ヒノキ ヤ グループ 評判。 アフターメンテナンス

東証一部上場

ヒノキ ヤ グループ 評判

先日3月23日桧家ホールディングス(ヒノキヤグループ)は東証一部上場致しました。 創業30年と言う節目の年にかねてからの目標を達成することができ大変嬉しく、ステークホルダーの皆様にこれまで当社グループをご支援いただいたことに対して心より感謝申し上げます。 昨年の二部上場からちょうど一年、最短スケジュールでの一部昇格となりました。 また3月1日にはグループ会社の日本アクアも東証一部上場となり、グループ内の2社が東証一部上場企業となりました。 昨年の上場時には時価総額が318億円で350億円にはわずかに足りず二部からの出発となりましたが、1年が経ち一部上場日の終値は450億円と大きく上昇しました。 4月4日に2022年に向けた中期経営計画を発表すると、株価は更に上昇を続け4月10日の終値は4200円を付け時価総額は570億円と昨年上場時の1. 8倍にまでなっています。 株価の上昇は過去の実績ではなく将来期待です。 数多くの株主の皆様からのこの期待を原動力に変えてグループの更なる成長、発展へと努力を重ねていきたいと改めて思いを強くしました。 4月4日に発表した中期経営計画では5年後の2022年に、 売上 2000憶円 経常利益 150憶円 販売棟数 5300棟 ROE 25%以上 配当性向 30%以上 自己資本比率 30%以上 と言う数値目標を発表しました。 30年かかってようやく達成した売上1000憶円を5年で倍増させるわけですから簡単なことではありません。 ハードルは高いと思いますが、チャレンジし甲斐のある目標です。 売上にしろ販売棟数にしろこのくらいの数値を達成して初めて業界でのプレゼンスがやっと表れてくるのだと思います。 おかげさまでたくさんのお客様にご支持いただき、日本全国にこれまでの発想にない快適な住まいが広がっています。 しかし、今のペースでは時間がかかり過ぎます。 業界へのインパクトも一部に留まっています。 これを一気に全国に拡大して、日本の家づくりの考え方を根本から変え、この快適で健康的な住まいを望む方全てに届けるために来年から「Z空調」をシステム外販する予定です。 もちろん桧家住宅やパパまるハウスなどのグループ会社もエリア拡大を積極的に図っていきます。 桧家住宅はFC加盟店であった静岡の「ハウジーホームズ」をグループ化し、静岡県を一気に攻めあがります。 パパまるハウスも北陸から関西地区への進出を計画しています。 不動産では建売や土地分譲の他、収益物件を取り扱うフュージョン資産マネジメントが、新たなビジネスにチャレンジしていきます。 1つは不動産の小口化、もう1つはインバウンド向けのホステル事業です。 不動産の小口化とは、1棟数億円する収益不動産を小口化(証券化)してより多くの投資家に販売していこうというもので、現在そのための免許を申請中です。 インバウンド向けホステルとは、拡大を続ける訪日外国人の中でも特に今後増大が見込まれる東南アジアのファミリー層をターゲットとした4ベッド、5ベッドの低価格ホテルです。 日本にはビジネスホテルやカプセルホテルは多数ありますが4名〜6名のファミリーが泊まれる施設は極端に不足しています。 現在台東区に土地を確保し来年秋の操業を予定しています。 その他断熱材やリフォーム、介護保育といった既存の事業全てで拡大を見込んでいますが、それだけで売上倍増は厳しいと思います。 「Z空調」のシステム外販、現在計画中のベトナムでのプレキャストコンクリートパネルの製造、販売や戸建分譲開発など新規事業や海外事業も具現化していきます。 ヒノキヤグループの今後の展開にご期待下さい!.

