車 から ガソリン を 抜く 方法。 車のガソリンの抜き方

今さら聞けない、給油の仕方

車 から ガソリン を 抜く 方法

大前提として、ガソリンは揮発性が高く、静電気などちょっとの火花でも引火し爆発する危険性があります。 そのため、ガソリンを取り扱うためには危険物取扱者の資格が必要です。 1998年の消防法改正によって解禁されたセルフ式のガソリンスタンドは、危険物取扱者の資格を有する従業員がいる場合に認められています。 また、危険物取扱者の資格を有していなくても少量であればガソリンの抜き取り作業は可能ですが、抜き取ったガソリンを携行缶に入れるのは消防法などで行なえないことになっています。 このような背景によって、資格のない者がガソリンを取り扱うことは原則的にできません。 有資格者のいるガソリンスタンドや、自動車専門店に抜き取りを依頼することが必要です。 自動車専門店は廃車時にガソリンタンクを空にしてから解体するなど、ガソリンの抜き取り作業に慣れていることも多く、行きつけのショップに相談してみるのもひとつの方法です。 いざというときはどうすればいい? 危険物取扱者の資格のない者がガソリンを取り扱うことはできません。 しかし、突発的な不測の事態に陥ってしまい、なんらかの方法でガソリンを抜き取らなくてはならない状況になってしまったときは、どうすれば良いのでしょうか。 一番最初に思いつくのは灯油ポンプによる燃料の吸い出しですが、ホースの長さが足りません。 そのためカーショップには緊急時用として給油ポンプが販売されており、こちらは吸出&排出側がロングサイズの蛇腹ホースになっており使いやすくなっています。 なおこのアイテムの本来の使い方は、出先でのガス欠時に他車からガソリンを補給するときに使用するもので、あくまでガソリンの抜き取りは緊急時のみの限定的な使い方とお考えください。 抜いている最中に静電気で爆発が起こる可能性もあり、大変危険です。 ) トラックなど車両によっては、燃料タンクやタンクにつながるホースが露出している場合があり、その際にはホースを外して燃料タンクから直接ガソリンを抜くこともできます。 ただしその際、ホースには簡単に外せないようなカシメがついていることがあり、それらの装置を破壊する必要が生じます。 また燃料タンクは車両下部に取りつけられていることが多く、ジャッキアップしてガソリンタンクを確認し燃料ホースを外してガソリンを抜くこともできますが、素人にはかなり難しい作業となるでしょう。 必ずプロに任せよう! 中古車を購入するなら、高品質で安価な一台を手に入れたいものですよね。 しかし中古車は状態も様々なため、数ある中古車の中から良いもの選ぶのはとても難しいことです。 そこでオススメなのは、信頼できる販売店を見つけて店舗スタッフと相談しながら、希望にあった中古車を見つけることです。 中古車情報サイト「車選び. com」では、車販売の専門家である店舗スタッフが、顔写真と実名入りで車両をオススメしますので、信頼性が高い情報の中から中古車を探すことができます。 全国展開する大型販売店から地域密着の販売店まで、幅広い層の中古車販売店から約20万台の中古車情報を掲載する「車選び. com」で、あなたにピッタリの中古車を探してみませんか? 相場より数十万円高くクルマを売る方法 クルマを高く売りたいなら、見積もりを一社だけにするのは絶対に避けるべきです。 買取査定額は買取業者がそのクルマ欲しいタイミングかどうかで決まるため、複数の買取業者に見積もりを出してもらうのが高額査定の近道です。 また、車種・年式・走行距離と言った状態が近いクルマの買取相場を知ることで、査定額が適正かどうかを判断することができるため、事前に調査しておくこともおすすめです。 中古車買取サイト「車選び. comの一括査定」では、必要情報を一回書くだけで複数の業者に見積もり依頼ができます。 また、条件にあった車の買取相場を調べる機能もついているため、今は売るつもりがない方も気軽にクルマの価格を調べることができます。 自動車保険をまとめて比較するなら、「価格. com」がおすすめ!.

