人間 関係 上手く いか ない。 人間関係がうまくいかない7つの原因と処方箋

人間関係が上手くいかない時に考えたいこと

人間 関係 上手く いか ない

さて、何をどうしたら、うまくコミュニケーションを取れるのでしょう?人気ドラマ「結婚できない男」の主人公のように仕事もできてルックスが良くても、コミュニケーション能力が低いと何もかも台無しと言われてしまうかも? A課長は、部下をやる気にさせて伸ばす人格者として社内でも評判でした。 Aさんも、コミュニケーションには自信があったようです。 そんなA課長のところに、新入社員のB君が配属されてきました。 B君がミスをした時には、A課長はやさしく「がんばれば、すぐにできるようになるよ」「誰にでも、失敗することはあるものなんだ」と励ましました。 ところが、B君は「いいんです。 僕の能力はこんなもんですから」と一向にやる気を出さず、同じようなミスを繰り返します。 根気よく励ましていたA課長も、ついには堪忍袋の緒が切れて「俺がこれだけ君のためを思って言ってやっているのに、どうしてがんばろうとしないのかね!? 」と怒ってしまいました。 それから2人の間はギクシャクして、とうとうB君は退職届を提出してしまったのです。 そのコミュニケーションの目的は何だったのか? A課長の目的は何だったのでしょう? 目的を尋ねると、A課長は「B君に仕事の厳しさと、それを乗り越える楽しさを知ってもらうため」と答えてくれました。 さらには、「なぜ知ってもらいたいのかというと、失敗を乗り越えた後の成功は、ものすごい達成感じゃないですか! あれをBにも味わわせたかったんですよ! 」と握りこぶしを振りながら熱く語ります。 「なぜ、達成感を味わってもらいたかったのですか?」と聞いてみたところ、A課長からは「人が努力して達成する様子を見るのが好きなんです」という答えが返ってきました。 つまり、A課長はB君にも自分と同じ価値観があるという前提で行動させようとしていたのです。 ひとりよがりの、考えを押し付けるコミュニケーションであるにもかかわらず、相手に「君の為に」と押し付けていたので、当然のようにB君に抵抗が起き、関係がギクシャクしてしまったのです。 A課長は、B君が仕事に求めるもの、生きがいや価値観、大切にしていることを聞く必要があったのです。 そのコミュニケーションで何をしたいのか? 「人間関係がうまくいかない」「上手にコミュニケーションが取れない」こんな声をよく聞きます。 逆上がりができなくても生活に支障はないし、高等数学が理解できなくても生きてはいけます。 ですが、コミュニケーションとなると話は別です。 人が一人で生きていけない以上、誰でも周りの人たちとより良いコミュニケーションを求めるのは、人として永遠のテーマかもしれません。 コミュニケーションには相手が必要です。 そして、自分自身もその中に含まれているのです。 自分が何か問題を抱えているときや、「自分はどうしたいのだろうか」と自問自答するとき、自分の内面とコミュニケーションを取っているのです。 やる気のない部下に対して「とにかくがんばれよ」と言う事がいいコミュニケーションとは限りません。 「君は、本当はどうしたいんだ」「どうなりたいのか」と問いかける必要があるのです。 聞く技術、つまり相手の深いところを的確に受信する事が大切だと申し上げましたが、人間関係は双方向のコミュニケーションです。 次のページでは、送信……つまり、伝え方を探っていきましょう。

