アルファード 30 後期 パーツ。 【更新】30系アルファード・ヴェルファイア 各種パーツ新発売 その他パーツ 製品情報 クスコウェブサイト

TRD|30系後期|アルファード【サイドステップ】エアロパーツ|ALPHARD通販サイトauto

アルファード 30 後期 パーツ

modellista. modellista. modellista. 30アルファードエアログレードらしい迫力のあるスタイリングへと変貌させます。 フロントスポイラー 後期用 トヨタ モデリスタ 価格:211,000円〜 トヨタ系カスタムカーの企画・製造を行う会社であるモデリスタ。 2017年12月にヴェルファイアと主にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目後期エアログレード用のフロントスポイラーです。 モデリスタのアルファード後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされました。 そんな大型グリル下部に装着するフロントスポイラーは、突進するイメージを表現したブレード形状になっており、シャープでワイド感のあるフロントフェイスを実現します。 modellista. 両側へ張り出すことでボリューム感を与えます。 車全体の堂々とした塊感をさらに引き立たせてくれます。 サイドスカート 後期用 トヨタ モデリスタ 価格:62,000円〜 トヨタ系カスタムカーの企画・製造を行う会社であるモデリスタ。 2017年12月にヴェルファイアと主にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目後期エアログレード用のサイドスカートです。 モデリスタのアルファード後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされました。 サイドスカートはヴェルファイアと同じ形状で、サイド下部に大きなメッキのラインをデザインすることによりサイドのボリュームと高級感を高めています。 modellista. また、スポーツマフラーと併せてカスタムすることで、よりダイナミックなリアスタイルを演出します。 リヤスタイリングキットA トヨタ モデリスタ 価格:93,000円〜 トヨタ系カスタムカーの企画・製造を行う会社であるモデリスタ。 2017年12月にヴェルファイアと主にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目後期エアログレード用のリヤスタイリングキットAです。 リヤスポイラーとスポーツマフラーがセットになっています。 モデリスタのアルファード後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされました。 ベースエアロとなるリア部はヴェルファイアと同形状となっており、ハの字を描く個性的なデザインが特徴的です。 また、メッキをふんだんに使うことによって、ワイドで存在感のあるアルファードを演出することができます。 そして、リヤのエアロとマフラーがセットになっているため車の全体的なデザインを保ったまま、リアビューの印象を変化させることができます。 2017年12月にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目標準車用のフロントスポイラーです。 モデリスタのアルファード後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされています。 エアログレード用のブレード風形状を感じさせるようなデザインを残しつつ、サイドは別体式にも見えるなどエアログレード用とは違う特徴的なパーツです。 フロントの地上高を低く見せ迫力感を強調させるだけでなく、メッキがシャープな印象も与えるフロントフェイスを演出します。 modellista. 両側へ張り出すことでボリューム感を与えます。 車全体の堂々とした塊感をさらに引き立たせてくれます。 サイドスカート 後期用 トヨタ モデリスタ 価格:62,000円〜 トヨタ系カスタムカーの企画・製造を行う会社であるモデリスタ。 2017年12月にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目標準車用のサイドスカートです。 モデリスタのアルファード後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされています。 サイドの地上高を低く見せ、サイドドア下部にはメッキのラインが加わることにより、迫力感と高級感のあるサイドビューを実現することができます。 2017年12月にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目標準車用のリヤスカートです。 モデリスタのアルファード後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされています。 