呪術 廻 戦 106。 呪術廻戦107話ネタバレ考察!禪院直毘人、ジジイのくせにめちゃ強い! | 8ラボ(はちらぼ)

呪術廻戦【106話】最新話ネタバレ確定&感想|渋谷事変㉔直毘人対呪霊

呪術 廻 戦 106

これは何だろうねー?どう解釈したらいいんだろうか? 呪術廻戦106話より引用 存在しない記憶が張相の脳裏によぎることになった! 存在しない記憶といえば、かつて東堂も似たような発言をしていたことがある。 あのときはギャグのように感じたんだけれども、もしかして張相のそれも同じようなもの? 宿儺が何かしらのアクションを起こすことによって、相手に存在しない記憶を植え付けてる? それとも虎杖がしらずしらずのうちに、何かしら特別な術式のようなものを使ってるとか? いずれにしても、どれも謎だらけで非常にミステリアス。 存在しない記憶によって張相は完全にパニック状態になっていたけど…。 この謎に関しては未だに全く解消されず、以降の考察テーマとして残ることになった。 来週の107話にて、追加情報が描かれることに期待したい! 【スポンサーリンク】 マッチョイカ?って感じの特級呪霊! で、後半ではマッチョイカ?って感じの特級呪霊が登場した。 もともとはすっごい可愛い感じでぶーぶー言ってたんだけど、それでもかなりの数の人間を食べていた様子。 ものすごいスピードの術式に翻弄された結果、本気を出すような形で以下の形態へと進化した。 こいつは花御に対して思い入れがあるみたいだし、もしかしたら同じくらいの実力があるのかなー? 呪胎モードのときは小さかったけど、大きくなると強そうだ! 呪術廻戦106話より引用 マッチョイカ?って感じの特級呪霊! 話の流れから察するに、次回の107話はこのマッチョイカとの戦いが主体になってきそう。 また、この展開で戦うとすればわりと噛ませ犬的な立ち位置になるとみるのが妥当だろうか! ちなみに次回の呪術廻戦は表紙&巻頭カラーってことで、勢いを加速させてくる様子。 2周年突破っていうのも理由かもしれないけど、これから戦いが激化してくるにあたっての起爆剤となるかもしれないねー! どんどん激化してくる五条覚奪還戦。 今のところ中規模の戦闘を繰り返しながら進んでいってる感じだけど、今回のマッチョイカとの戦いは実力差がありそうなぶん、非常にド派な展開になってきそうな予感がするかな! 来週の呪術廻戦が楽しみで仕方がない…!!.

次の

【呪術廻戦】106話のネタバレと考察|脹相の存在しない記憶とは…?|呪術廻戦のネタバレ考察

呪術 廻 戦 106

陀艮(だごん)の領域展開「蕩蘊平線」 陀艮(だごん)の領域展開「蕩蘊平線(たううんへいせん)」 突然、ナナミンは左肩、真希は左脇腹に傷を負います。 二人を攻撃したのは魚の式神で、領域の必中によるものです。 魚の牙が当たるまで気付かなかった真希は、気付かなかったのではなく、当たるまでそこに存在しなかったのかと考えます。 三人を攻撃した陀艮ですが、やはりナオビトだけは違うと感じます。 魚の式神による攻撃を、秘伝「落花の情(らっかのじょう)」で逆に式神を倒したナオビト。 「落花の情」は御三家に伝わる対領域の術で、簡易領域のように自らは領域を展開せず、必中の術式が発動し触れた瞬間、カウンターで呪力を解放し身を守るものです。 陀艮は、小手調べは済んだと言います。 髭の男(ナオビト)7、スーツの男(ナナミン)3に力を調整し、術式を解放します。 陀艮の術式を解放した攻撃「死累累湧軍(しるるゆうぐん)」 無数の魚の式神がナオビト、ナナミン、真希に襲ってきます。 陀艮(だごん)に狙われる真希 ナナミンは真希に言います。 式神は真っ直ぐこちらに向かってくるわけではない!次の瞬間には私達の肉を抉(えぐ)っている! 考えては駄目です、触れられたと感じたら片っ端から叩き落として下さい! ほとんど呪力のないアナタにはそれしか・・・次の瞬間、ナナミンを無数の式神が襲います。 ナオビトにも無数の式神が襲いかかりますが、全て「落花(らっか)の情」で身を守ります。 しかし、式神の勢いが一向に衰えないことに、マズイなと考えるナオビト。 この領域に付与された術式はまさか・・・とナオビトは何か心当たりがありそうです。 陀艮(だごん)は式神で視界が塞がれているナオビトを殴り飛ばし、「海は万物の生命の源」と言います。 そして吹き飛ばしたナオビトを無数の式神に攻撃させます。 伏黒恵が最高のタイミングで真希を助ける 陀艮(だごん)は自身の術式「死累累湧軍(しるるゆうぐん)」は、際限なく湧き出る式神だと言い、式神に噛みつかれ身動きが取れない真希に近づきます。 そして真希に対し、お前が一番弱いと言い、真希を蹴り飛ばします。 蹴り飛ばされた真希ですが、寸前に薙刀で防御しており、真希は「弱いと言うなら一撃で倒せやタコ助」と言い、陀艮に近づきます。 先に恵(伏黒)と合流しておくべきだったと後悔する真希。 そもそも、持ち出し許可など待たずに自分が・・・と真希が考えた瞬間、伏黒の領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」が海に現れ、そこから伏黒は上半身を出し真希を呼びます。 伏黒は真希に三節棍の特級呪具「游雲(ゆううん)」を投げます。 「游雲(ゆううん)」を受け取った真希は、「オマエって奴は本当にクソ生意気な後輩だよ!」と言います。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 呪術廻戦108話の感想 陀艮(だごん)の領域展開、強いですね。 正直、ここまで三人が苦戦すると思いませんでした。 ナナミン、ナオビトの二人は流石にやられてはいないと思いますが、二人の動きを封じたところで真希を確実に殺そうとした陀艮。 事実、このままではかなりヤバイ状況だった真希ですが、伏黒が最高のタイミングで真木に特級呪具「游雲(ゆううん)」を渡しました。 あの「売ったら5億は下らない」最凶兵器を手にした真希。