次の

なぜか人間関係がうまくいかない人 [話し方・伝え方] All About

人間 関係 上手く いか ない

うまくいく人間関係ってどんなもの? 人間関係がうまくいってる状態・・・それは、人によってそれぞれですよね。 あなたにとって、どんな状態が理想ですか? あなたのとって理想的な、人間関係が100%うまくいってる状態をイメージしてみてください。 どんなイメージでも構いません。 声を掛け合って円滑に進む職務。 お昼は和気あいあい。 食後のお菓子も分け合って皆で楽しくおしゃべり。 仕事終わり、定期的に仲良しの皆で新しいお店を開拓するのが楽しみ。 プライベートな相談もできたり、ちょっとつまづいた時に励ましてくれる上司・・・ あなたの生活の中で「うまくいっている人間関係」を、リアルにイメージできましたか? できたなら、もう1つ質問です。 それ、本当に理想ですか????? 本当に、皆でわきあいあいとおしゃべりしたいですか? 本当に、仕事終わりにわざわざ職場の人と食事に行きたいですか? プライベートなことを涙も交えて相談し、「頑張れ!」なんて、励ましてもらいたいですか? なんとなくのイメージで、 「リア充っぽい人間関係じゃなきゃダメだ」 「ドラマみたいに、職場の人とイロイロあったら楽しそう」 と思い込んでないでしょうか。 本当のあなたの理想は、• 余計な会話は極力したくない• お昼は1人で過ごしたい• 職場は収入源と割り切って、ドライな立ち位置でいたい のでははないでしょうか。 もしも世間の理想を自分に押し付けていたのであれば、そんな理想は今すぐ捨てましょう。 という事実をご存知でしょうか。 「人間関係をうまくいかせたい!」 と思う気持ちには、 周りの人の自分に対するふるまいを変えて欲しい 変えたい という気持ちが含まれています。 もちろん、あなたにそんなつもりはないですよね。 自分を変えれるものなら変えて、理想の人間関係に近づけたいと思っているのだと思います。 でも、人間関係をうまくいかせよう!という思いから行動すると、こんなデメリットが発生します。 1:力が入る こうしたい!と望めば望むほど、無意識に力が入ります。 その力が良い方へ働けばいいのですが、人間関係に関しては、力が入るとあまり良いことはありません。 あなた自身、力みながらの人間関係は想像しただけでもしんどいのではないでしょうか。 相手も無意識に、あなたのぎこちなさを感じ取るでしょう。 2:相手はコントロールを感じる 人の心をもてあそべるタイプの人であれば、都合の良いように「相手に自分を魅せる」ことは簡単です。 ですがあなたがそういったタイプの人で無いのであれば 人間関係で悩んでいるなら恐らく・・・ 、下手な演技はご法度です。 明るい人だと思われたい• できるヤツだと思われたい• 可愛いって思われたい• 頼れる人だと思われたい こういった思いはあなたの本意とはうらはらに、相手に 「なんだか嫌な感じ」という印象を与えます。 この「嫌な感じ」は何かというと、〇〇と思って欲しい。 そんな「コントロール」を感じ取ることから来るものです。 誰だって、「〇〇して欲しい」と、暗にコントロールされるのは嫌ですよね。 理由3:視野が狭くなる あなたがあなたの理想に執着すると、どうなるでしょう。 こうじゃなきゃいけない こうじゃなきゃおかしい そんな思いは、自分で自分を箱の中に押し込めているようなものです。 「理想通りでないあなた」は、いけないのでしょうか。 その理想は、絶対のものでしょうか。 何かに固執すると、気が付かないうちに自分の視界を狭めてしまいます。 うまくいかないな~と感じている時ほど、 何かに縛られていないかを見つめ直すことをおすすめします。 人間関係の問題は、忘れよう。 せっかく人間関係をうまくいかせたくてこの記事にたどり着いてくれたのに、なんのことだと思われるかもしれませんね。 でもこの項では、一番大事な 「あなた と あなた の関係」について、書いてゆきます。 他人は関係ありません。 人間関係の記事なのに、もはや他人の入る余地はありません。 でも、これが大事なのです。 結局は、「自分 対 自分」 人間関係で悩む前に、少し考えてみてください。 あなたは、自分の事が好きですか? 