ご返信くださりありがとうございます。 ご心配ありがとうございますのメール例文!敬語の正しい使い方・英語も

【ご返信ありがとうございます】 と 【ご返答ありがとうございます】 と 【ご返事ありがとうございます】 はどう違いますか?

ご返信くださりありがとうございます

「お心遣いありがとうございます」の意味と使い方 「お心遣い」の読み方は「おこころづかい」 「お心遣い」の読み方は、 「おこころづかい」です。 「お心遣い」の意味は「人のためを思っていろいろと気を使うこと」 「お心遣い」の意味は ・人のためを思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「お心遣い」は、「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」のことを表しています。 「お心遣いありがとうございます」は相手の思いやりに対するお礼・感謝に使う 「お心遣いありがとうございます」は相手から思いやった行動をしてもらったときに、感謝を伝える言葉として使います。 そのため相手から何もしてもらっていないときに使うと不自然になります。 「お心遣いありがとうございます」がビジネスに不向きな2つの理由 「お心遣い」は意味的に"真心"や"おもてなし"を指す 「お心遣い」は意味的に「真心」や「おもてなし」「気持ちのこもった行為」を指します。 ビジネスにおいては、真心というよりも利害関係を意識して行動取るのが普通ですので、「相手の真心に対して感謝する」ということはあまりないでしょう。 「気遣い」や「配慮」の方が使われることが多くなります。 よって、ビジネスシーンで「お心遣いありがとうございます」の使用頻度はあまり高くないでしょう。 「お心遣い」は和語 訓読み なので、口語や手紙、挨拶文に適している また、「お心遣い」は和語です。 和語は柔らかい響きがあり、口語や手紙などで使うのに適しています。 また、ビジネス文章に訓読みの言葉はふさわしくないとされています。 そのため音読みの「ご配慮」などを使いましょう。 「ご配慮ありがとうございます」については後述しています。 「お気遣いありがとうございます」との違い 「お気遣い」の意味は「気を使うこと」「心配や気がかり」 「お気遣い」の読み方は、 「おきづかい」です。 まず「気遣い」の意味は、 ・あれこれと気をつかうこと ・好ましくないことが起こるのではないかという心配・気がかり になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて「お気遣い」となるため、目上の相手に使います。 「お気遣い」を使う場面は ・相手が自分に対して気を使ってくれたことに、感謝を伝えたいとき ・自分が相手に対して気を使う必要はない、という思いを伝えたいとき の2つがああります。 「お気遣いありがとうございます」は1つ目の感謝を伝えたいときに使います。 気遣う必要がない、といった場合は「お気遣いはなさらないでください」などと使います。 「お心遣いありがとうございます」の類語・言い換え 「ご配慮ありがとうございます」が定番 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 例文 ・ご配慮いただき誠にありがとうございます。 ・この度は私の体調をご配慮くださり、誠にありがとうございました。 ・日頃より格別のご配慮を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配慮ありがとうございます」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」に対する感謝を表した言葉です。 敬語表現のため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 「配慮」は「はいりょ」と読み、「他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「配意」は「はいい」と読み、「心を配ること、心配、配慮」といった意味があります。 「ご配慮ありがとうございます」などと同じように使うことができますが、あまり一般的ではなく少し堅い言葉となります。 そのため敬意をしっかり払うべき相手や、普段関わりの少ない相手に対して使うと良いでしょう。 例文 ・ご配意をいただき、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配意ありがとうございます」だと少し堅い語に 「ご高配」は 「相手の配慮」に対して敬意を払った言葉になります。 「ご高配」は主にビジネス文書やメール、手紙などの挨拶文として用いることが多くあります。 特に取引先や顧客などに対して用いられています。 「ご高配賜りありがとうございます」「ご高配に心より感謝申し上げます」などといった形でもよく使われます。 例文 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご高配ありがとうございます」だとより丁寧なニュアンスに 「ご厚情ありがとうございます」はかしこまった挨拶文でも使われる 「ご厚情」は 「厚いなさけ」「心からの不快思いやり」の敬語表現となります。 「ご厚情を賜り」「ご厚情の賜物」など、かしこまった挨拶文でもよく用いられている表現です。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。 例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。 在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。 ・皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。 「ありがとうございます」の代わりに「痛み入ります」を使うのもOK 「痛み入る」は「いたみいる」と読み、 相手の親切や好意に恐縮し、感謝することという意味があります。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 しかし「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなくあくまでも「感謝」の気持ちを表します。 例文 ・ご面倒をおかけすることになり、痛み入る思いです。 ・小暮様のお心遣い、誠に痛み入ります。 ・この度の急な申し出を引き受けていただき、ありがとうございます。 皆様のお気遣い痛み入ります。 「お心遣いありがとうございます」への返事・返信 「どういたしまして」は不自然 「心遣い」は相手に対して思いやりの行動です。 それに対して感謝を述べられたときは「どういたしまして」ではなく、ここでも謙遜していることを表現しましょう。 「とんでもないことでございます」「滅相もないことでございます」が定番 「とんでもない」を丁寧にした言葉が「とんでもないことでございます」、「滅相もない」を丁寧にした言葉が「滅相もないことです」です。 「とんでもない」も「滅相もない」も「そんなことはない」といった意味になります。 相手から褒められたりした時や感謝された時に、謙遜や遠慮の意味も含めて「褒められるほどではありません」「感謝されるほどではありません」といった意味合いで使います。 ただ否定の意味合いがある言葉ですので、「感謝したのに否定されてしまった」と思われてしまうことがあるため注意しましょう。 「您」は「あなた」の丁寧な言い方です。 「的」は日本語の「の」にあたります。 」 「お気遣いありがとうございます」の韓国語は「신경써주셔서 감사합니다. 」です。