次の

【呪術廻戦】106話のネタバレと考察|脹相の存在しない記憶とは…?|呪術廻戦のネタバレ考察

呪術 廻 戦 106

おしながき• おじいさん おじいさんでも通じるとは思うのですが、一応正式名称を… 禪院直毘人。 禪院家の26代当主です。 いつもはやる気のなさそうなおじいさんですが、こういったタイプは、実は頼れたりするのが通例。 予想通り、今回とんでもない術式を披露しました。 呪胎だったとはいえ、七海でさえも見えなかった攻撃。 その前にです。 今回少し、位置関係で分からない部分がありました。 まず3人は、階段を降りる所から始まっています。 最初は3人並んで、話をしながら降りていたのですが、少し先のコマでは、七海と真希が先に行き、直毘人はまだ階段にいるといった状態。 次のページでも、七海と真希が先に広場に到着するといったところ。 しかし、次の瞬間に直毘人は、いつの間にか七海と真希より先に…? ちょっとこのあたり分かりにくいのですが、状況から判断すると、直毘人は瞬間移動のようなものを使い、七海と真希より先に回った。 そしてそこから術式を発動し、海の呪霊の元までさらに高速移動した。 こうなります。 術式予想 間違いないのは、高速移動ができるということですよね。 七海と真希に気づかれずに先に回り、鈍すぎるというセリフ。 そして七海さえも見えなかった、高速攻撃。 直毘人は、高速移動ができる。 では、どういった仕組みになっているのか。 そのヒントとなるのは、海の呪霊を閉じ込めた、ホログラムのようなものです。 術の中でも西洋の術のような、近代的な印象を受けます。 と思いきや、実は私はこれ、鏡なのかなと思っています。 理由は単純に、攻撃時にバリンと割れていたから…w あと、直毘人の位置と海の呪霊の位置関係からも、反射して使う術式なのかなと。 直毘人から見て海の呪霊は、真正面にいるはずなのですが、直毘人が向いているのは斜めの方向。 鏡面する部分を通して、呪霊を閉じ込めることができるとか…? ただ、直毘人が術を出している先に、鏡面部分があるかどうかは、見た感じちょっと微妙。 もしも直毘人の術式が、鏡を使うようなものであるとするなら、正体は光になるのかもしれない。 先ほどの、七海と真希より先回りできたのも、自身が反射して光の速度で移動したから…なのかもしれない。 ワンピースで言うなら、黄猿といったところでしょうか。 切り替え? もう一つ気になるのは、直毘人が術を横から縦にしながら殴り、殴った時の術の向きが、また横になっているということ。 これがさっぱり分からない。 おそらくですが、横にした状態で閉じ込めて、縦にすると実体化するような仕組みだとは思うのですが… ならどうして殴った時は、また横になっているのか。 ここにも何か秘密が…? あれかな? 下にグイっとやって、上に戻る反動で実体化するとか。 ただ、攻撃自体はぶん殴りという、超分かりやすい攻撃方法。 特級呪霊相手に、さすがに直毘人が殴っただけで決着がつくとは思えないので、直毘人もまだ何かを隠していそうな気もします。 海の呪霊 巷では、クトゥルフと呼ばれている海の呪霊。 クトゥルフとは、クトゥルフ神話に出てくる神で、旧支配者と呼ばれている生物です。 神というか宇宙生物というか、いろんな神話がありますので、登場する神話によっても様々な言い伝えがあります。 呪術廻戦の海の呪霊とクトゥルフが、直接的な関係性があるかどうかは微妙なところですが、よく見るクトゥルフの姿と海の呪霊本体は、よく似ていることは確かです。 そしてこの海の呪霊。 コミックス2巻ですでに領域を展開しており、リゾート地のような背景となっていました。 この領域に、直毘人は取り込まれることになるのか。 海の呪霊の能力は、どんなものになるのか。 次号が非常に楽しみです。 まとめ的なもの 今回は、主に直毘人の術式について、考えてみました。

次の