リヤスポイラーは左右のメッキダクトが特徴的で、サイドからのメッキの流れを作り高級感のあるリアビューを演出します。 2017年12月にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目標準車用のフェンダーガーニッシュです。 モデリスタのヴェルファイア後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされています。 このフェンダーガーニッシュはメッキ部が増えることによって高級感のあるサイドビューにするだけでなく、カーボンも使用しており、さりげなくスポーティーな印象も与えることができるパーツです。 modellista. カスタムすることでさらなる高級感を演出するメッキアクセントアイテムです。 ミラーガーニッシュ トヨタ モデリスタ 価格:Ask トヨタ系カスタムカーの企画・製造を行う会社であるモデリスタ。 2017年12月にヴェルファイアと主にマイナーチェンジしたトヨタ・アルファード3代目後期エアログレード用のミラーガーニッシュです。 モデリスタのアルファード後期用エアロは「アドヴァンスドフェイススタイル」をコンセプトに、大型メッキ加飾が逞しさをより強調するようにデザインされており、ノーマルのままでは樹脂製で味気ないミラーをドレスアップします。 細部にもこだわることで、アルファードのトータルコーディネイトが完成します。 modellista. 立体的なデザインで、30後期型アルファードのバックドアガーニッシュをメッキにカスタムする事で、より高級感溢れるリアスタイルを実現します。 フロントスポイラー 後期用 TRD 価格:60,000円〜 トヨタのモータースポーツ部門として有名なTRD。 この製品は2017年12月にマイナーチェンジが行われたトヨタ・アルファード2代目後期エアログレード用のフロントスポイラーです。 その立体的な造形はアルファードの高級感とエアログレードの躍動感をちょうどよく落とし無用にデザインされており、スポーティーなフロントフェイスを演出することができます。 また、LED付きとLEDなしの2種類がラインナップされており、よりエレガントなアルファードを演出することもできます。 イグニッションONで常時点灯。 trdparts. サイドスカート 後期用 TRD 価格:79,000円〜 トヨタのモータースポーツ部門として有名なTRD。 この製品は2017年12月にマイナーチェンジが行われたトヨタ・アルファード2代目後期エアログレード用のサイドスカートです。 サイドの地上高を低くし、フロント側にはメッキのダクト風デザインを加えることによってスポーティなサイドビューを演出することができます。 trdparts. 30後期型アルファードのリアビューにスポーティーさを追加し、エアロ専用としてラインナップさらたハイレスポンスマフラーも同時装着することで、リアビューをよりスポーティに演出します。 左右4本出しのリヤビューになることでスポーティーな印象を与えることができます。 また、地上高が低くなり、全長が長くなることによって迫力感のあるリアビューを演出します。 この製品は2017年12月にマイナーチェンジが行われたトヨタ・アルファード2代目後期標準車用のフロントスポイラーです。 その立体的な造形はアルファードの高級感とエアログレードの躍動感をちょうどよく落とし無用にデザインされており、スポーティーなフロントフェイスを演出することができます。 また、LED付きとLEDなしの2種類がラインナップされており、よりエレガントなアルファードを演出することもできます。 イグニッションONで常時点灯。 trdparts. サイドスカート 後期用 TRD 価格:79,000円〜 トヨタのモータースポーツ部門として有名なTRD。 この製品は2017年12月にマイナーチェンジが行われたトヨタ・アルファード2代目後期標準車用のサイドスカートです。 サイドの地上高を低くし、フロント側にはメッキのダクト風デザインを加えることによってスポーティなサイドビューを演出することができます。 trdparts. また、エアロ専用としてラインナップさらたハイレスポンスマフラーも同時に装着することで、リアビューをよりスポーティに演出します。 左右4本出しのリヤビューになることでスポーティーな印象を与えることができます。 また、地上高が低くなり、全長が長くなることによって迫力感のあるリアビューを演出します。 このパーツは、スタビライジングフィンのような突起がデザインされているBピラーガーニッシュ。 センターピラーに装着することで、フロントウィンドゥからリヤウィンドゥまでのデザインを繋ぎ、 独特のサイドビューを演出します。 また、フィン形状を追加することで、見た目のインパクトと空力性能を向上させます。 trdparts. Bピラーガーニッシュと同じくフィン形状でカスタムすることで、サイドビューの疾走感を演出。 整流効果もあり、燃費の向上にも寄与します。