次の

ジムニー ガソリンタンクからガソリンを抜く

車 から ガソリン を 抜く 方法

廃車した車のガソリンはどうする そもそも廃車する際には、ガソリンはどのようにすべきかですが、スクラップにする場合でも、そのままにしておいて構いません。 解体業者が車をスクラップにする際には、必ず事前にガソリンの有無を確認し、抜き取りをおこないます。 ガソリンが入った状態で引き渡したとしても、きちんと処分してもらえますので、安全上の問題はありません。 もちろん、ガソリンがたくさん入った状態で廃車にするのは、ガソリンをそのまま捨てることになりもったいないため、抜き取って次の車に使用することは可能です。 ガソリンの抜き取りは可能ではありますが、取り扱いには気をつけなければなりませんし、ガソリンの再利用にはさまざまな注意点もあります。 抜き取りをする場合は、取り扱いには細心の注意を払わなければならないことは理解しておきましょう。 ガソリンの抜き取り方法 ガソリンの抜き取り方法は大きく2つに分けられ、それぞれでやり方が違うだけではなく、抜き取れる量なども異なります。 どちらの方法でも十分に注意を払っておこなわなければなりませんし、正しい手順を踏んで作業をすることが大切です。 それぞれどのような違いがあるのかを知り、自分にあった方法で作業をおこないましょう。 給油口から抜く方法 ガソリンの抜き取り方法としては、ポンプを使って給油口から抜くのが一般的です。 ポンプは灯油を補充する際に使うようなものでもOKで、給油口から吸い取るようにしてガソリンを抜き取ります。 灯油用のポンプでも抜き取りは可能ですが、ホースが短いことも多く、抜き取れる量は限られているので注意しましょう。 少しでも多く抜き取りたいのであれば、車のガソリン抜き取り用の、ホースの長いポンプを使用しなければなりません。 ガソリンの抜き取り用のポンプは市販でありますし、比較的安価ですので、購入しておいてよいでしょう。 燃料タンクから抜く方法 ガソリンは給油口からではなく、燃料タンクから抜くことも可能です。 燃料タンクから抜く場合は、ジャッキアップして下から抜き取る必要があり、作業がやや困難になります。 また、ガソリンがこぼれるなど、後処理に困ることも多く、事故などに発展するリスクも高いので注意しなければなりません。 燃料タンクから抜くのは、ポンプで吸い取る方法に比べてハードルが高いですが、残っているガソリンをすべて抜けるため、余すことなく抜き取りたいならおすすめです。 ガソリンの取り扱いについて ガソリンを取り扱うには、実は危険物取扱者乙種4種という資格が必要です。 ガソリンは灯油などとは違い、火災の危険性が高いため、取り扱いは慎重におこなわなければなりません。 そのため、取り扱いには資格が必要であり、資格のないものがこれを扱うのは禁止されています。 しかし、取り扱いに資格が必要になるのは、200リットルを超える場合であり、それ以下の量での取り扱いであれば、資格は不要です。 ガソリンの抜き取りだけであれば、200リットルを超えることはありませんし、資格がなくても作業自体はおこなえます。 しかし、取り扱いに資格が求められるほど危険なものであることは、頭に入れておかなければなりません。 量が少なければ無資格でも取り扱いは可能ですが、危険性はあるため、できる限り個人では扱わないほうが無難と言えるでしょう。 危険物取扱者の資格について ガソリンの取り扱いには、危険物取扱者の資格が必要です。 これは消防法で定められた、火災の可能性が高い危険物の取り扱いや保管監督業務がおこなえる資格で甲種、乙種、丙種の3つがあります。 ガソリンを大量に保有しようと思えば、危険物取扱者の資格が必要ですので、それぞれどのような違いがあるのか把握しておきましょう。 甲種について 甲種は、第1類~第6類まで、すべての危険物の取り扱いと無資格者への立ち合いが可能な資格です。 6カ月以上の実務経験があれば、危険物保安監督者にもなれますので、危険物取扱者の資格の中では、もっとも上位のものと言えるでしょう。 乙種について 乙種は第1類~第6類危険物のうち、免許を取得したもののみ、取り扱いと立ち合いが可能です。 甲種のようにすべて取り扱いが可能なわけではなく、免許を取得したものに限られますので注意しましょう。 丙種について 丙種は第4類危険物のうち、特定の危険物の取り扱いが可能な資格です。 特定の危険物とは、引火性液体であり、ガソリン、灯油、軽油、潤滑油などが該当します。 また、取り扱いが可能なだけで立ち合いはできないので注意しましょう。 また、危険物保安監督者にもなれないため、自身の危険物の取り扱いのみを可能にする資格と言えます。 古いガソリンのリスク ガソリンは酸化し、劣化していきますので、古いガソリンを使っていると車に負担をかけてしまいます。 エンジンが詰まってオーバーヒートなどを引き起こす可能性もありますし、少しでも長持ちさせるためには、新しいガソリンを使用することが大切です。 また、劣化によって異臭を発することもあるため、廃車して長期間車を保有する場合などは、一度ガソリンを抜いておいたほうがよいでしょう。 ガソリンは時間の経過とともにどんどん劣化しますので、使いまわしはせず、その都度新しいものに入れ替えるのがおすすめです。 ガソリンの危険性を理解し取り扱うこと 廃車にする車からガソリンを抜き取ることは可能ですが、ガソリンは消防法で指定されている危険物でもありますので、取り扱いには十分な注意が必要です。 一歩間違えれば引火などで大事故に発展する可能性もありますし、抜き取りをおこなう場合は、細心の注意を払わなければなりません。 ガソリンは身近にありますが、実は危険度が高いものですので、抜き取りをおこなう際にはリスクをきちんと把握して、慎重に作業をおこないましょう。