誰かがあなたをなじっても、あなただけは、自分の味方でいてあげることができますか? 人間関係は「周りの人とのかかわり」のようですが、実は、「自分との関係」なのです。 これはよく言われる鏡の法則のようなものですが、別に法則とか関係なく、単純に、そうなのです。 「私はこんなにデブで頭も悪くて、恥ずかしい。 」 と自分で自分を評価していたとしたら、どうでしょう。 痩せている人、頭の良さそうな人を見るたびに、「私は・・・」と卑屈な気持ちに襲われます。 その気持ちが発動している状態では、相手と対等な関係を結び、あなたらしさを相手に伝えることは不可能です。 これじゃあ、 「人間関係をうまくいかせよう」という以前の問題ですよね。 行動しよう。 人生はどこまで行っても行動が全て。 自分に多々納得のいかない点があったとしても、「それでもまぁ、そこそこ自分が好きかもしれない」と認めてあげてください。 人にしてもらいたい事を、まずは自分が自分にしてあげてください。 ぎこちなくてもOK。 え? こんな私のままでは、好きとは思えない?? なら、自分を変えましょう。 行動こそが、あなたの世界を変えてくれます。 太っているのが嫌ならダイエットしましょう。 知的になりたいのなら、勉強しましょう。 なにか1つのジャンルでも極めたら、周りの見る目は変わります。 日本人は英語コンプレックスがあるので、アピールポイントとして強い英語習得はおすすめです 長期継続の必要はあります&管理人は英語ではないマイナー言語を頑張っています。 さえないファッションセンスが気に入らないなら、服装を変えましょう。 持ってる服を捨て、自分のセンスを磨くのは諦めて先ずは雑誌のまんまを取り入れましょう。 美容室にも行って、イメチェンしてください。 メイクは慣れが必要ですが、かんたんに印象を変えることができるすごい術です。 百貨店のカウンターで「今のメイクを変えたい」と言えば、最新の顔に変えてくれます。 え? そんなお金無い?? なら、 節約しましょう。 余分な経費はばっさりカットです。 ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアスマホ代• 人数合わせに呼ばれた謎のお茶会代• 毎日のご褒美スイーツ代• 唯一の癒しであるアイドルのCD代 こういう出費は今すぐカットをおすすめします。 特に、毎月7~9000円取られるスマホは早急に解約してください。 今は格安シムを使えば毎月1500円くらいで済みます。 当たり前のように払っている固定費を減らすだけで、仕事を増やさなくとも手元のお金は増えますよ。 ネットで商品を購入するときにもポイントサイトを利用してダブルでポイントを手に入れたり、家に置いたままの不用品をメルカリで出品するなどして、軍資金を増やすこともできます。 とにかく、「今までと同じ状態」が続くことは避けましょう。 どんどん今までと違う行動をしましょう。 今を変えたいと強く願うより、不安でも行動した方がよっぽど早く明確に、見える世界を変えることができます。 本当の自分は、自分で見つけてあげる 偉そうに色々と書きましたが、最後に1つだけ。 人は、そう簡単には変わりません。 でも、今のあなたが「本当の自分」でも、ありません。 あなたが「自分」と認識しているのは、あくまで「現時点での」あなたです。 しかも、自分バイアスがかかっているので、 本当の自分を見る目は歪んでいる可能性が極めて高いです。 「私はほんとうに何も魅力がない。 人からもすぐ嫌われてしまう。 」 こんな 歪みを持っていると、あなたはあなた自身の魅力に気が付かないまま、本当のあなたを知ることなく時間が過ぎていってしまいます。 本当にもったいないし、辛いことです。 どうせ見る目が歪んでいるのなら、その歪み、もう一度叩き潰してさらに180度歪ませてみませんか? 「自分らしさ」に決まりはありません。 「自分」をどんな言葉に当てはめても、意味はありません。 新しい、今までも見た事のない自分。 懐かしいい自分。 どんな自分も、部屋でマンガを読んでるだけでは見つけることはできません。 ぜひ、小さなことでもいいから行動してみてください。 今まで自分の世界に無かったものを、取り入れてみましょう。