次の

アルファード30後期カスタムパーツ

アルファード 30 後期 パーツ

そもそもモデリスタって何? そもそも、モデリスタと言われてもわからないですよね・・・。 「モデリスタ」とはトヨタ車専用のカスタマイズパーツを販売しているカスタマイズメーカーです!! もちろん、トヨタ専用のメーカーなので保証も受けることが出来ます! モデリスタの保証に関しては、 装着後1年もしくは20,000kmです。 アルファード30系 後期型のモデリスタ アルファード30系 後期型の「モデリスタ」には、「エアロボディ用」と「ノーマルボディ用」の2パターンが用意されています。 各ボディごとの「モデリスタ」を見ていきましょう。 20インチのホイールに「LEDイルミブレード」付きのフロントバンパー、スポーツマフラーなど他と違った一面を醸し出すことが出来ます。 モデリスタパーツの値段は? 気になる「モデリスタ」の値段ですが、まず、モデリスタには塗装済みと未塗装が用意されています。 塗装済みで用意されている色は <エアロボディ>• ホワイトパールクリスタルシャイン• ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク• スパークリングブラックパールクリスタルシャイン• ブラック <ノーマルボディ>• ホワイトパールクリスタルシャイン• ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク• ブラック 上記の色は塗装済みで用意されていますが、その他の色は未塗装を購入し、店舗で塗装してもらう必要があるため塗装代金が別途で必要となってきます。 上記の塗装済みで用意されているモデリスタパーツの外装一式揃えるとなると、そのお値段・・・ なんと!! ¥412,560 取付にかかる費用は含まれておりませんので、取付費も含めると外装だけで約50万円近く・・・。 もちろん、塗装が必要な色だと、これに塗装費用がかかります。 塗装済みの外装にサイクルホルダーとスリープマット以外のホイールや内装などをフルモデリスタにするとお値段が・・・ ¥1,134,000 すこぶる高いです・・・。 「そんなお金に余裕はない!!購入後に資金が貯まったら、付けたいけど後付けって出来るの?」との声が聞こえてきそうなので、次にそのことについて書きます。 モデリスタパーツの後付けは可能? 資金が出来てから、モデリスタを後付けしたいって方もいますよね。 後付けについてですが、「モデリスタ」のHPで後付け出来るか調べると・・・。 「購入後の取り付けはご遠慮ください。 」 的な文言が書いてあります・・・。 理由は、走行によって発生したわずかな歪みや経年劣化などで取り付けができない場合が発生する可能性があるためですが、そこを考慮した上でも一応、取り付けは可能です。 ただし、経年劣化などで取り付けが出来なかった場合、ボディの切断加工などをして無理矢理、取り付ける場合ももちろん、あります・・・。 だが、しかし!! 一番、注意しないといけないことが 色ムラです!!! 塗装技術が発展し、昔みたいに色が褪せることが少なくなったとは言え、購入して時間が経ってから、新品の外装パーツを入れると今まで日光を浴びてきた他の部分と色が違い、見た目が悪くなるという事が絶対にないとは言い切れませんので、購入後の取り付けは自己責任という部分が大きいかと思われます。 ただ、ご安心ください。 トヨタディーラーでも購入後の取り付けに関して行ってくれる所がほとんどです。 内装パーツに関しても、後付けは可能です。 それを踏まえた上での、注意事項を次に書いていこうと思います。 モデリスタパーツの注意事項ってあるの? 他とは違ったアルファードを演出してくれる「モデリスタ」ですが、注意事項があります。 エアロパーツ まず、エアロパーツですが取り付けると純正状態より約30mm、最低地上高が低くなります。 スポーツマフラー スポーツマフラーに関してですが、こちらはマフラーからの音質・音量が変化することがあります。 また、経年劣化などによりマフラーからの音量が大きくなっていくことがあります。 音量が基準値以上になると、車検に通らなくなることもありますのでその際は、基準に適合したマフラーへの交換が必要になりますが、筆者の車も納車時にマフラーを交換して約7年経ちましたが、車検が通らないということは起きてませんのでご安心していただければ大丈夫かと思います。 その他の注意事項 その他の注意事項ですが、全てのグレードに装着が出来るパーツと出来ないパーツがあります。 また、装着しているオプションによっても装着できない物がありますので、詳しくは装着時に各自でモデリスタのサイト、ディーラーなどでご確認をお願い致します。 アルファード30系 後期型のモデリスタパーツについて まとめ アルファード30系 後期型の「モデリスタ」について書いてきましたが、他と違った部分を演出できる反面、弊害も起こす可能性があるのがカスタマイズです。 自分が作り上げたい車をイメージし、予算などと相談し、保安基準に沿った車を作り上げていくのが一番だと筆者は考えております。 最初に取り付けてしまうのか、後から装着するのかでも起こる弊害が変わってくることは前述した通りです。 後から付ける方が弊害が大きくなる可能性がありますが、金銭的にも余裕があり、先に付けれるのであれば、先に付けてしまうのが筆者的にはオススメです。 そのために最初から資金を貯めておく事と自分の作り上げたい車をイメージしましょう。 どうしても資金的に無理な場合と弊害が起きる可能性を認識して後付けを行う場合は装着不可になる可能性も頭に入れて、行動をお願いします。 少しでも多くの方が、素敵なカーライフを送られる事を願っております。 アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 「アルファードが欲しいけど、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、アルファード購入の購入を 検討しているけど 悩みが尽きない・・・。 こんな風に悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザを ご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では70万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを利用することで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的として値段が吊り上るのです。 車の査定、後回しは損・損・損! アルファード30系の関連記事.