次の

非常時に知っておきたい!給油口からガソリンを抜く方法【自動車Webマガジン】

車 から ガソリン を 抜く 方法

廃車時にガソリンの抜き取りは必要か 廃車にする際には、忘れ物のないように、車から私物をすべて取り出しておかなければなりません。 廃車処分されれば車は自分の手元には残りませんし、事前に片付けが必要です。 そのときガソリンについてはどのように扱えばよいのか分からず、困っている人は多いです。 廃車時のガソリンの取り扱いについて理解し、スムーズに廃車を進めましょう。 廃車にする車に残ったガソリンの扱い方 廃車にする際には、残ったガソリンをどうするか悩んでしまう人が多いです。 廃車といっても、手続きの方法によって車は、解体処分する場合もあれば、中古車販売店などで再販されることもあります。 ガソリンが残っているといろいろ問題があるのではと考える人も多いですが、実際にはどのように扱われているのかを知っておきましょう。 抜かずに業者へ引き渡す 廃車になった車のガソリンは、引火による事故を防ぐため業者が必ずチェックをおこないます。 そのためガソリンを入れたまま引き渡しても、基本的には問題はありません。 チェックした上でガソリンがあれば抜き取ってから処分をしますし、業者に任せていればOKです。 わざわざ自分で抜き取ってから業者に引き渡す必要はありませんので、余計な手間をかけずにそのまま処分してもらいましょう。 廃車の引き取りには費用がかかる場合も多いですが、実は無料で引き取ってもらうこともできます。 どうすれば廃車に費用をかけずに済むのか、その方法を知って、お得に愛車を処分しましょう。 満タンであれば抜いた方がいい 廃車時は基本的には、ガソリンが残っていようがいまいが関係はありませんが、ガソリンが満タンに残っている場合は別です。 廃車前に間違って満タンにしてしまった場合は、業者に引き渡した後処分されてしまうだけなので、もったいないです。 ガソリンを満タンに入れるとなればそれなりの金額になり、廃車にすればそれがすべて無駄になりますので、この場合はガソリンを抜いて次の車に移し替えましょう。 もちろん移し替えが面倒であれば、そのまま処分してもらっても問題はありません。 単に金銭面で損をするかどうかですので、自分が納得しているのであれば満タンのまま廃車に出すのもOKです。 廃車にする車からガソリンを抜く方法 廃車前に間違ってガソリンを満タンにしてしまうなど、ガソリンの抜き取りが必要になるケースもありますが、このときどうやって抜き取ればよいのか知らない人は多いです。 給油口は非常に細いですし、簡単に抜き出せるわけではありません。 車からガソリンを抜く方法は、大きく2つに分けられますので、それぞれ把握しておきましょう。 引き渡し時に業者から抜いてもらう ガソリンは依頼すれば、廃車引き渡し時に業者から抜いてもらうことができます。 自分で作業をして抜くことも可能ですが、ガソリンの扱いに不慣れで心配な場合は業者に依頼しましょう。 ガソリンは取り扱いを間違えれば事故にもつながりますし、少しでも不安がある場合はプロに任せた方が無難です。 