次の

メールの返信へのお礼の書き方!ビジネスメールのマナー(例文付) [ビジネス文書] All About

ご返信くださりありがとうございます

「返信」の意味は手紙やメールで返事をすることです。 最近のコミュニケーションツールは、日常もビジネスの場面も、手紙よりメールが主流になっています。 また、メールのやり取りにもマナーやルールがあり、相手から返信をもらったときに「ご返信ありがとうございます」と感謝を伝えることは、マナーのひとつでしょう。 「ご返信ありがとうございます」を適切に使ってメール返信ができるように、返信する相手やシーンなどを分けて、具体的な使い方などをご紹介します。 「ご返信ありがとうございました」との違い 「ご返信ありがとうございます」と「ご返信ありがとうございました」の違いは、過去形か現在形かという点です。 目安としては、メールのやり取りがどういう段階かという点です。 メールでやり取りしている内容が継続している場合には、現在形の「ご返信ありがとうございます」を使い、案件のやり取りが最後になるタイミングならば、過去形の「ご返信ありがとうございました」と、いったん区切りをつける使い方があります。 ですが、迷ったときは、「ご返信ありがとうございます」を使うのが無難です。 「ご返信ありがとうございます」の使い方 社外の目上の人と違い、上司との関係は緊張感もありますが、連帯感やある種の親しみもあるでしょう。 同じフロアで働いている上司ならば、上司のスケジュールなど様子を把握しているので、状況を踏まえて、メールの対応ができます。 上司の立場に立って、メールの内容や送信のタイミングなどを考えましょう。 」、「早速にご返信ありがとうございます。 」など、相手の状況を配慮した内容は好感を与えるでしょう。 お礼 早速にご返信ありがとうございます。 本文省略 締めの挨拶)取り急ぎメールにてお礼申し上げます。 「ご返信ありがとうございます」とメール返信に感謝の気持ちを伝え、その後の文章については、返信をもらったメールの内容に応じて作成します。 例えば、提出物の受領確認やゼミ参加の確認など、事務的な返信メールであれば、シンプルな内容の返信でいいでしょう。 ですが、、就活に関する相談など、特殊な内容に対しての返信をいただいたら、「ご返信ありがとうございます」と共に、具体的で丁重な文面の返信にすることをおすすめします。 本文省略 締めの挨拶文 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。 電話、メール、手紙の対応についてまとめた1冊ですので、とても便利に使えるでしょう。 それでは、メールで「ご返信ありがとうございいます」を使うシーンと対応について、考えてみましょう。 シーンは、社外、社内、就活として、それぞれについて下記にくわしく取り上げました。 「ご返信ありがとうございます」社外 社外とのやり取りは、担当者同士の個人としてのやり取りと、自分の所属部署を代表して先方の部署とのやり取りをする場合などがあります。 担当者同士のメールのやり取りは、業務に関する具体的なものが多いので、メールはシンプルでわかりやすい内容にします。 御礼の言い方は、「ご返信ありがとうございます」が適切でしょう。 社外の部署あてのメールは、文面も内容もあらたまったものになりますので、敬語の使い方などにじゅうぶん配慮します。 御礼を伝えるときは、「ご返信ありがとうございます」より、あらたまった言い方がいいでしょう。 「ご返信ありがとうございます」社内 社内では個人同士のメールのやり取りが多いですが、依頼や問い合わせなど、社内の各部署にさまざまなメールをする機会があります。 個人同士、対部署に対してのどちらの場合も、返信メールを受け取ったときは、受信確認の目的と共に、御礼を添えて返信しましょう。 その場合、「ご返信ありがとうございます」は適切な言い方です。 「ご返信ありがとうございます」就活 就活中は、教授、企業、OBなどとメールで連絡をとる機会がたくさんあります。 OB訪問、企業訪問、企業説明会などの事務的な通知などが、手紙やメールで行われるでしょう。 