次の

アルファード30系後期のエアロパーツ特集!最新エアロの魅力とは?

アルファード 30 後期 パーツ

fcl. のナガシマです。 最近よくいただくお問い合わせで、 「アルファード30後期用のフォグランプユニット売ってますか?」 「ファン付きLEDとカラーチェンジLEDは、どっちが明るいんですか?」 という質問が多く痒いところに手が届く会社fcl. としては、この質問に対してなんとか解決策を提示したいと思い動きました。 販売を開始してから、すぐに在庫切れになり話題性は高いです。 興味がある方は御覧ください。 「ある方?」 以前からfcl. も大変お世話になっていて、広島の福山で開催されたオフ会にも呼んでいただいたみんカラユーザーの様にご協力をいただき、 ・ファン付きモデルLEDフォグランプ ・カラーチェンジLEDフォグランプ を比較していただきました。 ユーザー::• 取付け車種: アルファード• 型 式: AGH30W後期• 年 式:• 使用した商品:• 使用した道具: プラスドライバー、マイナスドライバー、ペンチ• 作業時間:• 作業難易度:• 作業概要: フォグランプユニットを交換し、LEDバルブを取付け こんにちは。 わたしがアルファード30後期に乗り換えたときに、フォグランプユニットの取付けのお話をfcl. さんからいただきました。 その時は、を取付けてみましたが、30後期から少しユニットの形状が変わっていて、取付けできませんでした。 ) その後専用品が販売されたとのことで、専用品を取付け、更にカラーチェンジとファン付きLEDフォグランプの使用感の比較を、このような感じで行ってみました。 取り付け車両はトヨタ アルファード AGH30W いちユーザー目線で比較を行っているので、参考になると思います。 気になる方は御覧ください。 フォグランプユニットの交換手順 用意する工具はこれだけ!今回はバンパーを外さずにタイヤハウスから作業していきます。 まずはスロープに乗せていきます。 ハンドルを目一杯右に切って… 赤丸のピンをマイナスドライバーで外していきます。 それからアンダーカバーの部分と 奥二つを外していきます。 カバーをめくって ユニットを取り出します。 既にfcl. のフォグランプユニットを取付け、ファン付きLEDフォグランプに交換していました。 左がファンタイプで右がカラーチェンジLEDです。 バルブを交換したら元に戻します。 そして点灯! 運転席側 ファン付きLEDフォグ イエロー で助手席側 カラーチェンジLEDフォグ ホワイト 別角度からはこのような感じ。 色味は異なりますがパフォーマンスに遜色はありません! そして、こちらが運転席側ファン付きLEDフォグ イエロー で助手席側カラーチェンジLEDフォグ イエロー こちらも同じようなパフォーマンス。 写真だけでは見分けがつきませんね… そして、こちらはどちらかお分かりになりますか? 両方ともカラーチェンジLEDバルブです!せっかくですから別角度でも切り替えてみましょう。 ホワイト! イエロー!両方ともいい感じです! 最後は肝心なカットラインをみていきましょう。 肉眼ではなかなか見分けがつきませんが… 一眼レフで撮影すると見えてきます。 ホワイトは左側が上がって イエローは右側が上がってます 以上、ファン付きLEDフォグランプとカラーチェンジLEDフォグランプを比較しながら、カラーチェンジバルブのパフォーマンスについても紹介していただきました。 どちらを買おうか迷っている方、パフォーマンスに大きな違いはないのでご安心を。 ホワイトもしくはイエロー一択という方はファン付きLEDフォグランプを。 ホワイト・イエローを使い分けたいという方はカラーチェンジLEDフォグランプを。 お好みでどうぞ。

次の