業者によっては料金が必要な場合もありますが、無料でやってくれることも多いですし、一度相談してみることが大切です。 廃車時に新車の買い替えを予定しているのであれば、そのまま移し替えてもらってもよいでしょう。 自分で抜きとってから業者に引き渡す ガソリンを自分で抜く自信がある場合は、カー用品店で燃料供給ポンプを購入し、給油タンクに詰め替えましょう。 ポンプで吸ってタンクに戻すだけですので、作業としてはそれほど難しくはありません。 ガソリンがこぼれないように注意したり、火気のない場所でおこなうなどの配慮は必要ですが、慣れれば自分でも簡単に移し替えはできます。 万が一ガソリンがこぼれてしまった場合は、きちんと処理をし、周囲に迷惑がかからないように作業しましょう。 廃車にする車からガソリンを抜く時の注意点 業者に依頼してガソリンを抜いてもらう場合は問題はありませんが、自分で抜き取る場合にはいくつかの注意点があります。 ガソリンは扱いに気をつけないと事故にもなりかねませんし、非常に危険なものです。 注意点もきちんと把握した上で、慎重に作業をおこないましょう。 無理に全部抜こうとしない ガソリンを抜き取る際には、できるだけ多く抜こうと考えますが、全部取りきる必要はありません。 ガソリンタンクの底の方には、沈殿物や不純物が混じっている可能性があるため、すべて取ってしまうとガソリンの質が悪くなります。 場合によってはそれらは発火の原因にもなりえますので、無理にすべてを回収しようとせず、取れる範囲だけで抜き取りましょう。 電動のポンプは使用しない ガソリンを抜き取る際にはポンプを使用しますが、この際電動のポンプの使用は絶対にNGです。 電動のポンプを使用してしまうと静電気が発生し、引火して火事が起こる危険性があります。 火事になれば大変ですし、廃車どころの問題ではなくなりますので、必ず手動のポンプを使うように心がけましょう。 ポンプのホースは長めのものを選ぶ 基本的にはどんなホースでも、給油口に差し込めればガソリンは抜き取れます。 そのため自宅に灯油用のホースがあれば代用は可能ですが、場合によっては届かないこともあります。 灯油用のホースはそれほど長くはありませんし、作業をスムーズにおこなうためには、長めのホースを使用しましょう。 ガソリンを保管するタンクは金属製のものを選ぶ ガソリンを抜き出せば一旦タンクに入れて保管しますが、容器の素材にも注意が必要です。 ガソリンをプラスチックの容器に保管すると、常温の状態になり引火しやすく危険です。 安全に保管するためには、静電気の発生しないガソリン専用の容器を準備しましょう。 季節によってはすぐにガソリンの温度が上がってしまいますし、必ず専用の容器を使って保管することが大切です。 ガソリンの抜き取りは慎重に行おう 廃車時には車に残ったガソリンはそのまま処分されますので、もったいないと感じるのであれば事前に抜き取っておきましょう。 しかしガソリンの抜き取りは危険を伴うことも多いです。 リスク管理を徹底して、安全に作業をおこないガソリンを抜き取りましょう。

次の