メールで事務的な通知を受けた場合、必ず返信をしましょう。 確かに受け取りましたという内容と合わせて、「ご返信ありがとうございます」と御礼を伝えます。 また、申し込みや日程調整など、自分から依頼したことに返信が来た場合も、対応してくれたことのお礼に、「ご返信ありがとうございます」を加えて返信をします。 「ご返信ありがとうございます」の前後に、心をこめた挨拶文を加えると、丁寧な印象になるでしょう。 企業あて 企業に届く、たくさんの就職希望者からのメールに対応することは、とてもたいへんな業務です。 企業から返信を受けた場合は、そのことをじゅうぶんに理解して、御礼の文章を考えましょう。 「ご返信ありがとうございます」に加え、ぜひ就職したいという気持ちを、丁重にアピールすることもおすすめします。 OB、OGあて まず、OB、OB訪問を受けてくれる人たちは、忙しい中で時間をつくってくれていることをよく理解しましょう。 訪問の依頼をしたメールに、返信が来たら必ず「ご返信ありがとございます」と御礼を入れます。 訪問を受けてもらえたなら、「このたびは、OB訪問をご承諾いただき誠にありがとうございました」などと、重ねて御礼のメッセージを入れましょう。 また、訪問を断られた場合も、「ご返信ありがとうございます」に加えて、「ご予定がつかないとのご連絡、確かにうけたまわりました。 突然のお願いにもかかわらず、ご検討いただき ありがとうございました。 」など、丁寧に御礼のメッセージを入れることをおすすめします。 OB、OGの方々にあてる文面を作るときは、社会人の先輩として、敬意を払うことを忘れないように気を付けてください。 「ご返信ありがとうございます」の例文 相手からの返信にお礼を伝える機会は、さまざまです。 社内では個人同士のメールのやり取りと、社内の各部署にとのやり取りがあります。 また、社外の場合は、実務の担当者同士でのやり取りと、会社を代表して先方の部署とのやり取りをする場合があります。 どちらの場合も、丁寧で配慮のあるメールの文面を考える必要があります。 内容やメールの相手に応じて変化をつけましょう。 就活に関するメールは、相手も内容も色々です。 自分が送信した内容に対しての返信メールは、重要な内容のものが多いでしょう。 ですから、メールにしっかり目を通して、「ご返信ありがとうございます」の御礼とともに、適切な敬語を使って返信しましょう。 以下に、それぞれのメールの例文をご紹介しましたので、ご参考になさって下さい。 例文(社内) 件名:Re:ボランティア参加についての御礼 企画推進部の皆さま お疲れ様です。 (途中省略) まだ現場が混乱しており、当日は臨機応変なご対応をお願いすることもあるかと思いますが、ご理解いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 このたびはお忙しいところ、ご返信ありがとうございます。 また、説明会参加の日程を変更いただき、誠にありがとうございました。 事前に頂いた資料を熟読し、貴社で働きたいという思いが一層強くなりました。 ご説明会に参加させていただき、より一層貴社への理解を深めたいと思っております。 何卒よろしくお願いいたします。 ご丁寧に、ご返信をいただきありがとうございます。 それでは、新卒採用の募集開始を楽しみにしております。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 「ご返信ありがとうございます」は、自分が送ったメールに返信をくれたことに感謝をしめす言い方です。 さまざまな相手に使える「ご返信ありがとうございます」に、状況に合わせた配慮のある言葉をつけ加えることで、メールを受け取った相手の印象に残るでしょう。 言葉づかいと同じく、文面は自分の印象をあらわしますので、「ご返信ありがとうございます」を活用して、コミュニケーション力を高めましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「お返事いただきありがとうございます」敬語・使い方・メール例文