次の

ヒノキヤG社長に聞く、この10年で売上高6倍・経常利益12倍 絶好調な理由(インタビュー) :: リフォーム産業新聞

ヒノキ ヤ グループ 評判

エコな暮らしに特化した住宅メーカー 桧家住宅では「省エネecoハウス」と題して、エネルギー消費を抑えた機能を標準仕様として全棟に設置しています。 具体的には、先進的な発泡断熱材「アクアフォーム」と赤外線をカットする「アルミ遮熱材」を組み合わせた「Wバリア工法」を採用することで高い気密性と断熱性を実現。 光熱費を抑え、お財布にも地球にも優しい住まいづくりを行っています。 また、家の中の温度を年中快適に保つ「Z空調」システムでは給気と排気を自動で行い、空気の自然な循環をサポート。 夏場や冬場もエアコン要らずで過ごすことができます。 豊かなアイディアで暮らしを快適に 桧家住宅の家づくりでは、暮らしをもっと豊かに、そして快適にするさまざまなアイディアを取り入れています。 地下に階段付きのスペースを設けた「なんでもセラー」は、収納に使っても、趣味のコレクションを保管してもOK。 また、プライバシーを守りつつリラックスできる「インナーテラス」や、使い勝手が良く家事スペースとして最適な「ママズルーム」など、他の住宅メーカーでは見かけないようなオリジナリティあふれるアイディアが揃っています。 施主の家族構成やライフプランに合わせて選ぶと良いでしょう。 桧家住宅でスマートワンの契約済みの者です。 知人の家を見てとても気に入ったのと、元不動産業の主人の当時の同僚にも勧められて、紹介していただきました。 某展示場の店長さんが担当で、正直営業に関して不満が無いわけじゃありませんが、困った事があった時はその日のうちに解決策を提案してくれたり知識も豊富で概ね満足しています。 建物自体は知人の家二軒を見る限り、コスパはいいと思っていますし、スマートワンでも選択の幅があり外観も好みのものがたくさんありました。 まだ完成はしていませんが、トラブルは特になく進んでいます。 e-kodate. 引き渡しまでは良かったのですが、終わったとたんいい加減に。 後付けすることになってるホスクリーンや手すりは、催促してもモノが届いてないといってほっとかれてるし、外構工事も中途半端なままで、業者に話が伝わってない。 おかげで機能門柱の電気工事は自分で手配することに。 エアコンつけたいのに、柱の入ってるところがわかる図面をくれない。 GW中に持って行きますって言うから待ってたのに、GW終わっちゃう。 建物の入金が終わればハイサヨナラってパターン、あの営業さんに限ってはないと信じてた自分がバカでした。 信頼してたのに、寂しい思いですいっぱいです。 e-kodate. 暖房入れれば暖かいですが。 今は朝にちょっとエアコン入れるくらいです。 私の満足度的には50点くらい。 理由としては後からわかったのですが、地元の工務店ならもっと安く国産無垢材を使って建てられて桧家住宅より高断熱高気密の家が建つ事。 アクアフォームの性能表示が悪い方に改訂された事。 契約前にも悩みましたがホワイトウッドがやっぱり気に入りませんね。 最近他社の新築現場を見るとローコストでも浴室周りや家の四隅の柱はAQC使ってたりしますしね。 皆さんも後悔のないようによく調べて新築検討して下さいね。 e-kodate. LDKに大きな吹き抜けあってLDKのエアコンは付けっ放しですが、先月の電気代は1万円ちょっとで家計的には助かってます。 でも洗面所とかトイレは寒いので、Z空調入れたかったです。 断熱性能はそこそこだけど気密性とアルミで包んでいるので暖かいんですね。 うちも一条工務店と比較しましたが、性能の数字は良さそうでしたが、200万近く高かったし、床暖房の電気代高いということで桧家に軍配が上がりました。 長期優良住宅にしたので、マンションの時のように、修繕費として自主的 に毎月1万積み立てています。 e-kodate.

次の

アフターメンテナンス

ヒノキ ヤ グループ 評判

会社概要• 設立 1966年4月• 代表者 代表者 上村 耕一• 資本金 5000万円• 従業員数 233名(2019年1月1日付)• 仕事内容、募集背景、会社概要、担当取材者のコメント、クチコミ情報、転職者インタビュー、社長のインタビュー、人事・採用担当者からの選考のポイントなど、株式会社ヒノキヤレスコに関する様々な転職・求人情報の提供を行っています。 また、会員登録者限定で、毎週二回、月曜日、木曜日に新着求人情報をお届けする[en]新着JOBクリップ、専任スタッフによる書類選考対策や面接対策など転職活動に役立つ無料サービスが充実。 企業からの非公開求人のスカウトも多数お届けしています。 株式会社ヒノキヤレスコの転職・求人情報以外にも、多数の転職・求人情報が掲載されていますので、あなたのご希望に近い転職・求人情報を探してください。 転職を検討中の方も、情報収集のみを希望する方もまずはエン転職へのをオススメします。

次の