次の

職場の人間関係が上手くいかない!私、どうしたらいい?

人間 関係 上手く いか ない

《目次》• 職場の人間関係がうまくいく人・いかない人の違い 「あの人は、人付き合いがうまいよね」と言いますが、具体的に何がうまいのでしょうか? なにか「特別なこと」をしている人はいないと思います。 その違いは… 「ほんのささいな行動」の積みかさね。 それらを、ざっくり2つに分けると ・人に好かれる態度 ・人にナメられない態度 言い方を変えれば… 「攻め」と「守り」が、できているかどうかです。 というわけで、ここから、 「攻めの基本」と「守りの基本」を合計10個ご紹介していきます。 一つ一つは、とても小さなことです。 しかし、それによって起こる変化は、極めて劇的なものになると思いますよ。 「あなたのことが大好き!」 「あなたといると楽しい!」 と、シッポをふって表現します。 それが、人間社会で生きていくための、たった一つの知恵。 人から好かれる必殺技。 世の中には… ワンちゃんと同じ方法を使っている「人間」もたくさんいます。 それが、人間関係のうまい人。 人間の場合、シッポではなく 「笑顔」。 「あなたに会えて嬉しい」という笑顔で接する。 そして「ウキウキとした態度」が人一倍うまい。 人間関係のうまい人は… 無意識のうちに、ワンちゃんと同じ方法を使って、普段から 周囲の人を喜ばせているのです。 一方、普段から 「無表情の人」はというと… あらゆる人間関係が、不思議なくらい上手くいきません。 ミスしても、お客さんから許してもらえるのは、「いい笑顔であいさつ」のできていた店員さん。 無表情で接客していた店員さんは、なぜか、こっぴどく怒られます。 ミスしても、上司から許してもらえるのは、普段から「いい笑顔」でがんばっている人。 無表情の人は、それを見て「えこひいきだ!」と怒ります。 なぜ、そんな違いが出るのか? 無表情は、相手を「不安・不機嫌」にさせるからです。 イライラしている人は、怒り顔ではなく、無表情になります。 憎しみが強い人も、鬼のような顔ではなく、無表情。 「怒った顔」よりも、「何を考えているのか、わからない顔」のほうが、怖いのです。 無表情のラーメン屋 無表情の医者 無表情の営業マン 無表情の新入社員 … どれもこれも、イヤですよね。 無表情は、上中下でいえば、「中」ではなく「下」。 どれだけ一生懸命がんばっていても、無表情だと、いつの間にか嫌われてしまうのです。 ただ、一つだけ、無表情でも得をすることがあります。 それは、中高生のほんの一時期… 「何事も無関心を装うのがカッコいい」みたいなときだけ。 しかし、社会に出れば、「明るい態度で接する」のが大人のマナー。 大人になっても 蝶々にならず、 サナギのままで暮らしていると、やがて駆除されてしまうのです。 いい笑顔のコツ いい笑顔をつくるコツは… 「いつもいつも笑顔」 笑顔の筋トレで、頬っぺに 「力こぶ」をつくる。 すると、ベースの顔が「笑顔」になります。 それが 「福相」。 福相の人は、人間関係において、とにかく強運です。 ちなみに、 「福相」の反対は 「貧相」。 貧相の人は、人間関係において、とにかく不運です。 ところが! わたしたちは、無意識に言っちゃってるんです。 知らぬ間に「好き・嫌い」を相手に伝えちゃってるんです。 いつ、伝えているのか? 「あいさつ」です。 あいさつは、相手に「好き・嫌い」を伝えるツール。 言い方ひとつで、「こちらの気持ち」が相手に伝わります。 「あなたは、私にとって30点の人です」と言っているのと同じ。 すると、相手からも「きみは30点」と評価をうけるのです。 人間関係は「合わせ鏡」。 自分が嫌った度合いにあわせて、相手も嫌ってくる。 自分が好いた度合いにあわせて、相手も好きになってくれる。 それが、人の心の道理。 だったら、 「大好き!と伝わるあいさつ」のほうが、断然お得ですよね。 その同僚を、嫌いになることは難しいのです。 「いつも、そばにいる」という感覚です。 親近感を持ってもらうには、どうしたらいいのか? 職場の親近感は、「席が近い」「家が近い」などの物理的な距離は一切関係ありません。 