ご返信くださりありがとうございます

恋愛と同じで、ビジネスでも気の利くメールはモテるのです 恋愛するとき。 モテるのは、ほしい時にほしいメールをくれる人だと思います。 たとえば「私のメールはちゃんと届いたかな」「読んでくれたかな」「内容に失礼はないかしら」。 メールを送ってドキドキしているとき、タイミングよく「メール読んだよ、ありがとう」の返信が届いたなら……。 想像するだけで とってもうれしくなりませんか。 そうです。 ビジネスだって気が利く人はモテるのです。 あなたもメールでビジネスモテ度をアップさせましょう。 メールを受け取ったら24時間以内に返信するのが、一般的なマナーです。 このとき、スタンダードなお礼メールであれば、 『メールありがとうございます』 ですよね。 では、よくある残念なメールを紹介します。 メールをありがとうございます!!! 取り急ぎお礼まで~! ん~、確かにメールのお礼は伝えているのですが、ダメ出しポイントがいくつかありますね。 そこで提案! 次のように少しアレンジしてみましょう。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてメールの文面をアレンジ まずは相手のメールの送信時間をチェックしてください。 時刻が夜なら残業中、朝早ければ「急いで対応してくれている」とわかるからです。 また、自分からの連絡をすぐに返してくれたときに適したフレーズもあるので、見ていきましょう。 〇遅い時間のメールをありがたく拝読しました。 〇お忙しいなか、ご丁寧なメールをくださり恐れ入ります。 〇朝早く出勤なさるのですね。 真っ先にメールをいただくなんて、ありがたいです。 〇熱心なお仕事ぶりに敬服しながら、メールを読みました。 〇いつもながらの素早いご対応に感謝します。 〇すぐにお返事をいただき、大変助かります。 このように書けば、ただの「ありがとう」が、あなただけのメッセージに生まれ変わります。 相手のメールに合わせた「ミラー返信」でのお礼は好かれる 企業や人によってメールの書き方は多少異なります。 また、好みも違います。 ですから、いつでも自己流でなく、相手に合わせるのも一案です。 特に返信するときは、相手のメールに鏡のように合わせてみてください。 私はこれを「ミラー返信」と呼んでいます。 文章量であれば、相手が長ければ自分も長く、短ければ短く返します。 文面が堅い・やわらかいといった違いもあるでしょう。 表現が堅い人にお礼を伝えるならば「お礼申しあげます」「感謝いたします」などと漢字を交えて書きます。 やわらかい人には「ありがとうございます」「助かります」など、ひらがなを中心にします。 このように相手に合わせると、読み手は自分の書き慣れたメールを読むかのごとく、スラスラと目を通すことができます。 ビジネスメールのマナー:相手の状況を考えてお礼メールの文面をアレンジ また、お礼を言い合っているとメールのやりとりが終わらないことがあります。 「メールのやりとりは、どこで終わらせたらいいの?」と悩んだら、「目下が最後に送る」「目上がもらって終わり」を心がけてみてください。 社内であれば、部下が上司や先輩に送って終わり。 社外なら、仕事を受ける側が送って終わりにします。 このとき、最後に次の一文を添えるとより効果的です。 〇お礼ですので、返信はお気になさらずに。 〇どうか返信はお気になさいませんように。 これで相手がまた返信する手間が省けます。 さりげなくお礼を伝えて、スマートにメールを終わらせる。 そんな思いやりがあれば、あなたのビジネスでの評価と信頼がますますアップすることでしょう。 【関連記事】•

次の