使えるおすすめの 画像編集加工ソフトをご紹介します。 Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ おすすめの写真加工ソフト1位「Fotophire」 Windows10で利用できる加工ソフトとして一番おすすめなのが、これまでに数々の編集加工ソフトを展開しているWondershareから登場した「」です。 軽いタッチで背景部分をマークして除外できる「フォトカッター」に加え、「フォトイレイサー」では画像内に映り込んでしまったオブジェクトをまるで消しゴムのように消せます。 さらに、ユーザー好みのスタイルに加工できる「フォトエディター」の機能が揃い、こうした極めてシンプルな機能を使うだけで、通常の写真もあっという間にプロのような写真に。 ペンを使ってマークすることで、背景カットも自在に行えます。 windows画像編集ソフトの「Fotophire」は現時点でwindows版のみの対応となっており、Windowsユーザーには嬉しいソフト。 初めてでも取り扱いやすい仕様で、思い描く通りの画像を手軽に完成できます。 おすすめ写真加工ソフト2位~5位 2位、高機能を誇り無料で利用できる「GIMP」 「GIMP」はオープンソースにより開発されている画像加工ソフトで、無料で利用できますが有料の 画像編集ソフトと比較しても遜色ないほどの高い性能を備えています。 レイヤーやトーンカーブ、ヒストグラムやブラシエディタ、パスの編集などの他に、多彩なプラグインが充実。 モザイク編集を行ったり、画像の形状から切り抜く作業も簡単ですし、アニメーション合成を行えるフィルタ機能も沢山備えている点が特徴です。 これ一つで、Windows8のコンピュータ上で殆どの編集作業は行えるでしょう。 3位、パワフルな加工機能を搭載している「Fotor」 「Fotor」は手軽さだけでなく強力な加工機能を備えた編集ソフト。 iPhone端末やAndrod端末で使用できるスマートフォンのアプリ版と、ソフトのダウンロードが不要なパソコンブラウザー版が用意されています。 無料で使用できるベーシックとアップグレード版であるPROがあり、無料版でも加工やエフェクト、美肌効果やHDRの機能などの使用が可能です。 写真の編集処理では、大きさや傾き、光量などの調整ができます。 色合いの調整に関しても多種多様な種類のフィルターが準備されており、ユーザーはそれらを選ぶだけでセンスの良い写真に編集することができます。 さらに、コラージュ機能では、複数の画像を集約して一つの画像の作成が可能です。 そして、他の編集ソフトとは違う最大の特徴は、コンテンツ群が毎月アップデートされる点です。 Fotor独自のスタンプやテンプレート素材、フレームなどを駆使して色々な雰囲気にデザインすることができます。 4位、使いやすさが魅力の「Photoscape」 「Photoscape」はビギナーの方におすすめのソフトで、シンプルかつ使いやすい仕様になっています。 GIMPなど高い機能を備えたソフトに比べると多少機能が劣りますが、一般的な編集加工機能はしっかり揃っていますので、まだ加工ソフトを使ったことがない方には適しているでしょう。 5位、初心者でも色々な効果が適用できる「Jtrim」 もう一つ、簡単な操作で画像加工できるソフトが「Jtrim」です。 透過や切り抜き、テクスチャやカラー、ぼかしや合成など、様々な効果を画像に適用できます。 こちらはインストールタイプのソフトなのでオフラインでも使える点がポイントです。 Windows10画像編集ソフトを5つご紹介しましたが、いかがでしたか。 高い機能を誇り、プロのような雰囲気に仕上げたい時に最適なのが「」ですが、今まで一度も写真の加工に携わったことがない方でも使いやすい点が魅力です。 なお、ご紹介したソフトの中には、ビギナー向けのシンプルな加工ができるソフトもありますので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

次の

画像編集ソフト フリー

フリーソフト 画像編集

PDFページの編集機能は、ページ組み合わせ、削除、回転などを含みます。 PDFページを編集してから、新たなPDFファイルとして保存できます。 編集されたPDFを保存する前に、著者・タイトル・表題・キーワード情報も編集できます。 また、PDF印刷、サイズ圧縮、パスワード付け、PDF署名なども備えています。 PDF編集機能があるだけでなく、Word、Excel、text、jpg画像などのファイルをドラッグ&ドロップしすぐにPDFに変換できます。 OCR機能も備えていますので、スキャンしたPDFも編集可能です。 文字の検索置換機能でPDFの一括修正が便利になります。 PDF編集する時、ハイライト、アンダーラインやキャレットなどの注釈も追加可能です。 PDFおよびそれ以外の形式のファイルをPDFファイルに添付できます。 PDF編集機能があるだけでなく、word、Excel、Powerpointなど多様な形式に変換する、バッチ処理、ページ処理、フォーム入力、PDFサイズ圧縮するのに対応します。 Adobe社のPDF編集ソフトとほぼ同等な編集機能があって、それ以上に簡単です。 ソフトの性能とコスパから見ると、PDFelementが一番優秀だと思う。 無料体験版はあるので、このPDF編集ソフトが永久使用できます。 以下の動画で、PDF編集ソフトPDFelement を詳しく紹介します。 さらに、OCRプラグインにより、画像化のPDF(スキャンされたPDFファイル)を編集することができます。 注釈機能で、PDFにコメントを追加したり、図形を追加等ができます。 また、複数のPDFを一つのファイルに結合できます。 PDFテキストが編集できますが、挿入された画像が編集できません。 PDFフォームからデータ抽出、フォームフィールド認識機能も備えていません。 PDFページ編集機能というと、ページ挿入・削除・抽出・回転・順序変更ということです。 PDFファイルのプロパティ情報の編集、パスワード付け、PDF編集許可設定など、様々なPDF編集操作が行えます。 PDFにテキスト・文字を編集・入力できません。 無料体験版があるので、フリーのPDF編集ソフトとして利用できます。 PDFに注釈を追加・編集、パスワード追加に対応します。 PDF編集する時に、スタンプが追加できるが、英語版しかないで、日本語に対応しません。 このPDF編集ソフトをインストール時に、日本語を選択してPDF編集ソフトの日本語版で利用できます。 この編集ソフトの公式サイトは英語で、日本語対応しませんが、インストールすると日本語で使用できます。 「PDF-XChange Viewer」の後継版で、ほぼ同等のPDF編集機能を使うことができます。 PDFにテキスト追加・編集、QRコード作成、図形や音声の追加など簡易的なPDF編集機能を行うことができます。 PDFのテキストを編集したい場合は、このPDF編集ソフトのライセンスを購入するのが必要です。 PDFページ編集、たとえば、ページ回転、拡大・縮小、表示画面サイズ調整などもできます。 使い勝手がいいが、たまには「強制終了」の問題が発生します。 プロフェッショナルなPDF編集ソフトといえます。 画像化のPDFファイルがOCR機能で編集可能になれますが、OCR実行後にテキスト編集し難いのが足りないところです。 このPDF編集ソフトは14日間評価版として無料試用可能です。 PDF文書を編集してから、PDFのタイトルや作者も編集できます。 また、基本的なPDF編集機能があるだけではなく、htmlをPDFに変換、画像をPDFに変換、PDF結合・分割という機能も備えています。

次の