大切なのは… 「雑談」 職場の親近感は、「雑談の量」に比例する。 心理学ではこれを「単純接触効果」といいます。 どうでもいい話や、冗談を交わした「時間」が、そのまま親近感として貯金される。 つまり、 「雑談せずに、職場のみんなと仲良くしたい」というのは、 「貯金はしないけど、多額の貯金がほしい」のと同じくらい無茶な話なのです。 シャイだから… 忙しいから… 早く帰りたいから… と雑談を避けてしまうと、いつまでたっても「親近感貯金」は増えない。 いい人間関係をつくれない。 また、「上手に話せないから」という理由で、雑談を避ける人もいると思います。 でも実は… 上手に話せないほうがいいのです! ある調査で、「ペチャクチャ話す人」より、「ニコニコうなずいて聞いている人」のほうが好感度が高いことが証明されました。 ニコニコと聞いていれば、それで100点満点。 一流のセールスマンも、「話のうまい人」ではなく、「聞くのがうまい人」です。 お笑い界の重鎮、さんまさん・たけしさん・タモリさん・浜ちゃんですら、よく観察してみると、ほとんどしゃべっていません。 「ほうほう、えっ、それで?」と聞く側にまわるから、人気がつづくのです。 人に好かれるための大切な要素です。 では、人は何に魅力を感じるのか? 「ダイヤモンド」を思い浮かべてみてください。 大きなダイヤモンドは、とても魅力的です。 しかし、もしもそれが… 「ガラス製」なら、どれだけ美しくても高値では売れません。 人は、「美しさ」よりも、 「希少価値」に魅力を感じるもの。 「少なくて、良い物」に、人は惹かれるのです。 これを人に置き換えてみると… 「少なくて、良い人」 トイレ掃除のおばさんに、「いつもありがとう」。 食堂で、「今日も美味しかったですよ」。 同僚に、「きみと同じ職場で働けて幸せだよ」。 そう言う人は 希少だから、魅力的になるのはあんがい簡単! 「よく褒め、よく感謝して、相手の存在価値を高める人」 それが「少なくて、良い人」。 職場で魅力的な人。 「あの人、なんかいいよね」と思われる人です。 また、人は、「自分を褒めてくれた人」を否定できません。 褒めてくれた人を否定すると、「自分の長所」までも否定することになるからです。 「褒め言葉」や「感謝の言葉」は、元手0円ですが、人間関係において「ダイヤモンド以上の価値」を生みだします。 実は… ハイの「言いかた」次第で、運気が大きく変わります。 仕事を頼まれて 「ぁハイ」と微妙な間が入る。 お客さんに呼ばれて 「えっ、ぁハイ」と微妙な間が入る。 この「微妙な間」が長ければ長いほど、相手から冷たく扱われます。 反対に… 「ハイッ」と、間が0. 1秒の人は、お客さんにも上司にもかわいがられやすい。 「ハイ」で大切なのは… 声の大きさでも、歯切れのよさでもなく、とにかく スピードが命。 ちょっとしたテクニックですが、知っていれば儲けもん。 知らなきゃ大損です。 「自分を粗末にする人は、他人からも粗末にされやすい」という法則があります。 「自分はダメだ、どうせ私なんて」と自分を粗末にすると、周りからも粗末に扱われやすい。 「私もがんばってるよなぁ、偉いよ」と自分を大切にする人は、周りからも大切に扱われやすい。 「これ私の宝物よ」といえば、周りの人もそれを大切に扱ってくれるのと、同じ原理です。 よく「人を大切に」といいますが… その「人」の中には、「自分」も含まれます。 人をイジメてはいけないのと同じで、自分もイジメてはいけないのです。 人間、生きていれば、落ち込むことは誰にだってあります。 そんなときに… 「どうせ私なんて」と自分の悪口を言うのではなく、 「ダメなときだってあるよ。 でもきっと上手くいく。 大丈夫!」と励ますことが大切です。 自分を大切にすると、他人からも大切に扱われます。 日頃から、自分を褒める。 小声でボソボソと話す人で、付き合いのうまい人は、まずいません。 「声が小さい」というだけで、人から軽く見られてしまう。 「声が大きい」というだけで、自信があるように見えるものです。 声の大きさは、その人のエネルギーの表れ。 人づきあいにおいて、最重要な要素です。 もしも「自分は声が小さい」と思っているのなら… 「ちょっと大きすぎるかな?」ぐらいで話すのが、ちょうどいい。 いつもの1. 5倍~2倍の大きさで話すと、ちょうどいい音量になるはずです。 それから、 「言葉の語尾が、ボソボソっと弱くなる」のも、自信のなさの表れ。 尻切れトンボにならず、語尾までしっかり発音することが大切です。 それだけでなく… 「堂々とした姿勢」でいると、雄性ホルモンが分泌され、自信と元気が湧いてくることがわかっています。 反対に… 「ショボンとした姿勢」の人は、周りからナメられやすい。 それだけでなく… 「ショボンとした姿勢」になると、ストレスホルモンが分泌され、気持ちまでショボンとしてくることがわかっています。 「堂々とした姿勢」は、いろんな意味で、何かとお得なのです。 「堂々とした姿勢」のコツ わずか2秒、2ステップで「堂々とした姿勢」をつくれます。 ほお杖をついていても、 椅子にのけぞっていても、 常に、堂々として見える姿勢なので、とても便利。 いつでもどこでも、一瞬でオーラを大きくできます。 ただ、一つ注意点ですが… 「堂々」と「偉そう」は違います。 「堂々」は、人間的な重みを感じるけれど、 「偉そう」は、軽さを感じてしまいます。 微妙な違いですが… 軽くほほ笑めば、 「偉そう」から 「堂々」へと、一発で変化します。 大きく息を吸い 2. 首を後ろに引く 3. 「その服、忍者みたいだね」と。 そう言われたときの反応は、2つ。 ・ 「ハぁ!」とキレる ・ 「シュシュシュ!伊賀流でござる」と乗ってあげる キレる人は、何度もイジられます。 一方、 乗ってあげる人は、人気者になります。 これは、「お笑いセンス」の問題ではなく、「心のゆとり」の問題です。 それで、「心のゆとり」って何なのか?というと… 「肯定」です。 「そうなんですよ」と相手の話題を肯定するのが、心のゆとり。 遺伝みたいで。 自分でも困ってるんです」 肯定して、あっさり受け流せば、心穏やかでいられます。 「柳に風」です。 柔道でいえば「受け身のうまい人」です。 一方、 ゆとりのない人は、 「ちがうわ!」とすぐに否定してしまう。 否定すればするほど、腹が立つし、 相手もそれを面白がって、何度もおちょくってきます。 柳に風。 それとは反対に… 必死にやると、「あいつ、必死だよね」とバカにする人もでてきます。 サボってもダメ。 必死でもダメ。 じゃあ、どうしたらいいのか?? 「本気」がいちばんです。 「こいつ、本気だぞ」というところを見せるのです。 「必死」と 「本気」は、似ているようで違います。 必死は、川で溺れたときのように、余裕がない状態。 本気は、獲物を狙う鷹のような「ミスしてたまるか!」という意気込み。 出ているオーラが違います。 人は、それを敏感に感じ取ります。 お笑い芸人をみていると、よくわかりますが… 「笑いに必死」の人は、よくイジられます。 「笑いに本気」の人は、一目置かれます。 明石家さんまさんも、ダウンタウンの松本さんも、 「笑いに本気」の人です。 仕事であれば… ・自分に誇りを持てるような仕事ぶり ・「ケチを付けられてたまるか!」という心意気 それが、「本気のオーラ」となって現れてくる。 それなりの努力は必要ですが… 「本気のオーラ」が人間関係に与える影響は、計り知れません。 たとえ、口うるさい上司であっても、「本気のオーラの部下」には勝てないのです。 「笑顔で、大きな声で、ごあいさつ。 お返事は元気よく。 人を褒め、胸を張って、がんばりましょう」みたいな、誰でも知っていること。 それらを、大人になっても素直に実行している人が、「人間関係がうまくいく人」なのかもしれません。 「こっぱずかしいから」「もう大人だし」という気持ちがどこかにあると… 段々やらなくなってしまい、知らぬ間に人間関係が崩れてしまいます。 人間関係をよくするために必要なのは、高度なテクニックではなく、「ちょっとした勇気」だけ。 ちょっとした勇気で、自分をちょっと変えれば、周りの人の反応は大きく変わってくるのです。

次の